男女で共通する婚活で失敗しない考え方~ラッキーorアンラッキー~

人生において、何度か訪れる【ラッキー】な瞬間。なにかをするぞ!という時、誰彼関係なく平等に発生する僅か数%の運。

これをどう活かすか失うかで、人生を大きく左右させることとなります。運命の分岐点となる、とも言えるかもしれません。甚だ大げさな言い方にも聞こえますが、成功する為には重要なポイントだと思いませんか?

今回は、この”ラッキー”にスポットライトを当てて、婚活について考えてみたいと思います。

婚活に成功する考え~婚活で言うラッキーとは?

イメージ的には、何もしないで目標を達成した時に出てくる言葉が「ラッキー」なのかもしれませんが、それは道端に落ちている500円玉を見つけ喜んでいるレベルと一緒です。

ここでいうラッキーとは、最低限の努力をし、汗水たらしながら目標に向かってゆく人に訪れる、成功できるかできないかギリギリのラインで、結果的に成功を手にすることができる、という意味です。

人に負けないくらい努力しているからといって、その結果は必ずしも成功とは結びつくものではありません。ただ、確かに”努力すれば必ず成功に導かれる”そう教えられてきた時期はあります。学校ではそうだったかもしれません。

1に努力2に努力…一生懸命努力すればおのずと道は開けてくる!努力なくして成功なし!といったところでしょうか。

過去・現在を教科書で教わる為にはひたすら努力して覚えるしかないのです。ラッキー感など、テストで適当に書いたらたまたま当たったくらいのものです。

しかし、社会へ出るとそこは別世界です。過去・現在にプラス未来が入ってくるからです。未来を体感することで無限の可能性、そしてそれ相応のラッキーが転がっているのです。

いい会社に入りたい!出来るでしょう。プロスポーツ選手になりたい!出来るでしょう。結婚したい!出来るでしょう。

目標に向かって何度失敗してもよいのです。ただ、同じ失敗を繰り返さずにひたすら努力することです。そして数%のチャンスを見逃さず手に入れればよいのです。

もちろん、僅か数%となると手に入れるどころか、見つけるのも大変なくらいの確率ですが、努力次第でそれが鮮明に見えてきたりもします。努力しない人はうっすらぼやけたものを見過ごし、私には運が無かった…と嘆くのです。

ところで、話は変わりますが、何事にも失敗するという人には「考え方を変える」という方法があります。簡単なようで難しいのですが、何十年生きて培ってきたちっぽけな固定概念を捨てきれずにいると、回り道してしまう可能性があります。時として回り道も必要かと思いますが、その結果が良かった時に肯定できるのであって、そうでなければできる限り最短ルートで成功したいですよね。

考え方を変える方法

私の場合、そんなに賢く色々と思いつくわけでもないので、何かやって失敗したらその反対をやってみようとしています。○か×か、一番簡単な消去法ということですね。このとき、最初の段階での思考に△はいれません。○を追及して×を追及していきます。曖昧な△をいれてしまうとわけがわからなくなってしまうんです。○×ともに違っていたら曖昧な△など考えずに全然違う発想の□へ移行します。

色々な考え方の人がいる中で、その人にとって何が一番よい考え方なのかは正直わかりません。しかし、今失敗続きの方がいるのなら固定概念を捨て、発想の転換をはかってみてはいかがでしょうか。

恋愛における考え方ですが、他の事案に比べて特に”空想”といいますか、”イメージ”が膨らみ先行し過ぎてしまっている可能性があります。

何でも、特にスポーツに関してはイメージングは大切なトレーニングとされておりますが、恋愛のイメトレとなりますとまた話は違ってきます。一般的には人と人との関係を密にして恋愛へと発展させるのですが、一目惚れなども起きるように関係性をド返しに恋へと発展してゆく場合もあります。

そもそも、恋=形の無いイメージとしてとらえるならば、そればかり膨らみ現実を無視してしまう危険性も帯びてきます。わかり易く野球で例えると、どんな人でも打席に立てるチャンスはありますが、イメトレだけでダルビッシュの球は打てない、という事です。

では、自分のイメージと現実をどう繋ぎあわせて、素敵な恋愛へ発展させてゆけばいいのでしょうか。

【知彼知己、百戰不殆】
恋をすると相手の事を知りたい!という欲求は増大してゆきますが、同じだけ若しくはそれ以上に自分を知るための努力も必要となります。

【機を見るに敏】
チャンスと思えばそれに邁進する!

急に戦略的な文字が並びましたが、簡単に言うと努力して数%の運(チャンス)をうかがえ!ということです。

ここで、失敗する人の例をあげてみます。

優先順位がバラバラ

中でも、失敗する人に共通していることは自分の最も欲しているものに気づかず、又は中途半端に、相手に求める条件をコロコロ変えてしまうことです。例えばお金が一番だという人がいると思います。私の勝手な想像ですが、年収500万円くらいあれば満足できてしまってる方が多いと思います。

もしその程度ならば優先順位を変えた方がよろしいでしょう。なぜならそのレベルであれば、年収200万円でも好みのイケメンがいたり、とても優しくされたなど他の好条件になびいてしまう可能性が高いからです。お金が一番大事というからには少なくとも1千万円以上の条件が必要です。他の物には変わり得ない、確固たる条件となるからです。

では、条件は変えることなく頑張っていた方が良いのでしょうか…いえ、もちろん変えて良いですし、年齢や置かれている状況によって変わってもおかしくはないのです。

優先順位をつけなければいけないというのは、相手に求めるものがあまりにも多くなってしまい収拾がつかなくなってしまう、そういう状況にならない為の手段です。条件を多く求めることは積極的で一見プラス思考のように思いますが、それに比例して否定することも多くなりマイナス思考へと陥りやすいのです。

こんな人がいい、あんな人がいいと言ってたのがいつの間にかこんな人が嫌だ、あんな人が嫌だ…という言い方に変わってしまうのです。

危機感を持たない

社会変化についてゆけないと、大事な婚期を逃してしまいます。例えば、ひと昔前のように男が稼いで女が家庭を守る…その考え方で成り立っていた条件を今でも相手に求めてしまってはいませんか?女性の大半はいまだに「いざとなったら男性が大黒柱で養う気概を持て」との思考から抜けきれずにいます。

少子化に伴い今や外国人労働者も積極的に受け入れようとしている中で、否応なく女性の労働力は必須です。

男女平等ともちかけ、それを具体化し政府主導で進めている男女共同参画社会「男女が社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」。

女性が社会に対して責任を負う、男性と共にということです。一般的に考えてこの状況下で婚期が遅れてゆくのは当然のことです。このような社会情勢を理解せず、TVやインターネットを介し自分にとって都合のよい情報を当てはめてしまうと…危機感も薄れ、取り残されてしまうでしょう。

同じ失敗を繰り返す

失敗をすることは大事です。しかし、何度も繰り返すのは自分の非を認めてないということです。他人のせいにしてしまうと歯車がかみあわなくなり、他の事へも支障をきたすことになりかねません。

確かに、自分を戒めるのは辛いことですが、人の所為にしてしまうとその捌け口が必要となります。恋愛相談を口実に相手の悪口を永遠と友達に話してしまったり、ネットへの書き込みがエスカレートしていったりと…。私だけよければとなると、失敗を繰り返していることにすら気が付かなくなる可能性もあります。

抽象的な説明が続きましたが、失敗の話ばかりになるとテンションも下がってしまいますね。もともこもない状態になると困るので成功する確率の高い例を男女別に何点かあげてみましょう。

【男性編】

・清潔にする人
・・・身だしなみも大事ですが、女性は臭いにも敏感です。また、意外と男性の爪などもみています。

・おおらかな人
・・・女性との食事中、ミスした店員にネチネチと文句言ったりしてませんか?「あ!いいよ」の一声で女性への印象はグっと良くなります。

・正直な人
・・・誰にでも間違えはあります。取り返しのつかない事でもまずは謝る!誠実さは重要です。

・筋肉質な人
・・・健康であることにこしたことはありません。また、自分の身体を管理していると「ちゃんとしてる人」なんだなと女性に好印象を与えます。

・未来を語る人
・・・笑いだけではなく、常に相手を楽しませる事を考える。人の生い立ちに興味が湧くのは一瞬です。過去の武勇伝に頼らないようにしましょう。

【女性編】

・笑顔である人
・・・心から出てくる笑顔は、女性美の象徴です。スマイル教室などで訓練など必要ありません。感情を無視して笑顔をつくると精神疾患を引き起こします。

・聞ける人
・・・「ネェ聞いて聞いて」と自分の話しをしがちですが、男性から弱みを聞き出すのが成功の秘訣です。

・おごられる人
・・・財布くらい出す振りをしましょう。誘う誘わない、おごるおごらないはその人の人間性・魅力に左右されます。

・家の鍵をかける人
・・・窃盗に入られても鍵をかけてなければ警察から同情もされません。男に騙されるなら男心ではなく、人を見抜く力を身につけましょう。

・ギャップのある人
・・・男は弱いです。「美人一日で飽きる」など言わせぬよう、こんなことするの?こんな仕草するのと、何かしら意外性を発揮してみましょう。

まとめ~成功するために~

以上となりますが、この例はあくまでも成功する確率の高いものです。勿論不潔にしても、人の話を聞かなくても成功している方はいます。もし失敗ばかりしている方がいるのなら、自分の魅力を上げる方法は一日にして成らず、意識を変えてちょっとでも成功できる確率を上げてみましょう。

最後に、失敗は成功のもとというのは本当です。臆さず目標へ邁進し、数%のラッキーを手に入れてください。そうやって幸せな人生を歩んでいる人は沢山います。必ず、誰にでもあるチャンスをものにしてください。

関連記事一覧