• 30代の婚活
  • 婚活適齢期といわれる30代は今最も多い婚活世代。そんな皆様に是非知って頂きたいコラム記事を集めてみました。

30代から始める婚活の心構えとは?

婚活パーティー「ホワイトキー」の運営に携わっております小川恭平です。
今回は「30代から始める婚活の心構えとは?」についてご紹介します。各年代において、恋愛・婚活事情はそれぞれ異なります。一般的には、婚活するなら若い方が良い!と耳にすることが多いでしょう。でも、30代以上で婚活することのメリットや強みだってあります。年代によって注意すべき点や考え方など婚活スタイルはそれぞれ異なります。重要なのは各年代に応じた婚活スタイルを理解した上でお相手選びができているか、です。これまで婚活事業に従事してきた私の経験も踏まえてお伝えしますので、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

30代からの婚活ポイント3点

20代の結婚は出産を考えれば理想的な年齢と言えます。女性の場合は「早く子供を産んで若いママになりたい!」「子育ては体力勝負だから結婚は20代に!」と考える方も多いようです。また、現代は少子化・晩婚化が進んでますから、20代で結婚したことに優越感を感じる人もいるかもしれません。でも、30代の結婚にもメリットがあります。20代よりも人生経験が豊富な分、結婚相手としてお相手に求めるべき必要な要素を理解していることです。20代の頃は、お相手の容姿、思いやり・優しさ、一緒にいると自然体でいられる、出会い方、相手を思いやる気持ちなどの感情面を第一に重要視する傾向があります。勿論それらは30代以上になっても大切であることに変わりありませんが、それらだけでは足りないことに気付くのです。お相手の年収や家柄(家族構成など)、学歴や職歴、業界、会社の規模、職位、休日、勤務地など、現実的な生活面の要素を重要視する傾向が高まります。自身の人生・恋愛経験も豊富ですし、例えば友人知人の結婚の成功例や失敗例なども踏まえて知識が豊富です。したがって、結婚相手に求めるべき項目が増えたり、項目の優先順位が変わったり、長期的な目線でお相手選びにシビアになれることが最大の利点と言えます。

②デメリットは「パートナー選びがマイナスの意味でシビアになる」こと

最大のデメリットは①の裏返しです。①では20代よりも30代の方が結婚相手として必要な要素を理解しているとお伝えしましたが、見方を変えると、お相手に求める要素の種類が増える、一つ一つの要素がより強く求められる、と言えます。例えば女性の場合、男性の職業や年収が重要な要素であると考える人は数多く存在します。20代の頃は「ちゃんと正規のお仕事に就いて毎日まじめに働いている男性が良い」と考えていたけど、年齢を重ねるに連れて自分の年収だって上がっていきますし、恋愛や結婚に関する知識や経験も豊富になっていきます。友人知人の結婚・離婚の話を聞いたりして参考にする知識が増えていくと、「○○の職業に就いている男性はちょっと…」「年収は〇〇円以上はないと困る」など、こだわりが増えていきます。離婚歴がある場合は、次は絶対に失敗したくないというプレッシャーがありますから尚更です。また、特に女性の場合は30歳くらいを境に婚活市場においてニーズが年々下降していきますから、20代の頃にモテていた美人の女性であっても、徐々に男性から選ばれなくなっていきます。そして女性から選ばれる要素を兼ね備えた人気のある男性はどんどん結婚していきます。結果として「お相手に求める基準は厳しくなるのに、自分を選んでくれる人は減っていく。魅力的な異性に出会える可能性も減っていく」という反比例減少が起きるのです。20代の頃はまだお相手に求めるハードルが低いですし、学校やプライベートなど、特定の異性と同じ時間を共有する機会も多くありますから、純粋に「好き」という感情が湧きやすいですが、年齢を重ねるに連れてそのような機会は必然的に減っていきます。「年齢を重ねるに連れて婚活が難しくなる」「結婚するなら若い方がよい」とよく耳にしますが、背景にはこのような事情が考えられます。

③女性は「35歳」が大きなキーポイントとなる

女性にとって「35歳」は大きなキーポイントです。なぜならお相手の男性が自分の子供が欲しいと考えている場合はお相手の年齢を考える時に「35歳」を区切りとしている場合が多いからです。35歳以上の妊娠・出産は医学的にも高年齢出産と位置づけられており、母子共に健康上のリスクを伴う確率がぐっと高まります。(お相手の男性が子供を欲していない方であれば気にする必要はないかもしれません)その程度の知識は女性だけでなく男性も知っています。仮に、皆が認める美人であっても年齢が35歳以上というだけで結婚相手の対象として除外されても全く不思議ではありません。例えば、芸能界のようなマスメディアの世界で大成功を収めた女優さんやタレントさんでも20代に結婚・出産する人は数多くいます。芸能界のような人気の浮き沈みがとても激しい世界で戦っている女性は、女性にとって「年齢」がどれほど大きな価値をもっているか自身の経験から身をもって理解しているのです。また、私は普段さまざまな企画のパーティー運営に携わっておりますが、女性の参加者様から支持いただいている企画の一つに「30代の男女限定編」があります。婚活市場において30代の男性はとても需要が高いです。同世代だけでなく、20代からも、40代からも選ばれます。しかし30代の男性は20代の女性と出会いたいと考えている人がほとんどです。30代の女性と出会いたいと考えているのは40代の男性です。したがって、この企画はカップル成立となる割合は比較的低い傾向があります。このように希望するお相手の年齢によるミスマッチが多くなり始めるのも35歳前後だと理解しておいた方がよいです。30歳の次は35歳。35歳の次は40歳といったように、5歳おきに大きな波がありますからその辺を普段から意識しておくと良いでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。①~③の内容を踏まえて30代からの婚活で大事なのはそれらを総合的に考えたバランス感覚です。年齢を重ねればその分、お相手を見極める力はありますが、お相手からは選ばれにくくなります。普段イベントにご参加いただく参加者様の中にも「いい人がいない」「理想の人がいない」とおっしゃる方がおられますが、結論を言うと、理想の人などいないのです。誰だってお相手の良い部分も悪い部分も含めて互いを受け入れながら、足りない部分を互いに補い合うが男女関係の在り方です。完璧を求めたらキリがありません。もし、今あなたの年齢が30歳を超えていて、お付き合いしているパートナーがいるのであれば、許容範囲を超える欠点がない限り、その人で手を打った方がよいと思います。ここで「私にはもっとふさわしい人が他にいるのではないか…?」と深く考え込んでしまう人は婚活難民となり、いつまで経ってもゴールインに至らない可能性が高い人かもしれません。「タイミングを失っては、縁も失ってしまう」のです。

ライフスタイルにおける大切な活動をホワイトキーのパーティーでぜひ一歩前へ踏み出してみませんか?

婚活パーティー【White Key】https://whitekey.co.jp/
本格的に結婚を真剣に考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュにご相談を。
結婚相談所【White Marriage】https://www.whitemarriage.jp/

執筆:小川恭平

関連記事一覧