女性がモテるかどうかは第一印象で決まる?

人は第一印象が9割といいますが、恋愛においても同じです。

男性は一瞬にして、恋愛対象としてアリかナシか?と女性を見分けます。その時に「アリ」に入るには第一印象を良くするしかありません。今回は簡単にできる、第一印象で恋愛対象になる方法について紹介します。

第一印象で恋愛対象になるために押さえるべきこと

それでは、どうやって「アリ」に入るかを見ていきましょう。難しいことばかりではないので、出会いの幅を広げるためにも婚活中の方には是非実践することをおすすめします。

きちんとした身だしなみ

身だしなみとは、おしゃれにキマっているかどうかではありません。清潔感があるか?きちんとした生活をしているのか?などが分かるのが身だしなみですです。

最先端なおしゃれや全身気合い入れすぎのブランド尽くしは、モテという観点かはかけ離れた身だしなみです。

清潔感は体の末端に出ます。髪のツヤ、爪は奇麗に整えられているか、靴は汚れてないかなど、これらをクリアするだけで印象は変わります。

きちんと身だしなみを整えられているか?、客観的にチェックするのがモテへの近道です。

笑顔で挨拶する

初めて言葉を交わした時の表情が残念なものであれば、印象も残念になります。

普段はシャイでも、自己紹介や初めましての挨拶の時だけは頑張ってみましょう。声はいつもよりはっきりと明るく、口角をあげてわざとらしくない程度の笑顔がベストです。

明るい声と明るい表情を好まない男性はいません。

馴れ馴れしくならないか?と心配して、ぶっきらぼうになっては勿体ないですよ!笑顔で挨拶ができないだけで、恋愛対象から外されてしまうこともあります。

「第一声は顔も声も笑顔!」がモテの鉄則です。

適切な距離感で接する

他人行儀過ぎても、馴れ馴れしくし過ぎても、好感度は下がってしまいます。

例えば、同い年相手なら「ため口でもいいですか?」と聞いてお互いの壁をなくしてみましょう。年上相手ならば基本は敬語を使って礼儀正しく接して「ちゃんとした子だな」という印象をゲットしましょう。

臨機応変に対応する柔軟さも大切です。年上には絶対に敬語じゃないと、と決めつけていれば恋の始まりは遠のくかも。相手や場の空気に合わせて順応できてこそ、恋のチャンスをつかめるのです。

印象を悪くしないために気を付ける事

第一印象は、顔の造りやスタイルの美しさだけでは決まるものではありません。

せっかく出会いのチャンスが訪れているのに、見た目だけで素敵な出会いを逃してしまっているかもしれません。見た目・話し方・仕草・マナーなど、ありとあらゆる点から印象を悪くしないために気を付けるポイントについて解説していきます。

不愛想な表情

初対面の相手と会話が続かない時、相手に警戒心をなくさせるには笑顔を作るのが一番です。

ところが、常にぶすっとした表情で無愛想な態度を取り続ける女性が中にはいます。笑顔が見られずぶすっとした表情のままだと、この人つまらないのかな?怒っているのかな?と周りに思われてしまいます。

このままでは恋愛対象に入ることは難しいでしょう。

高飛車な態度

初対面の相手に対しても平気で高飛車な態度の人を見たことはありませんか?

上から目線で話をしてくる女性の第一印象は最悪です。こんな女と付き合ったらきっと自分もバカにされるに違いないと思わせてしまいます。

また、いつも話の中心が自分でないと気が済まない女もマイナスイメージです。他の人が話題の中心になっていることが許せず、あえて別の話題を振って話の中心を自分に戻そうとするのです。そうやって周りの空気が白けていることに自分も気が付けないのです。

派手すぎるファッション

見た目に派手な女性は遊んでいる、お金がかかっていそうな印象を受けてしまいがちです。

ゴージャスな巻き髪や全身ブランドスタイルは、水商売の女性を連想させてしまい、こんな女性と付き合ったら金がかかってしまうという印象を相手に与えます。また、長すぎるネイルも不潔な印象があり、家庭的なイメージからもほど遠くなってしまうのです。

メイクも同じ。作り込んだ顔よりも自然なナチュラルメイクの方が好みの男性が多いです。

食事のマナー

合コンや婚活パーティーなどで初対面の女性と飲食を共にする機会がありますよね。その時に男性は女性の食べ方をよくチェックしているのです。

食べ物の好き嫌いが多い、箸の使い方がみっともない、食べる時に音をたてている、食べこぼしや飲みこぼしをする等といった、細かい所までよく見ています。食べ方や飲み方が汚い、マナーが悪いと印象もダウンしますよ。

質問ばかりしてくる

初対面の相手と話をするときは、相手のことを知るためにいろいろな質問をしますよね。ところが質問があまりにも多すぎると正直聞かれた相手はうんざりしてきます。

そうやって相手に質問ばかりしてくる人に限って、自分のことをオープンに話そうとしないのです。

自分の話ばかりする

質問責めも困るのですが、自分の話しかしない女性も印象は悪いです。

一見会話が弾んでいるように見えるかもしれませんが、話題は自分の話ばかり。そして相手が自分のことを口にはさむと軽く受け流す、時にはそれを無視して自分の話を始めてしまう有様です。

第二印象で挽回したいたいこと

ここまで第一印象の重要性を紹介してきました。しかし、第一印象が悪いとすべてが終わりなのでしょうか?そんなことはないはずです。

では、どうすれば第一印象が挽回できるのでしょうか?

ギャップ効果を狙う

まずは、第一印象が最悪だからこそ使える技を紹介します。それはギャップ効果です。人は最初の印象が悪ければ、それ以上悪いことは想像しません。

だからこそ、魅力的な面を見せればギャップで勝手に魅力を感じてもらえる可能性だってあるんです。その場合には、「無口な子」から「実は頭の中ではたくさんのことを考えているけれど、普段は周りに気を遣ってあまり話さない」など、相手が納得できるギャップを見せましょう。

ふたりきりの時間をチャンスに

第一印象で悪い印象を与えてしまったなと気づいたなら、相手とふたりきりになったときが挽回のチャンス

たとえば、合コンなどで第一印象が悪かったっぽいと感じたら、途中や帰り道にわざとふたりきりになる場面を作ります。そこで、「実はあがり症で……」などと打ち明けましょう。自分にだけ秘密を打ち明けてくれたと感じた相手は、心理的に距離が縮まったと感じてくれるでしょう。

LINEで挽回

「初対面の印象をよくしようと頑張っているのに、どうしても怖そうなどというイメージになってしまう」と悩む人もいますよね。

その場合は、LINEやメールなどのツールを使って、イメージを変えましょう。顔文字や絵文字を使うと、柔らかい印象を与えます。また、「チャラそう」と思われているのなら、真面目で丁寧なメッセージを送ってみましょう。

最後に

「第一印象は大事」、それは誰もがわかっていること。だからこそ、日頃から良いイメージをもってもらえるように振舞うことは大切です。

ですが、第一印象だけがすべてではないこともお忘れなく。

結婚したカップルに話を聞くと「第一印象はお互いに最悪だった」ということもよくある話です。恋愛の場合、相手のことを本当に好きになれたら、第一印象が悪かったとしても、いくらでも挽回できるということでしょうね!

第一印象は柔軟な対応がとれているかどうかで左右されます。どの年齢・立場の男性相手でも仲良くなりたいと思ってもらうには、その人その人に合わせた立ち振る舞いが大切なんですね。

恋のチャンスを逃がさないためにも、男性の恋愛対象に入ることがまずは重要です。

一度違うなと判断されてしまうと後から逆転するのはなかなか難しいです。もしその男性に恋愛感情がもてなくても、印象が良ければ他の男性を紹介されたり、次の出会いに繋がる可能性も増えますよ

関連記事一覧