入会後がスタート!結婚相談所で成婚するための心得

職場、知人からの紹介、婚活パーティー、マッチングアプリ…様々な婚活の方法がありますが、それぞれ成功するための秘訣や心得というものがあるものです。 今回はその中でも「結婚相談所」を選んだ場合の心得をご紹介いたします。 ※データマッチング型の結婚情報サービスではなく、昔ながらの仲人型の結婚相談所が対象です。

プロフィール作成

ご入会後、必要書類を作成したら第一課題はプロフィール作成! 結婚相談所の方針や選んだコースによっては分かりませんが、基本的には大体、仲人さんやカウンセラーさんがその人の希望に沿って、異性に感じのよいプロフィールになるよう協力してくれます。

入会を決めたなら、もうプロの言うこと先ずは聞いておきましょう。 入会した時点で相当やる気のない結婚相談所に入ってしまった以外は、会員さんも仲人さんも成婚するため・させるために手を尽くします。 成婚するにはまず、会いたいと思えるプロフィール作りが重要。
たとえば、男性の希望条件が「共働き」だとしても、お相手希望に「共働き希望」と書いても、仕事を続けたいと考えている女性だとしてもあまり好感を得られません…。 それよりも得意な家事や、子育てへの参加意欲をアピールしたほうが、女性も「仕事も家事・育児も本当に協力しながら生活できる人なんだな」と安心できるものです。結論が同じでも言い方・伝え方で印象が変わります! 自己PRや相手の希望条件で迷ったらまず、仲人さん・カウンセラーさんに相談しましょう。

そしてお見合いのプロフィール作りの肝は何といっても写真です。 服装・メイク・ヘアスタイル…婚活においてTPOというものがあります。そして人それぞれにあったアピール方法というのがあります。 自分の趣味や志向もあるとは思いますが、そこは一旦置いておいて、異性から好感を持たれる&会いたいと思われる人に自分を寄せていきましょう!
年収・身長・趣味・家庭の事情…様々なマイナスポイントも写真が素敵なら大抵「会ってみたい」と思ってもらえますから。 お見合い写真って思っているよりも高額になったりしますが、活動はスタート直後が一番モテます!

その時期を万全の態勢で挑めるようお写真は多少値が張っても、仲人さん・カウンセラーさんが一押しのスタジオで撮影するべき!! お見合いが成立しない…という方はプロフィールの見直しをするのですが、大抵、写真の撮り直しを私もおすすめします。

お見合い

お見合いが成立したら…もう、必ずといっていいほど大事なことは事前に資料で渡されていたり、入会時に説明してもらっているので、その通りやってみましょう! でも、書いてあるのは常識的で当たり前のことばかり…それでもわざわざ書いてあるのは、皆さん、ついやってしまいがちなことだからです。 「普通のことしか書いてない」

そうです。でもやってしまいがち。 お見合いは相手に好印象を残す場です。気づかないうちに相手を不快にさせてしまったなんてことが無いように、自分の常識レベルチェックだと思って、資料を渡されたら真剣に読んでお見合いに挑んでくださいね。

お見合いの成功は相手から「交際希望」をもらうことです。 交際に進めないことが続いたら、即刻、仲人さん・カウンセラーさんに相談しましょう! 断られた理由を教えてくれたり、次のお見合いで気を付けるべき点を一緒に考えてくれるのは担当者が仲介してくれる結婚相談所ならでは。 プレ交際に進めない理由で多いのが「価値観・性格が合わないと思った」「写真と印象が違った」「会話が盛り上がらなかった」という理由です。
「価値観・性格が合わないと思った」については、特別変な発言をしていたり、あまりにもこの理由で断られ続けていない限り気にしなくてOK。 『合う人』に出会えるまで、お見合いするのみです!! 「写真と印象が違った」はきつい言い方ですが多くは努力不足ですね。お写真と違う方が実際に現れたら、詐欺だと思われるのは当然のこと。

気合を入れて頑張ってお写真を撮ったら、そのプロフィールの自分に近づく、キープする努力が大切です。 「会話が盛り上がらなかった」は意外と気にも留めていなかったことが理由だったりします。
男性でありがちなのが、相槌が下手という盲点。 相槌が下手=空気が悪くなる=気が合わない、フィーリングが合わないとなりがち。 簡単なことですが、自分だけでは気づけないことに気付けるのが結構相談所の強みです。

プレ交際

プレ交際に進んだら、1回目のデート、最初の1か月が重要です! 結婚相談所では大抵、お見合い日から3か月で成婚(婚約)を目指します。 だからといって1回目のデートから「子供は何人ほしいですか?」「育児には積極的に参加してくれますか?」なんて会話をしたら大抵「は?」となります。

プレ交際中、まず考えてほしいのは「この人は本当に自分の希望条件に合っている相手かどうか」ではなく「仲良くなること」。 バカみたいですが、本当のはなしです。仲良くなることを目指していれば、大きな失敗があったり相手が別の人と真剣交際に進んだりしない限り大抵3回くらいはデートに繋がるはず。

自分の理想がどうだこうだとあっても、相手から「ごめんなさい」とお断りされたらその時点で終了です。 まずは自分を知ってもらう、相手を知ることが先決。 プロフィールで相手のこと全部分かるなら、デートなんてしなくても、プロフィール見て良いと思った同士、すぐ入籍すれば良いはずです。

急がば回れ。 この人といると楽しい・落ち着く・自然体で居られる…成婚退会者の相手を選んだ理由は大抵このあたりです。 希望条件を満たしていたから…と答えた人は、私の経験上0人です。

2回目のデートに繋げたら、最初の1か月間はなるべく毎日LINEをして週1回くらいのデートを重ねて仲良くなる。 これを心がけていれば、自然と進展したい相手は決まってくるものです。 交際終了を考えた時も、仲人さん・カウンセラーさんにはしっかり理由と詳細を伝えることで円満に交際終了へと進めますし、これまで時間を割いてデートしてくれたお相手への誠意にもなります。また、デートのたびに心の動きや、デート中の印象的なエピソードを報告しておくと

真剣交際

真剣交際はお互いに結婚相談所での活動をお相手1人だけとの交際に絞り、ほかの方とは会わない・交際しないとお約束するようなもの。 婚約に向けた最終確認時期です。 プロフィールも真剣交際中とわかるよう表示されますし、ほかの方とは活動できなくなります。 このタイミングに来たら、もう結婚後のことに焦点を当てて会話やデートを繰り広げるのみ。

真剣交際に入ったら仲人さん・カウンセラーさんと面談するのがおすすめ!成婚に向けた作戦会議をしましょう。ここで仲人さん・カウンセラーさんと気持ちのすり合わせをしっかりしておくと、交際相手と気持ちのズレがないように、プロポーズの前に親へのあいさつは必要かどうか等、会員さんには見えない裏側で確認・相談と奔走してくれます。

あなたが男性なら、彼女が望む理想のプロポーズを裏でリサーチしてくれたり、あなたが女性なら、プロポーズ前に彼の両親にお会いしておきたい…と考えていることを代理で伝え、その際のマナーも彼に教えてくれたりします。逆に頑なに報告しないことで、お相手の仲人さん・カウンセラーさんの印象を落としてしまうことも。

仲人さん・カウンセラーさん達も「連絡不精な会員さん」がいることは知っていますが、そういった会員さんに良い印象があるかと聞かれれば、「ありません」。云わば、仲人さん・カウンセラーさんからの連絡を無視している形が多いので、好機が訪れても「今」というタイミングを逃すことが多く、手を焼く印象があります。何よりも社会人としての常識的な連絡ができない人として印象を落としかねないので、自ら積極的に報告をしないにしても、聞かれたことには返答するようにしましょう。もちろん会員さんの印象を落とさないように仲人さん・カウンセラーさんは「うちの会員は聞いても答えてこない非常識な人間です」とは口が裂けても言いません!その点はご安心を。

とはいえ、薄々察しはつくものです。私も担当している会員さんのお相手が仲人さん・カウンセラーさんに報告しないタイプと気づいた時には、少し警戒しますし、担当している会員さんの背中を押すべきか迷うこともあります。

面倒くさいのは分かります。とはいえ、仲人さん・カウンセラーさんに報告しないと真剣交際の手続きも成婚の手続きも滞ってしまいます。仲人さん・カウンセラーさんへの報告も活動の一つと考え、全力で応援してもらえるよう頑張ってください。

最後に

結婚相談所で活動をスタートさせたなら、心得として重要なのは、仲人さん・カウンセラーさんと活発なコミュニケーションをすること。
「応援したい」と思わせたなら、もう黙っていてもバンバン紹介されることだってあります。1人で進めるならマッチングアプリで十分です。せっかくのサポート体制、存分に活用して成婚をつかみ取りましょう!

活発なコミュニケーションを取りたい、信用できる仲人さん・カウンセラーさん探しが結婚相談所を選ぶポイントともいえるでしょう。

他社との比較も大歓迎!WhiteMarriage☆
ホワイトマリッジHP
「ご入会/お問合わせ」こちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ★

担当:ホワイトマリッジ新宿店 新井

 

 

関連記事一覧