男性に多い恋愛における面食いのデメリット

今回のテーマは、「面食いのデメリット」についてです。

そもそも面食いとは顔立ちが良い人ばかりを好む人のことを指します。女性であればイケメンを、男性であれば綺麗・可愛い人ばかりを好きになる人です。

もちろんお付き合いや結婚するにあたって相手の容姿を重視する方は多いと思います。誰もがイケメンと付き合いたいし、美人な彼女が欲しいと思っています。しかし面食いの人は中々お付き合いができなかったり結婚できない傾向にあります。

趣味や好みが一人一人違うように好きなタイプや好きな顔は違います。

周りが可愛いというから付き合う人、男性から人気がある女性だからアプローチをする人など様々なタイプの方がいますが、今回は面食いのデメリットについてお伝えしていきます。

面食いの共通点

1. プライドが高い人

「面食いの人」と聞くと最初に浮かぶイメージが「プライドが高い人」と思う方も多いはず。

綺麗な人と歩いて周りから羨ましがられたい、友人に美人の彼女を自慢したいなどがこの項目に当たると思います。プライドが高い為、アプローチするのは綺麗な女性ばかりで、フラれても競争率が高いし仕方がないと理由付けもできます。

綺麗な人・そうでない人の女性に対する態度も違う人が多く、綺麗な人にだけデレデレして、興味の無い人は適当にあしらったり、冷たい態度をするイメージを持たれることもあります。

社会的な地位をお持ち方も、「自分に見合う女性」と見た目を重視する人もいます。

実際女性にアプローチされることも多く、より良い女性とお付き合いを…としているうちに女性に対する目が肥えて自然と面食いになっていき、付き合ってもより美人の人を探してなかなか結婚できないスパイラルの人もいるでしょう。

2. 理想が高い

容姿は悪くないのに中々交際相手ができない人、周りに一人はいませんか?自覚があるか分かりませんが、理想が高い人が多いです。

私の周りにも数人いて、その中の一人に「理想が高いんじゃないの?」と聞いたこともあります。答えは「理想は高くないし、面食いでもないよ。」と返答されました。

当時20歳だった彼女の求める条件は「乗っている車は〇〇以上で、背が高く、やせマッチョ」。同じ学生だったにも関わらず、車のランクを交際条件に付けて理想が高くないって正直びっくりしました。

あれから15年ほど経ちましたが、彼女はいまだに独身です。

3. 一目惚れしやすい

面食いの人は相手を顔で選びます。そのため、面食いの男性は一目惚れをしやすい傾向にあります。

面食いでない人でも、見た目で「この人は付き合える・付き合えない」と判断をすると思います。普通の人であれば、話をしたり、一緒に過ごす中で第一印象は変化していくことが多かったりするのですが、面食いの男性の場合、第一印象が覆ることはほとんどないのです。

なぜなら「見た目」が全てだからです。何かあれば「美人だから仕方ない」というフォローで自分を納得させる人も多いことでしょう。

当然、一目惚れしやすいので恋愛も長続きせず、より美人を求めています。

次第に自分自身年を取りますが、より女性に求めるハードルは上がっていき、若くて綺麗な子にアプローチしますが相手にされなくなっていきます。20-30歳年下の彼女というワードをたまに聞きますが、男性にはそれに見合う魅力や色気、収入が必要です。

4. 美意識が高い人

美意識が高く、ストイックな方は面食いが多いと思います。自分に厳しい分、相手にも見た目やそのための努力を求めるパターンです。

さきほど「2. 理想が高い」で紹介した友人は美意識がかなり高いです。

美容はもちろん習い事や睡眠時間、運動に食事と徹底しています。美意識が高い分、理想が高くなる人は多いです。彼女は友人は見た目も性格もいいのですが、恋愛は長続きしないことが多いようです。

一方、美意識が高い男性はオシャレで筋トレをしている方も多く、女性からとても人気があります。

女性からもアプローチをされますが、やはり「面食い」な為なかなかお付き合いをしても長続きしません。更に、人気がある為により美人な人と付き合いたいとハードルが上がるばかりです。

美意識が高いので美しいもの、綺麗なものを近くに置いておきたい気持ちはわかりますが、交際相手に求めるのは間違っていると思います。

他にも、自分の容姿に自信がないから美人やイケメンと付き合いたいと思う人、アイドルやジャニーズの熱狂的なファンで交際相手にも同じレベルで求めてしまう人。交際相手をアクセサリー感覚で付き合う人などがあります。

また、付き合ったとしても長続きすることも少なく、より美人の彼女を見つける人も多くいます。「見た目」は判断基準にあるため、すぐに一目惚れをし、美人に騙されてしまうともあるかもしれません。

男性の面食い

持論ではありますが、面食いの比率は男性が多いと思っています。女性の方は身なりで気を付けるところが多いからです。

髪型、化粧、香水、アクセサリー、洋服やバッグと男性より身なりやオシャレで気を付けることが多く、美容や見た目を意識しない女性は少ないからです。一方男性は、相手に良い容姿を求める割に、自分は特に見た目やオシャレに意識をしていない人も多いと思います。

自分は見た目やオシャレに努力をせず、興味がないのに女性には「ショートカットの人がいい」「細い人がいい」「ワンピースが似合う人がいい」などの発言はよく耳にします。

オシャレでもイケてるわけでもない友達が、美人にしかアプローチをしないので断られる。でもフラれたのは美人&人気者なので、自分のプライドを傷つけず「俺に合う女性になかなか出会わないよ」とズレた発言をしている人いませんか?

美人の前だけ良い恰好をする人や、きれいな人と付き合う事がステータスと思う人。また、「俺は、50代で20代の可愛い子と結婚する」と謎の宣言をする人。

面食いの男性は悪だ!ということではありませんが、女性に容姿を求めるほど自分の容姿に自信があるのか?内面を重視しない「面食い」においてメリットは何かあるのか?を自分の心に一度問いかけていただきたいです。

面食いの人の心理的背景

実は恋愛経験が少ない人に面食いは多いと言われています。経験が少ない故にどうしてもパッとみた印象だけで判断してしまいがちになります。

中には、恋愛経験を重ねてもいつまでも「女性は顔だ」と言い続ける人もいます。

面食いな男性は、美人でモテる彼女と一緒にいることで、周囲に対して優越感を与えたいという心理が働いていることも。一緒に歩く彼女をアクセサリーのように、「美人な彼女と付き合える自分はそれだけいい男でもある」とアピールしているのです。

女性をアクセサリー感覚で付き合う男性は、他に美人の女性を見つけると乗り換えようとする傾向もあります。より美人が現れるとすぐにアプローチをしてしまいます。

また、逆に自分に自信がなく、周りからの評価を気にする性格の人にも、面食いが多い傾向にあります。モテない男性もここに含まれるでしょう。

人は自分にないものをパートナーに求めるところがあります。自分の容姿に自信がないため、美人な彼女やモテる彼女を持つことで、自分のコンプレックスを少しでも和らげたいという心理が働いているのです。

好きな顔のタイプは個人によって違いますのであくまで一例ですが、「自分は面食いだから」という発言は、裏を返せば恋愛経験が少ないので見た目で女性を判断しているというアピールにもなってしまいます。

面食いで生じる問題

面食いが原因で生じる一番の問題は「結婚がしにくいこと」です。

面食いとは、恋愛において最も重視する点が「顔」という人のことです。そのため、当然、面食いの男性は一目惚れをしやすいのです。

人の第一印象は6~7秒で判断され、メラビアンの法則という心理学では相手に与える印象には、「視覚情報が55%」「聴覚情報が38%」「言語情報が7%」と言われています。

短い時間の中で相手を判断するのは見た目、もちろん綺麗な顔立ちや清潔感、身なりによって判断されることが一般的です。「人は見た目ではない」という言葉も第一印象に限っては「見た目」の判断になってしまいます。

ただ、いくら綺麗な人でも中身が自分に合わないと思ったらアプローチをやめる方も多いと思います。この方は、相手に求める事を内面に置いているからです。

笑いのツボ、趣味や価値観、料理の好み、話すタイミングなどたくさんありますが、内面を重視する方は相手との「フィーリング」を大切にます。一緒にいて楽しいと思える方だったら長くお付き合いをして、結婚につながるかもしれません。

一方、面食いの人は「見た目」を重視します。付き合っても話が合わない、笑いのツボが違う、インドアとアウトドアで休日も我慢して過ごさないといけない、食事の時間や好みが全く違うなど様々な障害が発生することだってあります。また、より美人が現れるとすぐに目移りをしてしまい、お付き合いしても長続きしません。

若いうちは面食いであっても出会いがたくさんあり、付き合っては分かれるを繰り返していたかもしれません。歴代の彼女は全員美人で、今までの彼女よりもっと美人と付き合うために出会いを求めています。

年齢を重ねるたびに「面食い」のハードルが上がっていく一方で、当の本人は年齢を重ね魅力がどんどん落ちていきます。タイプの異性にアプローチするが相手にされず、結婚できる気がしない…という方もいることでしょう。

また、タイプの人・タイプではない人との対応の違いで女性から嫌われることもあります。せっかく美人の女性に好印象を与えても、友人からのリークにより美人の女性からの印象は最悪ですよね。

面食いの方はこのような問題に遭遇しやすいといえます。

面食いから卒業するには

誰もがイケメンと付き合いたいし、美人の彼女を連れてデートがしたいと思っています。

でも実際、交際している人に「今イケメンと付き合っていますか?」「今お付き合いしている彼女は美人ですか?」聞いた場合、半数の方が「NO」と答えると思います。謙虚で答えている訳ではなく、相手の内面も好きという気持ちがあるからです。

「人は見た目ではない」といっても面食いの人に響かないと思うので、まずはたくさんの人と触れあうことをお勧めます。話をして楽しい人・会話が続かない人など様々な人がいるでしょう。

いろんな人と触れ合って、その中から「この人といたら楽しい」「この人といたら楽で気を使わない」と思える人を探し、たとえタイプの顔じゃなくても数回デートをしてみたりしてください。

連れて歩くとなると相手の外見が気になってしまう…という方はグループでも構いません。

デートをするうちに「この人とだったらずっと一緒にいれるかも」「また会いたい」と思えたらお付き合いするのもいいと思います。見た目だけで判断しお付き合いをするより、長くお付き合いができるでしょう。

今までの彼女は確かに美人だったかもしれません。しかし、デートは楽しかったですか?将来や未来のことが考えられましたか?

見た目重視でお付き合いをしていた時は、付き合うまでゆっくりと時間をかけなかった人も多いのではないでしょうか。美人だ→好き→告白といった流れだったと思います。

付き合うまでにお互いの事を理解し、少しずつ距離が縮まって交際をしたら今までより楽しく、長い交際ができるかもしれません。

付き合う・付き合わないは別として、たくさんの女性と触れ合う事で自分の満たして欲しいところや、価値観、お互いの気持ちの大事さが分かってくると思います。

まとめ

今回は「面食いのデメリット」について記述させていただきました。

実は、「男性の面食い」項目にある「俺は、50代で20代の可愛い子と結婚する」と謎の宣言をする人は私の友人です。正直見た目もあまりイケている人ではなく、「自称面食い」の恋愛経験も少ない友人です。

そんな友人も最近、年上でどちらかというと強めな女性の方と結婚をしました。理想の逆の方と結婚をしましたが、今では子供にも恵まれ幸せな家庭を築いています。

「人は見た目ではない」という有名な言葉があります。

しかし、第一印象は見た目でほとんど決まってしまうのは事実です。もちろんお付き合いや結婚をするなら綺麗な人がいいと皆思うはずです。今、交際相手がいない方は、付き合う相手に高望みをしているかもしれません。

もう一つ有名な言葉を最後に記述して締めくくりたいと思います。

「美人は3日で飽きる」

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございます。

関連記事一覧