婚活パーティーでカップルになった後のデートはどうしたらいい?

婚活パーティーで念願のカップリング成立!
婚活パーティーでカップリング成立になれるのは、3回に1回場合によっては、5回に1回だったりするのでその貴重な出会いを大切にしていきたいですよね。ましてや自分が第一希望の異性ならそれが運命の出会いとなって結婚!なんてことも考えられます。ただし、婚活パーティーではカップリング成立までしかサポートしてくれません。そこから先は自分のがんばりでカップル成立したお相手をデートに誘い正式交際まで進めなければなりません。実はこれが結構、難しいんです。婚活パーティーでカップリング成立してせっかく連絡先交換したものの、その後、発展することなく終了するというケースはとても多いのが現状です。ということで今回は、婚活パーティーで念願のカップリング成立後にやるべきことをご紹介させていただきます。ぜひ参考にしてください。

婚活パーティー終了後は積極的に

近場のカフェがオススメ

パーティー終了後は、その日のうちに会場の外のカフェなどで2人きりで話しをしましょう。カップリング成立後が一番盛り上がっています。指名したもの通しがマッチングしたわけですからテンションは高いはずです。このタイミングでお互いの事を話しをして、理想通りの人なら次のステップに進めなければなりません。せっかくカップリング成立して連絡先交換したのに「後日また会いましょう」だと、後日冷静になって気持ちが冷めてしまったり他の婚活パーティーに参加して別に出会いがあったりとうまくいかない確率が上がってしまいます。せっかくカップルになれたので、婚活パーティー終了後30分〜1時間くらい2人きりで話をしてみましょう。

またその際ですが『お酒を飲みに行く』や『ドライブに行く』というはできるだけ控えましょう。婚活パーティーの場合、運営会社は運転免許証などの身分証明書は確認はしていますが、自分にとってはまったく知らない相手のとの出会いです。初回は慎重になりましょう。婚活パーティー会場の近くのカフェに行くか、昼間なら明るいお店でランチ(1人1,000円程度)がおすすめです。また男性の場合は、婚活パーティーでカップリング成立後に「どこのカフェ行きましょうか?」とか「この後、どうしましょうか?」とあたふたしないように、事前にパーティー会場近くのおしゃれなカフェを2、3軒リストアップしておきましょう。事前に調べておけばスマートに誘うことができます。

無事にお相手を誘い近場のカフェに入ったら、改めてお互いの話をしましょう。大人数の婚活パーティーの場合、2〜3分程度しか会話をしていません。簡単な仕事内容の話・趣味程度の事しか覚えてないことがほとんどです。また注意しなければならないのは必ずしも相手(お互い)が自分の第一希望とは限らない、ということは念頭に入れておきましょう。第2,第3希望の相手とカップルになっている可能性もあるのです。改めて簡単な自己紹介や、普段どんなことしているのか、どういった人がタイプなのかなどを話をします。

婚活パーティーによっては自分の「自己紹介カード」を持って帰れるところもありますので、改めてそれを見ながらでも良いでしょう。婚活パーティーの延長線です。自分の出身地の話や仕事の話、趣味の話など少しずつ話題を広げて、理想の結婚相手像など話をしていきます。ただし、まだ知り合って1回目のお相手なので、あまり突っ込んだ話(子供何人欲しい、親と同居なのか)や個人情報(勤務先、誕生日など)を詳細に聞くような質問は、控えましょう。

次のデートの約束は、その日の内に

カフェなどで30分〜1時間程度話をして、希望通りの人で好印象なのであれば次のデートの予定をこの場で決めます。会話していく中で映画の話や好きな食べのもの話しをし、「今度一緒に行きませんか?」とさりげなくお誘いができればベストです。もしこの段階で返事がはっきりしない場合や予定が「また今度」や「機会があれば」程度だと相手が乗り気ではない可能性があります。また自分自身もお相手と話をしていて「この人とは合わなそう…」という場合は、次回の予定を立てずに解散しましょう。婚活パーティーで知り合った場合、次の2回目に会うデートが重要になります。よほど意気投合してなければ、まずは「終日デート」ではなく「半日デート」がおすすめです。日程も1〜2週間後程度が理想です。3週間以上先だとその後発展する希望は薄いでしょう。

次のデートまでにやるべきことを

お礼のメールは大切

次のデートの日程が決まれば第2段階終了です。その日は一旦解散をしてお礼と次のデートを楽しみにしている内容のメッセージを送りましょう。しかし、デートの日が決まったからと行ってまだ安心できません。次のデートの日まで定期的なメッセージの交換をして印象アップをしましょう。次のデートまで連絡がない場合やメッセージのやりとりがつまらない、気が合わないなんてことになると、次のデートキャンセルになってしまいます。

次のデートの日までの間、連絡をしながら相手との距離を縮め、次のデートが待ち遠しいものにしなければ、正式交際までたどり着けないのです。婚活パーティーで連絡先を交換した程度の仲。見知らぬ異性に対してどのくらいの連絡頻度が適切なのか悩むところです。人によっては気になる相手から毎日連絡があることが嬉しい人もいれば、「よく知らない人から毎日連絡が来るのは困る」という人もいます。連絡頻度が多いほうが相手との距離を縮めることができるのですが、多すぎると逆効果になることもあります。

手のペースに合わせる

そこで一番ベストな方法は、「相手に合わせる」事です。1日に2回、3回とメッセージを送ってくる相手ならコチラもそれに合わせて2回、3回と返信しても大丈夫です。1日1回程度ならコチラも1日1回にしましょう。2日1回なら…と相手の連絡ペースに合わせるの事が大切です。自分が思っている以上に日々の連絡ペースは人によって感覚がバラバラです。このペースを間違えると相手のストレスやプレッシャーを与えてしまい「返信が来なくなってしまう」ことがあるんです。日々の連絡ペースを確認して相手に合わせた連絡頻度にしましょう。

2回目以降のデートをについて

いよいよデート当日です。婚活パーティー終了後に1回あってますので2回目のデートです。前回よりはリラックスして話せるはずです。前章でご説明したとおり2回目のデートでは半日程度がベストです。ここで、簡単なデートプランを紹介致します。もし、デートプランが全く浮かばないという方は、是非、参考にしてみてください。

オススメプラン①

一緒にランチ → シッピングモールで買い物 → カフェ

オススメプラン②

映画鑑賞 → 遅い時間にならないよな夕食できるだけオシャレな所

オススメプラン③

美術館デート → カフェ

もしお互いに共通の趣味などがあればそちらを中心にデートプランを考えるともっと距離を縮める事ができます。注意点としては、お互いが楽しめるデートを心がけましょう。3回目のデートからは、少しずつデート時間を伸ばし正式交際前には、終日デートは経験しておきましょう。一日中相手と一緒にいることが「楽しい」と思えるような関係ではないと正式交際・結婚できません。デートをしていく中で「また会いたい」「正式に交際したい」と思うようであれば、デートの終わり際に次回会う予定を取り付けるようにしましょう。間が空いてしまうと気持ちが離れてしまったり、他の人からアプローチされてしまう可能性があります。

3回目でお付き合い!?

次のデートも理想は1〜2週間後です。婚活で知り合った異性との正式交際するまでのデート回数は3回目、期間は2ヶ月以内がベストです。知り合って2ヶ月、デート回数3回だと「早い」と思う方もいるかもしれません。ただ婚活サービスを経由して知り合った場合、もともとお互い「結婚相手を探している」状態です。さらにいうと彼氏・彼女がいなく、年齢、年収などもある程度事前にわかっている状態です。日常のプライベートで出会うより事前準備が整っていますので出会ってから付き合うまでが早くなるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。順調にいけば婚活パーティーでカップリング成立から1ヶ月以内には正式交際、なんてこともあります。一番大切なことは、やはりカップリングが成立したのであれば、積極的に次のお誘いをするという事です。もし仮に断られたとしても次の出会いにすぐ進めますし、少しでも好意があれば、次につながります。後であの時、誘っていれば・・・などの後悔もなくなるので自分に自信を持って行動しましょう。婚活パーティーは、行きたい時に参加でき「結婚に真剣な異性とすぐに出会える」というとても便利なサービスです。上手に利用して理想のお相手との成婚をつかみとりましょう。

記事:水落

 

関連記事一覧