悩みを解消!?コンプレックスを魅力に変えるマインド思考とは??

人は誰しも自分自身にコンプレックスを持っているモノです。いわゆる「劣等感」というヤツです。世の中の大半の人は多かれ少なかれコンプレックスを抱き、感じ、日々生きていると思います。「まぁ、いいや」と切り替える事の出来る人であればいいのですが、人によってはそのコンプレックスに悩み、苦しみ、日々の生活にまで悪影響を及ぼすケースも少なくありません。そんな今回はコンプレックスに悩んでいるあなたへ、克服したいと願っているあなたへ、「コンプレックスを魅力に変えるマインド思考」について、いくつかご紹介していきたいと思います。

コンプレックスがもたらす影響とは??

そもそも「コンプレックス」とは、心理学や精神医学の用語として精神分析で使われる概念として用いられる表現でした。ただ今の日本では「劣等感」の同義語として用いられる事が非常に多く、「コンプレックス=劣等感」という意味合いで使用する方がほとんどです。

このコンプレックスですが、内面的な部分や容姿、学歴に関わる事が多いと言われています。その多くの要因として「誰かと比較してしまう」もしくは「誰かと比較されてしまう」事により、劣等感を抱くケースと、自分自身の思い込みによるケースがあります。後者の自分自身の思い込みの場合は、他の人に理解されない事が多く、時と場合によっては自慢や嫌味に受け取られてしまうケースも少なくありません。

例えば、モデル体型のスラッとした人が「自分の身長の高さがコンプレックスだ」と言われたら??それなりに異性からモテるのに「自分の顔がコンプレックスだ」と言われたら??大抵の人は「はぁ?なに言ってんの?」と思うはずです。本人が本当にコンプレックスだと感じている事も人には全く理解されない場合も存分にあります。

それにより人間関係が悪化してしまうケースも少なくありません。まず大前提に「コンプレックスは人によって違うモノ」だと認識する必要があります。人に理解されないコンプレックスの苦しさや辛さは、必然的に心の奥底に閉じ込め、解消されないままズルズルと引きずってしまう事もあるのです。そのようなコンプレックスは「自然体の自分でいること」や「自分を堂々と見せること」を必要以上に難しくさせてしまい、そのコンプレックスが強ければ強いほど自分を隠す態度や言動に走ってしまいます。
結果、人との距離が遠くなり、深い人間関係を築くには時間が掛かってしまいます。コンプレックスとは日々過ごす中で人間関係に悪影響を及ぼすモノであり、早急に解消するべきモノであります。

コンプレックスを魅力に変える方法とは??

 まず大前提に「人は誰しもコンプレックスを持っているモノであり、そのコンプレックスは人によって様々である」という事です。完璧な人間なんてこの世に居ません。あなたが見ている完璧だなと思う人間でも必ずコンプレックスの1つや2つ持っているモノです。

完璧人間を装いたいが為にコンプレックスを心に閉じ込め苦しみながら、解消されないまま生きていくのか?全てをさらけ出し自然体の自分、等身大の自分で何のストレスも抱く事なく生きていくのか?間違いなく後者の方が良いとは思いませんか?後は考え方次第なのです。

人はそれほど人を気にしていない

ある程度人間関係が深い仲になっていれば話は別ですが、さほど距離感が近くない人というのは、あなたへの関心も薄く、本人が思っている以上に気にされていないモノです。あなた自身がコンプレックスだと感じている事も、他の方からしたら全く気にされていないケースがほとんどです。いわゆる「思い込み」や、厳しい言い方をすれば「自意識過剰」になっているケースです。誰も気にしていない事で自分自身勝手に苦しんでいるだけの可能性も少なくありません。人は意外と自分の事に夢中で、他の人の事など目に入っていない事も多いので、無駄に悩むのはやめましょう。悩んでいる時間が勿体ないです。

これからは個性の時代

良い所も悪い所も全部含めて「あなた」なのです。まずはあなた自身を全て受け入れましょう。長所と短所は紙一重、表裏一体とも言います。全てがあなたの魅力となります。それが個性です。我々はロボットではありません。十人十色、様々な性格や考え方があっての個性です。誰かと比較するのはやめましょう。
比較されても気にしないようにしましょう。同じ人間なんてこの世に居ません。唯一無二なのです。例え比較されてあなたが劣っているとしても、必ずその人よりも長けている部分が必ずあります。自分の長所や強みにスポットを当てて、その長所を伸ばしましょう。磨きをかけましょう。また、気づけば短所が長所へと転じることもあります。全てがあなたの魅力として、個性として、活きていきます。

人は完璧なモノには魅力を感じない

人は不思議なもので「完璧な人間になりたい」と思う反面、完璧な人間を見ると距離を置く傾向があります。人は完全なモノには親しみを抱きません。不完全だからこそ愛着がわいたり、親近感を覚えたりするモノです。イコール、完璧な人間にも魅力を感じる事はないのです。それはつまり、その人の本当の姿が見えないから。完璧な人間を見ると、どこかとっつきにくいと感じてしまい距離を置く、警戒して見てしまうのです。
足りない部分があってこそ人は安心するのです。そこに共感、親近感が芽生えるのです。ダメな部分や短所だと思っている部分(内面的なコンプレックス)をさらけ出し、その部分も含めて、その人の魅力に繋がるのです。コンプレックスこそがその人の魅力に繋がるのです。

コンプレックスを笑いに変換

お笑い芸人は、様々な失敗談や自分のコンプレックスを面白おかしく話します。自分のコンプレックスをさらけ出し、周りを笑顔にさせる。もちろんさらけ出すには勇気がいりますが、その姿に魅力を感じませんか?
全て笑い話にしてしまえば、コンプレックスなんてモノは、自分も、周りの人も気にしなくなります。隠せば隠すほど人に伝わり、自分自身もぎこちなくなってしまうのです。さらけ出す1歩を。その勇気を。それも笑い飛ばせれば必ず気持ちは楽になります。隠したい部分はあえてさらけ出す。笑い話にする。なんなら自分自身面白がる。そうする事で気にしていたコンプレックスや失敗や隠したい部分は、ウソのように無くなります。気づけば、それがあなたの魅力へと変わっていくでしょう。

紙に書き起こす

どんな手段を使っても、考え方を変えられない、笑いにも出来ない、どうしてもコンプレックスを払拭できない!という方も中にはいるでしょう。そんな方にオススメしたいのは「コンプレックスを紙に書き起こす」です。自分のコンプレックスや気にしている事柄を全て紙に書き起こしてみましょう。そこからどうすれば改善出来るか、ゴールはなんなのかを明確にし、整理してみましょう。ゴールへ向けての対策を練ってみましょう。
書き起こす事で「あれ?これは意外と大した事ないかも?」「これはこういう風にしていけば改善出来るかも?」など、ヒントが見つかるかもしれません。払拭できない方は、是非、書き起こしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。誰しもコンプレックスは持っているモノです。ただただ隠し続けるのではなく、向き合う事が大切です。こんな自分は嫌いだ!人に知られたくない!そう思えば思うほど、本来のあなた自身が見えなくなり、周りとの距離が出来てしまうばかりです。大前提にまずは自分を好きになりましょう。「逆」を意識してみましょう。コンプレックスだと感じ、隠したい事は「逆」にさらけ出しましょう。

失敗して恥ずかしい。隠したい。は「逆」にさらけ出しちゃいましょう。完璧なんて人はこの世に居ません。不完全でいいのです。それこそが魅力へと変わっていくのです。コンプレックスは考え方ひとつであなた自身の強みに必ず変わります。全てを「笑い」にしてみてください。臆することなく、堂々と、本来の自分自身で、自然体の自分で。自分の魅力が最大になるのは、自分自身が安心してリラックスして、自然体で生きる事です。それこそがコンプレックスを魅力に変える最大のマインドになる訳です。今回の記事があなたにとって、少しでも参考になれば幸いです。

【PR】コミュニケーションなどでお悩みの場合は婚活パーティーのホワイトキーはセミナーも開催しております!
ぜひチェックしてみてください★
婚活パーティー【White Key】https://whitekey.co.jp/
結婚のことまで真剣に考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュに相談してみて下さい。
結婚相談所【White Marriage】https://www.whitemarriage.jp/

記事:吉川

関連記事一覧