結婚相談所ができることと出来ないこと

日本における独身者の数ですが2020年の国勢調査によると生涯未婚率(50歳時未婚率)は男性が25.7% 女性が16.4%という結果がでています。男性は4人に1人、女性が6人に1人が生涯未婚ということになります。2015年は男性23.4% 女性14.1%で男女ともに2.3%上昇しております。1990年ころから急激未婚率が急上昇しています。2040年まで上昇し続け、男性は30%、女性20%近くまで未婚率があがると推計されています。
未婚率の上昇から更なる少子化などの問題もでてきます。とは言っても70%~80%の人は結婚していっています。2040年に過去最高にならないようにするためには今のうちに手をうたなければなりません。20代半ばから30代の方が結婚しやすい、環境を整えてあげないといけません。

婚活のスタイルが多様化している現代ではさまざまな出会いの方法があります。学生時代の同級生、合コン、職場での同僚・先輩・後輩、友人・知人の紹介、インターネットなど。そして今、真剣に結婚を望む方向けで注目を浴びているのが「結婚相談所」になりますが、今や独身男女の4分の1が結婚相談所で結婚をしていくという時代になっています。ひと昔では仕切りが高い、活動の料金が高いなど少し敬遠する傾向でしたが、今では独身男女には身近な組織になっており普通に活動する方も多くなっています。
未婚率の減少、少子化を解決するためには婚姻の増加が必要となってきます。そこで現代社会において結婚相談所役割が重要になってきています。それでは結婚相談所は何をしてくれて何ができないのでしょうか。今回は「結婚相談所」にスポットを当ててできることとできないことを記載していきたいと思います。

結婚相談所ができること

 会員さまへのサポート

結婚相談所ができることと言えば一番にあげられるのがお客さまへのサポートです。結婚相談所は登録制のサービスです。合コンやマッチングアプリなどさまざまな出会いの方法がありますがほとんどの出会いは誰からもサポートやアドバイスをもらったりすることはできません。結婚相談所の規模や経営方針などによっても違いはありますが、一般的な相談所は専任アドバイザーがついて成婚に至るまでに手厚いサポートをしてくれます。一緒に婚活を支えてくれます。知人、家族、親身に相談にのってくる人がいない場合、婚活はどのようにスタートしてどのように活動したら良いのかが全くわからない人も多いと思います。

結婚相談所はしっかりと最初にカウンセリングを行い、お相手選びからお見合い、成婚に至るまでの道のりをプロの専属アドバイザーがしっかりと教えてくれるのです。お会いするまでの連絡やお見合い場所の設定、引き合わせなどのアドバイザーが全てサポートしてくれるので自分で設定することもなく、手間も少なく、忙しい方でも安心して活動できます。困ったことがあればすぐに連絡して解決策を見出してくれます。

お相手のプロフィール・外見が全てわかる。

結婚相談所は登録制になっていてプロフィールや写真を登録します。パソコンやスマホでお相手のお写真、プロフィール、が閲覧できるようになっています。プロフィールは結婚相談所を通して記載されているので信頼性があり、安心できます。相談所の信用もありますのでプロフィール内容の虚偽記載はないように契約をしていますので安心です。お見合いに至るまでに相手を選んで申し込むこともできますし、申込が来た際もプロフィールを見てお会いするかしないかも選択できます。相手をある程度見極めてからお見合いすることができます。

結婚したい人しか登録していない。

結婚相談所は結婚を望んでいる人しか登録していません。婚活パーティーはお相手を見つけに来る方が参加していますが結婚を希望するかしないかは人によって異なります。場合によってはなんとなく来てしまったという人もいるかもしれません。結婚相談所はまさに結婚へのモチベーションが高い人の集まりなのです。

身元がしっかりしているので安心

 結婚相談所は入会の際に、独身証明書、住民票、源泉徴収票などの公的書類を提出していただくことが必須になっているので、相手の身元がしっかりと把握できるので安心して活動ができます。また、男性の場合は職に就いていないと入会できないという相談所も多数ですのでそこも安心です。

交際中のトラブル時も安心

 一般的な交際の場合、トラブルに見舞われるケースも少なくありません。結婚相談所はお見合い後に交際がはじまってからもサポートをしていきます。交際中のトラブルも親身に相談にのってアドバイスをもらえます。トラブル解決のために仲介にはいるケースもありますのでとても安心です。交際のお断りも相談所を通じてお断りをするので憂鬱になったり、心配になったりすることはありません。すばやく的確に対処してもらえます。

多忙な方でも婚活を両立できる。

婚活をしているほとんどの方、お仕事をしています。休日も何かしらの活動をされている方も多いと思います。結婚相談所はご自宅でも手軽に活動できます。空いた時間を使って、パソコンやスマホから閲覧ができお申込みもできます。インターネットの環境さえあればどこでも活動ができるのです。

自身をレベルアップできる内容がある

結婚相談所のサービスにさまざまなセミナーを開催したり、デートのシミュレーションをしたりするサービスがあることもあります。ファッションコーディネートなどあり、内面、外見をともに引き出す方法も用意されています。ほかでは無いサービスです。

結婚相談所ができないこと

入会時に公的書類を提出しないと活動できない。

独身証明書などの公的書類を提出してもらわなければ結婚相談所に登録することができません。提出書類を拒むと活動ができません。収入証明も必要で虚偽の報告はできません。登録するということはできないということです。

必ず結婚できるとい保証はない。

もちろんお客様を結婚させるために専属カウンセラーはお客様のサポートを必死に行いますが結婚を保証するもではないということです。理想の相手に会えずに退会する人もいます。契約期限もあります。ご自身が納得する出会いが100%とは言えないということです。

無償では活動できない。ご成婚料などの金額は覚悟。

結婚相談所は企業、あるいは個人事業であり慈善事業団体ではないので料金をいただいてサービスを提供しています。無償で活動するというのは結婚相談所ではできません。高額な相談所もありますが、お支払いいただきますがその分サポートもしっかりやっていきます。

本人に変わって交際→成婚はできない。

いくら、専属アドバイザーがサポートしてくれてもデートや告白を本人に変わってもうらことはできません。アドバイスをもらって最終的には自身がデートをうまく進めていかないとだめなのです。本人に変わって行動はできないのです。最終的にはご自身の行動なのです。

まとめ

結婚相談所でできることとできないこと。ご理解いただけましたでしょうか?結婚相談所ができることは専属アドバイザーのサポートを中心に婚活活動をスムーズに進めることができるということです。結婚相談所ができないこともありますのでご自身でどの選択が自分に合っているかを十分に検討してみてはいかがでしょうか。やり方が多数ありますが、結婚の望んでいる方は自分のベストの道を選びお相手を見つけ成婚してほしいと思います。

≪PR≫
婚活の無料相談でぐっと成婚率を高めるホワイトマリッジ。
お気軽にコンシェルジュにご相談を。
結婚相談所【White Marriage】

記事:山田

関連記事一覧