【恋愛でモテるための正しい努力の方向性】

モテるかどうかは努力次第でかわる?

「外見」「内面」どちらも努力次第でいくらでも変わることが出来るでしょう。もちろん物理的に変えることが難しい顔や身長、骨格といった生まれ持った個性は変えることは出来ませんが体型などの容姿やその人から出る雰囲気、性格に紐づく人との接し方などは努力次第で「モテる男」にいくらでも変貌を遂げることができます。

外見で大切なのは清潔さ

女性は本能的により良い遺伝子を残したいという思いから外見の良い男性を好みます。イケメン、高身長、抜群のスタイルはもちろん!モテ要素でも重要なのはやはり「清潔感」!不潔な男性は嫌われます!これも同じく本能的に「健康な遺伝子を残すことが出来ない」という思いから拒否反応が出てしまうのです。一口に「清潔感」と言われてもピンと来ない人もいるかもしれません。主には「シワシワ、クタクタのシャツを着ていないか」「へアスタイルはしっかりと整っているか」、「眉毛は整えているか」「鼻毛は出ていないか」「肌は荒れてないか」「靴は磨かれているか etc…」ザッと上げただけでもこんなにもチェック項目がありますね。ただ、日常から手入れをするクセや少しの意識を持つだけでそんなに負担に感じることはなくなります。女性に見られているという相手目線で綺麗に見えているかどうかを考えるという事です。モテたい気持ちを持つことや気になる女性に見られているなどの意識を持ち、考えるほど、清潔感というのは自然に生まれます。今まで、そこまで気を使っていなかったという人!これからは「見られている自分」を意識して、できることから挑戦してみましょう!

「ヘアースタイル」

顔は顔面だけでなくヘアースタイルも含まれます。髪型も相手に与える印象の大きなポイントです。女性は意外と男性の髪型を見ているものです。可もなく不可もなくでは印象に残りづらいですが、流行にマッチして似合っていれば印象もグッとあがりますし、逆に気を遣っていないのがバレバレだったり全く似合っていなければ印象は悪いですよね。特に清潔感があるのか否かという点においても髪型というのは重要な部分です。では具体的にどういう髪型にすればいいのか。これに関しては人それぞれ髪質や頭の形などによって変わってきますので各々で自分に合ったスタイルを見つける必要があります。ただ、基本的には爽やかな短髪が女性ウケとしては良いでしょう。また、実際にカットする場合はある程度「流行を取り入れてくれる」美容室が良いでしょう。普段、床屋で簡単に済ませてしまうという方は一度、少しお金をかけて美容室へ足を運んでみることをオススメします。細かいことは気にせずなんでも相談してみましょう。清潔感を出したり、小顔に見せることもできますし、顔だちの印象も髪型一つで大きく変えられます。実際に「髪型」と「眉毛」を変えるだけで大きな印象変化があるものです。「髪型は自分が一番わかっているからいいんだ!」「美容室へ行ったところで…」などと考えている方も美容師さんによって全然印象は変わります。今の美容室でしっくりこないならチェンジもありだと思います。容姿を磨く重要なポイントです。軽視せず今一度しっかりと考えることをオススメします!

 

「肌」

女性が肌年齢を気にするかのごとく男性にとっても肌は重要なファクターです。ニキビやシミなどはよく言われている事なので、ある程度気をつければいいと思います。肌のトラブルはあなたが健康的に見えるか見えないか?の違いにも表れるので気をつけてください。そしてモテる外見で重要な要素なのが「肌の色」です。昨今では男性も美白ブームがありシミを気にして徹底して肌を焼かないという方も多いようです。しかし、女性が男性に魅力を感じやすいのは肌が美白男性よりも小麦色の方が人気があるようです。そこには、本能的により男性性を求める傾向が強く「いかに健康的か?」「いかに力強いか?」を最初は見た目で判断するためのようです。よってどちらの肌の色が男性に魅力を感じやすいのかは一目瞭然・・・肌の色が小麦色に近い人。とは言え、あくまで健康的な小麦色がベストであり、肌トラブルの目立たないケアも必要ということですね!

「服装」

服装こそ相手に与える印象を大きく左右し、その人のセンスを象徴するものです。むしろ他がイマイチでも服装さえオシャレであれば印象もグッと上がると言っても良いでしょう。そして、モデルや雑誌に掲載されているオシャレさはなくとも、そもそも清潔感がない服装というのは、絶対にNGです。人に会うための気遣いができない人だと思われますので注意しましょう。例えば、「あきらかに着古したヨレヨレの服」、「汚れやシミやシワ」、「ヨレヨレで型くずれしたような服」などなど…体を清潔にしていても、「管理ができない人だ」という印象を与えてしまうので要注意です。では逆に、清潔感がある服装のポイントとはなんでしょう!

ここで清潔感のあるコーディネートに使える洋服のアイテムを挙げてみましょう。

「シャツ」

王道のシャツを使ったコーデ。シンプルかつ知的で誠実な印象に見せ無難にキレイ目を表現できるでしょう。1枚で着ても、重ね着や肌寒い時は、上からアウターを羽織るのもOKで万能です。

「カーディガン」

特にショールカーディガンは羽織るだけで、大人っぽく優しい雰囲気に仕上がります。襟付きなので、首周りが寂しい印象になることもありません。

「スキニーパンツ」

細身のシルエットが、スマートな印象に見せてくれます。伸縮性があり、動きやすいので長時間過ごす場合には最適。

「ジャケット」

かっちり感のあるジャケットは、誠実な印象を与えてくれます。パンツは多少カジュアルなものでも合いますが細身のパンツと合わせて、きれいなシルエットをつくるのもオススメです!

その他、オシャレという点においては「年相応」という部分を意識する、アクセサリは必要最低限に抑える、時計やバッグなどの小物も違和感なく合わせる。サイズ感もワンサイズ大きくないか小さくないかを確認する。TPOに応じた服装であるか。という部分も抑えておく必要があります。基本的な法則としては手入れされた服、ジャケットなど正装に近い服装、落ち着いた色合いの服というのを念頭におき、少し大人のイメージを持つと清潔感もあり誠実に見られやすいでしょう。

聞き上手こそモテる

主にここでは「内面」の部分にあたる人との接し方ですね。女性の特有の性格を上手く理解し、対話するのがポイントです!女性は話好きの人が多く、自分の話を聞いてくれることで不安を解消し安心感を抱きます。そういったパートナーであるために聞き上手であることは重要なことです。以下の項目で女性との「モテる」接し方を参考にしてみてください!

女性の悩みを親身になって聞く

職場では女性から、仕事や人間関係の悩みを打ち明けられることがあります。そんなときに、親身になって聞いてあげるのがモテる男の会話です。他人事として聞くのではなく、しっかりと話に耳を方向け、女性の気持ちを聞いてあげましょう。あなたに相談するということは、あなたを頼りにしているということ。頼ってもらっている以上、誠心誠意で対応するのが男でしょう。

アドバイスよりも共感

女性は共感を求めて会話をします。そのため、悩みや相談の話しでもアドバイスを全く求めていない場合が多いのです。女性の話を聞くときは、なによりも共感を大切にしましょう。「そうだね。大変だったね」「そんなことがあったのか。それは辛かったね」「僕もそう思うよ。」など、共感の言葉をかけることで、女性は気持ちよく会話ができ、またあなたと話をしたいと思うでしょう。

正しくきれいな言葉づかいで話す

モテる男は汚い言葉をつかいません。正しくきれいな言葉で会話をするのです。女性は汚い言葉や乱暴な言葉づかいを嫌います。そのため、普段から言葉づかいには気をつけましょう。たとえば「腹減った〜」ではなく「お腹が空いた」、「クソうざいんだけど」ではなく「イライラする」「腹が立ちますね」など。言葉づかいは意識しないと直りません。女性にモテたいのであれば、意識していきましょう。

マメであれ

「小さいことからコツコツと!」がカギです!女性が本当に喜ぶことを知っている男性はどれほどいるでしょう。実は女性は多くを望んでいるわけではありません。どちらかといえば「そんなこと?!」と思うようなことを喜ぶものなのです。「マメな男」と言われる男性はそこをつかんでいるのです。「定期的に電話やメッセージを入れる」、「女性の意見にきとんと感想を言う」、「女性の好き嫌いを覚えている」。多くの男性にとって「小さなこと」であり「めんどくさいこと」をマメな男性は押しつけがましくなくできてしまうのです。女性は子供が親にそばにいて欲しいと思うように、自分以外の誰かを求める「親和欲求」や人に認められたいと思う「承認欲求」が強いといわれています。「私のことを忘れていないんだ」「私はないがしろにされていないんだ」という安心感を求めています。些細なことがあっても、その安心感を与えてあげれば女性は「この人と一緒にいたい」と好意をもつものです。

ギャップに弱い

「意外性」が心を揺さぶるギャップ。「一見チャラそうに見えたけど実はめちゃくちゃ仕事ができる」「無愛想に見えて、実は話てみるとお茶目で優しい!」。このような「ギャップ」は女性の心の中で高揚感を生み興奮させる効果があります。とくにマイナスだった感情がプラスに転じたときはもともと好意をもっていたときより好意が大きく増幅します。また、その一面を自分しか見ていないという希少性が加わると好意はさらに膨らみます。よく、「なんであんな奴がモテるんだ?!」と思う男性がいますが、これがいわゆる見た目との「ギャップ」でモテるということなのです。意識的にすることは難しいですが、のちの好印象となる部分を磨いていけば最初に多少イメージダウンの要素があっても、あとから効果を発揮する場面も訪れるでしょう。知識として押さえておくと良いですね!

時には強引さも必要

しつこい男性は嫌われますが、アプローチが多ければ多いほど「気になる存在」になることもあります。繰り返し接することで好感度が生まれ印象が高まる、これが「単純接触の原理」です。また、まずは受け入れてもらえる可能性の低いほど大きなお願いをしたあと、徐々に小さいお願いをしていくという「ドア・イン・ザ・フェイス」という心理効果も有効です。人は他人からの頼みごとを断ることで罪悪感が生まれます。そのあとに、最初ほど抵抗感がない頼み事をされると「それぐらいなら…」とOKしてしまうことがあります。例えていうなら、「俺と付き合ってよ!」と大きなお願いで断られても「じゃあ二人でデートしよう!」と続けます。これに断られても最後には「じゃあ連絡先だけでも教えてよ!」と段階的に進めたほうが「連絡先だけならいいか」となりやすい、という具合です。この例がそのまま当てはまる訳ではありませんので質問をよく吟味しながら作戦をしっかりと立てて使うと効果的です。このように女性心理も理解した上でやはりリード上手な男性がモテるということに違いはありませんので常日頃、男らしさや決断力を磨く努力は必要といえるでしょう。

自信を持って優しくなる

女性は「女磨き」という言葉があるように男もモテるための努力は最低限必要です。このように内面で気を付けること、外見で気をつけることを踏まえて少しづつ女性と接する機会を増やしていきましょう!周りはほとんどが彼女持ち、既婚者という方には出逢いの機会はそう多くはないでしょう。そんなときは簡単に複数の女性と出会うことが出来る「婚活パーティー」がオススメです!全国各地で毎日開催中「婚活するならホワイトキー」お仕事帰りにも参加出来ますし、週末は時間ごとに様々なイベントが用意されています。まずはこういった実践の場を利用してデートに繋げてみましょう。そのあとは内面が重視される部分になりますので、女性を優しくコーディネートし、成婚に繋がるよう頑張ってみましょう。女性と接する上でやはり慣れというのは大事です。慣れ過ぎた対応はよくありませんが時には失敗も経験しながら人と接する上での優しさを忘れずにがんばりましょう。

記事:北野

関連記事一覧