初デートで話題に困ったら・・・会話に困らない話題とは

普段は何気なくする会話ですが、いざ初デートの時「何を話せばいいんだろう。」と話題や会話の切り出し方に迷った経験がある方も多いはず!今回は「会話」について考えてみたいと思います。友達同士では気軽に話して意識する事もなかった「会話」ですが、異性の前だと急に話せなくなる方必見です。特に最初のデートでは相手の好みや、話すタイミングなど分からないので沈黙や気まずい空気になる可能性が高くなっております。

初デートが上手くいけば、今後お付き合いに発展したり結婚するかもしれません。初デートで会話に困らないためにも盛り上がる話題について記述致しますので最後までご覧いただければ幸いです。

初デートの際、話題に困ったことがある人は多い

最初に、「なぜ初デートの会話が苦手なのか」について考えてみましょう。実際初デートの会話を苦手と思う方、実は男女共に半数以上います。苦手な理由が分かれば対応も分かるはずです!苦手な理由は様々ですが、大きく分けて3パターンの方が多い様です。

1つ目は「緊張して何を話せばいいのか分からない。」と言う方です。初デートは期待と楽しみの反面、不安や緊張も倍増しています。大人数では無いので盛り上げるのも、盛り下げるのも自分次第。緊張で頭が真っ白で話しかけられても「はい」、「いいえ」ばっかりで会話が続きそうにありません。

2つ目にあげられるのは「お互いの事がまだよく分かっていない」と言う方です。好きな話、嫌いな話も分からず、相手の趣味もよく分かりません。きっかけになる最初の一言がなかなか言い出せません。LINEやメールでは分からない話すタイミングや、話の相性が悪い方かもしれません。話も探り探りで盛り上がりに欠ける会話が続きそうです。

3つ目は「人見知り」の方です。メールやLINEであれば話は弾みますが、いざ会うと人見知りモード発動し、なかなか会話が続きません。時間が経てば解決するかもしれませんが、それまではお互いが気まずい空気のままデートが進行する事を苦痛に感じているかもしれません。日本人に多い人見知りなので意外と該当する方も多いのではないでしょうか!?

これから親しくなりたい人とはどんな話題が盛り上がる?

では、実際どの様な話が盛り上がるのか考えていきましょう!今回は鉄板ネタの4つの例題を紹介いたします。

1、食べ物の話です。好きな食べ物、嫌いな食べ物は人によって異なります。またお勧めのお店などたくさんの話題が「食べ物の話」に詰まっています。初デートでランチやディナーをする時のお店探しにも繋がりますので鉄板ネタです。今人気のお店や、隠れた名店、お勧めのお店など事前にリサーチするとより会話は盛り上がります。

2、テレビや映画、芸能のニュースや最近の話題です。「最近暑くなってきましたね。」など身近な話でも大丈夫だと思います。最初のきっかけにしてしまえば、あとは話を掘り下げたり、近い話題に変えてみたりしてもいいでしょう。ただ、注意が必要な事は「言葉のキャッチボール」を意識する事です。テレビの情報だけ伝えても会話とは言えませんし、話も続きません。続かない話題を連打されても相手には「話が下手くそな人」の印象が残るので続く自信がある話題で話しましょう。

3、過去の話や、出身地や地元の話です。自分の話になってしまう事も多いのですが、この話は地元が一緒でも同じでも盛り上がります。「地元の名所や名物」「地元の友達」「学生時代の修学旅行の話」など割と長めの話が多いと思います。ただ黙々と話すのではなく「あいつは、この時何したと思う!?」など相手にも問題を出すなどして会話を心がけましょう。

4、趣味や特技、ペット などの話です。この話題では、お互いの趣味趣向についての話になりますのでお互いの事が理解できる話です。一方的に話をすると相手には退屈と思われてしまいますので交互に話す事を意識するとお互いストレスなく話ができます。相手の話に興味がなくても相槌を打ち、しっかりと話を聞きましょう。

婚活時の初デートではこんな話題で相手を知ろう

先ほどの項目では親しくなりたい方と盛り上がる話題について記述致しましたが、「婚活中の初デート」では話題の中で相手の考えや気持ちを知ることが肝心です。以前からの知り合いでは無く、婚活サービスを経由した人同士であれば初対面に限りなく近いです。さらにお付き合いではなく「結婚」を意識した初デートとなっておりますので少し掘り下げた話題でお互いの価値観を知っていきましょう。

まずは、お互いの日常生活について話をしましょう。起きる時間や、仕事を終えて帰宅する時間、休日の過ごし方など漠然とした内容から少しずつ会話を掘り下げていき、お互いの生活リズムを知ることから始めましょう。仕事後にジムに行くのが日課かもしれませんし、アクティブに見えて実は、休日家でゲームをする事が趣味な方かもしれません。

次に、仕事の話です。お互いに何の仕事をしているか知っていても、内容は詳しく分かっていないと思います。転勤があるのか、残業が多いのか、出張が多いのか、朝は早いのか、飲み会が多いのかたくさん知ることはあります。付き合った後にお互いの時間がすれ違うのであれば、事前に分かっておいた方が心の準備もできます。尋問の様に問い詰めるのでは無く、あくまで自然に仕事の話に持ち出しましょう。自分の仕事の話をする際も、最初のデートで給料の話や愚痴、不満などはNGです。いい印象を与えることにはなりませんので数回デートを重ねて親密になってから話をしましょう。初デートでは仕事の話は聞きたいですが、あまり深くならない様注意が必要です。

最後は、家族についてです。家族構成や、理想とする家族像です。初デートでは重い内容と思われますが、婚活サービスで出逢っているのであれば「結婚」前提のお付き合いをお互いに望んでいるはずです。最初に話すことで「自分は真剣に結婚の事を考えています。」とアピールにも繋がります。しかし、ナイーブな内容なので相手が話をしたがらない場合はあればそっとしておきましょう。

上記の事を全て聞ければ最初のデートで結婚相手としてOKかNGをある程度判断する事可能かもしれません。しかし内容はどれも切り出しにくい内容となっていますので話の流れなど上手く誘導できる様に事前に考えておく事が成功する秘訣です。時事ネタや、芸能人の結婚などを話のきっかけにし切り出すと自然と話題に入りやすいです。

初デート、沈黙になっても気まずくならないポイント

初デートの時、沈黙って怖いですよね・・・。でも、沈黙になっても気まずくならないためにどの様に対処すべきか考えていきましょう。実際、急に沈黙になった時「気まずい空気」はお互いに感じています。そして「何か話さないと・・・」と焦って突拍子もない質問してしまう人もいるのではないでしょうか。

沈黙で多いパターンとして「どちらか一方が話をしている」状況が多いと思います。話が終わったら、急に沈黙になってしまいます。そんな時は質問をしてみましょう!初デートの沈黙を気まずくないって人はごく少数だと思います。沈黙になってしまえばお互いに気まずいはずなので、何か簡単な質問してみましょう。

また、自分の悩みや相談をする事も効果的かもしれません。しかし、初デートなので重すぎる内容は厳禁です!「今度友達の誕生日プレゼントを悩んでるんだけど何がいいと思います?」などであれば、「プレゼントを渡す友人」「友人から貰ったプレゼント」「記憶に残る誕生日」など話が膨らみます。デート前に予め質問を考えておく事をお勧めします。

最後の案としましては、相手の興味がある話題をする事です。自分の話ばかりをしていると相手には退屈に思われます。こちらから一旦話し終えたら次は相手の話に耳を傾けてみましょう。もちろん全く興味がない話かもしれませんが、相手もあなたの話を聞いていてくれました。沈黙は話し相手の交代と思って対処しましょう。

デートでの話題づくりのために普段から心がけること

「備えあれば憂いなし」ということわざがある様に準備なしにデートするより準備をしてデートする方が盛り上がりも変わってきます。デートプランはもちろんですが、事前に話題を考えておく事も必要です。しかし中途半端な知恵や付け焼き刃の話では直ぐにメッキが剥がれてしまいます。普段からアンテナを貼り、デートで使える話を身に付けておきましょう。

話をする上で、時事ネタや流行りの話は出てきやすい傾向にあります。むしろ知ってる前提の会話なので「共通の話題」として話ます。普段より新聞やテレビ、ニュース、スポーツなどを気にして何が流行っているのか、どんな事が起こっているのかを気にしましょう。共通の話題は話をするにあたって一番スムーズに言葉のキャッチボールができます。

また、事前に人気店や有名店をリサーチしておきましょう。好みもありますが人気店や有名店に行きたくない人は少ないと思います。相手は以前行った事あるかもしれません。話も広がりやすく「次のデートで行きましょう」と次回のデートの約束もできるかもしれません。

会話に失敗しても、次のデートにつなげる方法

正直、最初のデートが失敗した場合は次回のデートに繋がりにい傾向です。「1回目が盛り上がっていないので次も盛り上がらないだろう」と考える方も残念ながら多くいるみたいです。実際に会話に失敗しても次回のデートにつなげる方法を考えてみましょう。初デートに失敗してしまってもこれを見てればまだ次回のデートに繋げれるかもしれません。

やはり、最初にあげられるのはLINEでのアフターフォローです。面と向かって話すのは苦手かもしれませんが、LINEやメールであればじっくり内容を考えて送信できます。緊張していた事や、また会いたい事を真摯に伝えると相手には好印象になるかもしれません。デートした日に連絡した方がより好感はUPします。

また、次回はお互いが友人を誘う複数人でのデートだと誘いやすいかもしれません。お互いが友人を呼ぶ事で相手も来やすく、また友人の前なので緊張もほぐれ楽しく盛り上がるデートになるかもしれません。グループのデートが成功したら、3回目は1対1でリベンジしてもいいかもしれません。

まとめ

初デートが終わった後「緊張して何を話したかあまり覚えていない」「何であんな事を言ってしまったんだろう」と反省した方もいるのでは無いでしょうか?好意を持った方との初デートで緊張しない方はいません。デートプランは完璧だけど話が盛り上がらないと楽しいデートとは言えません。

緊張するのはお互い様なので、慌てず落ち着いてデートしましょう。沈黙になって焦るのでは無く、一旦トイレに行くなどしてリセットする事も良いかもしれません。好意がない方とはデートすらしませんので相手の方はあなたの事を少しでも好意に思っているはずです。一方的に話たり、自慢話ばかりしていては相手が退屈してしまいますのでしっかりと「言葉のキャッチボール」に気をつけて会話しましょう。

記事:古賀

関連記事一覧