意外に少なくない、ハイスペックなのにモテない男性

「ハイスペック」、最近よく聞かれる言葉ですね。直訳すると「高機能」「高性能」という感じでしょうか。

一見、婚活市場では人気が集まるようにも聞こえます。しかし実は「ハイスペックなのにモテない」というのも意外と少なくないそうです。

今回は婚活における「ハイスペック」について注目していきます。

恋愛とスペック

特に婚活でよく耳にするのが「ハイスペック男子」、基本的によく言われているのが高学歴・高身長・高収入の3高です。

明確な基準があるわけではなく、ハイスペックと思う感覚は人それぞれなようです。例えば、すごくイケメンで、優しいという要素があればそれを「ハイスペックだ」と感じる女子もいます。また、年収は平均以下でも高学歴であれば「ハイスペック」となるかもしれません。

基準は人それぞれですが、前述した3高が揃っていれば誰もが認める「ハイスペック男子」と言えそうです。

恋愛においてのハイスペックとは、容姿・性格・学歴・職業・家柄など、その人物を構成するさまざまな要素を指すことが多く、スペックが高いとかなり人気が集まります。

具体的には、こんなハイスペックな男性に惹かれる女性が多いようです。

  • 一等地にマンションを持っている
  • 有名企業に勤めている
  • 外車に乗っている
  • 有名大学を卒業している

ハイスペックなのに彼女が出来ない理由

ハイスペックなのにモテない男性という話を最近よく聞きます。ハイスペックは必ずモテる!という時代は終わったのでしょうか?ちょっと考えてみましょう。

女性に対する理想が高い

身長165cmでスレンダーなモデル体型、三歩下がって着いてきてくれるような控えめな彼女が良い。なんて思ったことはありませんか?ハイレベルな女性はお察しの通りとっくに彼氏います。理想は理想で現実は現実です。

自信過剰になってませんか?

「俺は頭が良いし、部活でもエースだった。仕事も同世代の奴より早いし正確。何でも出来て当然。」と、お高く止まっているハイスペックな男性いますよね。

自信を持つことは良いことです。でも、適度な自信に限ります。自信がありすぎる人って見てて哀れだし、謙虚さがない男ってカッコ悪いですし、自信過剰な男性って近づきにくいんです。

「女はおしとやかで素直が一番」「女で“お前”とか言うのありえねーよ。」など「女はこうあるべきだ!」と豪語するハイスペック男子っていますよね。もちろん、彼女できません。

見た目はふんわりしてるけど中身は外交的で仕切る女性、言葉遣いが悪くてツンツンしてるけど実は中身は乙女な女性。女性は色々な顔を持っています。「女はこうあるべき」などと口にした瞬間に世の女性の大半を敵にすると覚えておいてください。

肝心なところでプライドが邪魔してませんか?

自分が悪いと心ではわかっているのに、ついプライドが邪魔して謝れない男性っています。素直に自分の非を認められない男性は、自分の評価ばかり気にしがちです。周りから見たらただの自己中心的な男。

「ごめん」と、たった一言で良いんです。変にプライドを持たないようにしましょう。また、プライドが高い男性は「褒める」のが苦手すぎます。女性に人気な男性は褒め上手の男性です。

是非、意中の方の良いところを本人に伝えてみてください。

話がつまらない

仲良くなりたいと思って話しかけてみたものの会話が広がらず、どうにも困ってしまう。自分の話ばかりしていたり、返答に困るような内容の会話を延々と続けるような男性は、どんなにスペックが高くてもモテません。

つまらない、会話が広がらない、ずっと敬語、話の内容がつまらない、などという印象がハイスペック男性の会話では多く起きているようです。

また、相手の間違い・欠点をずかずかと指摘したり、人の悪口などはNGです。平気で悪口を言えるようなデリカシーのない男性もモテるわけありません。自覚しているのかは別として、いちいち鼻につくような物言いしかできない人は女性だけでなく同性からも敬遠されてしまいます。

スペックが高いと普通のひとよりも余計に嫌味に感じさせてしまうようです。

ハイスペックな男性が惹かれる女性

ハイスペックと一言でいっても、容姿・性格・学歴・職業・家柄など様々な要素が絡んできます。

一体、どんな女性に惹かれていくのでしょう?女性たちの共通点を挙げていきます。

相手に依存しすぎず、一人の時間も楽しめる

ハイスペックな男性の多くは仕事が忙しく、あまり家に帰られません。だから妻になる女性は一人でも平気で、毎日帰宅しなくても不満に思わない人がマッチするでしょう。

不満を”言わない”ではなく、”思わない”のがポイントだそうです。言わなくても心の中に不満を抱えていたら、いつか爆発して大きなケンカとなってしまいます。最初から不満を持たない人がベストなのです。

経済的な余裕はありますので、パートナーが自由に一人を謳歌できるように、習い事や趣味の活動など、旦那がいなくても快適に過ごせる環境は整えられるでしょう。

相応しい教養が身についている

ハイスペック、特に高収入な男性にあんると交友関係も上品でお金持ちの人が多くなります。そんな人たちと仲良くなるためには、自分自身もその場にふさわしい人間であることが大切です。

礼儀はもちろん、一般常識や身なりを整えておくことも必須。「誰に紹介しても恥ずかしくない女性」でいるように心がけておけば大丈夫ですが、すぐに身に付くものでもないので、日頃から礼儀作法などを意識しておく必要があります。

秘密を守ることが出来る

仕事上で秘密にしておきたいこともたくさんあるでしょう。対して、「女性はおしゃべり」という印象をもつ男性も少なくありません。

お付き合い中「ここだけの話だけど」「これはあなたにだけ話すね」など、仲を深めようと思いうっかり「口が軽い女性」と思われるようなことは避けましょう。たとえ男性にとって有利な情報だとしても、警戒心を持たれてしまいます。

生活の質や価値観が似ている

高収入の男性は浪費癖がついている場合があり、そんな彼らを制御できるような女性が好まれます。管理してくれる人が欲しい、というのが結婚に結び付くのです。

また、料理も大きなポイント。生まれた時から素材の良いもの、美味しいものを口にしてきたハイスペックな男性たち。「この人の料理をずっと食べたい!」と思わせるのはやはり簡単でも一手間かかった手料理なのですね。

結婚は生活の質や価値観の違いで上手くいかなくなります。

ハイスペックな人へのアプローチ方法

では、ハイスペックな男性へのアプローチとは、どうすればよいのでしょうか?

年齢に応じた教養や知識を身につける

ハイスペックな男性とお近づきになるには、まず教養を身につけましょう。外見や家庭的なところも必要ではありますが、それは多くの女子が磨いていることです。ライバルに差をつけるにはスマートで教養のある女子を目指すのが良さそうです。

とはいえ、何でも完璧な知識を身につけろと言うわけではありません。話のベースになるような、一般的なレベルで十分。目的はハイスペックな男性の話にスッと入り、邪魔せずに盛り上げていくことです。

興味のアンテナを張る

たとえばお互いの出身地の話になったとき。「実家からは琵琶湖がよく見えるんだよ」「琵琶湖ってどこにあるの?」「滋賀県だよ……」なんてレベルでは、なかなか話が進みませんよね。

スムーズにコミュニケーションをするため、そして「この子と話していると楽しいな」という印象を与えるため、教養をつけることが大事なのです。ただし、単に「暗記しなければ!」と思うとしんどく、続かなくなってしまいます。興味を持って楽しむことが大事です。

もし、有名企業に勤めている彼を狙っているのなら、その会社の歴史や創設者、海外での事業や関連するニュースなど、自分の興味のあることに絡めて学んでいくと良いでしょう。

年上を狙ってみる

年上のハイスペックな男性を目指すのもオススメです。理由は簡単。同世代のお金持ちより、年上のお金持ちのほうが多いからです。

同世代のこれからお金持ちになりそうな人よりも、今お金持ちの人と付き合った方が楽しいに決まっています。年上のハイスペックな男性との出会いの場を探したり、喜んでもらえることを考えて実践したりしてみましょう。

結婚したい女性に何を求めているかを理解する

ここは特に大事なポイントのひとつです。上記のことを考えると、結婚をハイスペックな男性が女性に望むのは「一人でいることが平気な女性」「礼儀をわきまえ、丁寧な言葉使いができる」「秘密を守れること」「料理も家事もこなす良妻賢母タイプ」などといえます。

ハイスペックな男性に出会いに行こう

ハイスペックな男性との出会いを求める方にお勧めなのがホワイトキーが開催している婚活パーティーです。年収別でのパーティーもご用意しています。

開催時期・地区などは限定されてしまいますが、しっかりと証明書をご提出いただいておりますのでご安心ください。素敵なハイスペックな男性と出会いが期待できます。

ハイスペックな男性が結婚したいと感じるときがあります。仕事もしくはプライベートに必死に努力をしてきた方がふと孤独を感じる瞬間です。仕事も遊びも、今まで全力で駆け抜けてきたからこそ不意に感じる孤独が結婚を決意させたりするようです。

ハイスペックな男性だって、一人の男性です。どこが違うのか?その違いは一言でいうなら感性と考え方といえるかもしれません。彼らの思考を知って、高収入男子との結婚のチャンスを広げましょう。

婚活の際、どうしても最初は外見や年収・学歴などのスペックに目がいってしまうかもしれません。でも、ちょっと待ってください!スペックの高さに溺れて何か大事なものを見落としていないか、胸に手を当てて考えましょう。

また、自分磨きも忘れずに。中身が空っぽの女子がお金目当てに着飾ってウロウロすることほどみっともないことはありません。あなたは何者なのか、よく考え、自分を磨いてから試合に臨んでください。相手と本気で向き合うことが大事ですよ。

関連記事一覧