女性の嫉妬心を理解して素敵な相手を見つけるためには?

女性の嫉妬、どんなことをイメージしますか?恋愛において、嫉妬はちょっとしたスパイスにはなるようですが、それも過ぎるとウンザリしてしまうものですよね。

激しい嫉妬は、妄想が膨らみ手に負えなくなってしまうことも。そんな嫉妬深い女性に悩まされた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずは女性の嫉妬とはどのようなものかを考えていきたいと思います。

そもそも嫉妬とは

嫉妬とは、人との比較により生まれる感情です。

人はどうしても誰かと比較しないと生きていけない生き物で、相手に負けているところがあったり、相手に対して羨ましいと感じるところがあったりすると、それが「妬む」という感情になります。これが「嫉妬」です。

恋愛における嫉妬とは?愛情と独占欲

恋愛における嫉妬は、好きな人の気持ちが自分に向けられていない(と感じる)ときに生まれるようです。

逆に相手の気持ちが自分にしっかり向けられていると感じると、嫉妬心はある程度押さえることができます。好きな人の愛情は自分だけに向けられて欲しいと思うものですよね。

嫉妬深い女性の特徴

嫉妬心は男女問わず誰にでも大なり小なり生まれてしまうものですが、今回は「嫉妬深い女性」に焦点を当てて特徴をいくつか挙げてみます。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい女性の多くは、嫉妬深い事が大変多いようです。自分自身で感情の抑制が出来ないので、一旦ネガティブな方向に感情が向かっていってしまうと自身で通常の状態に戻る事が出来ません。

本人も感情をコントロール出来ていないことを理解はしている事が多いので、劣等感の塊になりがちのようです。劣等感は、他者に負けているという感情を喚起しますので、いもしない競争相手に対抗心が出るのです。

対抗すべき相手がいなくても、不安にかられて嫉妬してしまうこともあるため、ある種の妄想型ともいえます。

そして、嫉妬心が生まれたときに女性はそれを言葉にしようとすることが多いので、自分の気持ちをイライラとともに言葉として吐き出すことが多いです。

ただし、場合によってはその女性の言葉が分かりづらいことがあり、男性に嫉妬心を気づいてもらえないときには「何で私の気持ちがわからないの!」と女性の怒りの導火線に火をつけてしまうこともしばしばあるようです。

プライドが高い

自信に溢れている様に見えますので、嫉妬なんてものとは無縁に感じますよね。しかし、根拠のない自信の場合には、自信を持っているように見えて、実は自信の無さの表れだったりするのです。

プライドを表に出す人は、それを鎧として自分自身を守っているに過ぎません。

プライドを持つだけの背景が無いので、嫉妬深くなってしまうようです。プライドが高いだけに、浮気される事自体、絶対に許せません。このタイプの方は、相手を好きだから嫉妬するというより、自分自身を守る為に嫉妬するといえます。

自己中心的思考

プライドが高い人に共通するものもありますが、自己中心的な人は非常に嫉妬深いといえます。

「世界は自分中心に回っている」と考えていますので、交際相手が、自分のコントロール下に無い事が許せません。嫉妬深さもありますが、相手を自分の思った通りにしたいという欲求から、嫉妬も生まれるのがこのケースです。

内向的思考

外向的な人は、常に意識が外に向いている為、一人の人間に感情が集中する事が少ないといわれています。一方で、内向的な人は感情がどんどん内側に入って行ってしまい、その感情を排出する事が難しいようです。

心や感情の向かう先が内側にしか無い人は、常に世界が自分と相手しかなく、相手を独占しようとするので嫉妬深くなるようです。

ネガティブ思考

ネガティブな考え方は、一見すると謙虚にも見えますが、本性はそうではなく、「自分を責める事が多い」のです。

自分を責めるという事は、自分に対して価値観を見出せない人なのですが、自分の価値観とは、他者と比較して、初めて生まれるものです。他者との比較で劣等感を抱く人は、どうしても嫉妬に走ることが多いです。

他者が自分に価値を見出してくれたとしても、それにすがるだけの根拠を自分に見出せないのが、このタイプの人で、延々と嫉妬されてしまうパターンが多いようです。

女性は嫉妬すると怒りの気持ちになることもありますが、同じくらいにヘコむことも多いです。「自分はなんて嫉妬深いんだ」「こんなにダメなんだ」というように凹んでしまって気持ちが沈んでいくことも多いのです。

依存心が強い

常に誰かに依存していないと生きていけないタイプの方は、「手離したくない、1人になりたくない」という思いから、嫉妬してしまうようです。他の人には渡したくない、常に自分のもので自分の事しか見えていない状況を望むのです。

放り出されて1人になる事を非常に恐れていますので、すがる思いで相手を求めているのです。依存心が強い人は、自分に自信が持てません。自信が持てないという事は、他者との比較をしてしまうので、嫉妬に繋がるのです。

余談ですが恋人に浮気された場合、浮気をした男性(彼氏)よりも浮気相手の女性を恨む傾向があります。もちろん浮気はダメですが、女性の浮気よりも男性の浮気のほうが元の鞘に戻りやすいのは、恨みの方向が相手の女性に向かうからといえます。

男性の場合

男性の嫉妬の場合、嫉妬心を見せることが恥ずかしいと思っている男性が多いので、イライラという形で見せる傾向があるようです。ただし、態度には表れやすいので「嫉妬している」と女性が気づくことが多いようです。

男性の嫉妬心は悲しみではなく、怒りの形で感情が出てきやすいので場合によっては、暴力的になってしまう人がいるようです。DVは嫉妬が暴力として現れる形のひとつといえます。嫉妬心を見せたくないために、物に八つ当たりする場合もあります。

嫉妬が生まれてしまった時の対処法

人間として生きている以上、周りの人と色々なことで比較をしてしまう状況が生まれるので、嫉妬を完全になくすことはできませんが、少し弱めることはできます。その方法をいくつか記載させて頂きます。

諦める勇気

こだわりが嫉妬を生むので、こだわりがなくなると嫉妬が薄くなります。

諦めの気持ちを持てば持つほど、嫉妬心が薄くなるのです。具体的な方法として、口に出して「まあいいや」「どうでもいい」と言うことで、少しずつ本当にどうでもいい気持ちになり、嫉妬も薄くなっていきます。

執着を分散させる

嫉妬をしている事柄以外にこだわりを持つと、こだわりが分散されて今嫉妬しているものに対する嫉妬が薄くなります。仕事でうまくいっていなくても、趣味に熱中している人が幸せそうなのはこだわりが分散しているからです。

自分を褒める

自分のことを凄い!と思っていれば、ほかにすごい人が現れても「人は人、自分は自分」と思うことができます。

自分もすごい、他人もすごい、と思い込むために、まずは「自分はすごい!」と自分に意識させるとよいでしょう。そのために自分を褒めることが大事です。

嫉妬が少なくなる方法をいくつか記載しましたが、自己肯定感を高めることにより他社との比較をやめること、執着心を薄めることが肝心なようです。

嫉妬深い女性との付き合い方

嫉妬に対する対処法は中々ありません。嫉妬深い人の愛情は、結局自分自身にしか向いていないことが多いのです。お付き合いをする前に、これらの事が判れば交際を考えるべきです。

相手の愛情が自分自身にしか向いていない事を判った上でも交際をする場合は、とにかく、愛情を注いで自信を持たせる事が重要です。しかし、見方を変えると、「嫉妬をしない人は思考しない人」ともいえます。

思考しない人は、全てにおいて大雑把で、こういう人には何を言っても通じません。

それに対して、嫉妬する人は、何かと思考しているので話は通じます。話しを頻繁に重ねることで、コントロールすることが重要です。自信の無い女性をコントロールする事は、それほど難しい事ではありません。

例えば、バーナム効果(※)で誰にでも当てはまることをいう事で「自分を理解してくれている」と感じれば、その後何を言っても信じるようになります。
※誰にでも当てはまる性格の特徴などを言われ、さも自分だけに当てはまっていると勘違いしてしまう心理学の現象のこと

また、気分一致効果(※)で、相手の気分の良い時を狙って話をすれば、ポジティブに捉えられたりします。
※気分の良いときは物事の良い面が見えやすくなるのですが、逆に気分の悪いときは物事の悪い面が見えやすくなること

更に、ザイオンス効果で、繰り返し同じ話をしたり、繰り返し接触をする事で不安感を払拭出来ます。自分に真の信頼を持たせる事が出来れば、この他にも様々な心理効果が得られます。
※同じ人やモノに接する回数が増えるほど、しだいにその対象に対して好印象を持つようになるという心理現象

まとめ

嫉妬は自己愛や他者と比較する心から生まれてくるものです。

嫉妬深い人は、その度合いが強い人といえます。自己愛が強いのに自信が無い、ネガティブ思考である、そんな人が嫉妬しやすいのです。

嫉妬心を爆発させたことにより、何を招くのかを深く考えず、感情にのみ流されていくのが嫉妬深い人の特徴ですので、嫉妬が起きるメカニズムと、嫉妬深い人の特徴を実際に嫉妬される前に見極めて対応策を講じる事が非常に大事なのです。

嫉妬深い人を改善させる方法はあることにはありますが、これは少々時間と労力が伴います。それでも付き合いたいと思える人と付き合う為にも、嫉妬深いかどうかを見抜ける様にしてみてはいかがでしょうか。

お相手探しの場所として、ホワイトキーのパーティー(https://whitekey.co.jp/)が大変オススメですので、是非WEBページを見てお住まいの地域で検索をしてみてくださいね。

何度かパーティーに出てみて誰かに相談をしたくなった時には、プロのコンシェルジュがいるホワイトマリッジ(https://www.whitemarriage.jp/)の無料婚活相談会へ行って相談をしてスッキリした気持ちで婚活に挑むのも良いのではないでしょうか。

是非素敵なお相手を見つけてみてくださいね。

関連記事一覧