3回目のデートは脈アリのサイン!?理想的な3回目のデートは?

素敵な出会いがあり、連絡先を交換して、初回のデート、2回目のデートと順調に進み、3回目のデートとなると期待も膨らみますよね…!

異性とデートをしてみて「お付き合いに発展できるかも!?」と思えるデートの回数はいったいどれくらいでしょうか。おそらく、「3回目のデート」というキーワードが浮かんでくると思います。

3回目のデートの意味(3回目のデートは脈ありか?)

結論から言うと結構な「脈あり」だと思います。

お仕事もそうですが、自分の趣味の時間や仲の良い同性のお友達との楽しい時間などを後回しにして、数度しかあったことのない異性と時間を作ってオシャレをして3度も会うという時点で好意は確実にあります。

まず1度目ではパッと見て嫌ではないか、話は合うかなどを確認し、2回目ではさらに深いところ、一緒にいて楽しいか、不安を感じたり不快に思うところがないか、そしてまた会ってみたいと思うかを無意識に考えていると思うのです。嫌だと思ったら二度と会いたいと思わないですものね!

CanCanさんで女性に対しアンケートを実施したデータが掲載されていて、とても参考になるので下記に引用させていただきました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

Q.3度目のデートに誘われたらどう思いますか?
3度目のデートに誘われたらどう思いますか?グラフ
脈ありだと思う 64%
3回目じゃまだわからない 36%

3回目のデートの誘いは「脈あり」と思う女子の意見

「嫌い」ではないはず!

「もしつまらないとか苦手と思われていたら3回も誘われたりしないから」(24歳・公務員)
「嫌な人とそんなに会いたくないと思う」(31歳・会社員)
「少しずつお互いを知れてきて、お誘いがあるということは少なくとも嫌いだと思われてないと感じるから」(27歳・派遣社員)

デートをして、その後また誘ってくれるのは、「楽しかった!」という証拠なのでしょう。少なくとも「嫌われてはいないはず……!」と、ひそかな手ごたえを感じる女子も多いようです。

「3回目」がポイント

「2回目なら微妙だけど、3回目ならありだと思ってくれてると思う!」(24歳・専門職)
「3回も誘われたら普通に脈ありでしょ。友達っぽいノリなら脈なしで友だちだけど」(20歳・学生)

3回目のデートを重視する風潮は、男性側も感じているはず! そうした状況の中でもひるまずに誘ってくれるのは、「期待してもいいよ」というサインなのかもしれません。

そろそろ告白!?

「だいたい3回目で友だち行きか恋人行きかに分かれる!」(25歳・学生)
「エッチをそれまでにしてなければちゃんと考えてくれてると思う。実際、今までも3回目のデートで告白されることが多かった」(26歳・会社員)
「今の彼氏に3回目のデートで告白された」(23歳・会社員)

「脈あり」を通り越して、すでに「告白」までを見据える女子も目立ちました。こんな意見を目にすると、デートの誘いに応じた瞬間から、期待で胸がドキドキしてしまいそうです!

3度目のデートの誘いでも「まだわからない」と思う女子の意見

ただの「友だち」

「ただの友だちと思われてるかもだから」(30歳・専門職)
「ただの友だちとしてかもしれないし、期待するのがこわいから」(23歳・専門職)
「友だち付き合いの可能性もあるから」(24歳・会社員)

一方でこちらは、3回目のデートのお誘いでも慎重な姿勢を崩さない女性たちの意見です。誘ってくれるのは「友だちとして」なのかもしれません。このあたりは、彼の態度や表情から見極めておきましょう。

都合の良い妄想!?

「はっきり言われてくれないと確定できないので、もしかして自分の妄想かもと……」(29歳・学生)
「自分も脈なしの人に何回もご飯を誘うから」(21歳・学生)

3回目のデート……でも、これって本当にデートなの!? 考えすぎて、こんな思考の迷路に迷い込んでしまう方もいるようです。何度誘われても彼の気持ちがつかめないときには、「いったいどういうつもりなの?」と聞いてみるのもオススメですよ。

以上がCanCanさんの記事でした!とてもためになりますね!( https://cancam.jp/archives/624405

3回目のデートまで続くワンポイントアドバイス

初回のデートの時にものすご~い長い時間拘束をしてしまうと、まだ心を許していない相手に長時間付き合わされたという感覚を持つ方もいます。

最初は軽くご飯を食べに行ったりして楽しかった記憶だけ残るように心がけると次回に繋がっていくでしょう。

3回目のデートにぴったりなデートスポット

よくやってしまいがちなのがお食事デートの連続だと思うのですが、相当面白いお人柄の話題豊富な方以外だと残念ながら「つまらない…」と思われてしまいがちになります。

二人だけの空間ももちろん大切ですが、楽しいアトラクション的な行程も組み込んだりして一緒に楽しめるデートを提案してみましょう!

オススメのデートスポット

お勧めデートスポットは色々なWEBページでたくさん取り上げられていると思います!3回目のデートでは「お食事のみ」デートから脱出をして色々なことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。二人で楽しめるデートスポットをいくつかご紹介させていただきますので参考人してみてくださいね!

  • 動物園デート→動物がニガテでなければ、話ベタな方でも話題がたくさん作れるのでお勧めです!動物ふれあいコーナーがあるところをチョイスすれば一緒に可愛い動物に触れあえ、二人の距離もグッと縮まるでしょう。
  • 遊園地デート→絶叫マシーンに一緒に乗るだけで楽しい!吊り橋効果も抜群!
  • 水族館デート→様々な魚が展示されているので、話題性は豊富です!天候に左右されないし、運動がニガテな方にもピッタリ。癒されるゆったりとした時間が過ごせると思います。
  • プラネタリウムデート→満点の星空を眺めるだけで非日常!真っ暗でお喋りもできずお互いの顔は見えないですが、そっと手を繋いだりしてドキドキときめいてみるのはいかがでしょうか。
  • フルーツ狩り→意外と楽しいフルーツ狩り。二人でつまみ食いをしながら協力をして収穫したフルーツはきっと購入したものよりもおいしく感じることでしょう!
  • ドライブデート→普段はいけない場所に行って、美味しいものを食べたりきれいな景色を見て楽しい時間を過ごせば一段階仲良くなれると思います!

ドライブテートの時の注意点

ドライブデートは色々なところに一緒に行けて、車の中で話していたり景色を眺めているだけでも楽しかったりもしますが、運転者になる場合には「同乗者のことを気遣った運転を心掛けることがとても重要になります。

どんなに素敵に見える異性でも、運転が物凄く粗かったり、信号待ちでイラついて悪態をついたりなどした場面を見てしまうと…一気に幻滅してしまいます。運転をする際には常日頃から余裕を持って臨むとふとした瞬間に自分が気付かないうちに幻滅されている…なんていう勿体ないこともなくなるのではないかな、と思います。

デートで食事をするなら?マナーが厳しすぎないにおいの少ないお店

3回目のデートになると、これまでに行ったお店とは少々趣向を変え、ロマンチックで雰囲気のいいところを選んだほうがいいかもしれません。ただ、マナーが厳しいお店ですと、気を使いすぎてお互いリラックスできず緊張感の漂う雰囲気の食事になってしまう可能性も。

タバコの臭いが強かったり、焼き物の煙が充満していたりという、においのキツイお店ですと…デートの雰囲気が台無しになってしまう可能性もあるので、煙の充満しない飲食店を選びましょう。絶対に食べ物の好き嫌いやアレルギーは確認をしてくださいね。

おススメ料理ジャンルはイタリアン、和食、中華、洋食、オシャレなカフェのご飯などだと思います。(ラーメン屋さんやニオイが凄い焼肉焼き鳥屋さんは良い雰囲気を作るのには難しいかもしれません)

特に女性はダイエット中だったりする可能性もあり、ガッツリ山盛り系のお店などはあまり気が進まない、という場合もありますので、オシャレなコース料理だったり、ニンニクなどの臭いがききすぎていない料理、など、お相手の目線に立って考えてあげると好感度がUPです!

デートに最適なお料理屋さんを探すときには…インターネットで検索をしてみるのもいいですし、ご自分の行ったことのある雰囲気のいいお気に入りの場所でもいいかもですね!

https://hitosara.comシーンから選ぶ特集全国のデートにおすすめなレストランをご紹介します。こだわり条件から探すこともできます。人気エリアのデートコースから最新のスイーツが食べられるお店まで、恋するあなたにぴったりなデート情報が満載!

3回目のデートで告白するとき・されるとき

いざ告白という時…すごく緊張してしまいますよね…!フラれてしまったら…とか後ろ向きなことを考えてしまうかもしれませんが、何もしないで平行線を辿るとその先にはあまりいい結果が出ないことも多いです。3回目のデートは告白のタイミングとしてはピッタリなので、勇気を出して告白してみましょう!

告白に有効な時間帯というものもあります。17~19時頃の時間帯は黄昏効果が期待できる時間帯といわれています。(※黄昏効果とは…夕方から夜にかけての時間帯(黄昏時)は、人間の判断力が低下するという心理効果の事です。)

告白されるときのリアクションも大切です!OKと思ったら勿体ぶらずにすぐにうれしい気持ちを示しましょう。

もし「まだわからない」、迷った時は、すぐには決められない事をしっかりとお相手に伝えして、またデートをしてみて決めてみてください。一番NGなのは何も返事をせずにうやむやにしてそのまま放置してしまうこと。ダメなときはキッパリお断りすることも優しさといえます。

3回目のデートまでに準備しておくべきこと

まず、男女共通で準備をしておいたほうがいいことですが、3回目のデートまでにお相手の好きなことや人柄をリサーチしておきましょう。

ただ、単刀直入に年収とか過去の恋愛についてなどをきいてしまうと嫌がられる可能性もありますので、「好きな食べ物、興味があること、最近の趣味」、「血液型、誕生日、犬と猫どっち派?などのプロフィール的なこと」、「第一印象、初デートしてみた感想など」など、「あなたのことに興味があって知りたい」というアピールをしながら、次に繋げられる情報が得られる質問をしてみてくださいね。

好きな食べ物を答えてくれれば「今度はそれを食べにいこうよ!」とか、運動が好きと聞いたなら「じゃあ次回はちょっと運動できる場所に行こうよ!」など、楽しく会話をしながら次デートへの架け橋をかけることができます。

自分の印象を聞くことは少々恥ずかしいかもしれませんが、会話としては盛り上がりやすいと思いますし、お相手に告白の勇気を与えることができるかもしれません!そして、ついつい忘れがちだと思うのですが、お相手にお付き合いをしている人がいないかを確認しておくことも大事な準備です。

男性編

まずLINEやメールなどの連絡先をGETしないことには次の段階に進まないので、連絡先は必ず聞いておくこと!そして、連絡先をGETしたらマメに連絡をして、女性に「自分に興味がある」と思ってもらえるように色々な話題をしてみる努力をしてみてください。

いざというときに何も考えておらず軽率な言葉を言ってしまわないように、告白の時のセリフは考えておきましょう!シンプルなものが好まれる傾向にあるようです。告白の時はハッキリとした言葉で伝えるほうが好感度が高いようです。

あまりカッコつけようとしすぎて恥ずかしいセリフで告白をしてしまうと、恥ずかしがりやな女性は困ってしまうことがあるので、シンプルにしたほうが良いようです。

3回目のデートは勝負時ですので、服装も気合をいれて選びたいところですよね!ただ、背伸びをして似合わない服を着るよりは、自分に合った清潔感のある服装、デートに行く場所に合った服装を意識してみるといいと思います。

女性編

初デートから2回目のデートまでの間に、彼が重大な隠し事をしているかを探ってみることもいいと思います。「なんかあやしい…!」という、漠然としたものを感じとるように意識するだけでOKです。

3回目のデートでの告白を受けるかどうかの判断は、2回目までのフィーリングで決めることになるので、自分の身を守るために彼がどんな相手であるのかは、なるべく正確に判断すべきです。大切なのは彼から伝わってくる性格や雰囲気を、あなたがどう受け取るかですので、なるべく気を付けてみてくださいね。

とにかく好意を持っていることを滲ませる。彼の目を見て話してみたり、ちょっとだけ彼に触れてみたり、二人でいると楽しいことを伝えてあげたりするとお相手にとっても自信になりますので、「脈あり」だということを、彼に察してもらえれば…3回目のデートで告白をしてもらえる可能性が上がると思います。

デート代について、男性は頑張ってデート代を出してくれる方も多いと思いますが、いつも奢ってもらってばかりなのもあまりよくないですよね。あまり頼りすぎず、自分も出す気であることを伝えましょう!それでも「いいよ」と断る男性に対しては、無理にワリカンを強要せず、彼が好きそうなちょっとしたプレゼントを用意してみたりして感謝の気持ちを伝えてあげてくださいね。

3回目のデートの服装ポイント!そんなときのコーデはどうすべきか…やっぱりお相手のことを考えて彼の好きそうなコーディネートやTPOに合わせた服装が理想だと思います。露出が高い服装は軽そうな女性に見られてしまうので、お勧めしません。

避けたほうがいいこと

ズバリ、LINEやメールで告白をすることです。とても便利で緊張せずに告白はできると思いますが、告白された側からすると、「直接会って言って欲しい」と思われることが大半だと思います。

最後に

三国志でも諸葛孔明に門前払いをされつつも例を欠かずに3回会いに行った結果、見事公明を軍師としてGETする劉玄徳の逸話、「三顧の礼」というものがありますよね。3回会うということは男女の間のみならず非常に重要な回数なのです。

そしてそもそもデートに行くお相手がいない!という方は、真剣にお相手探しをしている異性が集まるホワイトキーのパーティーに参加をしてみてくださいね。


ここまでお読みいただきありがとうございました!この記事が3回目のデートを目前に控えている方のお役に立てていただければ嬉しいです!

関連記事一覧