つらい失恋モードから抜け出せ!次の恋愛につなげる「立ち直り術」

婚活イベント「ホワイトキー」の運営に従事しております小川恭平です。

現在婚活をされている方の中にも、過去に失恋の経験がある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。一般的に「失恋」と聞くとマイナスイメージを抱いてしまいますが、マイナスのことばかりではありません。失恋は、良い恋愛をするために、良きパートナーを見定める目を養うには必要な経験であり、人生において大きな財産となります。失恋の経験無き人は、良い恋愛も結婚もできないのです。

失恋した時「あの時〇〇したからフラれてしまったのかも…」「毎日が辛い。この先誰と出会っても人を好きになれないかもしれない…」など、暗い未来しか待ってないと考えてしまうほどの暗示に陥ってしまう人もいます。そう思う気持ちは私もとても理解できます。私も女性に振られて苦しく辛い思いを経験があるからです。失恋はいろんな気持ちが重なり合って、早くこの苦しみから抜け出したい、前向きになりたい、と頭の中では理解していても思うように前向きにはなれないものです。今回は私の経験も含めて失恋からの立ち直り術をご紹介いたします。

どうすれば早く立ち直れるのか?

信頼できる友人に話を聞いてもらう

失恋に限らず、気分を落ち着かせたい時や頭の中の考えを整理したい時は信頼できる友人に話を聞いてもらいましょう。聞き手の相手に迷惑がかかってしまうとか、申し訳ない気持ちを感じる必要はありません。誰でも、多かれ少なかれ人に頼りながら生きているのですから困っている時はお互い様。「私の話をじっと聞いてくれている」「私のことを正しいと言ってくれている」そう感じるだけで気持ちが楽になるし、前向きな考えができるようになります。

あなたが聞く立場の側の場合、アドバイスをしなければ!なんて考える必要はありません。聞き手に徹して「うん、わかる」「私もそう思う」と共感して頷いてあげるだけで良いのです。どんな場合でも相手の言っていることを否定したりしないでください。相手は余計に辛い気持ちになってしまいます。アドバイスする必要がある場合は、後日失恋モードから抜け出したタイミングで伝えるようにしましょう。

自然の中を散歩する

これは私の一番のオススメです!私自身もよくやっています。公園・ウォーキングコース・海辺の砂浜など、自分が心地よいと感じられる場所ならどこでもOK。じっと座って考え込むよりも、体を動かしながら頭を使った方が頭の中の情報が整理されやすくなり、リフレッシュ効果やリラックス効果も見込めます。運動が苦手な方も激しい運動をする必要なんてありません。散歩やジョギング程度でOKです。

人通りが少ない場所を一人で散歩するようにしましょう。信頼できる友人に話を聞いてもらうのも良いことですが、時には一人になって自分の力で考えてみることも大切です。一人で考えられる力が身に付けば恋愛や婚活だけでなく仕事やプライベートなど、いろんな場面で主体的に行動できるようになります。

散歩やジョギングをする時、迷っていることや悩んでいることを口ずさみながら考えるとより効果は大きくなります!「あの時こうしていれば良かった。よし、次はこうしよう。」「今回の〇〇の経験はとても勉強になった。これを次回に活かそう!」など言葉や声に出しながら体を動かすことは、より頭の中を活性化させてあなたを前向きな気持ちにさせてくれます。

自宅部屋を整理整頓する

人それぞれ対応が異なると思いますが、失恋した時、お相手との思い出の品(写真・アクセサリーなど)はどうしていますか?中には思い出の品としてそのまま保管しておく方もいると思います。決していけないことではありませんが、失恋から早く立ち直りたい場合は全部捨てて部屋の中を整理整頓することをオススメします。なぜなら、物を見る度にお相手の記憶が思い出されてしまい失恋から立ち直ることの妨げになってしまうからです勇気を出してスパッと捨てて部屋の中やスマホのデータや履歴も一掃しましょう!(新しい恋人ができた時、相手に不快な思いをさせてしまう心配もなくなります)

物や情報が整理されれば、あなたの頭の中や気持ちも整理されて清々しく前向きな気持ちになれます。そうすれば後は時間の問題。もっと良い出会いがある!と信じて新しい出会いを探してみてはいかがでしょうか?

旅行に行くor故郷に帰省する

気持ちが辛い時は、好きな場所に旅行に出かけたり、故郷に帰省したり、心をリフレッシュさせましょう。

私も気分が落ち込んでいる時や気分転換したい時は、故郷に帰省して懐かしい場所に行ってみたり、学生時代の友人と会って話をするようにしています。故郷の友人というのは不思議なもので、何年も連絡を取り合ってなかった状況であっても昔のように違和感なく何事も本音語り合える存在です。学生時代の思い出が詰まった場所ですから、懐かしい気持ちになり初心を思い出すことができます。

また、未踏の地に旅行に行ってみるのも良いです。行ったことが地域に行って多くの刺激を受けることにより、新しい考え方・価値観・気持ちに出会うことができます。これまで悩んでいたことがバカバカしく感じられるようになったり、気持ちが前向きになってワクワクした気分になれます。

まとめ

失恋は多くの人が経験をします。どうしてもネガティブなものとして捉えてしまいがちですが、その苦しみや経験は人を大きく成長させてくれますし、良い恋愛や婚活をする上では必要な経験です。

今の20代30代の婚活適齢期の方々の中には「恋愛をしない」「自分から相手に好意を伝えられない」など、恋愛や婚活に消極的な人が多いと言われています。その理由として増えてきているのが「フラれて傷つくのが嫌だから」だそうです。
このように考えている人は恋愛や婚活というものを全く理解できていないと思います。告白が上手くいってお付き合いがスタートしてハッピーな生活を送りたい、今付き合っている相手とこのまま幸せな気分で毎日を過ごしていきたい、と考えるのは当然ですが、誰だって最初から最後まで100発100中で上手くいっている訳ではないのです。(恋愛で失敗や挫折などとは無縁そうなイケメン男性や美人女性でも、恋愛で悩んでいる人は意外に多くいます)

人を好きになる
→勇気を出して告白する
→フラれてしまった
→なぜフラれてしまったのか考えて改善する。
仕事やビジネスを同じく、この繰り返しで恋愛や婚活も上達していきます。異性に興味がない、結婚する気が無いという理由で恋愛をしないのなら話は別ですが、フラれるのが嫌だからという理由は「試験に落ちたくないから試験を受けないと言っている学生」「三振したくないからバッターボックスに立ちたくないと言っている野球選手」と同じこと。そんな学生や野球選手があなたの身の回りにいたらどう思いますか?そんな人に魅力を感じないでしょう。

モテる人・恋愛や婚活に成功した人は「失敗やフラれる経験を数えきれない程積んだ人」です。

失敗を恐れず、前向きにチェレンジする勇気をもって婚活に励みましょう!

執筆:小川恭平

【PR】
ライフスタイルにおける大切な活動をホワイトキーのパーティーで踏み出してみませんか?
婚活パーティー【White Key】

本格的に結婚を考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュにご相談を。
結婚相談所【White Marriage】

 

関連記事一覧