• 婚活
  • 婚活における出会いは婚活パーティー・街コン、婚活アプリや結婚相談所など多様化する現在、出会いのリアルや、婚活中なら知っておきたい婚活テクニックなどを婚活のプロが惜しむことなくご紹介いたします。

どこまでが正解?婚活で譲れない条件の決め方

いきなりですが、皆さんは婚活対象の異性に対してどのような理想や希望があるでしょうか?
個人差はあると思いますが、私が結婚相談所のカウンセラーとしてみてきた中でやはり、会員様のレベルと比較して理想条件が多ければ多いほど成婚道は険しく難しくなるのは感じます。私自身も結婚する前は自分のことは棚にあげてお相手の理想や希望はものすごく多かったように思われます。理想が多いことは決して悪いことではないと思いますが理想の100%は難しいと思われます。

理想をどう絞っていくかが結婚の近道で良い意味で妥協するといったことになります。譲れる部分と譲れないことがあると思います。今回はどのようにして譲れない条件を決めていくのかを記載していきたいと思います。

 理想の条件とは?

独身の皆さん誰しもがそれぞれに自分の理想のお相手を見つけ結婚までにたどり着きたいと考えているはずです。しかし、自分の100%理想の方を見つけることは困難で難しいと思われます。また、理想の条件は男女で変わってきます。
まずはじめに男女それぞれどのような条件があるか見ていきましょう。

女性が男性に対して求めている理想の相手とは?

 年収が高く・経済力があること

男性の中の条件として最も多く聞かれるのが経済力。女性が選ぶNo1の条件と言っても過言ではないでしょう。幸せな家庭を築くにはやはり、お金も大切。女性は年齢があがっていくに連れて男性の年収条件も高くなっていく傾向です。女性の年齢があがっていくと結婚も難しくなってきます。それでいて男性の希望の年収を聞くと驚くような返答が返ってくるのを多く見ております。
地域によっても変わってきますが、年収は500万円以上を希望する人、700万円を希望など人によって考えは違いますが未来のことも考えて条件を設定してみてはいかがでしょうか。年収だけでなく経済力のある方、資産のある方(もともとお金持ち)なども理想の条件にはいってくるのではないでしょうか。

 外見が好みであること

「イケメンで身長は175センチ以上がいいです。」たまに耳にします。顔の好みや容姿が許容範囲なのかは人によって違います。芸能人の名前をあげて理想を語る人もいます。友達や身内などある程度の顔でないと自慢できない、合わせられないということもあるかもしれません。外見はあまりこだわらない方の方が早くに結婚をすることが多いです。見た目を含めた全体の雰囲気で判断するの人も多いようです。

職業

女性は男性の職業に対して「この職業の方がいいです。」と希望をだされる方がいます。特にこだわりがない人もいますが「この職業は嫌だ」という方もいます。お医者さんがいいとか好条件の職業を希望する人も少なくありません。
相手の男性が安定した職業に就いているかというのが条件で安定してなく、昇進などの未来が見込めない職業のひとは結婚のリスクを避けるたいと思っている女性は多いのではないでしょうか。

年齢

年齢が近い人、少し年上の方を好む傾向が多いかと思われます。人によっては年下の方を好む人もいます。
年収が良くても10歳年上のおじさんは無理という方も多くみられます。30代の女性は上下5歳を希望したりします。どこまでが条件として譲れないのか妥協年齢も考えておきましょう。

包容力がある。

ご自身のことをきちんと考えてくれて困ったときは話を聞いてくれて守ってくれる。細かいことは気にしないでどっしりと構え時には男らしい行動をとってくれる男性が良いと思う女性はおおいはず。

結婚相手は地元が良い

地元に定着がある、親がいるなどを理由にお相手は地元の人や近郊の人を希望する人は多いです。

男性が女性に対して求めている理想の相手とは?

容姿

顔やスタイルが自分の好みであるかというのは男性にとって条件のポイント。やはり「見た目」を優先する傾向があります。顔だけでなく雰囲気だったり、笑顔が魅力的。あと服装も清潔感のある人を好みます。

年齢

男性、女性共に共通の条件である年齢日本人男性はやはり、年下の女性を好みます。子供が欲しいと考える男性にとっては年齢が若いことも重要と考えているからです。

性格(内面)

自分に合う女性を希望しています。特に多いのはやさしく、フィーリングがあう人。一緒にいるときの居心地の良さがあげられます。結婚生活の中でパートナーに対するやさしさ、思いやり、周囲の人への気配り、配慮などは欠かせません。どんなときでも協力し合い助け会える心をもっている人を理想としています。

趣味が一緒

結婚生活を楽しむうえではお互いの趣味は重要。スポーツだったり、グルメ、ゲーム、旅行などなど。
上記のほかにも料理が上手、住んでいる地域が同じなどさまざまです。それではこのような条件をどのように厳選していくかを考えていきましょう。

婚活で譲れない条件の決め方

 絶対NG条件を抑えておく。

どんなに理想の条件に近くてもNG項目があればそれは結婚まで結びつきません。例えば婚歴があり、子供がいる。タバコを吸う。ギャンブルが趣味など絶対にNGというのであれば、NG項目に当てはまる人と時間を過ごすのは無駄になってしまうので絶対にNGの項目はおさえておきましょう。

理想の相手の条件を書き出していきましょう

まずは自分の理想や希望を書き出しましょう!私でしたら、思いやりのある人(内面)・かわいい人(外見)・フィーリングが合う人・住んでる場所がなるべく近い人・穏やかな人などをあげます。あくまでも理想です。(自分のレベルはさておき)

書き出した理想の条件に優先順位をつけていきましょう。

理想の相手を書き出したあとはその中のでも優先順位を重視してみましょう。そうするととこまでが絶対に譲れないのかが見えてくるでしょう。私の場合は下記のようになってました。

1位 容姿(自分が許せる範囲)

2位 思いやりのある人

3位 性格があう人

4位 住まいが近い人

5位 穏やかな人

理想の条件で絶対に譲れない条件とそうでない部分の線引きをする。

絶対に譲れない項目は3つくらいにおさえておくと良いかもしれません。私の場合ですと3位までを残します。容姿、思いやりのある人、性格の合う人です。ですので住まいが遠方でもOKですし、穏やかな人でなくて活発な方でも構わないということになります、これでも見つからない場合は少しくらい性格があわなくてもOK、思いやりが少しない人でもOK、容姿のレベルを下げたりしながらと上位のレベルを引き下げていき理想から現実に近づけていきます。

まとめ

人はそれぞれ自分の理想があり、結婚生活にも理想があります。考え方にもよりますが100%理想の生活が実現するのかと言われれば私の個人の考えでは難しいものと思われます。より理想に近い人に出会うために自分の理想を把握してみる。中には理想の相手に出会えることだってあるかもしれません。私の担当の女性は10年かけて理想の男性と結婚された方もいます。時間をかけてでも理想の相手と出会いたいという人もいるのです。理想の方でないと結婚はしないという方もいます。
しかし、大半は早くに結婚したいのです。妥協して譲れるものについても事前に把握しておきましょう。その中でも理想と現実をしっかり理解し理想の譲れないものの中で妥協できるものに関してはお相手が決まらない場合は少しづつ妥協してみてはいかがでしょうか。完璧は難しいです。たくさんの方とお会いしていくうちにもしかすると理想の条件ではない人と幸せな結婚生活を送っている方も多数おります。皆さんはどのような形でお相手を見つけるかはわかりませんが以上のことを参考にしていただければ幸いです。

担当 山田

PR
ライフスタイルにおける大切な活動をホワイトキーのパーティーでぜひ一歩前へ踏み出してみませんか?
婚活パーティー【White Key】

本格的に結婚を真剣に考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュにご相談を。
結婚相談所【White Marriage】

 

関連記事一覧