シニア世代だから活用してほしい!結婚相談所のメリットとは

現在少子高齢化の時代となり、シニア世代が増えており年金受給も年齢が上がっていくだろうと様々な場面で予測されている日本ですが、シニアという世代の定義はいったい何歳くらいからなのかが曖昧なところもあるので、今回はシニアライフ総研のシニアの捉え方を参考にして「55歳以上」ということで、結婚相談所とシニア世代の婚活事情についてをまとめてみます。出典:シニアライフ総研https://www.seniorlife-soken.com/toraekata/

また、昨今では新コロナウィルスの影響もあり、安易にイベントなどにも出かけるのも心配ですが、現在平均寿命は女性87.45歳、男性81.41歳でともに過去最高 : 女性の過半数が90歳まで生きると言われています。出典:公益財団法人ニッポンドットコム公式サイト

シニアと言われる年齢でもまだまだ20年以上人生は続きますので、一人でいるよりも信頼出来て支え合うパートナーと寄り添い生きていけることがとても幸せなのではないかと思いますので、是非今回の記事を参考に素晴らしいパートナーと出会って頂ければ幸いです。

シニア婚活の現状とは?

1年齢を増すごとに自然な出逢いが少なくなる

これは、シニア世代に限らず、30代の方からもよく聞くのですが、20代の頃は男女共に飲み会やイベントなどで自然な出逢いの場が多かったのが、30代くらいからなかなか自然に出会うことが困難になってきたということが、結婚相手が見つかりにくい理由の一つとなっていますが、シニア世代となると集いの場があっても、結婚相手を探す目的という場ではなくレクレーションなど団体での交流だったりする為、独身の相手と結婚に繋がる交際をするのも、相手を探すのも困難であると言われています。

2婚活パーティーの開催数が少ない

婚活のポータルサイトオミカレで60歳女性が参加できるパーティーを検索してみたところ東京で69件でした。それと比べ、結婚適齢期と言われる20代後半から30代前半の間をとって30歳で検索しましたところ全体で7406件のパーティーのうち4973件が出てきました。60歳女性が参加できるパーティーは0.9%であるのに対して、30歳女性が参加できるパーティーは67%でした。※参考サイト オミカレ東京 https://party-calendar.net/area/tokyo この結果を見ても一目瞭然で、60歳女性シニアと言われる世代の方は参加できるパーティーは東京でさえ、これだけ限られてしまうということです。
これはホワイトキーでも言えることなのですが、婚活パーティー開催の中心の年齢というのが20代後半、30代前半という現在の結婚適齢期と呼ばれる世代が中心になっていて、他、20代前半や30代後半から40代などがあり、シニア世代となると、月に一度あるかないかというなかなか婚活パーティーも選択肢が無いのが現状となっています。この少ない開催数のイベントに参加できる確率も、予定が合うかどうかにもよりますので低いと言えるでしょう。

3婚活パーティーでも結婚を求めてる相手に出会いにくい

60歳女性となると、相手の男性も婚活パーティーでは同年代50代から60代だとしたら、結婚歴があったり、資産があったり子供がいたりと養育問題、相続問題など簡単に自分が良いと思ったからと言って結婚を考えるにはハードルが高い状況の方もいるわけです。それに比べると30歳女性となりますと、離婚歴や子供の有無がある方もいたとしても、再婚を考えても、再婚後に新たに子供に恵まれたりする可能性が高い年齢である為、結婚を考える人に出会いやすい年齢ともいえるでしょう。

以上の三点の結果を見ただけでも、シニアの世代には婚活パーティーやサークル等の活動で結婚相手を探すことが困難になってしまうことが考察できます。
そこで、シニアの方こそ、結婚相談所での婚活がおすすめなのです。何故シニアの方が結婚相談所での活動がおススメかという点を今回は追及していきたいと思います。

シニア世代こそ利用したい結婚相談所のメリット7つ

 

1確実に結婚したい人を探せる

2事実婚希望か入籍したいのかが最初からわかる

3資産状況、相続状況が明確にわかる

4エリアを超えて自分の理想の相手を探すことが出来る

5自分の都合に合わせてお見合いが組める

6新型コロナウィルスなどの危険も避けてZOOMでお見合いが可

7オンライン婚活パーティーやSNSよりも安心確実に出会うことができる

 

1確実に結婚したい人を探せる

結婚相談所はそもそも、契約の時点で名前の通り、結婚したい人が登録してる為、お友達という選択肢がないので、結婚相手を見つけやすい。特にホワイトマリッジでは、IBJ全国結構相談所連盟、BIU日本ブライダル連盟、全国結婚相談事業者連盟と三つの連盟に加盟してますが、その三つの連盟全てが成婚主義なので、成婚した後は結婚したいという方が参加してるので、短期間で効率的に結婚相手を見つけることが可能なのです。

2事実婚希望か入籍したいのかが最初からわかる

結婚相談所で成婚主義だからといって、入籍することは強制できるものでもなく、本人同士の考え方で決める場合がほとんどです。お互いにお子様や資産の問題があって、事実婚で余生を共に楽しく送りたいという考えの方もいらっしゃいます。結婚相談所でしたら、その方も諸々の事情があらかじめわかるので、自分と方向性が一致してるかはお見合い前の段階ではっきりわかります。同じ価値観の相手を見つけることが簡単にできるのです。

3資産状況、相続状況が明確にわかる

シニアの方で、入籍を希望していた場合、自分が資産があった場合で相続相手の子供がいる場合で相手も同じような状況の場合、結婚を視野にいれた付き合いをする段階で、おおよその方針はお互いに話し合うことがトラブルを回避することになりますが、結婚相談所では資産状況や子供の有無が必ずわかるので、結婚前にしっかりと法的な問題などもクリアに出来るでしょう。

4エリアを超えて自分の理想の相手を探すことが出来る

婚活パーティーや、趣味のサークルなどでも相手を探し、理想の方に出会うことも可能性はありますが、結婚相談所では全国、海外にわたり、相手を探すことが簡単に出来るので、自分の住んでいる地域に拘らずに、住んでみたい地域、または自分が育った地域などでも相手探しが出来、第二の人生の舞台を自分の思い通りに設定できる可能性が高いのです。

5自分の都合に合わせてお見合いが組める

先ほどの調査では、東京でのシニアの60歳女性が参加できる婚活パーティーは1%を切っていました。数少ない婚活パーティーだと自分の用事があり参加出来ないということも多くあるでしょう。また、参加したくても、申込が多くキャンセル待ちになってしまったりと、確実に参加できるかどうかもわかりません。そうなるとまた次回の機会ということになってしまいます。また、次回の機会も都合が合わなかった場合はどんどん時間だけが過ぎてしまい、自分の年齢も更に重ねてしまう結果になってしまい思うように早く相手探しが出来ないかもしれませんが、結婚相談所ではスマートフォンやパソコンを使いこなすことが出来れば24時間インターネットで検索して思い通りの相手を探すことが出来ます。また、インターネット環境がなくても相談所側できちんと探してくれるでしょう。そして、自分の都合の合う日をリクエストしてお見合いを組めるため、時間を無駄にせずに婚活が出来、理想の相手に出会う日がそう遠くない可能性が大変高い
のです。これは大げさではなく、ホワイトマリッジでは過去にシニアの女性が入会手続きをしてくださり、活動開始をしてすぐに男性からお申込みがあり、すぐにお見合いが決まりました。そこで意気投合して、入会、活動開始からほんの2か月で成婚退会をされた方もいらっしゃいます。お見合いから、約三か月で成婚に至ることが大変多いので、活動を開始してすぐにお見合いが決まり、良い相手に出会えれば、約3か月と大変短い期間の婚活で素敵なパートナーに出会うことが可能なのです

6新型コロナウィルスなどの危険も避けて安全なZOOMでお見合いが可能

また、現在まだ見えないウィルスの恐怖に世界中が怯えてますが、シニアの方はこのウィルスに感染すると重症化してしまう確率も高いと言われています。人混みの中でのお見合いは、感染のリスクも高まりますが、現在はZOOMでのお見合いをすることが可能になっていますので、感染のリスクを完全に避けて出逢うことが出来るのです。

7オンライン婚活パーティーやSNSよりも安心確実に出会うことができる

現在新コロナウィルスのこともあり、インターネットを使用した出逢いが主流となってきています。オンライン婚活パーティーでは年齢が高めの方対象のものが著しく少ないこともありますし、SNSでの出会いも同じことが言えますが、公的な証明書などを細かく提出しているわけではないので、詐称されてしまうこともあり、資産のある方を狙う結婚詐欺のような相手もいるかもしれません。それに比べると結婚相談所を利用する条件には、公的な様々な証明書類(独身証明書、大学卒業証明書、源泉徴収票、職場の証明、国家資格の証明書等)を提出しないとならないと定めがあるので、大変安心で確実に出会うことが出来ます。

今回はシニアの方のことにスポットを当ててみましたが、どんな年齢の方にもいえることが多いので、本気で早く結婚したいという方は是非今この時に結婚相談所の利用をはじめてみてはいかがでしょうか。                          記事 新井

関連記事一覧