• 婚活トラブル
  • 恋愛には悩みやトラブルは付き物。婚活に関する悩みやトラブルについて記載したコラム記事です。

婚活における最適なライン頻度とは

みなさんは恋人や好きな人にどのくらいの頻度でLINEをしていますか?片思い中は特にその頻度や内容で悩む人も多いはず。

もちろん相手との関係値にもよりますが、いまや恋愛のスタートに欠かせないLINEでのやりとりは今後の2人の関係値や方向性に大きく影響してくるものといえます。

出逢ってから付き合う前のLINE の頻度

もし婚活で気になる人を見つけてしまったら皆さんはどうしますか?連絡先を交換できればすぐにでも連絡したいと思う人が多いはず。

毎日LINEするのは関係値を深めるために有効。付き合う前は相手のことを知りたい一心で、毎日でもLINEのやり取りがしたいという人もいるでしょう。

しかしあまり過剰にLINEで連絡してしまうと、相手によっては困惑して相手からの連絡が一切無くなってしまうこともあるのです。

そのため付き合う前は相手のLINEの連絡頻度を掴み、その頻度に合わせて連絡をすることをおすすめします。相手のペースに合わせた頻度で連絡することで、相手から好印象を持たれやすくなるでしょう。

相手の性格や、生活スタイル、そしてLINE好きかどうか、マメさなどをよく知ったうえで考えることが重要です。そのため、一概に「毎日片思いの男性にはLINEを送る!」というのはNGです。

相手からの連絡頻度に合わせる

まず相手からどのくらいの頻度で連絡が返ってくるのか見極めが必要になってきます。

(1)相手から毎日定期的に連絡が返ってくる場合
まず、付き合ってもないときにLINEが来るという場合は、すでに彼があなたに興味を持っている証拠

男性の多くは基本的にLINEを連絡ツールとして捉えています。一方の女性はコミュニケーションツールとして捉えることが多く、たわいのない会話も楽しみます。

そのため、男性から毎日「たわいのない会話」があなたに届くようなら、返信速度を彼に合わせつつあなたもその会話を楽しんで。「相手から来る」ということは、やや受け身で楽しんでも関係が発展する確率がとても高いのです。

また、相手からの内容で「疑問文」が多い場合は相手がすでにあなたに興味を持っているといえます。あなたのことを「もっと知りたいな」と思えば、めんどくさいLINEだって、あなたと仲良くなるためにマメにします。

やりとりの中であなたに対する「?」で終わるLINEがよく届くようなら、極力毎日会話を続けるようにあなたも「?」で連絡を返すようにしましょう。かなりの高確率でデートの約束につながるはずです。

(2)返信速度が少し遅めで帰ってくる場合
返信速度の遅い相手には毎日数件の連絡を。

ここで重要なのは向こうの返信速度に合わせること。1時間に1通しか帰ってこないのに、あなたが1分で返信していたら、もっと返信がこなくなります。

「相手の気持ちがわからない……」そんなあなたはまずアクションを起こすのは週1もしくは週2程度まで。仕事終わりの時間を狙ってLINEしてみましょう。まずは、相手がLINE好きなのか、マメなのか、マメじゃないのかなど、あなたなりに見極めることが大事になってきます。

いろいろなテクを使う前に、あくまで片思い中のLINEのやりとりの基本は「相手に返信速度を合わせること」。そこから様々なテクを駆使して仲良くなる必要があります。

(3)よきところでやり取りを切られる場合
いくらあなたがLINEを工夫しても「じゃあね」と良い時間になると連絡を切られてしまうといった場合はやりとりが「ちょっとめんどくさい」と思われている可能性大です。その後、相手から連絡が3日以内くらいに来るようであれば、ただ単に「内容のないLINEのやりとりが苦手」だということもあるかもしれません。

だけれど、「じゃあね」で終わるLINEには相手の脈無しサインが隠れていることが。どちらの場合であれ、まずは「LINEを連絡ツール」とあなたが捉えることが大切。やりとりはできるだけ、用件のみにしてみましょう。

こういったタイプの場合は、LINEで関係が発展しづらいことが特徴。LINE頻度を増やすことより、早めにデートに誘って2人で会うことをおすすめします。デートの誘いも断られ続ける様なら、もう一旦その恋は見切りをつけたほうがよいかもしれません。

頻度も大切、けど内容も重要

いくら相手の頻度を把握したからといって内容をなおざりにしてはいけません。片思い中のLINEで1番重要なのは「あなたに興味がありますよ!」と匂わせること。決して「大好き!」は伝わってはいけません。

相手の趣味や好きなことに寄り添う

「もしかして自分のことが好き?」と相手に思わせる絶妙なやりとりが大切になってきます。そう思わせるために一番有効なのは相手に間接的に「好き」を伝えること。特に趣味を使った間接的な「好き」はとても有効です。

好きな人の趣味嗜好を知ることができたら、それを自分の趣味にしてしまえば好きな人との関係がぐぐっと狭まります。共通の話題で盛り上がり、その瞬間を楽しいと好きな人が感じれば、恋が叶うのも時間の問題かもしれません。

王道の趣味、音楽であれば「あのアーティストの曲とてもいいですね!他にも聞いてみたいのですが、おすすめはありますか?」や、グルメなら「この前話していたあのお店に行ってみ ました!すごく美味しかったです!今度一緒に行きませんか?」など…。

相手のことを知っていくうちに知り得た向こうの好きなものに寄り添ってみましょう。人間は、自分と相手の間に共通点があると、その相手に対して急激に親近感を覚える生き物です。初めて話した相手でも「出身地が同じ」「出身校が同じ」などで突然話が盛り上がった、という経験は誰にでもあると思いますがそれは趣味も同じ。この心理を利用しない手はないのです。

女性向け編!無敵の「さしすせそ」

よく合コンなどの場で使う「さしすせそ」皆さんは知っていますか?

  • さ:さすが
  • し:知らなかった
  • す:すごい
  • せ:センスいい
  • そ:そうなんですか

この5つの言葉は何かと鉄板用語として使えます。男性はプライドを持ってやっていることに対しては徹底的にほめてもらいたいもの。彼がなにか自慢げに話して来たら「すごいね~!さすがだね!」と思いっきりほめましょう。ほめられて嫌な気分になる人はいないはず。

片思い中は彼の話を聞くことに徹底的にこだわって。男性は「かっこよく思ってもらいたい」と思っている女性に自慢話をする傾向があります。ただコチラの5つの言葉は、使い方によっていはとてもわざとらしく聞こえる場合があるので、使う相手と場合をよく見極めて使ってみるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。冷静に考えれば当たり前のことかもしれませんが、好きな人のことともなればその冷静さを失いがち。だからこそ、抑えておきたい基本の「き」をご紹介しました。

冷静になって、あくまでもシンプルに、ナチュラルに、そのタイミングを自分から探し出し、作り出せばいいのです。そして、そのタイミングをうまく使いこなせれば、好きな人との間の「今取るべき距離感」が見えてきます。

さらに、その距離を縮めていくことももちろん可能。つまり、好きな人の恋人になれる日も近いかもしれません。好きな人が苦痛でない連絡頻度を守ることが最も大切です!頑張ってくださいね。

関連記事一覧