自分の顔が好きじゃない人のためのコンプレックス解消法

自分の顔は好きですか?コンプレックスはありませんか?好きです!無いです!と答えられる人はよっぽどの自信家か、本当に顔立ちが整っているかのいずれかでしょう。しかしごく少数であると考えられます。どれだけ綺麗な顔立ちの人でも、大抵何らかのコンプレックスを持っているものです。なぜ人は自分の顔にコンプレックスを持ってしまうのでしょう?

そして実は、男性にモテるかモテないかということに限っては、あまり容姿は関係なかったりします。そうは言っても、顔に関する悩みは尽きないもの。今回は自分の顔が嫌いな原因とその心理、また顔のコンプレックスを解消するための方法をご紹介します。

自分の顔が嫌いな原因

自分の顔に対する満足度は人それぞれです。100%満足している人はほぼいないでと思われます。モデルや女優のように顔がものすごく整っている人というのは、世の中のほんの一握りです。どうして自分の顔を嫌いになってしまうのでしょうか?

理想の顔とのギャップ

理想の顔とは一体どんな顔ですか?女性にはそれぞれあんな顔になりたいという願望があります。あの顔が自分の顔だったらすべて上手くいくのに、鏡で見る自分の顔はどう見ても理想の顔とは違う、そんな風に思っているかもしれません。もしかしたら、あまりにも自分の顔が理想とかけ離れている事に親を恨む気持ちを持つ人もいるかもしれません。

気に入らない部分がある

一重の目、低い鼻、薄い唇や厚い唇、気に入らない部分は人それぞれだと思います。しかし特に一重まぶたを嫌う人が多いです。一重まぶたは暗い雰囲気を感じさせたり、冷たい性格のようなイメージを与えてしまうと思っているのでしょう。最近は自分で二重にできるアイテムもあり、毎朝二重にしている人もいると思います。また、低い鼻をいかに高く見せるようにメイクや美容グッズを活用したり、唇を厚く見せるようにリップライナーで描いたりすることで時間がとられ、外出前忙しくなってしまいます。自分の顔で気に入らない部分が理想のようになれば毎日のメイクは楽になるのに・・・そんな風に考えてしまう人は多いのではないでしょうか?

周りと比べてしまう

周囲にどう思われているかということも重要な事です。美人、イケメンと呼ばれる人が周囲にいれば、その人たちと自分の顔を比べて落ち込んでしまうでしょう。

特に女性の場合、「美人はブスよりも金銭的・社会的に得をしている」という説もよく耳にします。容姿だけでなく、いい思いをしている美人と、損ばかりしているブスな自分を比べてしまうこともあります。他人と比べるのは意味がないとわかっていつつも、ことあるごとに「あの人は美人で優秀でいいな」「それに比べて自分はダメな人間だ」と思ってしまうのです。周りと自分を比べてもきりがないです。世の中の人は皆んなが自分とは違う顔をしています。そんな中、自分と他人を比べても比べようがないのです。

顔の悪口を言われたことがある

他人は平気で人の顔のことを指摘したり、嫌味を言ったりすることがあります。それまでは自分の顔を嫌いではなかった人も、たった一言で自分の顔に自信をなくしてしまうこともあります。それを気にしなければいいのかもしれませんが、自分の顔の事を言われて強い気持ちでいられる人はよほどのメンタルの持ち主です。言われた人の中にはたった一度の一言に一生トラウマになる人もいます。

自己肯定感が低い

どうせ私なんて‥と自分を否定する人がいます。自分の顔が嫌いな人は自己評価も低いことが多いものです。そのせいで新しいことに挑戦する勇気がなかったり、恋愛に消極的になったり、挫折からなかなか立ち直れないなど、人生を楽しめない事も多いでしょう。

自己評価の低さは表情や行動に出ます。その結果、仕事上での活躍のチャンスを失ったり、恋愛もうまくいかなかったりと社会的にも影響が出てしまいます。自分を否定してしまい、それを乗り越えるという気力も失せている状態だと言えます。

メイクが下手

自分の顔が嫌いだ!と言っているわりにはメイクを研究している人は少ないはずです。つまりコンプレックスを隠すための自分用のメイクが分かっていないのです。鏡に向かってどこをどのようにメイクすると自分の顔を変えることが出来るのかを日々研究している女性もいます。その人たちは自分の顔がどんどん変わっていくことが楽しい事と感じているでしょう。

女性の顔はそれほどメイク一つで変化できるのです。自分の顔を研究せずにメイクが下手だと思う女性はとても多いです。それでは自分の顔を受け入れ、また諦めているということに他なりません。せっかく女性に生まれたのですから、メイクで自分を変えてみる女性の特権を利用しましょう。

自分の顔を好きになれない人の心理

自分の顔が好きでない人は、外に出たくない、自信が持てない、鏡や写真が見られないなどの自分の顔が嫌いなことで行動への支障や弊害が出てしまうこともあります。自分の顔が嫌いになってしまうのは、心の奥底に隠れている心理から来ていることも多いです。まずは自分の顔が嫌いな人が抱いている主な心理を4つ紹介します。

自分自信が嫌い

自分の顔は看板ともいえる部分でしょう。自分そのものが嫌いな為、象徴的なポジションである顔も嫌いになってしまう人も多いのです。自分が嫌いな人は、内面的な部分が嫌いだったり、家庭環境にコンプレックスがあるなど、複雑な要素が絡み合っている場合もあります。自分の存在自体が許せないほどの強力な嫌いという気持ちから、代表的なパーツである顔が嫌いになってしまうのです。

顔を生理的に受け付けていない

自分の顔を周囲と比べて、『綺麗・可愛い顔ではない』と判断してしまうと、自分自身の顔でも心理的に受け入れられなくなってしまいます。劣っているのを受け入れられない強い気持ちから、顔そのものを生理的に受け付けられなくなってしまうようです。

『綺麗・可愛い顔ではない』という現実から逃げたい心理で、自分の顔を嫌いになってしまう人もいます。中には記録に残ってしまうため写真を撮れない人もいるでしょう。

コンプレックスがある

目や鼻などを周囲と比較して、自分だけが気になってしまうこともあります。パーツの一つがどうしても気になってしまい、周囲と比べてコンプレックスを感じてしまうこともあります。

一見完璧に見える人にでもコンプレックスはあるでしょう。むしろ、他人から見て完璧、優れていると思える人ほど、実はコンプレックスをたくさんもっている場合があります。その人達は、自分にコンプレックスがあるからこそ、それを克服しようと努力した結果、他人から見て完璧や優れていると思える姿になっている事が少なくありません。

それとは逆に、コンプレックスを持っているけどそうした前向きな行動や努力が出来ない人も多く、つい周囲を見て、「目が小さい・二重じゃない・鼻が低い」などとコンプレックスが刺激され、どんどん顔が嫌いになってしまう場合もあります。

精神的に落ち込んでいる

人の心理状態は表情にも出てきます。一時的にでも落ち込むことがあれば、表情が暗くなったり、寝不足でくまが出来たり自分の顔が嫌いになってしまう要素も出てきてしまいます。仕事や恋愛での失敗、疲れやストレスが溜まっている時にいつもの自分の顔と違うと感じ、一時的に自分の顔が嫌いになってしまう人も多いです。

コンプレックスを解消するには

他人との比較をやめる

簡単なことではありませんが、他人との比較をやめましょう。人は、つい誰かと比べてしまうものです。いつも周りに意識を向けてしまい、自分の価値を周りと比較しようとします。でも、他人と比較するとコンプレックスはどんどん大きくなってしまいます。そこで、考え方を変えてみましょう!比較している相手も、何らかのコンプレックスを持っているはずです。相手からしたら、あなたが羨ましい存在かもしれません。コンプレックスは、見方を変えれば個性です。他人と比較するのはやめて、今の自分を受け入れられるように努力してみましょう。今の自分を受け入れることが、自分の顔を好きになるためにいちばん大事なことなのです。

メイク

メイクを頑張ってみる、これもひとつの手だと思います。化粧をメイクアップといいますが、これは本来『補う』という意味です。人が自分の顔で100%満足できるということは殆どありません。また、自分の内面を正しく外見が表現しているということもないでしょう。それらをメイクで補ってあげましょう。自分の魅力を引き出し、自分が好きになれる顔をメイクや髪形で表現しましょう。

笑顔を心がける

顔の魅力の重要な要素のひとつに、笑顔があります。笑顔は親しみやすさや安心感、居心地の良さなど、さまざまないい印象を周囲に伝えます。笑顔の人と一緒にいたいと思う人は多いです。周囲があなたと一緒にいたいと思っていることがあなたに伝われば、それで自分に自信をもつことができ、自分の顔を好きになることにもつながるでしょう。

他人の事を顔で評価するのをやめる

顔にコンプレックスを持っている人は、他人のことも顔で評価しがちです。そして『自分は顔で他人を評価しているのだから、他の人もそうに違いない』と考えてしまいます。普段から他人の顔を評価していると、自分も他人から顔で評価されているのではないかと不安になります。コンプレックスを解消するにはまずは他人の事を顔で評価するのをやめましょう。それだけで随分と気が楽になるはずです。

まとめ

顔のことはとてもデリケートなことです。それほど女性にとって顔は自分を最も表現できる部分なのです。また世の中は今でも見た目重視の社会です。そうであるならば自分を変えて行くしかありません。女性にとっては恋愛も顔で諦めてしまう人がいることでしょう。ですがそんな世の中であるならば自分が変わっていくしかありません。人は幸いにも前向きになる力があります。顔が嫌いと悩んでいることよりも前向きに進んで行くことのほうが人生は数十倍も楽しくなります。ぜひ悩みを一つずつ解消して自信を持ち、心から綺麗になって恋活してみましょう。

以上をふまえて素敵なパートナーを皆様お探しくださいね。

お相手探しをスタートするなら、ホワイトキーの婚活パーティーもぜひ見てみてください。そもそも自分のファッションセンスや会話に自信がない方はホワイトマリッジのファッションコーディネートやデートレッスンを受けて自信をつけてみてはいかがでしょうか?

記事:後藤

 

関連記事一覧