40代でも1年以内に結婚する方法を教えます!

はじめに

私たち婚活のアドバイザーは多くの方から日々相談をお受けしています。そのなかで皆様からの要望で多いものに

「結婚に向けて今年中に目処をつけたい」

「49歳の内に結婚したい」

「1年以内に結婚をしたい」

というおおよその期限が付いた要望です。

自分の目標に期限を設けることはとても良い事だと思いますが、それは可能なのか、そしてどのように実現したらよいのかをお伝えします。

年齢が高くても1年以内の結婚は可能なのか

結論から申し上げますと、婚活を開始して1年以内に結婚相手に巡り合い、婚姻届けの提出までに向かうことは十分に可能です。ではどのようにして40代のあなたが、1年以内に結婚する婚活を行えばよいのかを具体的に順を追ってご説明いたします。

婚活の方法を決める

1年以内に結婚をするために絶対に外すことが出来ない婚活が「結婚相談所」を利用した婚活です。

世の中には結婚から遠いものの順に、マッチングアプリ、婚活アプリ、街コン、合コン、婚活パーティー、結婚相談所と様々な婚活ツールがありますが、その中で最も結婚に近い婚活ツールが「結婚相談所」になります。

特に30代後半から40代、50代では選択筋は限られます。1年以内に結婚したいと決意した場合は、まずは結婚相談所に入会しましょう。

一昔前は結婚相談所と言えば、なんか怪しい、恥ずかしい、高額、、、と悪いイメージもありましたが、いまは時代が変わり、良い結婚相談所がたくさんあります

なぜ結婚相談所が結婚に一番近いのか

答えは簡単です。結婚したい人だけが登録しているのが結婚相談所だからです。

もちろん誰とでもすぐ結婚したいという人が登録しているわけではなく、自分に合う相手をじっくり探しながら結婚相談所での婚活を行っている人が多いですし、結婚相談所に登録したらすぐに結婚できるというわけではありません。

何気なく登録しているお気軽な人もいますし、血眼に結婚相手を探している方もいます。しかしここで大切なことは「結婚相談所」には「結婚したい人」しか登録していないというファクトです。

もし1年以内に結婚をしたい女性のあなたが、10年以内に結婚したい男性と知り合っても、その方と付き合うと、結婚まで最長10年待つかもしれませんし、5年後に別れてしまうかもしれないのです。また結婚する気が無い男性も40代50代に多いのです。

厳しい見方をすると「結婚を希望しているあなた」が「結婚を希望していない人」と出会うことは時間の無駄といっても過言ではありません。

どこで活動するか? 結婚相談所で活動する。

これは結婚を条件としている方にとても有効な選択です。

どんな結婚相談所を選べばよいのか

世の中には大手の結婚相談所から、地方の住宅街にある小さな結婚相談所まで様々な組織があります。その数は何万件といわれています。

大きな結婚相談所はそれだけ信用も高いと考えられますが、値段も高い傾向にありますし、気が合わないカウンセラーが担当についてしまえば、なんともやるせない、納得がいかない婚活になることも考えられます。

では小さい結婚相談所はどうでしょうか?小回りに効く活動ができるかもしれませんが、担当者のレスポンスが悪く、なんかイラつく、そもそも無礼な担当者だ。なんてこともあるかもしれません。

中堅の結婚相談所はどうでしょうか。そこそこ名の通った、10~20名ほどの従業員がいる結婚相談所です。このような規模の結婚相談所は、経営も安定していて、大企業ではないので料金もそこそこ、ある程度小回りも効き、会員に対する対応も悪くないことが多いでしょう。したがって、結婚相談所選びは、中堅どころの規模で、料金もそこそこ、そして納得できる担当者がいる。そこが決め手になると思います。

選んではいけない結婚相談所

会社の規模がとても大きい

(やはり利益至上主義になっている可能性があります。またカウンセラーが担当している会員数が多すぎて対応をないがしろにされてしまう可能性があります)

会社の規模が小さすぎる

個人経営の様な頼りない結婚相談所はすぐれたサービスを提供できていないので今のポジションの結婚相談所に甘んじていると考えられます)

値段が不自然なくらい安い

(初期費用が1万円、月会費が5千円・・・このような料金設定をしている相談所はやめましょう。このような安い金額で個別のプライベートなサービスを提供できるわけがありません。初期費用5-20万円、月会費8千~2万円、成婚料金20万円前後が妥当な金額になります)

担当者の感じが悪い

(その会社の質は従業員の姿勢や態度に現れます。感じが悪い従業員がいた場合は即座に退出して別の結婚相談所を選びましょう。営業にガツガツしている人もダメです)

駅から遠い

(結婚相談所にはカウンセリングを受ける時や打ち合わせごとなどで店舗には何度か足を運ぶことになります。駅から遠いと、通うのが億劫になってしまうかもしれません)

担当者が年寄り

(年配の担当者には年配の会員さんが合うと考えましょう。あなたが45歳なら、担当者は30歳から55歳くらいまでです)

結婚相談所に入会したら

入会すると初めに活動方法の説明を受けて、はじめに入会時カウンセリングを受けます。そこでは、自分がどんな人間で、自分にはどんな結婚相手が合うのか、どんな希望条件が合って、何がmustでなにがwontなのか、、、結婚相談所のもつノウハウに沿って準備し活動を開始しましょう。

プロフィールは自分の気持ちを出しすぎないで、なるべくカウンセラーの意見やアイディアを取り入れると良いでしょう。また、とても重要な「写真」これはプロに撮影してもらうことをお勧めします。写真は結婚相談所でもっとも重要な要素の一つです。カウンセラーにも意見を聞きながら、客観的に他人から意見を聞きながら決めましょう。とくに異性からの意見がもっとも重要です。

お見合いは沢山しよう

最近はお見合い料金が月会費にセットになっていて、何度お見合いしても料金が変わらない結婚相談所もおおいです。

ちょっとくらい気に入らない部分があったとしても、お見合いも経験がものを言います。たくさんのお見合いを経験して、異性のお相手がどんな要望を持っていて、自分にはなにが提供できるのか、婚活市場にはどのような考え方で挑めば良いのか、、、たくさん勉強になることがあります。

最近は40代の会員さんもたくさんいらっしゃいます。自信をもってどんどんお見合いに臨みましょう。

お目当ての人とお見合いができたら

自分も気に入って、相手も気に入ってくれたら、結婚に一歩近づいたことになります。とてもラッキーな事です。

自分のことを知ってもらい、相手の事も少しずつ知りながら、お互いの相性や気持ちを計りましょう。ここで大切なことは担当カウンセラーのアドバイスです。カウンセラーは相手があなたにどのような気持ちなのか情報を持っている場合が多いです。大切なことは相手と自分の温度差です。どちらか一方が熱すぎることが無いように、互いに徐々に熱が高まってくるように、温度調整をおこない交際をスタートさせます。

結婚に向けた真剣交際

お二人の相性が良い場合は大抵「真剣交際」というステイタスに入ります。これはお互いが結婚に向けて真剣な交際をする期間であり、なるべく「自然な恋愛をする」期間でもあります。数か月間、担当カウンセラーに相談しながら、お互いが結婚相手としてふさわしいか見極める大切期間でもあります。

プロポーズから結婚

双方の気持ちが高まり、お互いがお互いを認め合うと成婚となります。二人は結婚相手として、結婚相談所を卒業しついに結婚することになります。

婚活における落とし穴

もしかするとすでに落とし穴にはまってしまっている人もいるかもしれません。

たくさんの落とし穴、つまずき、ミス、、、など婚活には予期できるものや予期できない、マイナスな出来事が多いものです。

例えば、お見合いに申し込んでも断られ続ける。お見合いが成功しても短期間で別れが来る。いつも最後の真剣交際で相手に断られる。などです。

これらには必ず理由があります。理由がない人はみなスムーズに結婚に向かうわけです。しかし、そうならない方が一定数いらっしゃいます。

これには、様々な理由がありまして、例えば、高望み、会話が下手、リードが下手、天邪鬼、気持ちを伝えられない、ファッションに問題がある、清潔感に問題がある、趣味や趣向に問題がある、価値観が合わない、、、数えだすときりがないくらいに沢山の交際が上手くいかない理由が存在します。しかも、自分自身では何が問題なのかが気付きにくい事に難しさがあります。

特に注意してほしいことは、あなたの年齢がネックになっているのではないという事です。

希望する相手の年齢が適正であれば、あなたが40代でも50代でも問題ではないのです。

だからカウンセラーが大切

これらの様々な問題に気付いてあなたに優秀なアドバイスをしてくれるのは結婚相談所のカウンセラーです。

問題に気付けない、的確に状況を把握できないカウンセラーにあなたの人生を任せるべきではありません

今あなたに一番必要な指摘とアドバイスをしてくれるカウンセラーが結婚相談所におけるもっとも重要なあなたのサポーターでありメンターになります。良いカウンセラーに出会えることが出来れば、あなたの1年以内の結婚は必ず実現します。

結婚相談所のひみつ

現在ほとんどの結婚相談所は結婚相談所連盟・団体・協会に加盟しています。国内には大きな連盟組織が4-5団体ありまして、それぞれの団体には2万名から6万名の会員を有します。皆さんが良く目にする結婚相談所は、ほとんどが上記のいずれかの連盟組織に登録した結婚相談所で、どの結婚相談所に入会しても、検索システムで検索すると同じ人が検索されるのです。

しかし各連盟により、入会している会員さんはすこしだけ、層というか雰囲気が異なります。もちろん年齢層もすこし違いがありますし、地域性などもあります。みなさんが結婚相談所に入会するときは、その相談所がどんな連盟に入会していて、どんな会員さんに強い連盟なのか、注意して聞いてみると良いかもしれません。

また会員数はなるべく多いところを選ぶと、選択筋が広がりますので有利に活動できるかもしれません。

40代50代の人が何人登録しているのかは、入会前でもたいていは答えてくれるでしょう。

 

 

 

40代のあなたが1年以内の結婚をめざしている場合は、

優れたカウンセラーが在籍する結婚相談所「ホワイトマリッジ」がおすすめです。

20年におよぶ婚活事業実績、パーティー、マッチングアプリなど複数の婚活ツールを提供する「あなたにちょうど良い」結婚相談所です。

どんなカウンセラーやアドバイザーがいるかあなたの厳しい目で見てみましょう!

https://www.whitemarriage.jp/

 

記事執筆 : 高橋

関連記事一覧