• 婚活
  • 婚活における出会いは婚活パーティー・街コン、婚活アプリや結婚相談所など多様化する現在、出会いのリアルや、婚活中なら知っておきたい婚活テクニックなどを婚活のプロが惜しむことなくご紹介いたします。

こんな女性は注意!?婚活が順調に進まない女性の特徴~婚活パーティー編~

婚活イベント「ホワイトキー」の運営に従事しております小川恭平です。今回は婚活イベントを運営する側としての経験談を踏まえて男性目線における「性格難あり女性=婚活難民に陥りやすい女性」をご紹介いたします。まず「婚活難民」とは結婚の意思があるにも関わらず婚活をいつまで経っても終えることができない人を意味します。職業柄、恋活・婚活の焦点から数多くの女性のお客様を対応させていただいております。カップル成立できない女性、指名されない女性、婚活難民になってしまっている女性はいくつかの言葉・行動・しぐさの共通点が存在しています。
今回はその中から3点をご紹介いたしますので「私当てはまってる…」と思った女性はぜひ改善のチャンスと捉えて改善してみてください。(男性はこのような女性に注意しましょう)
*今回はちょっと厳しくご指摘させていただきます

こんな女性は要注意!?残念な女性の特徴

①パーティー定刻時間に遅刻する

性格難と考えられる女性は時間に対してルーズである場合が多いです。例えば、私の担当会場では、毎回必ずパーティー開始時刻から5分~10分程度遅れてご来場になる女性がいます。詳しい理由はわかりませんが、珍しいことでなく毎回ですから意図的である可能性も考えられますが、、、。ホワイトキーのコールセンターでは男女の人数バランスをできる限り調整しながらご予約を承っています。遅れてご来場の人がいると、開始時刻を少々遅らせざるをえなかったり、パーティーの雰囲気が沈んでしまったり、お話する時間が予定より短くなってしまったり、一度もお話できない異性が出てしまったり、終了時刻が遅れてしまうなど、様々な影響が出てしまいます。何回か参加経験がある方であればこそ、時間を守る意識が大切です。

婚活パーティーに限ったことでなく、ビジネスでも、プライベートでも約束の時間を守らない人はお相手や身の回りの方を不快にさせる可能性が高いです。そのことに自分で気付けてないなら「問題あり」かもしれません。婚活難民に陥りやすい人になっている可能性が高いですから改善が必要です。

②マナーが悪い女性

婚活イベントに限らず、人気のある女性は「マナーが良い女性」です。男性はマナーの良さから女性の品格を感じ取ります。言い方を変えると、美人でもマナーが悪い女性は男性から選ばれません。(せっかくの美人が台無し!)

例えば、①でも触れましたが、約束の時間を守る、相手とのベストな距離感をもった会話ができる、相手の気持ちをくみ取った言動や立ち振る舞いができる、などが良い例です。
反対にマナーの無い行動は
「パーティー開始時刻に遅れる」
「一度お話したことがあるお相手と会話をしないor冷たい態度をとる」
「理想の異性がいなかったからと言って途中退場する」
「司会者が進行説明をしている時など、周りを気にせず大声で話す」
「スタッフに対してタメ口で話したり、見下した態度を取る」
などが実例としてあります。これらは自分本位の行動の典型であり、周りの参加者への配慮を欠いています。性格の良い女性(男性も同様に)はいつでも、誰に対してでも、分け隔てなくにこやかに接します。

ホワイトキーのパーティーでも、最初の受付の際やパーティー中、帰り際など、カップル成立となる女性や男性からの指名が多い女性は上記のようなマナーの無い行動をされている方はまずいらっしゃいません。ちょっとした所作やマナーも男性は案外見ているものです。

③理想を求めすぎてしまう女性

(1)「年収1000万円の男性と結婚したいと考えている年収300万円未満の女性」
(2)「30代男性と出会いたいと考えている40代女性」
例えば、これらの女性があなたの傍にいたとしたらどう思いますか?どのようなパートナーを理想とするかは各々の自由ですが、現実的にはかなり難題であることは容易に想像できます。

まず(1)ですが、年収1000万円以上の男性は全世代の平均年収と比べても高収入の少数派です。このような男性は女性に対しても高い理想を持っていることが多いです。年収1000万円の男性が年収300万円に満たない女性を選ぶ確率はさほど高くないかもしれません。現代は年功序列でなく実力主義の社会ですから、年収はその人個人の仕事上の価値を表します。高年収の男性と結婚したい場合は、まずは自分自身がそのような男性と釣り合うのかを考えてみる必要が有ります。仮に、万が一出会うことができたとしても、そのチャンスを逃してしまうかもしれません。

続いて(2)ですが、30代男性は20代女性と出会いたいと考えている人が多数派です。「年上の熟女好き」など、かなりの少数派の男性でない限り、婚活の場においては美人であっても40代女性が20代女性を差し置いて選ばれることは少ないのが現実です。20代の頃はモテモテだった女性も、年齢を重ねて30代40代となるに連れ、徐々に男性から選ばれなくなっていきます。10代20代の頃にモテるのは若さゆえの当然の結果であり、モテるのが普通です。「〇〇の男性と結婚したい」という願いを叶えるには、その男性に相応しいだけの「魅力」をまずはあなた自身が身に着ける事が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。普段、婚活イベントを運営している立場として感じていることを、ちょっと厳しく率直に執筆させていただきました。社会の変化と共に婚活のスタイルも大きく変化しています。昔は職場の出会いやお見合いが主流でしたが、今はインターネットの普及や社会の規制強化、人々の考え方やライフスタイルの変化により出会いの場はたくさんあります。中でも、婚活イベントの出会いは一昔前に比べるとかなりスタンダードになってきており、年齢層も20代の若者から60代のシニア層までと幅広く、利用者の増加と比例して成婚者も数多く誕生しています。但し、ビジネスと同じく婚活を成功させるにも、目的・目標・改善策を考えず、やみくもに数多く参加しているだけでは結果は出ないでしょう。

想いを結果とするには、常に目標や目的意識をもち自分自身を磨いていかなければなりません。今回ご紹介させていただいた3点を踏まえて自分自身を見つめ直すきっかけとなっていただけたら幸いです。

ライフスタイルにおける大切な活動をホワイトキーのパーティーで踏み出してみませんか?
婚活パーティー【White Key】

本格的に結婚を考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュにご相談を。
結婚相談所【White Marriage】

執筆:小川恭平

関連記事一覧