婚活パーティーでカードを無記入で出してはいけない理由

婚活パーティー・恋活パーティーに参加したときにステキな方と出会えたい、カップルになりたいと思って参加されるかと思いますが、カップリングのあるパーティーでは
・中間印象・ファーストインプレッションチェック(第一印象確認のようなもの)
・カップリング
を決めるカード、またはデバイスなどの端末上でいいねなどタップするパーティーが一般的です。そのためこの中間印象チェック(またはインプレッションチェックなど)、異性の参加者全員とのトークタイム終了後に、カップリング希望のカードを提出します。

しかし、せっかく婚活パーティーに参加したにもかかわらず、「ピンと来なかったから無記入でいっか!」とカップリングカードを記入せず提出してしまう人方がいます。もちろん書かなければダメです!なんて決まりはありません。しかし、誰の番号も書かずカードを提出するのは、カップリングする確率が極端に下がってしまうだけではなくせっかくの出会いのチャンスを逃してしまうことになりかねません。
ではなぜ、カードを無記入で提出しないほうがいいのか?という理由についてさっそく説明します。

中間印象カードに記入するメリットはあるの?

参加されている異性全員と会話が終わったタイミングで記入するこの「中間印象カード」(婚活パーティーの主催会社によってはこのカードの名称が異なりますが、「中間印象カード」、「ファーストインプレッションカード」、「中間投票」などありますがどの会社も役割は同じです。)はなぜあるのか?

端的にいうと「あなたのことが気になります」とお相手にアピールするためのカードです。これらは、第1印象で誰がいいと思ったかを決めるカードになります。中間印象カードは、第1印象で良いと思った方の番号を複数名まで記入できるようになっていたり、該当する番号に印をつけたりします。その結果は各自参加者に結果を渡され、自分のことを第1印象で良いと思った人がいるのかどうか、その人は誰なのかを知ることができます。ホワイトキーの婚活パーティーでは氏名状況だけではなく、カップルになる確率や指名した異性が他の参加者から何名指名もらえているのか(つまりライバルの数)が分かるようになっています。

これまでなんとも思わなかった人でも、「あの人は、あなたのことが好きらしい」と聞かされたら、気になったり、急に興味や関心が湧きませんか?
最初は特に気にならなかった方でも、「●●さんは実はあなたのことが好きみたいですよ」ともし聞かされれば、なんとなく相手に興味や関心がでてくることってありませんでしたか?また、好印象だと思われて、嬉しくないなんて気持ちになる方はいないでしょう。改めてお話をするときに、もっと話してみたい・知りたいと思ってもらうことお相手からあなたへの関心が大幅に上がり思わぬ一面をみることもでき話が盛り上がることもあるはず。

次に記入しなかった場合のデメリットについてみていきましょう。

中間印象カードに何も書かなかったときのデメリットも・・・!

・まったく相手に脈はないのに、書いてしまうことにより相手を勘違いさせてしまう
・相手にも伝わると恥ずかしいから中間印象では書かないでおこう
など、このようにと思い、中間印象カードでは白紙で提出する方も中にはいらっしゃるかもしれません。

ですが、この中間印象カードを記入しないで白紙状態で提出すると、誰にもアピールせずに次の進行のトークタイム(フリータイムであったり、2周目の会話だったり、マッチングタイムなど主催会社や婚活イベントによってトークスタイルが異なります)へ進むことになります。

たとえば同じタイプの2人の異性がいて1人はあなたに好意があって、もう1人は自分に好意がない。
さて、あなたなら、どちらの男性に話しかけたいですか?

答えは明白ですね。つまり、中間印象カードを白紙にしていた人は誰にもアピールしていない状態であると、再度会話をすることがあった場合は結果は伝わっているので相手からアプローチされている方の場合、気まずくなってしまったりする可能性もあります。
あなたに対してアプローチしていてもさらにアプローチすることをやめるでしょうから、これがフリータイムのあるパーティーの場合はもっと脈ありの方とカップリングできる可能性が高い方に話しけることはないでしょう。または話す機会がある場合は気まずくなってしまうかもしれません。

以上のよう誰にもアピールをしないということは、誰からもアピールされない可能性が高くなってしまうデメリットが生じてしまうのです。もし少しでも「いい人なったな」と思えたり印象がよかったら積極的に番号を書いて提出しましょう。

カップリングカードを記入して提出することがおすすめの理由って?

カップリングカードとはパーティー終盤に提出する、カップリングしたい相手の番号を第1候補から第3候補まで書くカードです(マッチングカードや最終投票カードなどの呼称もありますがカップルを決めるという定義は同じです)。
パーティーの最後にこの記入済みのカードをスタッフに提出すると運営側で記入データをもとに集計されます。このカードで男女ともカップル希望を出していて、お互いがマッチングしていたら、カップリング成立となります。
カップリングカードを記入して提出することがオススメな理由は3点あります。

①相手を知るためのステップにすすむことができる

カップルになったから付き合うわけではないのです。あくまでもより相手を知るための機会をいただけるということに過ぎません。
婚活パーティー=ゴールは結婚
恋活パーティー=恋人
とまで最初から重く考えないでください。まずはお友達として、少し仲良くなってみようかな?という考えは誤りではありません。もう少しお話しできたらいいなぁという意思表示のようなものです。万が一、カップリングして実際合わなかったのでお断りをしたとしても、それは失礼なことでも申し訳ないことでもないのです。

②カップリング成立後にゆっくりと会話をしたみたら実際は気が合う良い人だった

1人あたり5分程度の婚活パーティーでの短い会話時間で人柄や価値観を理解できるでしょうか。盛り上がることが必ずできるでしょうか?初参加の場合ならより緊張で話もできないこともあるかもしれません。もし、「少し気になるけど話は盛り上がらなかった。でも・・・少し気になる」と思う相手がいいらっしゃったらカップリングカードに書いてみてください。(これは特に男性にあてはまるケースです!)
意外とパーティー後にお話してみたら緊張が解けて盛り上がっていたということもよくある話です。

③カップル不成立でも恥ずかしいことではない

カップリングカードに記入したにも関わらず、カップリングが成立しなかったら悲しいですよね・・・。それならそもそもカップリングカードを無記入でいいや!と白紙で提出してしまう場合もあるかもしれません。
ですが、しかし婚活パーティーのカップリング率は平均して40%前後といわれています。つまり婚活パーティーに参加する5人に3人はカップリング不成立なのです。
数字で見てみると、そんなに恥ずかしいことでも無いのです。むしろ相手を知りたくても、カップリングカードを無記入で提出してしまうと、100%誰ともカップリングしないことになります。
また、「カップルになっている方は男性●と女性●番、次は・・・」のようなカップリング結果を発表してる会社さんも少数になっており、今は全体発表をしない会社が非常に多くなっていますので、パーティーの流れについて公式WEBサイトで調べてみてもいいかもしれません。ホワイトキーの婚活パーティーでは結果が書かれたカードを封筒に入れて参加者全員にお渡しますので、カップリング成立した場合でも全員の前で発表されることもなく、または不成立であったとしても知られず気まずい思いをすることはありません。

せっかく婚活パーティーに参加したのですから、「やっぱり希望を出しておけばよかった」と後悔することのないよう、勇気を出して気になる人の名前をカップリングカードに記入してみましょう。

結局のところ婚活パーティーのカップリングの意味ってなに?

カップリング成立といってもそこからすぐにお付き合い前提の約束になるわけではありません。あくまでも「気になっているから連絡先を交換をしたい・デートしてみたい」というお互いをもっと知りたいという意思表示なのです。

最終的にパーティーでは形式上、カップリングできるのは1人だけとなりますが、カップリングカード自体には第1希望から第3希望までのお相手を記入することができます。カップル成立はお互いの第一希望同士のマッチングが最優先とはなりますが、気になるお相手が3名いれば埋めれるだけ埋めたほうがカップリング率があがるのはいうまでも無い事実です。
少しでも「この人ともう少し話したいな」と思える人がいたなら、迷わずカップリングカードに記入してカップリングの可能性を高めてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
カップル=交際決定という意味合いではなくあくまでもきっかけを構築するきっかけにすぎないからです。
好印象だったら、考えず過ぎてしまう前に中間印象やカップリングカードに記入することをおすすめいたします。短時間に話していても相手の本質や中身をすべて見ることができなかった場合でも、それが理想のお相手になるかもしれません。
少しでも気になる人がいたら、まずは中間印象・カップリングカードは記入することをおすすめいたします。せっかくご参加いただいたからにはチャンスを最大限に活かして、次の婚活パーティーで素敵な出会いを見つけいただければと思います。

婚活パーティーのホワイトキーの婚活パーティーではカップルの発表はせず結果が書かれたカップリングの通知の用紙を封筒に入れる形式ですのでカップルになった方はご本人様同士以外は分かりませんしあいにく不成立でも恥ずかしい思いもすることはないのでご安心くださいませ。
ホワイトマリッジではコンシェルジュも恋愛心理や婚活成功メソッドを用いて成婚に導きますので無料カウンセリングをぜひご活用くださいね。

担当:櫻井

関連記事一覧