• デートテクニック
  • 婚活パーティー開催実績18年以上のホワイトキーが恋活・婚活テクニックについて記載した記事を集めてみました。

2回目のデートで迷ったら思い出してほしいこと

ご存知でしたか?初デートって実はハードルが低いんです。

なぜなら、初めてであれば様子見として応じてくれる場合が多いからです。デートが済んだら、当然2回目のデートを約束したいですよね?

初デートがある程度うまくいけば、多くの場合2回目のデートはOKをもらうことができます。目標は告白して「恋人同士」になることです♪

初デート以降のデートを順調に迎えるために、知っておいてほしいことを今回はご紹介していきます。

女性の心理を知ろう

・2回目のデートをOKした理由は?

  • 初デートは楽しかったし、気が合うのかも!?2回目も行ってみようかな
  • どんな価値観をもっている人なんだろう…?もっと知りたい。
  • 彼氏候補として、アリかもしれない…。確認したい!
  • まだ付き合うかどうかは微妙。保留中。

初デートが終わり、相手のことをある程度「異性」として意識しています。2回目のデートでは一緒に過ごす時間の中で相手の事をもっと知りたいと思っているでしょう。

女性が告白してほしいタイミングは?

圧倒的に「3回目のデート」と答える女性が多いんです。ですので2回目のデートで告白するのはちょっと早い。でも4回目以降になるとちょっと遅いと心の中では思われているかもしれません。

  • 初デート:様子見
  • 2回目:脈ありかの見極め
  • 3回目:恋人になれるかどうかが決まる

告白がないまま3回目のデートが終わってしまうと、女性は疑問・不安に感じてしまいます。
「どういうつもりで誘ってるのかな?」「これって付き合ってるの?どうなの!?」と不安からイライラや自信喪失に繋がりかねません。

最悪な場合、女性の気持ちが冷めてしまったり、他の男性に取られる可能性が出てきますので、タイミングを逃さないよう注意が必要です。

2回目のデートは、女性があなたを男性として意識したり、付き合ってよいのかどうか判断に迷っている段階といえます。そのため、今後の行方は2回目のデートで決まるといっても過言ではありません。

2回目のデートの誘い方

脈あり?脈なし?見極めよう

まず、思い出してほしいのは初デート。ここで、脈ありかどうかを見極めることが重要です。

  • デート中、相手からの質問がどれくらいあったか
  • 2人の会話は盛り上がっているか
  • 手を繋ぐことができたか
  • 初デート後の連絡がコンスタントに取れているか

「全然分からない!判断できない!!」という方は、先ずは2回目のデートに誘ってみましょう。2回目のデートからはある程度脈がないと女性から承諾してもらえないものです。2回目のデートが約束できた時点で、ある程度脈ありと考えてOKです!

タイミングが大事!!2回目デートはいつが良い?

初デートを無事終えたら、2回目のデートはどのくらいの期間をおいてするのがベストだと思いますか?
多くの場合、「初デートから2週間以内」が目安といいます。
「初デートから2週間以内」に2回目のデートをセッティングしましょう。

デートプランはどんなものにすればいい?

スムーズな2回目の約束のためのには以下の2点を意識してみてください。初デートの時点でアンテナを張っておくのが望ましいですね。

  • 相手がどのようなことに興味があるのか、
  • どういった事が好きそうで、どういったことがそうでないか、

1.相手の情報を復習しておく

2回目のデートの心得として一番重要になることは、「初デートで得た相手の情報を復習しておく」

例えば、相手の好きな食べ物や音楽、好きなお店や興味のあることは何だったのか。逆に、何が苦手だったのか。こんな風に、相手のいろんな特徴を思い出してみましょう。

もし相手が鼻炎だということがわかっていれば、ポケットティッシュを余分に持って行く。相手が好きだと言っていた曲があるなら一通り聴いてから共感したことを伝える。など、相手にとって好印象を与えることが出来ることはたくさんあります。

相手が男性で汗っかきなら、彼用としてミニタオルを持参したり、相手が女性でヒールの靴ずれが痛いと前に言っていたならバンドエイドを余分に持っていくなど、そういった細かい部分でも良いんです。

「覚えててくれたんだね!」
「気が利くなー!」
「嬉しい!ありがとう!」

このように思ってもらえれば、あなたの印象はグッと良くなりますよね。人は、「この人は気が利くな」と思った時、それと同時に「この人とは相性がいいかも」と思い始めます。

初デートをしたからこそわかる「相手の情報」を復習しておくことは、こんなに素晴らしいメリットがあるんです。覚えておきましょう。

また、2回目のデートは初デートだけでは知ることができなかった相手の一面も知ることができる大切な機会ですので、できるだけたくさん会話ができるように、話題を事前に用意しておきましょう。

2.最低限のマナー

初デート同様、2回目のデートも最低限のマナーを守りましょう。最低限のマナーが守れないと、3回目のデートが実現できないばかりか、付き合う事が出来なくなってしまう可能性も高まります。では、初デート同様に引き続き守っていきたい最低限のマナーとは一体どんなものが挙げられるでしょうか?早速見ていきましょう。

「自分勝手な行動や発言ばかり」:独りよがりなデートはNGです。

相手を喜ばせたい気持ちがあったとしても、あなたの行動を相手が全て喜ぶと思ったら大間違いです。
あなたが行きたい場所にばかり無理に連れ回したり、あなたのお腹の空いたタイミングだけ食べ物にありついたりするのはマナー違反です。

また、自分の話ばかりをベラベラと話し続けるのもあまり良くありません。常に相手の気持ちを考え、気遣いのあるデートを。

2回目のデートで「異性としてみてもらう」になるための注意点は何でしょうか?それは、多くの男性が「ブレーキをかけずに恋人感覚まで行き過ぎてしまう」ということ!

男性は初対面で、女性を「異性」として意識します。だから、女性よりはるかに恋愛感情が高いんです。これは本能なので、仕方ないですね。

対して女性は、男性と比較すると初めから男性を「異性」として認識することがあまりありません。(よほどイケメンでタイプの男性なら一目惚れで恋愛感情が湧くかもしれませんが。)

とにかく、この「恋愛感情のギャップ」があからさまに出てしまうと、女性が引いてしまうことをお忘れなく。
そして一緒に進んでいくためには、遅いほうに合わせないといけませんね。

攻めすぎてもアウト!

注意すべきNGポイント(攻めすぎNG例)

当たり前ですが、こういったことは絶対にやめましょう。

  • 強引にキスをせまる
  • 強引にベッドインを迫る
  • 無理矢理肩を抱き寄せる
  • 許可なく頭や髪に触る
  • 「お前はもう俺の女だろ」という感じで女性を下に見る

デートで女性に喜んでもらうには?

「私なんかでいいのかな…?」
「本当に私に行為を寄せてくれる男性がいるのかな…?」
「デートで会話が盛り上がらなかったらどうしよう…」

以上は、2回目のデートに臨むにあたっての女性の本音です。

自分がデートのことで頭が一杯になっていると、「俺ばっかり悩んでるんじゃないか」と思いがちですね。
でもそうじゃない。女性だって緊張するし、不安なんです。

女性の不安を解消してあげる方法の1つは、さっき説明したのと同じ!「女性を異性として扱う」ことです。そうしてあげると女性は本当に喜びますし、不安も解消されるんです。

私に対してどれだけ本気なんだろう?

この女性心理に当てはまる女性も、男性のことを恋愛対象として見ています。

しかし1回のデートだけでは「遊び相手として利用されている?」「下心があるだけでは?」といった不安を覚えていることもあります。そのため、2回目のデートで、男性の本気度を確かめようとする

傾向があります。初デートにおいて、男性に不誠実な遊び人のイメージを抱いてしまった女性、男性からの好意を実感できなかった女性、過去男性に裏切られた経験がある女性に多い女性心理といえます。

ちなみに、こういったポイントが要注意といえます。
「男性の食事の食べ方が汚かった」
「自慢話をひたすら聞かされた」
「経済的に余裕がなさそうだった」
「笑いのツボが合わなかった」
「男性の服装に違和感を感じた」

自己アピールが下手な男性も存在

女性から、「何を考えているかわからない」と思われる男性が結構います。
彼らは総じて自身をアピールするのが苦手なだけなんです。

「不器用なだけだったんだ」
「ちょっと鈍いけど根は良い人♪」
と女性が気付いてくれればすれば、2回目のデートをOKしてもらえる確率がアップするでしょう。

具体的な共通点の見つけ方

「女性が初デートで口にした内容をどれだけ覚えているか」が鍵となります。

彼女の趣味や特技に関することをデート内容に盛り込むのマスト。自分の趣味・特技を上手く取り入れ、女性に楽しんでもらえればなおよしです!また2回目のデートでは、男女共に未体験なことにチャレンジするのもおすすめ。

最新の体感ゲームがある所やふくろうカフェなど、新鮮味のある場所へ二人で行ってみましょう!初心者同士という共通点を見出せるのは、かなりプラス。

二人だけの思い出によって、距離をぐっと縮めることも十分可能です。

初デートに限らず、デートに関するポイントなどを他の記事でも紹介しているので是非参考にしてみてくださいね。


関連記事一覧