交際~プロポーズまでの期間とは?プロポーズ成功例・失敗例あれこれ

婚活パーティーで知り合い、お付き合いに発展!皆さん、そこで満足されていませんか?

婚活は、決して交際することがゴールではありません。本当のゴールはその先にある「結婚」です。交際は結婚へ向けてのスタートであり、その先に待ち構えている大きな大きな壁があります。

「プロポーズ」です。

プロポーズをクリアしたカップルが結婚というゴールに進んでいくのです。

・そもそもプロポーズっていつするの?
・交際を始めてからプロポーズするまでの期間は?
・プロポーズってどのタイミング?

今回は、婚活で誰しもが悩む「プロポーズ」についてお話ししていきます。

プロポーズまでの一般的な交際期間とは?

正直、交際からプロポーズをするまでの期間は人によって違います。例えば、付き合ったその日にプロポーズをする人もいます。2人の価値観が合えば、交際期間に関わらず結婚!!と考える人もいるでしょう。

一方で、付き合って5年、10年以上経ってからプロポーズをする人もいます。理由としては、今後の人生のパートナーを決めるには、じっくりと相手を理解する期間が必要だ!と考える人もいるからです。

そんな中、交際~プロポーズの期間は「交際から1年~2年以内」が平均的なようです。

お互いのことを理解するには1年付き合えば十分という理由が挙げられます。また、この年齢までに結婚したいという希望があり、その年齢まで長くて2年だったというケースもあります。

例えば、30歳までに結婚したいと考えている方が28歳に付き合い始めたら、必然的に2年以内には結婚を決めたいと意識するでしょう。

プロポーズまでの期間や理由はカップルによってさまざまです。だからこそ誰しもが悩む大きな問題となりますが、しっかりと考えたうえで決めたなら交際期間はあまり重要ではないのかもしれません

婚活の期間について気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

おすすめのプロポーズする交際期間とは?

ただ、交際期間はあまり重要ではない!と言われたからと言って、なるほど!と納得できる人は少ないでしょう。やはり、ベスト・おすすめの期間を知りたいモノです。
もちろん期間に「正解」はありませんが、プロポーズのタイミングを決める上で参考になるポイントがあります。それは、プロポーズ後のスケジュールをイメージすることで「いつまでにプロポーズしないといけないのか」が分かってきます。

まずここで、プロポーズをしたカップルの平均的な期間は、「交際から1年~2年以内」と先ほど記載しました。

そして、結婚したカップルの平均交際期間は「3年」と言われています。

結婚するまでには、結婚を決める⇒プロポーズをする⇒結婚するというプロセスがあります。

ということは、結婚するまでの交際期間が2年なら、付き合って1年目くらいにはプロポーズするようなイメージになり、例えば、交際期間2年で結婚したカップル、というのは、1年前くらいにはプロポーズをして、半年前から結婚式の準備をして、というスケジュール感になります。

つまり、プロポーズのタイミングは結婚のタイミングよりももっと前の時期ということになるのです。
・交際~プロポーズまでの時期:1年~2年
・交際~結婚までの期間:3年

というスケジュール感がイメージできますね。

結婚するまでに付き合った期間が1年のカップルなら、付き合って半年でプロポーズしている、というイメージです。
付き合って半年でプロポーズは早すぎ!?という印象があるかもしれませんが、結婚適齢期で、付き合う前から結婚を意識して付き合ったカップルはトントン拍子で結婚します。付き合ってすぐにプロポーズをするのは、意外に自然なことだったりもします。

「何歳までに結婚式を挙げたい」という希望があるなら、逆算するとプロポーズのタイミングが分かってきます。それこそがあなたのプロポーズをする・されるベスト・おすすめの期間になるのかもしれません。

いま一度、パートナーと向き合い、二人にとってのベストなタイミングを考えてみましょう。1年後ですか?それとも5年後?10年後?パートナーも、このタイミングでプロポーズしたい・してほしいと、考えたりしているものですよ。

プロポーズする定番のタイミングとは?

逆算してプロポーズするタイミングや期間を考える他に、定番のタイミングというモノがあります。まずは良く言われる定番のタイミングを紹介します。

◆「2人の記念日」にプロポーズ
・2人が出逢った日
・2人が付き合い始めた日
・相手の誕生日
・クリスマスやバレインタインなどの記念日
・プロポーズの日!?

実は毎年6月の第1日曜日は「プロポーズの日」なんだそうです。6月に結婚をすると幸せになれるという「ジューン・ブライド」にちなんだ日とのこと。タイミングを掴む良いきっかけにもなるかもしれません。

◆年齢を意識したプロポーズ
女性にとっては「30歳までまず結婚の目安」といわれています。 同じように男性にとっても「30歳」は結婚を決断する区切りのようです。

単に30歳という節目だけではなく、社会人として数年の経験を経て経済状況が安定したころ、といえるでしょう。また、周囲でも結婚する友人が増え始める時期でもあり、結婚が身近に感じられるシチュエーションも多くなります。「そろそろ自分も決めないと!」と男性が思い始めるタイミングとして、年齢は大きな要因となるようです。

◆周囲の環境の変化
年齢とも重なる部分ではありますが、30歳前後になると周囲にも家庭を持つ友人が増えてきます。

結婚生活を楽しく送っている様子や、子供が生まれた知らせを受けたりするうちに、結婚への憧れが芽生えてくるようです。また、パートナーの存在を知っている家族や周囲からも「そろそろ結婚しては?」などという「おすすめ」もだんだん強まってくるでしょう。

このように、周囲からの影響を受けることで、「今が決めどきかも?!」とプロポーズを決断することがあるようです。

◆仕事の成功・転機
結婚への後押しをする要因に「安定」があります。社会的地位の安定、収入の安定などは、結婚生活を支える重要な要素ですが、仕事が成功したり、ステップアップしたタイミングは、プロポーズには絶好のチャンスです。

具体的な例としては昇進・転職・転勤などがきっかけとして考えられるでしょう。人によっては、起業という人生の勝負時がきっかけになるかもしれません。新たな仕事を伴侶とともに切り拓きたい!と、プロポーズを決断する男性もいるということです。

◆授かり婚
最近は「授かり婚」が多くなってきているようです。 一方で、このような「決定的な」出来事が無いと結婚を決断できない男性が増えている、ともいわれています。

もちろん、このようなシチュエーションになったならばお互い決断をせざるを得ないもの。婚約指輪の準備も大切ですが、具体的な結婚生活のビジョンをふたりでしっかりと話し合うことが重要ですね。

プロポーズする月とは?

では次に1年を通して参考になるプロポーズ月を紹介します。

1月のプロポーズ
12月クリスマスのプロポーズや、2月のバレンタインの影響もあり、新年の始まりで忙しい1月は、これと言って特別な理由はありません。

2月のプロポーズ
2月はバレンタインデーでもあり、女性が男性にする逆プロポーズするチャンスの月です。最近では「男性に逆プロポーズはアリか?ナシか?」との質問に、「アリ」と答える人が約8割となっているそうです。

実は、1288年のスコットランドが最初の起源とされる2月29日は「逆プロポーズの日」なんです。このように長い歴史があるように、女性から男性へ、逆プロポーズする月でもあり、絶好のチャンスでもあるのです。

また、男性にとってもこの2月はプロポーズするのに意外に良かったりします。それは、女性は自分が手渡すチョコやプレゼントに、意識が向いているので、バレンタインのプロポーズは「意外性」があってサプライズ演出もしやすいのです。

3月のプロポーズ
3月14日はホワイトデーがあり、日本では言わずと知れた男性から女性に愛を伝える日です。

また、3月14日は円周率の日です。「3.141592653…」と永遠に続いていく円周率にちなんで、永遠の愛が続くようにと願いを込めたプロポーズが話題になっています。その名も「円周率プロポーズ」と言います。理系女子が喜びそうなロマンチックでいつまでも思い出に残りそうなプロポーズですね。

さらに、毎年3月と言えば、卒業や転勤など、付き合っている相手と離ればなれになることも多い時期です。環境の変化に合わせてプロポーズをしよう!と考える男性も多いようです。

4月のプロポーズ
4月は1年の内で最も、新しい人との出会いが期待できる月です。

例えば、新社会人、人事異動、入学や新学期と、毎日の生活の中で自分の周りの身近な人の顔ぶれが変わる季節です。春の温もりも感じるようになり、気持ち的にも「心機一転」しやすい季節だけに、それまで、マンネリ化した恋愛関係や異性との付き合いにも区切り(見切り)をしやすい時期となります。

男性にとっては、新しい出会いが増えた彼女が他の男性に心を奪われる前に…と、プロポーズを考えるタイミングにもなっているそうです。

5月のプロポーズ
5月といえば、4月から続く大型連休のゴールデンウィークですね。

ゴールデンウィークには、ふたりで一緒に旅行を計画して、旅行先でプロポーズなんて方法も人気です。最近では、国内旅行をのんびり楽しみながらプロポーズも素敵ですが、ゴールデンウィークなどの長期休暇でしか行けないような海外旅行でのプロポーズが人気を集めているそうです。

日本から程近いアジアや、長期旅行でなければ行けないヨーロッパなど、日常を忘れて新しい世界に触れることのできる旅行では、プロポーズの成功率も自然と高まるようです。

初めていく国では、必ず想定していないようなハプニングはつきものですので、男性はしっかりと計画や準備をして、ハプニングに慌てずに対応できるように対策をしてくださいね。

6月のプロポーズ
先ほども記載しましたが、6月の第1日曜日は「プロポーズの日」です。

ジューンブライドとは、ローマ神話の結婚の女神ジュノーを6月に祭ることに由来しています。このことから、6月に結婚をすると女神ジュノーに見守られ、幸せな結婚生活を送ることができると言い伝えられてきました。なかなかプロポーズに踏み切れないカップルの「きっかけの日」となり、「プロポーズした日を忘れないでいてほしい」という想いがこめられているそうです。人生の一大イベントである結婚には、ぜひとも良い縁起を取り入れたいものですね。

7月のプロポーズ
7月7日は七夕があり、恋の日・恋愛に思いを馳せる日です。織姫と彦星が天の川を渡って年に一度だけ会えるというロマンチックな日に、告白やプロポーズするには定番です。

ちょっと、少し気が早いかもしれませんが、7月21日の神前結婚記念日にプロポーズ。プロポーズと同時に神様の前で誓うというのも素敵だと思いませんか?実は、7月は1年の内でもプロポーズが多い月です。その理由は、8月のお盆休暇を利用して両家の両親へ挨拶に行くという流れができるからだそうです。

8月のプロポーズ
8月のプロポーズでのポイントは、お盆休暇があることです。

お盆休みの帰省前のタイミングでプロポーズをすれば、実家に帰ったら親にきちんと結婚について報告ができます。また、相手の帰省に合わせて、自分も相手の実家にご挨拶へ行くこともできます。

8月と言えば、夏祭りや花火大会など、イベントが多い時期です。一緒に出掛ける機会も多く、プロポーズもしやすい時期ではないでしょうか。

その他にも、8月7日は語呂合わせから「パートナーの日」です。生涯一緒になる「パートナー」として、プロポーズに相応しい日ですね。8月10日は語呂合わせから「ハートの日」です。気持ち(ハート)を伝える日に思い切ってプロポーズするものも素敵ですね。

9月のプロポーズ
9月は、シルバーウィークの連休があります。

このタイミングで小旅行に行ってプロポーズというのも増えているそうです。ちょっとした海外旅行も可能ですし、国内も南に行けばまだ暖かいので、海辺でのプロポーズも可能です。

連休や大きなイベントに重なるタイミングでのプロポーズを決めたら、すぐにでもリサーチを始めて予約をとりましょう。また、婚約指輪を準備するならお盆休暇明けから8月末頃までに指輪制作を完了しておきましょう。

10月のプロポーズ
日本ではここ数年間で、10月31日の「ハロウィン」のイベントが定着しました。

ハロウィンの日に、周りを巻き込んだフラッシュモブのプロポーズや、イベント参加者が観客になるようなプロポーズを演出したい男性には、絶好のタイミングです。

大勢の目の前でプロポーズは…という男性には、ディズニーランド・ディズニーシーという手もあります。ハロウィンシーズンは、ハロウィンイベントやったり、仮装イベントやったり、積極的に色々な催しをやっている人気のシーズンだから、彼女を誘いやすいですよね。

周りの雰囲気に合わせた自然の流れでプロポーズがしやすいかもしれません。毎年、レストランやホテルでも、ハロウィン向けの催しは増え盛り上がっていますが、まだまだハロウィンに「プロポーズされる」と思う女性は少ないようです。その分、サプライズの効果が出やすいと思います。

11月のプロポーズ
11月は、“いい”の語呂合わせからゾロ目の日など、覚えやすく縁起の良い日があります。

まずは、11月22日の「いい夫婦の日」です。「プロポーズの日」=「入籍日」つまり、11月22日にプロポーズして、1年後に入籍をする。記念日はひとつになりますし、いい夫婦の日ですから、毎年必ずお祝いしたくなりますよね。「いい夫婦になろう」という願いを込めて、プロポーズするなんて素敵ですよね。

2012年に記念日登録されたばかりの11月11日は、「いい出会いの日」です。11月11日を“1111”として、真ん中の1を横にすると1+1(=2)になります。ふたりが「いい出会い」をして「いい夫婦」になるという願いが込められている日なのです。

また、1が4つ並ぶ日にちなんで、「ポッキーの日」や「サッカーの日」など記念日としても人気があります。

その他にも、11月4日は「いいよの日」とプロポーズの良い返事が期待できそうな日ですね。11月5日は「縁結びの日」と“いいご縁”の語呂合わせから来ています。

12月のプロポーズ
12月は1年間を締めくくる月であり、街が最も綺麗に色づく時期です。プロポーズの王道と言ってもいいでしょう。ロマンチックな雰囲気が漂うクリスマスシーズンは、もはや誰もが期待するプロポーズに最適な季節なのです。

各所で始まるクリスマスイルミネーションの夜景が、カップルたちへ最高の思い出作りのサポートをしてくれます。さらに、クリスマス期間ならレストランなどで限定メニューを一緒に楽しめます。

クリスマスに婚約指輪を渡してプロポーズ!王道とわかっていても、クリスマスは誰もがロマンチックにプロポーズが出来る特別な日なのです。また、「大事な勝負(=プロポーズ)を決めて新年を迎えたい!」「年が変わる前にプロポーズをしたかった」と年の瀬ギリギリにプロポーズし、元旦に入籍するパターンもあります。

中には女性に「今年中に結婚したかった」や「来年は必ず結婚式を挙げたい」など言われて、慌ててプロポーズしたというエピソードもあるようです。さらに、12月にプロポーズに選ぶ男性が多い理由には、年末年始の休みを利用して両家の両親へ挨拶ができるからだそうです。

おすすめのプロポーズする場所とプラン

では、プロポーズの覚悟や時期が決まったら、次は場所とプランを考えましょう。プロポーズの場所選びは成功を左右します。また、普段は冷めているような女性でも男性が思っている以上にロマンチックな展開を考えていることが多いです。

夜景のキレイなレストラン、ホテル、スポット
やはりプロポーズ定番と言えば、「夜景」です。ホテルの最上階でのディナーなど、花束を渡す演出が、よりロマンチックに見えるでしょう。また周りの目を気にせず過ごしたい人にも、レストランやホテルに頼めば席や空間を用意してくれることもあり、おすすめです。

海や公園、テーマパーク
お互いが好きな場所というのもまた定番です。開放感があって、画になるような場所は誰もが好むと思います。事前に混み具合は注意してくださいね。 他にも、普段は行かないようなところで、日常を離れて、将来のことを話し合うのも良いでしょう。

2人の思い出の場所
よく行ったデート場所やレストランでやるのもいいですね。サプライズが苦手な女性にはおすすめです。また「出会った場所」は新たなスタートという意味もあり、選ぶ人も少なくありません。

自宅
リラックスした状態でのプロポーズ。朝ごはんのときにプロポーズしたという人も。プラン次第で1番驚くのは自宅かもしれません。

サプライズ系
サプライズされたい女性であれば、素敵な思い出になると思いますが、中にはサプライズされるのが苦手な人も。特に人前でされたくないという人は少なくないので注意が必要でしょう。自分の彼女がどちらのタイプか普段どんな対応してるか見極めて、慎重にすすめましょう。

これは避けるべきプロポーズ失敗例

サプライズにこだわりすぎて失敗
「テーマパークで突然、沢山の人が見ている中でプロポーズされ、すごく恥ずかしい思いをしました。断りたくても断りづらいし。」

急なハプニングで失敗
「彼が事前に予約してくれたのは、普段は東京タワーが目の前に見えるレストラン。でも当日は台風で何も見えませんでした。」

ガチガチに緊張しすぎて失敗
「プロポーズしたいのか、そうじゃないのか。後に聞いたらガチガチに緊張していたそうですが、少し不機嫌なのかなとさえ感じました。」

指輪選びに失敗
「サプライズで指輪をプレゼントされました。”箱パカっ”は正直憧れだったので嬉しかったのですが、開けた瞬間デザインが気に入らなかったのと、さらに嫌な予感が。案の定、私の薬指には入りませんでした。」

タイミングが合わず失敗
「普段から『結婚しよう』と普通に言っていた彼、私はその度『はいはい、今度ね』と答えていたのですが、あるとき本気でプロポーズ。本当に当時はそんな気じゃなかったので、ただただ唖然としました。」

言葉選びに失敗
「普段からあまり口数は多くないので期待はしていなかったのですが、一生懸命プロポーズの言葉を考えてくれたような彼。最初は真剣に聞いていたのですが、あまりにもまわりくどく、何を言いたいのか全然わからず、途中から正直、腹が立っていました。ベタかもしれませんが、あんな風になるなら『毎日ご飯を作ってほしい』とか『これからもずっと一緒にいよう』とかの方が断然良かったです。」

参考にするべきプロポーズ成功例

血液型別プロポーズの言葉

◆A型・まじめで一途そんな彼女への決め台詞は・・・
「一生大切にします。僕と結婚してくれませんか?」

◆B型・天真爛漫そんな彼女への決め台詞は・・・
「この指輪、受け取ってくれませんか?」

◆O型・おっとりそんな彼女への決め台詞は・・・
「おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒にいてくれる?」

◆AB型・好奇心旺盛そんな彼女への決め台詞は・・・
「そろそろ俺たちの関係、終わりにしないか?恋人やめて夫婦になろう」

サプライズ演出の成功例

砂浜にメッセージを!雰囲気抜群海でのプロポーズ
ドライブや海沿いデートに誘い、海でのプロポーズを企画する人も多いです。海はロケーション的にもロマンチックで、その開放感から自然と心や体もリラックスできますよね。男性の緊張も和らげてくれるはず。

人の多い都会から少し離れて、海に行きたい、海沿いを散歩したいと思う女性って意外と多いんです。砂浜を散歩したり、水辺に少し足をつけたり、そんな自然のじゃれ合いの中で、砂浜に愛のメッセージを書いてプロポーズ。リラックスしているところに突然のプロポーズは、その雰囲気とのギャップで胸を動かされます。夕暮れときなら、サンセットが照らしてくれるのでよりロマンチックです。自然な流れでプロポーズしたいという方におすすめ。

手紙を読んでプロポーズ
あらかじめ手紙を用意しておきます。手紙には彼女との出会い・彼女のどういった点に惹かれていったのか・これからどんなふたりでありたいのか、といった点を書きましょう。こういった機会でもないとなかなか伝えられないような恥ずかしい言葉でも、プロポーズの手紙となれば別。

あなたのストレートな言葉に、彼女もきっと感動するはずです。手紙はほかのサプライズ演出と組み合わせると更に喜ばれるでしょう。

彼女が朝起きる前に、左手の薬指に婚約指輪をはめてプロポーズ
なんでもない日の自宅で。朝、まだ彼女が寝ているときに左手の薬指に婚約指輪をはめておきます。朝、彼女が起きて、左手の指輪に気づいたときに「結婚しようか」と伝えます。素敵なサプライズの演出に、彼女もきっと涙するはずです。

いつもの日常が一気に特別な日に変わるサプライズ性がこの演出の特徴。いかにも!というサプライズではありませんが、彼女にとっては忘れられない素敵な記念日になるはずです。女性が指輪の存在に気づき、驚いているところでプロポーズの言葉を言うのがポイントです。

デザートプレートに綴る!甘~いプロポーズ
手軽に行えるサプライズとして人気のある、デザートプレートにプロポーズの言葉を添えた演出。雰囲気のあるちょっぴり豪華なレストランで食事の最後に、お願いしていたデザートプレートを提供してもらい、想いを伝えます。大掛かりな演出やベタな箱パカプロポーズは恥ずかしい!という方でも気軽に行えますよ。

誕生日や記念日であれば、豪華なレストランに招待しても違和感が無いため、プロポーズだと勘付かれることもないでしょう。花束や指輪を一緒に添えてもらうのも素敵。定番ではありますが、定番の演出こそ嬉しいものです。

両親の名前入り婚姻届でプロポーズ
プロポーズの演出として、記入済みの婚姻届を差し出すという方も多いですが、自分の名前だけでなく、両親の名前が証人欄に記入されている婚姻届をプレゼントするという演出方法もあります。

既に両親へ結婚の意志を伝え、承諾をいただいているということが分かる証人欄記入済みの婚姻届。“両親のサイン”というところがポイントです。彼女の知らないところで両親とコンタクトを取りサプライズの企画をしてくれた彼のことを思うと胸が熱くなります。

結婚に対する彼の真剣な気持ちが、真っ直ぐ伝わってくる素敵な演出ですよね。特別なロケーションを用意しなくても、自宅で突然渡すだけでサプライズになるおすすめのプロポーズ演出です。

自宅でプロポーズ
人気があり、成功率も高いのが自宅プロポーズ。自宅でまったりしているときに、「DVDを見よう」と彼女を誘います。DVDをセットしてから「お手洗いに・・・・・・」といって席を外れます。彼女はひとりでDVDが始まるのを見ることに。DVDが再生されると、画面にはふたりのこれまでのデートの風景や思い出の写真が流れます。エンディングでは、彼から「これからもずっと一緒にいて欲しい」というメッセージ。彼女がそこまで見終えたら、指輪を持って登場し、プロポーズします。

お家プロポーズは、自宅でリラックスしているときのサプライズなので、彼女もほかに気を遣うことがないのがメリット。あなたからのプロポーズにし対して素直な気持ちで応えてくれるはずです。

彼女からのサプライズを逆手にとってプロポーズ
タイミングは自分の誕生日やバレンタインなど。彼女が自分の誕生日をお祝いするために予約してくれたレストランなどで行います。彼女が予約してくれたお店のスタッフに、事前にサプライズプロポーズをしたいと伝えて協力してもらうように頼んでおきます。

彼女は、食事後に「誕生日おめでとう」と書かれたプレートがくると思っていますが、そこには「結婚してください」の文字が。予想していなかったまさかのシチュエーションに彼女は感動して涙してしまうかもしれません。

このサプライズプロポーズは彼女が自分に対してサプライズを計画してくれていることが前提になるので、事前のリサーチが肝心。ある程度予測できる場合はいいのですが、彼女が予約してくれているお店を教えてくれないことも・・・・・。そんなときは思い当たるお店を片っ端から調べていきましょう。

チャペルリハーサルでプロポーズ
結婚式の準備が近づいてきたら予定されるのがチャペルリハーサル。チャペルでの動きをあらかじめリハーサルするものですが、そこでサプライズプロポーズを企画します。普通のチャペルリハーサルだと思って、彼女がチャペルに入場すると、そこにはすでに彼の姿が。彼は彼女を目の前にして立てひざをついて指輪の入った箱を開き、プロポーズ。

さらに、彼女の友人たちに事前にこのサプライズについてを話しておき、内緒で集まってもらいます。プロポーズが成功し、チャペルから出てきたら彼女の顔馴染みの友人たちが集まっており、いっせいにプロポーズの成功を祝福するという流れです。

結婚式の準備中にもサプライズのプロポーズは可能です。プランナーさんの力も借りながら、サプライズ演出を考えてみましょう。彼女の友人に集まってもらうサプライズは、彼女をさらに感動させることができます。

ふたりだけの花火大会でプロポーズ
いつでもどこでも花火を打ち上げてくれるというサービスがあります。サプライズプロポーズの演出に、夜空に美しい花火を打ち上げてみてはいかがでしょうか。ふたりのためだけに打ち上げられる花火は最高にロマンチック。花火のシーズンではない冬場でも、プロポーズのために花火を打ち上げることができます。

デートのクライマックスで打ち上げスポットに向かい、突然の花火でサプライズするも良し、「花火大会行かない?」と、ノーマルなお誘いからプロポーズの演出をするも良し。ふたりにとって特別なプロポーズになること間違いなしです。

映画の試写会で特製動画を流してプロポーズ
映画の試写会でサプライズムービーを。映画が始まると思いきや、ふたりの思い出の動画が流れ始めます。エンディングでは彼からのメッセージ動画が。感動しているところに、花束と指輪をプレゼントして、プロポーズします。

映画館が提供しているレンタルサービスを利用したサプライズです。本物の映画館を使うことで、彼女にまさかと思わせることができるため、サプライズの演出としてはばっちり。彼女の友人に声を掛けておき、映画館の観客として座ってもらうのもおすすめ。仕掛け人の友人たちには、プロポーズが成功したら祝福の言葉を浴びせてもらいましょう。

駅前の街頭モニターに映し出すビッグサプライズプロポーズ
専門の会社にお願いをして、駅の街頭モニターをジャックしてプロポーズするという演出です。まさか駅の街頭モニターに自分たちの写真が映し出されるとは思ってもいない彼女は驚くこと間違いなし。大きなモニターで流れる思い出は何よりも感動を巻き起こすことでしょう。

非日常的な演出でプロポーズしたいという方におすすめです。

人気急上昇!プロジェクションマッピングでサプライズプロポーズ
有名テーマパークをはじめとする様々な施設やイベント、アーティストのライブなどで使用されている「プロジェクションマッピング」。近年、プロポーズに使用するカップルも増えています。プロポーズの企画をサポートしてくれる、専門の会社に協力してもらいながら演出するというパターンがほとんどです。

ビルの壁面や宿泊したホテルの壁など、大掛かりな演出が、プロポーズの感動をより心に響く大きなものへと変えてくれます。デートの途中で突然ふたりの思い出がビルに映し出されるなど、サプライズ感の強いおすすめの演出です。

費やした時間と努力が大きな感動を呼ぶ!フォトプロポーズ
海外で、ある1組のプロポーズ動画が話題になりました。6年もの間、彼は彼女と旅行に出かけるたびにアルファベット1文字が書かれたボードを手に持って写真を撮るのです。撮り続けた写真を順番に見ていくと、1文字のアルファベットがそれぞれ繋がり、プロポーズの言葉になるというサプライズ。

時間と努力を費やした彼は、最後の一枚を撮影した直後に膝をつき小さな箱を手にプロポーズします。彼女はその場で見せられた、これまでの写真と最後の一枚を見て思わず涙。彼のプロポーズを受けてさらに涙するという心温まるサプライズプロポーズです。

準備には長い時間がかかりますが、常に“この人と一緒になりたい”という思いを胸に過ごしてくれていたんだと思うと、感動が溢れ出しますよね。これからプロポーズの準備をするという方におすすめです。短期間で写真を撮影するとネタバレしてしまう可能性もあるため、やはり数年かけて演出すると、より素敵なプロポーズになることでしょう。

豪華なクルージング内のレストランでテーブルマッピングプロポーズ!
港町の横浜から出航しているクルージングでの一例です。豪華な船の上で優雅に食事を楽しんでいたら、テーブルにセットされたお皿に映像が映し出されるという演出から始まります。映像にはこれまでのふたりの思い出と共に写真が映し出され、最後にプロポーズの言葉が待っているという結末です。

映像を見終わった後、彼の手には小さな箱が。箱を開けると光輝くリングがひとつ、という素敵な演出。店員さんにも協力してもらい、花束やケーキの用意をすればさらに華やかさがアップします!

近年プロポーズ演出に取り入れられているプロジェクションマッピングを、テーブルで行うのが「テーブルマッピング」。テーブルマッピングを使用したプロポーズ演出を協力してくれるレストランなども増えてきていますよ。

最後に

おすすめのプロポーズの時期や期間、タイミングを紹介させていただきました。

タイミングを見計らいすぎて、つい慎重になってしまい、ベストなタイミングを逃してしまうケースがとても多いのも現実です。もちろん「正解」はありませんが、プロポーズは相手にとっても、自分にとっても、一生心に残り続ける素敵な演出です。

大切なのは「想い」であり、結婚したい!プロポーズしよう!そんな想いが一番新鮮な時にプロポーズするのも、良いタイミングなんだと思います。

定番や失敗例、成功例を参考にしていただき、相手にとっても、自分にとってふさわしいと思える時期やタイミング、演出方法で、そしてなにより、「結婚したい!」という気持ちを大切に、より良いタイミングでその日を特別な日にして頂ければ幸いです。

プロポーズする相手を見つけたい!それなら結婚相手を探すなら、たくさんの異性の方と出会える婚活パーティーWhiteKeyという18年間・全国で開催実績があるホワイトキーの婚活パーティーはいかがでしょうか♪

関連記事一覧