年収600万の男性と結婚するための婚活術

今婚活中の女性の皆さま、結婚相手の男性に対して条件はありますか?性格や価値観を挙げることが多い一方で、「年収」の理想を掲げる女性も多いと思います。

他人だった2人がお付き合いをし、結婚、その後の人生のパートナーになるこそ、なるべく好条件の相手と出会いたいと思うのは当然のことでしょう。婚活を本腰入れて行うとなれば、高年収の男性が条件に入ることもでしょう。

しかし、日本人の「平均年収」が約400万円程と言われるなか、パートナーに求める年収は、女性の約7割の方がこだわっており、そのなかで相手の男性に求める「平均年収」は640万円であることが分かりました。
※Money Forwardが行った調査「独身男女のお金実態調査」による

そんな年収600万円以上の男性は、婚活で実際に出会えるものなのでしょうか。

女性が男性に求める年収は?

年収は所謂ステータスの1つです。お金があって初めてできることが多いのが現代という時代です。そのため、収入が多ければ多いことに越したことはないといえるのです。では、女性は男性にどのくらいレベルの年収を求めているのかを見てみましょう。

婚活で女性が男性に求める年収は、決して低くはありません。婚活で女性が男性に求める収入の平均額は640万円といわれていて、以前に比べて非常に高くなっていることがわかります。

女性は実に、日本人の平均年収を越える年収を持つ男性を希望しているのです。

年収600万円以上の男性の割合は?

さて、そもそも年収600万円以上の男性はどれくらいの割合なのでしょうか?

「民間給与実態統計調査」によると、ビジネスパーソン全体で年収600万円以上を得ている600万円台は5.9%
さらに中央大学の山田昌弘教授が調査した結果、25~34歳の「未婚」男性はなんと3.5%ほど。

数字で見ると非常に少ないことがわかりますね。年齢が上がるにつれて「平均年収」は高くなる傾向ですが、若手世代は、この600万という壁は高いのです。

例えばメガバンク勤務の大卒銀行員の場合では、新卒から入社し、役職がつくようになる5~6年目くらいで年収500万円程度となってこの年代にしては高年収といえます。ですが役職がある場合になりますので、それより低いことも往々にあります。

もちろんそこから役職がさらに上がり、支店長代理や部長代理になると700万円を超えてきますが、割合では非常に少ないのが実情です。

年齢別で見ると?

平成29年度の民間給与実態統計調査を見ると、

  • 25歳〜29歳の男性の平均給与は393万円
  • 30歳〜34歳の男性の平均給与は461万円
  • 35歳〜39歳の男性の平均給与は517万円
  • 40歳〜44歳の男性の平均給与は569万円
  • 45歳〜49歳の男性の平均給与は630万円

と発表されています。

参考:国税庁|平成29年分民間給与実態統計調査

民間給与実態統計調査によれば平均年収600万円を超える男性は45歳からが多いのです.理想に挙げる「年収600万円」の壁は、実はとても高いハードルだったということですね。平均年収600万円以上の男性は40代以上でないと母数そのものが少ないといえます。

もちろん、中には20代でも年収600万円を超える男性もいます。しかし、非常に数の少ないそのような男性は、ライバルが非常に多いものです。さらに、人数が少ないので、なかなか出会える相手ではないのです。年収にこだわると対象の男性がぐっと減ってしまうことで、そのほかの条件に妥協をしなければならない可能性も出てきます。

もちろん現在の年収は満たしていなくても、子供の為、家族の為と、頑張ることで将来昇給などでクリアする男性もいることも可能性としてみてもいいと思いますよ。

また、昔のように女性は専業主婦が当たり前という時代ではありません。
共働きされている家庭が非常に上がっている今だからこそ、働き続けることで必要な収入を世帯年収で確保するということも視野に入れてみることも方法の1つですよ。

年収600万男性が望む理想の女性像

もちろん収入を得ている男性も「こんな女性だったら・・・」と女性への理想を持っています。年収600万以上の男性はどのような女性を理想にあげているのでしょうか?

◆癒される&家に帰りたいと思わせてくれる女性
今では共働き夫婦が当たり前となっていますが、年収が上がれなあがるほど役職も上がりそんな高年収男性は仕事で多忙なスケジュールをこなしていたり、ストレスと隣り合わせだったりします。

そんな多忙な男性は居心地の良い場所を、癒しを望んでいます。女性にとっての結婚のメリットは「生活の安定」だとすると、男性にとってのメリットは「心の安定」つまり癒しの他ならないのです。

仕事が終わって家に帰ったら「ホッとしたい・・・」のに、いつも怒っていたりで癒されなかったら、家に帰りたいと思えませんもんね。

◆自分の大切にしている物を大切にしてくれる女性
これはすべての結婚において必要なことで年収600万以上の男性が求めていることではなく、多くの男女に言えることですが「相手を大事にし、相手の大事にしているものや周りも大事にすること」が共同生活をするのには必要不可欠。結婚生活を長続きさせるポイントでもあります。

特に社会的に高いステータスを持つようになった男性はその傾向が顕著で、今までお世話になった家族や友人、考え方、または趣味など強いこだわりを持っているケースが多いようです。

  • 結婚後も自分の趣味を理解してくれると仕事を頑張れる(会社員 38歳男性)
  • 会社や取引先との付き合いなども理解してくれているからとてもありがたいです(広告関連 35歳男性)

多くのエリート男性は結婚したがゆえに、これまで培ってきたものを「失う」ことを普通以上に恐れているものです。こうした点を尊重してあげることはその点で安心させてあげることでもあり、ポイントが高いといえます。

◆収入ではなく内面を好きになってくれる女性
結婚を決める際に一番決め手になるのは内面ではないでしょうか。エリート男性は、自分たちのスペックやモテ度を知っています。そして近づいて来る女性たちの多くが自分の収入やステータスに惹かれていることを分かっていて婚活をしているのです。

ですがその中から交際を進めていく中で、自分を一人の人間として、男性として見て、向き合ってくれる女性を選びます。つまり内面の魅力と理由に気づいてくれる女性と出会い結婚に踏み切る。そう言った展開をこそ彼は期待しているのだと思った方がいいのかもしれません。

年収600万男性と出会うには?

さて、次に年収600万円以上の男性と出会うためには、待っているだけでは出逢いのドラマは始まりません。ある日街中で年収600万円以上の男性と街で知り会って仲良くなるなんて事はなかなかありません。出逢いの場数を増やすことが必要です。

ただ毎日を過ごしていても実現する可能性が非常に少ないものです。そして自分から出逢いの場を見つけ、年収600万円以上の男性に出会っても成功するようにいくつかのポイントがあります。

まずは、年収600万円以上という大変好条件の男性と出会いたいと願うならば、女性も好条件になれるように努力していきましょう。年収600万円以上の男性を希望する女性は大変多いため、男性からすると選択肢が非常に多いことになります。

その中から選ばれるためには、女性側も好条件で選ばれやすくしている必要があるのです。身なりに配慮したり料理の腕を磨いたり、仕事や資格でスキルアップするのも良いでしょう。他の女性とは違う一面を持つことで、年収600万円以上の男性の目にもとまるようになれるのです。会話だったり、常識・ある程度の共用は必須です。男性の話を聞いたうえで、豊富な知識で自身の意見をはっきりと言うことができる女性がいいようです。

そしてきちんとした身だしなみができる女性、TPOに応じた装いができることは当然です。高収入男性は普段でも、きちんと身だしなみを整えている女性を求めています。

しかし、好条件の男性の多くは自分より若い(30代男性なら20代女性だったり、40男性なら30代女性がったり)女性を選ぶ傾向にあります。

そのため、30代以上の女性が若くて年収600万円以上の男性と出会うことはとても難しくなっています。30代以上でこうした好条件の男性を理想として掲げるのならば、女性側もしっかり自分を磨いておく必要がありそうです。

出逢いの場は合コン、知人の紹介、婚活アプリや、結婚相談所、婚活パーティーなどありますが、年収600万男性と出会えるパーティーはホワイトキーの婚活パーティーがおすすめです。

年収をクリアした男性がご参加される企画も多数ございます。ただし、あくまでも「理想」であって年収だけで相手を見極めないでくださいね。そしてフラットに中身を含めてお相手を見てみることで素敵な人に出会えるはずです。

年収<相性 重視するものは他にもある

そもそも、年収600万円以上の男性と出会える可能性はかなり低いです。そこで、年収にこだわり過ぎないことが婚活では大切なのです。どうしてもお金が必要であれば、共働きをするのも1つの方法となります。

たしかに、年収は将来を決める上で大きな要素といえます。しかし、結婚生活は年収だけで決まるものではありません。相手とどれだけ幸せな時間を過ごせるかどうかが、結婚生活の良し悪しを決めるのです。

それを考えずに年収ばかりにこだわっていると、結婚相手に恵まれない可能性も出てきます。婚活では年収よりも相性を重視していきましょう。いくら年収が高くても、相性が悪ければ結婚生活は長続きしません。婚活は、人生の伴侶を探すためのものです。年収にこだわることも大切ですが、それ以上に生活の相性をしっかり重視していきましょう。

それでも年収が大事な場合の婚活方法

とはいっても、年収へのこだわりをはずしたくない女性も多くいることは事実です。しかし高所得の男性者だからこそ、女性に求める条件も非常に高水準となっていることも予想されます。どうしても年収が大事ならば、自分もお金をかけて出会いを作り、好条件の女性になれる努力が大切なのです。

どうしても結婚する相手を探したいのなら、結婚相談所が有効かもしれません。双方の目的が一緒であり、より細かな情報開示し、自身も閲覧しながら進めることができます。結婚相談所「ホワイトマリッジ」では理想の結婚の実現のために問題があれば、コンシェルジュが一緒に「どうすれば解決できるか」を考えて実行いたします。 お見合い後のデートプランの相談、デートコーチ、ファッション、髪型のアドバイスから、交際中の悩み相談までどこまでも親身に対応いたしますよ。

確実に婚活するなら年収にこだわらない!

年収にとらわれ過ぎてしまうと、他の条件だったり、実は結婚後の幸せを与えてくれる男性との出会いのチャンスを失ってしまうことが多くなります。世の中には様々なタイプの人が多くいるからこそ、できる限り多くの人と出会わなければ、自分により良い結婚相手を見つけることはできません。

そんな出会いそのものの数を減らしてしまいかねない、年収へのこだわり。年収へのこだわりが強い人は、幸せになりたいと人一倍願っているのかもしれません。

でも、「お金がたくさんあれば確実に幸せになれる」という訳ではないのが現実です。逆に、お金がなくても相手との相性が良ければ、最高に幸せになれる可能性は高いといえます。

結婚相手を確実に見つけたいなら、年収ばかりにこだわるべきではありません。お金以外にも、相手を見極める上で大切なことはたくさんあるのです。年収だけでなく、さまざまな面を見るようにして、素敵な結婚相手を見つけていきましょう。この記事をご覧になった皆様の婚活が成功できるますように。

関連記事一覧