なかなか別れてくれない彼女とすっぱり別れる方法

今回は「なかなか別れてくれない彼女とすっぱり別れる方法」について考えてみたいと思います。別れ話を言い出すきっかけも作れず、相手を傷つけたくないと思い別れたいけど、なかなかの別れられない男性はたくさんいます。幸せで楽しい時期もあれば、別れたいと考えるのも恋愛です。別れる理由はカップルによって様々ですが、最後の別れ方によっては全然変わってきます。遺恨を残さずスッキリと別れる方法を考えていきたいと思います。最後までご覧いただければ幸いです。

別れられない理由

なかなか別れられない理由は、2人にそれぞれあると思います。別れたい男性の方で、長くお付き合いをして今は情で付き合っていたり、共通の友人も多くなり別れた後が気まずいからという理由でダラダラと付き合っている方もいるのではないでしょうか?「自分が我慢すれば良いのじゃないか?」「自分は本当に別れたいのだろうか?」と自問自答してダラダラと付き合っていて、なかなか別れを切り出せない男性も多いと思います。いざ別れた後、急に一人になってしまう事や、今までの環境と変わってしまう事に不安を感じ「別れるのもめんどくさいし今のままでいいや」と考えている方はこのまま付き合っていても時間が過ぎていくだけで、幸せを感じる事がないと思います。

自分が抱いた感情に向き合うことは確かに面倒ではありますが、それは抱いてしまった以上男女関係なく向き合う責任もあると思います。そして、現状維持は楽ですが、自分にも相手にも思いやりのある行動ではないと思います。まずは向き合うことから始めてみることで、結果的にお互いのプラスになるかもしれません。

一方、別れてくれない彼女の多くは、別れ話の時に泣いたり、別れることに納得してくれないなどの理由が挙げられます。別れ話の最中に彼女が泣き出してなかなか話が進まない、泣かせてしまった罪悪感で一旦別れ話は流すなどウヤムヤになってしまう事もあります。別れると決めたら涙に負けない自分を強く持って、感情に流されず話すべきです。

また、別れ話に納得をしてくれない女性はプライドが高い傾向にあります。自分がフラれてしまうなんて考えたことないし、とても屈辱的なこと。2人がギクシャクしていたとしても、まさかのあなたから切り出されたとなると、そのことに腹が立って、今は絶対に別れたくないという気持ちが芽生えてしまいます。冷静さを失っており、あなたを離したくないという感情ではなく「私がフラれるなんてありえない」と考えていることでしょう。時間が経てば冷静になり、彼女の方から別れ話を持ちかけることもありますので口論せず、一旦距離を置くおことも効果的です。

やってはいけない別れ方

別れる方法はたくさんありますが、避けるべき別れ方もたくさんありますのでご紹介いたします。

①自然消滅です。徐々に距離を置き、フェードアウトする事で彼女が傷つかないだろうという考えは、実は大きな間違いです。彼女と向き合わない姿勢は「実は傷つきたくないのは自分」ということしか伝わりません。彼女と別れたいと思ったのに傷つきたくないあなたは自分勝手でもあります。自然消滅された側からすれば、「いつかは戻ってきてくれるかもしれない….」とわずかな希望にすがって待ってしまうことだってあります。数ヶ月、半年、ことによると一年も待つことになったら、傷つかないどころかむしろ彼女の人生に空白の時間を作ってしまいます。時は金なり。彼女の大切な時間を奪うようなことはやめ、誠心誠意彼女に別れたい気持ちを伝えることが、何よりも大事です。

②突然の別れ話です。今すぐにでも別れたいという気持ちが先行するのは、とてもよくわかりまが、会うこともなくLINEや電話のみ、またはいつものデートの途中で突然別れ話を切り出してしまっては、相手も冷静な判断が出来ない場合があります。別れ話をする前には、必ず前もって「話がある」という旨を伝えておくようにしましょう。そうすることで、相手もあなたの気持ちを察し、覚悟を持って話し合いに臨んでくれます。必ず面と向かって話をしましょう。

③はっきりとせず、曖昧な返事や回答で別れ話をする事です。別れを切り出すのは本当に気まずいし、できれば避けたいと思うのが普通の心境でしょう。彼女が泣いてしまうこともあり罪悪感だってある。だからといって、その気持ちを曖昧にして遠まわしに伝えたりするのはNGです。どんなに気まずくてもはっきり自分の気持ちは伝えましょう。曖昧にしてしまうということは①と同様で結局自分を守っているだけなのです。嫌われたくない、言いにくい、でも別れたいというただの甘えの気持ち。それでは、相手に正直にまっすぐ向き合っている状態とは言えません。別れを告げることで相手をとても傷つけることは明確です。だけど、曖昧な言葉で誤摩化していたら相手だって「どうして別れたいの?」「何がダメだったの?」「まだやり直せるんじゃないの?」って思うはずです。真摯に向き合って話しましょう。

別れる前の下準備

いざ別れを決断をした時、別れる前の下準備を考えていきたいと思います。突然別れ話を切りだしても彼女からすると急すぎて冷静な判断ができず話し合いにならないはずです。

下準備として、まずはお互いに距離を取ることです。「少し距離を置こう」と言うと彼女は「別れを考えている」と思うはずです。彼女の性格や考えによって変わりますが「距離を置こう」というのは「近々別れ話をしますよ」の合図なので人によっては言わない方が賢明かもしれません。連絡やデートの回数を減らして少しずつ距離をとっていきましょう。女性のカンは鋭いので距離を置かれている事にきっと気づくはずです。距離を置く時間は短期間でもよいので彼女に心の準備をする期間をつくってあげましょう。気をつけなければならないのは、この状態をズルズル長引かせない事です。

ある程度距離を置いて、お互いに冷静になったらきちんと会って話す事です。会う前に「話がある」と言うと彼女の方も心の準備ができているし、会うまでに冷静に考える事ができるからです。メールや電話で別れ話は論外です。どんなに仕事が忙しくても時間を作って顔を見て話し合いましょう。

円満に別れる方法

いよいよ本題です。円満に別れる方法を考えていきましょう。最も肝心な事は自分の気持ちをハッキリ相手に伝えて別れる事です。一番シンプルで王道の別れ方です。何も理由を伝えずに「別れよう」と言っても身勝手で相手の気持ちも考えない最悪のマナーだと思います。彼女にとっては何が理由で別れたのか分からず、ズルズルといつまでも引きずってしまう事が多いからです。また、しっかりと「別れよう」「もう終わりにしよう」などの表現をすることが肝心です。曖昧に「いや、別に嫌いになったわけじゃないんだけど・・・」とか「本当は別れたいわけじゃないんだけどさ・・・」というような相手が未練を残しそうな事は決して言わない事です。別れ話の時に優しさは逆に辛いものです。「嫌いじゃないのに、なんで別れなければならないの?私のどこがダメだったの?」となりますよね?

別れを決めたんだったら腹をくくる事!ちゃんと気持ちを伝えて曖昧な返事はせず、自分自身がブレない事が大切です。そして、正々堂々と理由を告げて別れを切り出す場合は別れた後でも友人としていい関係を築けるという事もあり得ます。あなたの対応が誠実だったからです。相手は心も体も許しあった恋人なんだから、最後はきちんと正面から気持ちを伝えて別れる事をオススメします。

別れた後は全てから解放され、肩の荷が下りた気持ちになります。すでに新しい恋が始まっている方も、これからまた出会いを求める方もいることでしょう。それなのに、別れてしばらくすると「酔っ払って電話しちゃったー」や「久しぶり、今何してるの?」と連絡をする男性がいます。理由はどうあれ、自分で振った元カノに連絡はしない事です。ようやく新しい一歩を踏み出そうとしている中、フラれた相手からの電話は傷つけるだけです。

まとめ

今回は「彼女と別れる方法」について考えてみましたがいかがだったでしょうか?このコラムを見ているのが男性であればきっと別れの後押しをしてしまったことかと思います・・・。しかし、出会いがあれば別れもあるのが人生です!私自身、別れを考えた後ダラダラ付き合う事はお互いの為にならないと思っています。恋愛においても前進がないので貴重な時間を無駄にしてると感じます。

「終わり良ければ全て良し」という言葉があるように、別れ際の対応に相手の優しさや思いやりを感じると、良い恋だったというキレイな思い出になります。また、別れたからといって、一緒に過ごした時間や思い出が消える訳ではありません。一緒に過ごした時間が長かろうと短かろうと、一度は愛し合った二人が別れる。「傷つけない」「傷つかない」お別れなんてありえません。別れたばかりの時は心にポッカリ穴が空いてしまいますが、時間が経てばお互いが「いい恋愛だったな」と思える日がきっとくる事でしょう。

私の周りにも元カノとサヤを戻し結婚した友人も数多くいます。一度別れたからといって今後一生会えない訳でもないですし、偶然出会う事だってあると思います。人の出会いは一期一会の繰り返しです。出会いと別れを繰り返し人は成長するものです。別れる、別れないはあなたが決める事です!しっかりと決断し、後悔のない恋愛を応援いたします。

記事:古賀

関連記事一覧