「恋愛3ヶ月説」を乗り越えるカップルになるために

皆さんも聞いたことがあると思います。

「付き合って3ヶ月で別れちゃった」

「魔の3ヶ月目に突入」

「3ヶ月目は要注意」

などなど。

この「3ヶ月」というキーワード。

そう、恋愛においてこの時期は、一般的に「節目」や「壁」になる時期だと言われています。

今回はそんな「恋愛3ヶ月説」について紐解いていきたいと思います。

恋愛3ヶ月説とは??

誰しも付き合いはじめは、気持ちが盛り上がり、相手のことをもっともっと知りたいと思う人がほとんどです。

デートの回数も多く、連絡もマメに取り、1番楽しい時期ともいえます。ただ、この3ヶ月という時期を目安に男女の気持ちの盛り上がりは、徐々に徐々に違いが出始める時期であり、だからこその「恋愛3ヶ月説」だとも言われています。

では、付き合って3ヶ月という時期は、いったいどんな時期でしょうか。

特に男性は恋への気持ちの盛り上がりが落ち着いてくる時期になり、一方、女性の気持ちが落ち着いてくるのは3ヶ月目から半年くらいだと言われております。

男性のほうが早く恋の盛り上がりが落ち着いてしまうため、3ヶ月目は2人の気持ちに温度差が出てくる時期だといえます。

女性は彼のことを好きな気持ちが強いままですが、男性は「そろそろ彼女だけでなく、男友だちとも遊びたい」と思い、彼女以外と過ごす時間も大切にするようになり、その結果、気持ちのズレが起こる、起こりやすい時期になる。ということになります。

他にも付き合って3ヶ月のカップルは、直感だけの結びつきでは物足りなくなります。

見た目や、行動など表面的なものだけでなく、趣味嗜好、価値観、人間性を見るようになっていきます。

直感的な『好き』という気持ちに突き動かされて盛り上がった恋愛関係が、熟成の段階に入るのが3ヶ月という時期になります。

決して冷めてしまったのではなく、恋愛関係が確定しため、仕事や友達付き合いとの両立を考えたり、その人自身を「人」としてどうか考えたり、自分と今後も恋愛関係を続けるかどうかなど考える時期に入るということです。

男女で感じ方が違うことを理解しておくと、恋愛関係が長続きします。

女性は人間関係や言葉が記憶に残りやすいですが、男性は環境や現実的な事実が記憶に残りやすいと言われています。

恋の炎が燃え上がっている1ヶ月~2ヶ月の間は、直感的な『好き』という気持ちが先行して恋愛状態の持続ができますが、直感的な気持ちが落ち着いてきた頃に、価値観や物事の感じ方の行き違いが別れの決定打になる場合があるからです。

それこそが、「恋愛3ヶ月説」といわれるキーワード(ジンクス)になります。

3ヶ月で終わるカップルの特徴

では、どういういうカップルが3ヶ月で終わってしまうのか。

もちろん、「別れ」を決断するには、人それぞれいろんな理由があります。

一概にはいえませんが、大きく下記の特徴が考えられます。

 

1、面倒くさい気持ちをごまかす

付き合い始めたばかりの頃は、相手に会いたくて会いたくてたまらないという時期になります。ただ、多くのカップルは3ヶ月もすれば「ちょっと今日は会うの面倒くさいなぁ」と感じることも増えてくるはずです。

例えば、

デートの約束をしていた日に会社の飲み会が被った…。

そんな時に、会社の飲み会も行かなきゃだし、デートを断るのもケンカになりそうだし…。

「あー、面倒くさいなぁ」

「とりあえず、先にデートの約束をしていたから、会社の飲み会を断ろう」

そうして気持ちが乗らないまま、恋人に無理やり会っているあなたは非常に危険です。

会いたくない気分のときに無理やり恋人に会ってしまうと、“恋人と会う=不快”という図式が出来上がってしまい、だんだんと会いたくなくなっていってしまうのです。

また相手から見ても、無理やりデートに来ているあなたの姿を見ると、その気持ちを察し不快に感じてしまうことも。

そんな面倒くさい気持ちをごまかして、デートを重ねることはお互いにとって恋の終了を意識させてしまうのです。

気分が乗らないならデートは避ける。無理して会うのは別れへの加速スピードを上げる結果になってしまいます。

 

2、いつものデートのマンネリ化

恋人と3ヶ月も付き合っていれば、「あのレストランに行ってから、ここでショッピングをして、お泊りする」など、“いつものデートコース”が出来上がってくることもあります。

しかし、“いつもの”というルーティーンはマンネリ化(倦怠期)を呼び寄せる危険があります。

あなたのデートコース、デートプランは“いつもの”になっていませんか?

確かにいつものデートコースは見知ったことが多い分、安心感があります。ですが、その安心感は悪く言い換えるならば“マンネリ化”と言うことに当てはまってしまいます。刺激が少ない分、相手も倦怠感を覚えやすくなってしまうのです。

3ヶ月を目途に、たまには刺激を求めて新しいデートコースを二人で開拓しましょう。好奇心や冒険心が2人の関係を長続きさせてくれるはずです。

“いつもの”コースばかりの方は、要注意です。

 

3、ケンカと意見交換の履き違え

付き合いたての頃は相手が変なことを言っても、ぐっと我慢していたという人も、3ヶ月が経ち、お互いの気心が知れる頃になると、相手に反論したり、自分の意見を言いたくなることがあります。

それはそれで良いことなのですが、ここで注意が必要なのがと“ケンカすること”と“意見をぶつけること”は違うということです。この3ヶ月目のケンカが原因で別れに至るカップルは少なくありません。

例えば、デートの行き先で言うならば、相手の提示してくれた行き先を完全否定するのが“ケンカ”、相手が提示してくれた行き先に反対意見を言うのが“意見交換”です。

相手の言動や提案を頭から否定していてはケンカになるのも当前です。「私はこう思うんだけど、どうかな?」と穏やかなスタンスで話し合う必要があります。

「全ては言い方次第」とよく言われますが、3ヶ月も経つとお互いへの「慣れ」も出てくる時期となりますので、ちょっとした言い方が修復不可能になってしまうこともあるかもしれません。

「意見交換の際の言い方」には十分注意していきましょう。

 

4、 出会ってから付き合うまでの期間が短い

出会ってから付き合うまでの時間が短すぎるカップルは、愛情をじっくりと育てる過程が無いため、3ヶ月で別れることが多いようです。

直感的な『好き』という気持ちで熱烈な愛情で結ばれたカップルは熱が冷めるのも早いといわれますが、愛情を育てる時間がないのが大きな原因です。

俗にいう「スタートダッシュ型の恋愛」

出会いから付き合うまでの期間が短いと、3ヶ月でお互いに飽きてしまいます。じっくりと愛情を育てる期間が無いので、気持ちが冷めるスピードも速い恋愛になりやすいでしょう。

相手のことをよく知らないまま付き合うことになりますので、「あれ?なにか違う」「思ってたのと違う」という想いのズレが出始めるのも早いでしょう。

出会ってから付き合うまでの期間が短かい時は特に注意が必要です。

 

5、 デートをしても会話が盛り上がらない、楽しくない

付き合い当初はお互いに知らないことが多いため、会話をしているだけでも十分楽しいものです。デートをするたびに相手のことがわかり、会話も盛り上がっていきます。

ただ3ヶ月が経つと、良くも悪くもお互いのことがわかってくるようになり、デートをしても話す話題がなくなって会話が盛り上がらなくなってきます。

気持ちも落ち着いてくる時期になるため、「一緒に居ても楽しくない」という考えが少しでもよぎるようになったら、“この人と居ても楽しくない”という図式が出来上がってしまい別れを意識してしまう特徴のひとつです。

なぜ3ヶ月で会話が盛り上がらなくなるかというと、相手を知ろうとする努力が足りないからです。人間は3ヶ月で全てがわかるほど底が浅くありません。話せば話すほど話題は見つかるものです。

知る努力を怠ると別れへのカウントダウンが始まってしまいます。

 

6、 お互いに対して興味や関心が薄まってきた

付き合って3ヶ月たつとお互いに慣れてきて、相手の性格や気持ちがわかってきます。

相手の姿や考え方を冷静に見られるようになると、今まで魅力だと思っていたことがそれほどでもないとわかる事もあります。

3ヶ月というのは、情熱的だった恋愛期間が終わって相手のことを客観的に見られるようになる時期になります。

それは安心感や安定感と履き違えてしまいがちですが、言い方を換えれば、相手に対する新鮮さが失われて興味や関心が薄まっている事とも言えますので、別れにつながる特徴といえます。

 

7、沈黙に耐えられず空回り

この「沈黙」は、平気な方とそうでない方がいらっしゃると思います。

ただ、そもそも一緒に居る間に沈黙を無くし永遠としゃべり続けることは不可能ですし、時に2人の間に「沈黙」が出来る場面も多々出てくると思います。

お互いが気にならない沈黙というは、2人の間にしっかりとした信頼関係や意思疎通が成り立ってこその「気にならない沈黙」となるため、沈黙になったからといって、「何か話題を!」「何かしゃべらなきゃ!」という考えになっている方は要注意です。

無理して何か話題を。無理して何かお話を。と、相手に気を遣い無理して会話をする姿は、必ず相手にも察知され、結果、空回りすることが多くなり、相手と会うのが疲れてしまい別れに至るケースも少なくありません。

逆に3ヶ月という時期が経っているのであれば、無理をせず、流れに身を任せ、会話を楽しむ、沈黙も楽しむというスタンスを忘れないようにしましょう。

「無理」や「背伸び」は禁物です。

 

8生活リズムが合わなくて、会う回数が減ってきた

出会いから3ヶ月経つと恋愛も落ち着いてきて、それぞれの生活リズムを取り戻したくなってきます。

お互いの生活リズムを大切にしようとすると会う回数が減り、徐々に恋愛感情が冷めてくるので別れることが多くなるのです。

学生なら授業をきちんと出て、暇な時間にデートをしようと思うはず。でも恋愛に夢中になっている時は相手と会うのが最優先なので、授業に出るよりデートを選ぶでしょう。

3ヶ月経つとお互いがマンネリ化して自分の生活の方を大切にし始めるので、それが別れにつながります。しっかりとした話し合いや素直な気持ちを相手に伝え、お互いが無理のない良いペースで会うようにしましょう。

 

9、金銭面で片方に負担がかかりすぎている

3ヶ月経つと恋愛熱も落ち着いてきて、初めの頃のような情熱が薄らぎます。

それまで片方だけがデートや食事の支払いをしていると、それを負担と感じるようになり別れるきっかけになるパターンも多いようです。

「お金がかかるなぁ」「お金がかかる相手だな」と思ってしまったら要注意です。

割り勘にしようと言えばいいのですが、それが言えない場合は別れることに…。

金銭的に負担を感じるのは主に男性ですが、男性にはプライドがあるので割り勘を言い出せないのが現状です。

金銭的な負担は生活を圧迫するので、デートや食事の際は、「今回奢ってもらったから、次回は私が出すね」など、さりげない相手への気遣いをしてあげましょう。

金銭的な問題はかなり切実なので、恋愛を長続きさせるためにも工夫が必要です。

 

10相手に求め過ぎている

恋愛関係が破綻する原因の1つは、相手を束縛しすぎるということです。お互いに好きになって付き合い始めて3ヶ月が経つと、相手に束縛されていると感じることがあります。

その典型的な例が、結婚したいという言葉です。

まだ付き合って3ヶ月ぐらいしか経っていないのに、結婚を持ち出されると束縛感を感じます。「結婚したい!」という言葉も3ヶ月で別れるカップルの特徴といえます。

相手のことを考えず、一方的に感情が高ぶってしまうと結婚を口にする傾向があります。

束縛と感じさせない、“程良い束縛”を。そして「結婚」というキーワードは、しっかりと相手の状況、環境とコミュニケーションを取った上で口にするようにしましょう。

 

 

 

まずは、お互いの違いを理解しておく

付き合って3ヶ月という時期は、そもそも男女間で感じ方や考え方が違うということを理解する必要があります。

前述でも述べたように、恋の炎が燃え上がっている1ヶ月~2ヶ月の間は、直感的な『好き』という気持ちが先行して恋愛状態の持続ができますが、直感的な気持ちが落ち着いてきた頃に、価値観や物事の感じ方の違いやズレが出てくる時期になり、相手に対して「今後を考える」時期に入っていきます。

では、「恋愛3ヶ月説」をどう乗り越えていくべきか。

2人の心地よい距離感を探る

ちょうどよい距離感は、カップルごとにちがうのも、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と時期によっても違います。しっかりコミュニケーションを取って、二人のルールづくりができていると、気持ちのすれ違いが防げてちょうどよい距離感が保てます。

付き合う上でのルールを作る

彼氏・彼女のどちらか一方がいつも我慢しているというのも、フェアな関係とは言えません。ただ、それぞれのカップルで価値観も理想も性格も違います。お互いが気持ちよく過ごすためのルールを話し合っておくことは必要かもしれません。

例えば、平日は仕事に集中したいから電話やデートは週末にまとめてする、外食は割り勘にする、1ヶ月に1度はお互い友達と遊ぶ時間を作る…など、お互いが納得するルールがあれば、『冷めたのかな』と余分な心配をせずにすみます。

サプライズやイベントで刺激を演出

思い出の場所でのデートで新鮮な気持ちを思い出す、記念日に特別感のあるデートをする、ちょっとしたプレゼントを用意するなど、慣れが気持ちの盛り上がりを奪わないよう、トキメキを失わない工夫をしているカップルは別れにくいです。

一緒に料理する、ドライブやピクニックデート、サバゲーに参加など、付き合ってからのデートプランに無かったことを試すと新しい発見や刺激が生まれるでしょう。

お互いを尊重しあっている

性格にもよりますが、お互いが満足できる人間関係を築くには、お互いを尊重しあっているギブアンドテイクの考えが大事です。彼女ばかり我慢している、お互いが自分の意見を言わないのも、関係が長続きしません。

また、大切に思う気持ちをもってフォローしあい、相手に伝わる行動をとれることが、付き合って3ヶ月の壁を超える秘訣です。

 

お互いの魅力を発見し合うのが上手

「ウチの彼氏は〇〇してくれない」、「オレの彼女は〇〇じゃない」などと、否定的な考え方になると不満が大きくなってしまいます。相手には相手の人格がありますから、全て自分の理想通りにしようとすると苦しくなってしまいます。

付き合って3ヶ月の壁を超えているカップルは、新しい魅力を見つけ、トキメキを維持するのが上手です。素直に言葉や行動で表せたら、相乗効果で倦怠期も乗り越えられるでしょう。お互いさまと思って、思いやりを持てる人は恋愛が長続きします。

 

まとめ

好きになった相手と、3ヶ月で別れてしまうということは、お互いにとって寂しいものです。

やはりお付き合いするなら長続きできるように自分自身努力した方が、例え別れが訪れても次に活かせる恋愛が出来ると思います。

恋愛を長続きさせる秘訣は、「お互いに相手に対する思いやりの気持ちを持つこと」です。

短期的な付き合いであれば、男性的魅力や女性的魅力さえあれば成立しやすいですが、長期的な付き合いになると男性的魅力や女性的魅力だけでは成り立たなくなってくるため、相手に対する思いやりといった「相手を大事にする心、尊重する気持ち」が大切になってきます。

お互いに相手のことを尊敬し合ったり、相手のことを守りたいと思ったり、支えてあげようと思ったり、助けてあげようと思ったり……。

お互い相手に対して何かしらの思いやりの心があると、多少恋心が弱まっても2人の関係は強固なまま付き合いが長期化します。

お互いに思いやりを持って、普段は2人の日常を楽しむことが大事にしましょう。

「恋愛3ヶ月説」

このジンクスを打ち壊し、長続きする関係性を目指しましょう。

 

関連記事一覧