愛があれば年の差なんて?年の差恋愛の実際

社会人になると様々な年齢の異性と出逢うことが多くなりますよね。年の離れた素敵な方と出逢うこともあるのではないでしょうか?

ここでは年の差恋愛ってどうなの?と悩んでいる方に年の差恋愛の実際がどのようなものかお伝えしていきます。

年の差恋愛とは?

今となっては珍しくない年の差恋愛

一言で年の差カップルと言っても、その年齢差は様々です。年の差カップルの恋愛は、年齢差が何歳かによってもうまくいくかどうかが変わってきます。

ここで様々な年齢差でのそれぞれの場合について見ていきましょう。

1歳差
学生時代の先輩といったイメージでしょうか。年齢差が1歳の場合、ほぼ同じ年の感覚でお互いに親密かつ対等な関係を築けると思います。また、結婚までもスムーズに辿りつきやすいです。

5歳差
どちらも社会人なら問題ありませんが、お互いにまだ若く片方が社会人の場合学生時の悩みと社会人になってからの悩みは大きく違います。社会人・学生のカップルの場合には、我慢をすることもあるかもしれません。

10歳差年齢が上になるほど自分の経験側からの意見を通すようになります。お互いに、相手の意見を受け入れられそうなものは受け入れてみる、という柔軟な姿勢をみせるのが上手く付き合っていく方法です。

10歳差のカップルの結婚は、お付き合いは長めにしましょう。お互いのことを理解するための時間は十分に取る必要があります。

何歳までならOK?

男女が恋人を探すとき「何歳までならOK!」というような会話を耳にします。

年の差がありすぎると話が合わない、年上の方が優しくて包容力がある!など様々な意見があります。実際に付き合うのに年の差は何歳までなら付き合えるのか?男女の本音を見ていきましょう。

年上彼女×年下彼氏(男性の本音)

「5歳以上年上の彼女なら姐御という感じで頼れる部分が多い」25歳男性
「自分がだらしないから、しっかりした年上彼女、5歳までが理想」27歳男性
「仕事の相談や悩みは年下、同じ年の彼女より10歳くらい上だと話しやすい」24歳男性
「6歳年上の彼女。年上でもちゃんと甘えてくれる」29歳男性

「自分より、7,8歳年上だと精神年齢も高めなので余裕があり包容力もある」30歳男性
「若づくりする努力が可愛い」36歳男性
「経験値が自分よりもあるから、素直に間違いを認められそう」32歳男性
「経済的に自立している点が楽。仕事に対する理解もある」37歳男性

年上彼氏×年下彼女(女性の本音)

「10歳以上年上なら、自分よりできることが圧倒的に多く、何でも知っているイメージ」25歳女性
「学生の時は2,3歳だったけど、今は10歳まではありかな~」27歳女性
「わがままを可愛いね、と返してくれる大人の男性が理想」29歳女性

「10歳以上上だと、多少のわがままは許してくれる」30歳女性
「甘えたいし頼りたいので1回り年上が理想」30歳女性
「仕事で疲れてイライラしても逆切れしない。大丈夫?って心配してくれる」32歳女性
「束縛しない。離れているときは自由にさせてくれる」34歳女性

男性に比べて、女性の方が年の差の範囲が広いことが分かりますね。

男性が考える、年の差恋愛のメリット・デメリット

どんな方とお付き合いしても良いことばかりではありません。ここでは、年上女性とのお付き合いする男性・年上男性とお付き合いする女性にお伺いして分かったメリット・デメリットをまとめました。

男性が考える、「年上女性とのお付き合い」のメリット

  • 甘えられる
  • 弱みを見せられる
  • 精神が安定している
  • 知識が豊富
  • 甘えるのが上手
  • 相手に依存しない
  • 仕事の相談に乗ってもらえる
  • 夢みたいなことを言われない
  • 自分が自然体でいられる
  • 色気がある
  • 褒め上手

男性が考える、「年上女性とのお付き合い」のデメリット

  • 彼女ではなく母親に見える
  • 健康に気を使いすぎて食事が合わない
  • 結婚のプレッシャー
  • 口論で勝てない
  • 先に老けてしまう
  • 偉そうにされる
  • 会話が合わない
  • 体力の差を感じる
  • 年に関する発言に敏感
  • 生活の主導権を握られる
  • 収入へのプレッシャー

女性が考える、「年上男性とのお付き合い」のメリット

  • かわいがってくれる
  • 経験豊富
  • 甘やかせてくれる
  • 精神的に頼れる
  • 結婚のことをちゃんと考えてくれる
  • 金銭的な余裕がある
  • 包容力がある
  • 喧嘩が少ない
  • 自分の知らない世界を知れる
  • リード上手
  • ワガママを言わせてくれる

女性が考える、「年上男性とのお付き合い」のデメリット

  • 老化が早い
  • 体力がない
  • 落ち着きすぎている
  • プライドが高い
  • 口うるさい
  • 話が合わない
  • 食事の好みが分かれる
  • 金銭感覚のズレ
  • モバイル端末の操作が弱い
  • 頭の回転が遅い
  • 記憶力が弱い

年下男性と付き合っている年上女性ってどんなひと?

2、3歳年上なら何とも思わないけど、それ以上差が開くと恋愛対象にならないのでは?そう思う女性は多いはずです。恋愛対象になる女性がどんな人なのか探ってみましょう。

年上女性の「見た目」

まず、2、3歳なら年上・年下にはそこまでこだわりはないようです。

簡単に言えば、女性がきれいで魅力的なら年の差は関係ないという方が多いです。年齢よりも若く見える!がポイントです。若々しいのと若作りは違うということを知り、今からお手入れを入念にするのが良いでしょう。

自分の年齢を考えないで肌を露出したファッション、化粧の濃さでごまかす、などは典型的な若作り。もちろん、隠すテクニックは必要ですが、体系の維持、肌、髪のケアは年齢を重ねれば重ねるほど、重要になり、また時間をかける必要があります。

年上女性の「行動」

若い頃に比べると、どんどんオバサン化してしまい、人前で大きい声で話す、ガサツ、図々しい、などの行動は恋愛対象にはなれないようですね。「恥じらいがある人」が好みだと言う男性が多いです。年上でも、恥ずかしがったりする様子は可愛いようです。

年下男性との恋愛に興味があるのなら、見た目、行動に気をつけてみると良いでしょう。

年の差関係なく素敵な恋をするには

気になるけれど年が離れているから…と躊躇している方はいませんか?年の差恋愛を成就するために是非こちらをチェックしてみてください。

若者言葉は使わない

男性が聞き上手でも、言葉を省略して話してしまうと伝わらないこともあります。流行っている言葉を先に伝え相手が理解できるように配慮が必要です。

お互いの時間を大切に

お互いのことが好きでも、同年代の趣味、楽しみ方があります。お互いに配慮して、気持ちよく楽しめるようにルールなどを作ってみても良いかもしれません。

自分の時間があるからこそ2人の時間を大切にできるものです。

尊重、尊敬しあう

価値観が違うからこそ、相手のことを観察し、どのような考えを持っているのかをチェックし、その気持ちに寄り添うことが大切です。男性はプライドが高いものです。彼が年上の場合、同等の態度ばかり取らずに、時には尊敬の気持ちを表すこと、プライドを傷つけないようにしましょう。

自分の気持ちは言葉で伝える

年の差恋愛に限らずですが、恋愛で大切なのは自分の気持ちはちゃんと言葉で伝えることです。

言葉で伝えなくても、態度で気づいてほしいなんて甘ったれた考えでは長続きしません。

年齢差に甘えない

年の差カップルは年下の方が年上のパートナーに甘えがちです。甘えることは悪いことではありませんが、何でも決断を丸投げしたり、何でも許してもらえるという甘えは控えましょう。

年齢差に甘えすぎることなく、自立した人としてお互いを支えあっていける関係を目指しましょう。

年の差を楽しむ

年の差があるということは、それだけお互いが知らない世界を知っているというふうにも言い換えられます。

世代が違うだけで見てきたものや経験したものも大きく違っているはずです。その違いを知っていくことで、2人の視野が広がり年の差だからこその楽しさを見出すことができると思います。

年の差恋愛であることをオープンに

年の差があっても気にしないと言いながら、周りには正直に言えず咄嗟に相手の年齢を若く偽ってしまうというケースがあります。これは、バレてしまった時相手を傷つけます。

年齢の差が大きければ大きいほど驚く人も多くなりますが、自分が幸せなら堂々と恋愛をしましょう

年の差カップルの結婚の現実

お付き合いのなかで結婚を考える時期も出てくるでしょう。年の差カップルに起きる結婚に関する事情をお伝えします。

親の反対

親世代のほうが、年が近いというような事も考えられ、同世代の結婚に比べて、親は驚くかもしれません。お互いの関係の率直な気持ちや経緯を伝え、両親の信頼を得る必要があります。

老化を目の当たりにする

ある年齢を過ぎると突然老け込むということはよくあります。分かってはいたけど思っていたより衝撃!と思うのか、時間の経過を共有できていると納得できるのか。

こういった問題に対して、関係性の強さが問われていると考えるのもひとつかもしれません。

経済面

年の差があると、はじめは年上側の収入が高く安定しているように見えるが、人間はいつまでも働けるわけではありません。一番出費の多い時期に定年…なんてことも。

結婚を考えるうえで、ある程度の計画は必要です。

悩みに共感できない

恋人同士の間はさほど気になりませんが、時間が過ぎると現実的な問題が徐々に現れてきます。年の差が大きいほど、それぞれの置かれた状況が違ってくるため、お互いに理解し合うことが難しくなります。

例えば、定年退職を目の前にしている彼は経済面で不安。でもまだ若い彼女は彼の気持ちを理解できません。一方で、彼女は年齢的にも子供が欲しいと考えていたりなど。

このように歳が離れていると、相手が置かれた状況や心境を理解しにくいため、時間が経つにつれて2人の間にすれ違いが生まれてくることがあります。これらのことに直面する前に事前に話し合うことをお勧めします。

まとめ

同年代のカップルに比べ、年の差があるカップルはずっと中身の濃い経験ができるはずです。お互いが知らなかった世界を共有でき、機会が増えるのは素敵なことです。

年の差恋愛のゴールが結婚とするならば、結婚前にしっかり話し合い、これから直面する問題に対し準備しておくことがとても大切です。年齢差で幸福度は変わりません。自信を持って恋愛をしましょう。

関連記事一覧