婚活は同時進行がいい!?本当のハナシ

さて、今回このブログをご覧の方はきっと婚活中(ご友人のご紹介、または婚活パーティーや結婚相談所サービスなど)で知り合った異性の方が複数いらっしゃたりする状況の中でしょう。その中で誰が一番ご自身の結婚に最適なお相手なのか?ということでお悩みではないでしょうか?

当然、複数交際はNGですが、いわゆる「二股」、「三股」等の複数交際とは根本的に意味合いが異なります。結論から言えば、お付き合いをされる前のマナーを守った同時進行の婚活はOKです!(同時に複数の異性の方と交際する二股はもちろんNGです!)

では、今回はその理由や婚活をスムーズに行うための同時進行について、書いていきたいと思います。

婚活の同時進行は一般的な交際の同時進行ではない訳

まずはこちらの視点から理解を深めていただきます。例えば、あなたが婚活パーティーに参加してステキな人と知り合えたとしましょう。カップルになってお茶をしたりしてお話をしてお相手を知っていこうと思いますよね。

でもそこで運命的に様々な面で価値観や相性がよければ、すぐお付き合いに至ったり、場合によっては結婚に結びつくこともあるかもしれません。ただそれはとても少数です。

お相手とデートなどで時間を共有したり、連絡を取り合ったりお相手を理解していくことはとても大事です。別の機会で他の異性と知り合い、どちらかが良いか天秤を掛けることは今後、長年同じ生活をしていく上で、冷静に判断していかなければなりません。

反対に、同時に「恋人」として交際・お付き合いされることはリスクだけでなく、トラブルの元となったり、感情が生まれ冷静な判断ができなくなってするなど、とてもリスキーな婚活となってしまい、デメリットが多くなるため避けなければなりません。

結婚相談所では同時進行を薦めている!?

婚活中の会員をご紹介するサービスの「結婚相談所」では、お相手Aさんとお見合いをしても、答えを決められなければ、Bさんを紹介されるでしょう。よりスムーズに出逢いの機会を活かす事ができるからです。

婚活中にご自身から申込みをするタイプの結婚相談所では、お見合いを同時に申込みすること自体はNGではありません。全ての結婚相談所に該当はしておりませんが、規約に複数交際は可能とあれば問題ありません。

恋愛の世界では浮気になりそうな話ですが、婚活の世界には仮の交際の期間というものが存在するのでコレはごく当たり前のことなんですね。

ここでいう「同時進行とは恋愛における同時交際ではなく「婚活の交際」となります。何度も相手に会っているうちに恋愛感情(気持ち)が湧いてきたら、真剣交際の意思があることが伺えます。ここから積極的に1人に絞るターニングポイントとなります。

※くどいですが、恋愛交際の同時進行はNGです。結婚相談所からの違約金、慰謝料請求がもれなく発生するかもしれません。

婚活の同時進行のメリット

婚活における同時進行のメリットは出会いを意図的に増やすことが可能です。結婚相談所であれば、会員紹介の案件を、婚活パーティーであれば異性との出会いの数が増え、その過程として複数のお見合いやりとりを同時に進める事は、効率的に婚活をすることができるため成婚への近道が可能となります。

婚活パーティーや結婚相談所は日常に出逢う機会が少ないから出逢いたい・結婚したい方が集まっています。ゴールまでになるべく早く進めたいのはご自身も相手も同じですので、同時進行は理解しています。

自分の求めている相手へ求めいているポイントが明確になる

1人だけだと何が良くて何がいらないか結婚相手へ求める条件の断捨離が分かりずらくなる事があるかもしれません。

「結婚相手に何を求めているのか」
「自分の本当のタイプのポイント(外面だけでなく内面も)は誰なのか」
「気持ちが落ち着く相手は誰なのか?」

など複数の相手を比較する事で結婚相手に求めるポイントを見極めることができ、自分のターゲットが絞られ明確になるのです。つまり結婚への近道となるわけです。

効率よく相手を探すための最適な方法

限られた時間で効率よくお相手を探すために、進展してみたいお相手と出会い、お互いの合意で真剣交際がスタートするまでの期間は同時進行をオススメします。

婚活は慎重に行うべき反面、限られた時間の中で、いかに効率よく相手を探すかが成功率をあげるカギでもあります。あなたが仮に「婚活をしよう」と決めたら、
「今年中までには出逢いを候補を見つけたい!」
「結婚するなら●歳までに結婚相手と出会いたい!」
など婚活期間の目標設定をする方もいれば「いい人が見つかれば」という方もいるかもしれません。

ですが、目標設定を早く掲げるのであれば女性の場合は、妊娠や出産なども視野に入れるとその限られた期間、結婚相手の候補を1人見つけて、だめだったらまた別の人を探して・・・ということを繰り返すのは、婚活においてはとても非効率で時間を要してしまいます。

また、厳しい現実ですが婚活する上で女性は年齢を重ねると不利になります。あなたの人生において一番若い時、それは今です!!これから先の自分の人生で、年齢的に一番若く婚活的にいい条件の時にできるだけたくさんの人に出会うためにも「同時進行」は必要です。

同時進行の人数はどのくらいがいいの?

正式なお付き合いをするまでの同時進行の人数は多すぎても当然ながらボロが出るためあまりに多いのも考え物です。

また、同時進行の方が多すぎることで、相手を決めきれなくなってしまい、選択肢が多くなることで一人に絞ることができない状態に陥ることがあるため注意が必要です。付き合うまでに比較期間として同時進行をする場合は2~3人くらいにしておくといいです。

また、それ以上に顔を合わせる人数が増えると、会うこと自体が「作業」になってしまって、相手を見定めるという命題が、いかに同時進行をうまくこなすかという婚活の「課題」になってしまいかねないので注意が必要です。

婚活の効率がよくなるからといっても、何人も同時に連絡やデートの約束を行うわけですから、多すぎて見極めどころか、余裕がなくなってしまうことがないように。それぞれのお相手も貴重な時間を使って婚活をしています。相手に失礼のない対応ができる人数で同時進行しましょう。

3人であれば、程よくコミュニケーションをとっていただくと相手のことを見極めるにはちょうどよい人数ではないでしょうか。

同時進行の最適な見極め期間の目安は?

複数の異性と同時進行する際、会っているうちに自分の気持ちが固まってきたら、
– 真剣交際したいのか?
– 相性が合わないのか?
相手に告げるようにしましょう。

毎日連絡をしていたら、遅くとも1ヶ月くらいで何も進展もなければ、次のステップに進むことも大切です。

デートをしてみて今後に繋がらないと感じたら、バッサリと見切りをつけることも必要です。時間をかけてダラダラと相手の気持ちを待っていて進展がなければ時間が無駄に終わることもあります。

逆に早い段階で直感的にいい人がいたり、良い進展を考えられるのであれば、積極的にアプローチをすることが成功のカギなります。婚活をするうえで相手のことを考えるあまり、進展の期待できない関係を続けるのは相手にとっても自分にとっても良くないことですから。

目安は3回~5回ほど会ってみる

ポイントがありますが同時進行をする場合は、それぞれのお相手とメールから対面へステップアップする進度はできるだけ揃えましょう。

・一人の人と交際に発展しそうな時に、まだ対面していないメールのやりとりだけの人も気になっていたりすると、婚活自体が前進しないため。
・実際にデートしてから合った方を自分の中で比較してOKです。他の人の長所や短所などを見ることで、埋もれていたその人の良さが分かったりするものです。

判断に迷った場合でも、数回デートをすれば自分と合うかそうでないかはなんとなくわかってくるはずです。また、自分がお相手に対して好意を持っているかどうかも判断できるはず。

同時進行していることを伝えるべき?

芸能人は不倫スキャンダルなどで世間を騒がせていますが、婚活の同時進行とは、それとは一線を画すものです。それでも婚活においての同時進行になんとなく後ろめたさを感じる方は、新しい人と出会う必要はありません。(しつこくてすみませんが、真剣交際後や2人以上との結婚前提のお付き合いをする2股行為等はだめですよ!)

ですが、相手に同時進行している方がいるかと聞かれた場合は、正直に伝えてもよいと思います。「正式の交際をする人が決まるまでは色々な人にお会いしてみたい」旨を伝えることで、相手からの進展に拍車を掛ける可能性もあります。

また、あなたの交際状況を気にしてくれるお相手は、アナタとの今後について意識してくれている心理もあるかもしれません。外部からの異性が見つかる前にと正式に交際が申し込まれる可能性が高くなるかもしれません!

正式な交際へ発展したら同時進行をやめる

一人の方と正式な交際に発展、開始したら、同時進行は直ぐにやめましょう。交際後にも同時進行を続けるのは、いわゆる「二股」になり、様々なトラブルや問題を招いてしまいます。あくまでも、婚活においての同時進行とは「出会いから正式な交際」までの間のみです。

まとめ

今回は婚活の「同時進行」についてご紹介させていただきましたが、限られたあなたの時間で相手を結婚相手として効率的に絞り込んでいくためには必要です。

冷静に将来設計の分析もできたり、一人に絞り込んだ時にお相手が他の方と比べて見極める機会が自然と生まれます。もっといい人がいたのにな・・・という後悔につながりにくくなります。

しかし、正式な交際がスタートしたら、他の人を探したり、コンタクトを取り続けるのは不誠実だったり、またゼロからのスタートになり、婚活を遅らせる原因にもなりますからすぐにやめましょう。

同時進行をする時期は出会いから一人と正式に交際をスタートさせる時まで。

正式な交際に発展したら1対1の恋愛、つまり決めたお相手と大切に向き合う関係になりますから。

限られた婚活時間ですから、同時進行をスマートに行い、ステキな結婚相手が見つかりますように!

婚活で理想の相手を探すなら、たくさんの異性の方と出会える婚活パーティーがあります。WhiteKeyという18年の開催実績がある全国開催中の18年のパーティーブランドの婚活パーティーはいかがでしょうか♪

Writeng By Sakurai Youhei

関連記事一覧