• 婚活パーティー
  • 婚活パーティーで成功させる秘訣やイロハやコツなど参加前にぜひ見てほしい婚活コラム記事をまとめました。

婚活パーティーでカップルになったその後は?

婚活パーティーではどこの会社のパーティーに参加しても概ね20%~30%の人がカップルになっていると思われます。

多い会社では平均が30%~40%のパーティー事業者もあります。何度かパーティーに参加するとカップルになる事があると思いますが、ここで問題なのは、無事あるいは念願のカップル成立を果たしたが、その後はどのようにこの関係を進めればよいのか?という次のステップへの悩みです。
そこで、カップルになった後はどうしたらよいのか?について、あなたが相手に抱いている印象に分けて、次のステップの進め方をお教えします。

ここでは印象を以下の3つに分けてみます。(本当は下記の3つからさらに何度も分岐をしてさまざまなパターンを把握し、そのパターンにあわせた行動が必要ですが、本コラムでは記事ボリュームの都合でシンプルに3つに分けて考えます)

カップルになった相手の印象は?

1.自分の好みの男性でお付き合いまで進めたい
2.まだハッキリしないが、まあまあ良い印象の男性だと思っている、迷っている
3.あまり理想の男性とは思えない

上記の3つの「自分がどう思っているのか」という判断は、前提として、カップルになった後にお茶、食事などに1回は一緒に行った。という判断できるアクションがあったことが前提であり、婚活パーティーでカップルになったばかりの場合は、まずは一度、相手の男性と出かけてみることが必須です

間違えても、その後のLINEや電話での簡単なやり取りだけで、相手への印象を決めるべきではありませんし、好きになるべきではありません。直接会って相手を見定めなければダメです。

それでは早速みてみましょう!

1、自分の好みの男性でお付き合いまで進めたい場合

ここでは、一度目のデート(お茶や食事)を経て、あなたは相手にまあまあ、あるいはとてもよい印象をもったということになります。

ここで理解しておかなければいけないことは、相手の男性は婚活パーティーで知り合った男性であるということ。

一般的な男性よりもさまざまな出会いのツールを使い、もしかすると婚活パーティーに数十回も参加経験があり、アプリや結婚情報サービスまで使いこなし婚活をしている男性である可能性もあるのです。しかもほとんどの場合は初期にそれを表に出しません。

このような男性はスレているというか、経験が豊富というか、一筋縄には行かない相手であると考えてもよいでしょう。

そのような男性の場合はファッション、メイク、身のこなし、性格、社会性、マナーまで広くあなたをジャッジしていると思われますので、この記事を読んでいる女性であるあなたは隙のない自分を創り、次回以降のデートに挑む必要があります。しかし、作りこまれた自身の演出には限界がありますので、最後は自分と相手の相性がものを言うことになります。

このような経験豊富な男性ではない場合はどうでしょう。上記のような作りこまれた演出が必要ないのか?というと間違いです。どんな時も、どんな相手であれ、あなたは魅力的な女性としての努力を惜しんではいけません。

このような男性とのデートのポイントは、やさしさ、思いやりなど性格面を重視して相手と接することが大です。外見やうわべで人をみない男性だとした場合、こちらもなかなか難しい男性です。お互いの相性的な運も必要と思ってください。

説明の途中ですが婚活パーティーでのカップル成立の概念を理解しましょう

カップル成立 = 相思相愛、お付き合い決定

ではない。という事を理解しなければなりません。

これは相手のテンションを伺いながら判断しなければいけませんが、ほとんどの場合は

カップル成立 = 友達になれるかもしれない、もしかすると付き合う事になるかもしれない

という状態が現在の2人の正しいステイタスなのです。

この基本的な概念を理解する必要があります。あるいは相手が今回のカップリングをどのように捉えているかを考えながら、相手の温度にあわせることも大切です。空気を読むように、お互いの温度感(この関係の恋愛熱量)を上手にとらえましょう。

さらにここで何点か、大好きになるかもしれない男性とのデートやコミュニケーションにおいて気をつけなければいけないポイントをまとめておきます。

A、押しすぎない

いくらあなたが相手のことを思っていても、恋愛は一方的な気持ちの大きさだけで成立するものではありません。ともに盛り上がっていく必要があるのです。相手の出方を伺いながら、的確な好意のアピールをしてください。好意を出し過ぎないようにする。感情的になり過ぎないようにするのがポイントです。

しかし、女性主導の関係が成り立つような男性の場合は、自分の感情はコントロールしつつも、女性側が主導して恋愛の舵をとってよい場合もあります。これは全体の2割程度だと思ってよいと思います。ここは相手のタイプをご自身で見極めてください。あわせて自分は男女間において主導権をとるタイプなのか、あるいは違うのかも自己分析が必要です。

人間は押されると引くし、引かれると押したくなるものです。これは基本原理として覚えておいてください。

B、この男性だけにこだわらないで、常に広く沢山の男性とコミュニケーションをとり続ける

あなたはこの男性を好きになりつつあるかもしれません。あなたにとってプラスになる男性か、あるいは逆なのか、、、また、この関係がお付き合いにまで進むのか、あるいは途中で切れるのか、よい友達になるのか。どうなるかは神のみぞ知ることなのです。あまり考えすぎるのは無駄です。

したがって、自分のコンディションを整え、正しい恋愛の判断ができるように、フリーの状態のあなたであれば、つねに平常心で客観的な視点に立って行動できるようにしてください。

あなたは現時点では「まだフリーな女性」です。よい付き合いに進む「かもしれない」相手はいますがこれは決定していません。「かもしれない」相手にあなたの普段の生活を崩されないように、引き続きたとえば婚活パーティーへのコンスタントな参加を続けましょう。

一人の男性に固執せずにフリーの女性として婚活を続けるべきです。婚活パーティーなら女性の参加費が500円から2000円程度がほとんどです。これほどコストパフォーマンスの高い婚活はそうありません。

自分の感情を上手にコントロールして常に冷静でいる。この恋愛を客観的に俯瞰する視点がとても大切です。

C、女性としての華やかさと自信を

男性からみた理想の女性像のひとつに「華やかさ」があります。独身の女性であれば30代も40代も、もちろんそれ以上の年齢の女性でも女性らしい華やかさをファッションやメイクに取り入れましょう。

ちょっと若すぎるかな?という位が初期のデートには適しています。すかした態度ややる気のない態度をとらずに、しっかりと気を張って、背筋をただし、そして「自信」をもって2回目のデートにのぞみましょう。

2、まだハッキリしないが、まあまあ良い印象の男性だと思っている、迷っている

この状態のあなたはある程度、冷静であると思われます。しかしあまり楽しくないかもしれません。恋愛が始まるときの心が躍る高揚感もないでしょう。しかしこれがとてもよい恋愛に繋がる可能性があることを理解しなければいけません。

婚活パーティーに参加すると沢山の異性と知り合うことができます。もちろん何度もカップルになることもあるでしょう。しかし今回カップルになった相手に強く引かれる何かがなくても、結婚相手としてとても優れた相手なのかもしれません。

あなたが20代後半から30代以上であれば結婚に結びつく相手なのかも考えなければいけません。結婚相手としてふさわしいか?パーティー会場での数分間の会話と数時間のデートでそれを判断することは不可能です。

したがって、このような相手とは冷静に下記のことを考えましょう。

A、自分に会う相手なのか?

B、自分が求める条件に合致しているのか?

C、価値観や性格が自分に合うのか?

これらをジャッジしながら以後数回のデートを繰り返してみましょう。可能性があることを前提にして、ここでも誠意を持って相手とのデートにのぞみましょう。ジャッジする側はあなたです。相手の勢いに飲まれて正しい判断ができなくならないように注意しましょう。

もしかすると将来の結婚相手になるかもしれません。結婚相手はドラマチックに出会うだけで幸せになれるものではありません。もっとしたたかに、現実に即した、決して派手さはない恋愛から、結婚までの道のりを歩むことが将来の確実な幸せをつかむ道になるものです。

3、あまり理想の男性とは思えない

最後はあまりよい印象ではなかった相手の場合を考えてみましょう。ここでも、たった一回のデートで相手を知ることはできないので、、、と言いいたいところですが、可能性の低いものに時間をかけるのは得策ではありません。

時は金なり、あなたは無駄な恋愛?あるいは恋愛になるかもしれないが、確率の低いものに時間を使うべきではありません

ついつい強力なアピールにまけて次のデートに行ってしまいそうになるかもしれませんが、よっぽど暇なとき以外は断りましょう。

男性の強い誘いを断れないタイプの女性がいます。案外多くて世の女性の多くが押しに弱いタイプだと思います。これは注意しなければいけません。自分の意思がなく男性につねに主導権をゆだねている人は後で痛い目を見ることが多いものです。

この人となら一緒にいたい

または

この人とのデートはもうしない

自分で考えてしっかりと正しい判断をしましょう。わからないときは友達に相談したり、ネットでいろいろと調べたりするのもよいと思います。

断るときは明確にはっきりと断りましょう。それが相手への誠意です。

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

カップルになってもその先が続かない、、、など婚活では悩みがつき物です。そんな悩みを解決する方法のひとつが場数を踏むことかもしれません。ホワイトキーでは全国各地で毎日パーティーを開催しています。たくさんの人に出会って、たくさんの恋愛を経験して、人生の成功を手に入れましょう!
婚活パーティーのホワイトキー

プロのカウンセラーに相談をしてもらいたい場合はホワイトキーの結婚相談サービスである「ホワイトマリッジ」に入会して二人三脚で恋愛に取り組むのもおススメです。

関連記事一覧