既婚者女性の本音…結婚相手の「条件」と「妥協」幸せになれる諦め方

婚活をしていると、「どんな人と結婚すれば幸せになれるんだろう?結婚は妥協しないと出来ないのか?」と悩む女性もいるもの。

理想は下げたくないし、だからといって妥協するのも嫌…『妥協してまで結婚する必要があるのか』というのが、未婚女性の本音ではないでしょうか。

ですが、結婚とは妥協の連続だ!という意見に共感する夫婦がとっても多いのも事実です。

そこで今回は、結婚相手に「重要だった条件」と「妥協して問題なかった条件」について、既婚女性の意見を集めてみました。結婚して分かった既婚女性の本音をチェックして、結婚相手選びのヒントにしてみて下さい。

そして幸せになれる諦め方4ステップも紹介致します。妥協した結婚は上手くいくのか、結婚相手を見極めるとはどういう事なのか、本当の幸せとは何なのか。改めて自分の心に語り掛けてみましょう。

◆多くの夫婦が「結婚生活は妥協だよ」と口を揃える理由◆

妥協の意味を調べてみると…

【妥協】意見の相違で話が進まなくなった時に、どちらか一方が自分の主張を取り下げたり、お互いが歩み寄って譲れる部分は譲るという意味 (参考:Wikipedia)

人間関係を築く上でとても大切な心掛けですよね。

譲り合いは、お互いを尊重するからこそ生まれるものですから、妥協によって生まれた新しい考えは、優しさや温かさをもたらす事も多いでしょう。

夫婦間の妥協で多いのは、生活習慣や価値観、考え方の違いに対しての妥協。住まいや収入に対する妥協も多いですね。

夫婦として共同生活を送っていると、一切の妥協無しでぶつかった方が良い結果を生むケースと、妥協した方が穏やかな幸せが手に入るケースとがあります。

生活習慣や考え方、価値観の違いは、後者に該当する事が多いです。

例えば…

夫が家中の電気を点けっぱなしにする癖を許せないとします。いくら注意しても改善する気配がありません。夫の癖を直して欲しいと思えば思うほど、ストレスや怒りが溜まっていくでしょう。そのせいで他の細かい部分も目についてしまい、小言ばかり言うようになりケンカが増えていく。

良くある話ですね。

ですが、妻が妥協するとこんな変化が生まれます。

・妻が消してあげる
・たまにでも電気を消してくれる事があれば「ありがとう」と声をかける
・洗濯機やエアコン、冷蔵庫といった家電の使い方を見直して、別の視点から電気代の節約を考える

など、妥協出来ると、柔軟な考え方になり、思いやりの気持ちも湧いてくるものです。

こちらが求めなくなったら、夫が努力してくれる様になったという、予想外のラッキーに恵まれるかもしれません。夫婦関係を大切にしたいなら、時には妥協も必要です。夫婦間に限らず、人間関係全般に言える事ですよね。

◆理想の結婚相手の条件の人と結婚した女性は約45%◆

まず、既婚女性たちに本当に理想の相手と結婚したかどうかを教えてもらいましょう。
※ 以下に続くアンケート結果は、ホワイトキー調べ。

Q.あなたは、自分の思い描く結婚相手の条件にピッタリの人と結婚しましたか?

「はい」…45.1%
「いいえ」…54.9%

自分の理想通りの相手と結婚出来た女性は、半数もいない様です。やはり、ぴったりパーフェクトに当てはまる相手ともなると難しいようですね。

次に、それぞれの回答を選んだ理由も詳しく聞かせてもらいましょう。

結婚相手の条件にぴったりの人と結婚したと「思う」理由

・「いざという時に頼りになる優しさを持ち合わせている事を常々感じられた事」(34歳/通信/事務系専門職)
・「医者・看護師以外で、年収500万以上、実家との同居がない人という条件でしたので、ぴったりです」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「思っていた通り真面目ではあるが、どこか物足りない。優しいし思ってくれてはいるし、生活に不都合はないけど、つまらない相手かもしれない」(33歳/小売店/その他)

色々な条件があったとしても、その条件が一つだとしても、相手さえ本気で探せば理想の相手と出会える、という事でしょうか。理想通りの相手と出会い、結婚出来たら、さぞや幸せでしょうね。

一方で、3つ目の回答例にあるように、「理想通りの相手だ!」と最初に感じたとしても、結婚生活を送っていくうちに「あれ、もしかして違うかも…?」と思う事だってある事でしょう。結婚してみないと分からない事も多いですからね。

「理想にぴったり当てはまる人との結婚だなんて夢物語でしょ?」と思っていた人もいるでしょうが、現実には、理想通りの相手と結婚した幸せな女性もいるようです。

◆結婚して幸せだと思う女性は約90%◆

理想通りの相手、理想とは違った相手と結婚した既婚女性達に、今度は今の生活が幸せかどうか、はっきりと答えてもらいました。

相手がどうであれ、幸せな生活を送れていたら、たとえ理想の相手ではなかったとしても、日々の生活の満足度は高い筈です。

Q.あなたは、現在、結婚して幸せですか?

「はい」…91.1%
「いいえ」…8.9%

なんと「結婚して幸せ!!」と答えた女性は、全体の約9割にも及びました。ほとんどの人が「幸せ」を感じながら結婚生活を満喫している様です。

この数字には理想の相手と結婚していない人も確実に含まれていますから、理想通りではない相手との結婚=不幸、ではない事が良く分かりますね。

逆に、理想通りだと思っていた相手が実は…というパターンも。では、幸せだと思う理由と幸せじゃないと感じる理由をそれぞれ見てみましょう。

結婚して幸せだと思う理由

・「経済的にも安定し、育児を優先していられる生活をさせてもらえるから。感謝しています」(32歳/人材派遣・人材紹介/その他)
・「好きな人と毎日食卓を囲んで、一緒のベッドに寝て、安心を得られている事は幸せだと思う」(28歳/学校・教育関連/専門職)

満たされた生活をしていたら、幸せを感じるのは当然と言えば当然。好きな人との生活、愛すべき子供との生活は結婚しなくては得られないものでしょう。

結婚して幸せだと思わない理由

・「自分のしたい様に出来なくなった。束縛がある」(26歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「子どもの事でどんどん不安定な気持ちになってきている」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

結婚生活は幸せを感じる事がある一方、独身時代とは違う色々な事に不満、ストレスを感じる事も。家族が出来る事で、今までのような自由が得られない等、不満の種は人それぞれ生まれる可能性があるのです。

結婚をした事で幸せを感じている人は圧倒的に多い様ですが、条件ぴったりの人と結婚する事=幸せとも限らない様ですね。幸せな結婚の為に、やっぱり重要だったと思う条件もあれば、それほど重要ではなかった条件もある様です。

◆結婚相手に「重要だった条件」ベスト5◆

ではまず、既婚女性たちに結婚して分かった「これは重要だったな…!!」と感じた条件を教えてもらいました。

第1位「居心地の良さ」……54.5%

・「ずっと一緒にいるので、気心が知れていて楽な相手でないと辛い」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「一緒にいて楽しくないとずっとは一緒にいられない」(29歳/その他/その他)

一緒に居る時の居心地の良さは、重要ですよね。ひとつ屋根の下に一緒に暮らす訳ですから「この人と居るとストレスが溜まる!!」という相手とは結婚出来ません。

第2位「性格」……43.1%

・「性格が合わないと一緒に生活出来ない」(33歳/その他/その他)

どんなに好みだと思う相手でも、性格が合わなければ、どんどん相手の事を嫌いになってしまうかもしれません。逆に、性格が合えば一緒にいて楽しい、嬉しいと感じるでしょうね。

第3位「愛情」……42.4%

・「やっぱり愛されていないと、何も始まらないと思う」(30歳/その他/その他)
・「自分が相手に愛情を注いであげないと、何も始まらないし、上手くいかないと思うから」(31歳/その他/その他)

夫婦はお互いの事を愛してこそ、円満な関係が生まれるもの。愛がない家庭は、いつか冷え切り、破綻してしまう可能性が高い筈。

第4位「金銭感覚」……31.1%

・「金銭感覚が違うと、夫婦の貯金や加入する保険などで衝突するから」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「金銭感覚がズレていると喧嘩の原因になってしまう為」(32歳/学校・教育関連/専門職)

金銭感覚がズレていると、小さな買い物一つとっても、意見が食い違いがちに。たとえば、散財癖のある人と、倹約家の夫婦はなかなか意見が合わないでしょうね…。

第5位「年収」…27.2%

・「年収は大事! 今特にカツカツで生活していて辛い」(32歳/その他/販売職・サービス系)
・「まともな給料がないと、生活も苦しいし、それによってストレスが溜まり夫婦仲も悪くなっていく」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)…27.2%

生活の基盤は何と言っても「お金」。自分が家庭の事をほとんど引き受ける、という事であれば、パートナーには家計を支えられるだけの収入を条件として求めてしまう事も。

結婚相手に対し、重要視すべき条件は、結婚生活に何を求めるかによって変わってくるかもしれませんね。自分が結婚に何を求めているか考えれば、自然と妥協してはならない条件が見えてくるのではないでしょうか。

◆結婚相手に「妥協して問題なかった条件」ベスト5◆

次に、「妥協して問題なかった条件」を既婚女性たちに聞いてみました。

第1位「顔・見た目」……43.9%

・「顔はタイプではなかったが、毎日見てると愛着がわく」(30歳/その他/その他)
・「好きだったら旦那を一番カッコいいと思える」(32歳/その他/その他)

見た目の魅力というのは、一番わかりやすく、心惹かれがちなものでしょう。しかし、夫婦として年齢を重ねるうちに見た目には影響が出てくるものですし、外見の魅力はさほど長い期間心を掴まないものなのかもしれません。

第2位「学歴」……30.8%

「もともと学歴を気にしないし、仕事をしてれば問題無い」(33歳/その他/その他)
・「学歴が高くても、事件を起こす人も沢山いる。誠実なら良い」(31歳/その他/その他)

学歴と仕事の能力や人格は比例しない事もあります。重要なのは、スペックではなく今のスキルや人徳、という事ですね。

第3位「身長」……26.3%

・「理想の身長ではないが、私より高いので妥協しても良かった」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「身長も同じで、年を取ると縮まるし、他にも重要な事があるから」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

付き合っている時は、一緒に歩く時に彼のほうが背が高いと良いな、なんて思ってしまうかもしれませんが、結婚し長く一緒に居ると、他に求めるべき条件があった事に気づくのでしょう。

第4位「年齢」……21.9%

・「旦那とは5歳差だけど、年齢はあまり関係ない。離れ過ぎたら介護が心配だけど」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「年下だからこそ生活がしやすいという事がわかった」(32歳/その他/その他)
結婚するなら、価値観が近い同い年が良い、余裕のある年上が良いなどの条件も。しかし、年齢で中身が決まる、という訳ではないでしょう。年下でも余裕のある人はいますし、年上でも価値観を合わせられる人もいますよね。

第5位「住む場所」……19.0%

・「ずっと生活していた大阪に住みたかったが、転勤族と結婚したのであちこち引っ越しをしているが、その場その場で友だちが出来てとても楽しい」(32歳/情報・IT/事務系専門職)
・「転勤族なので気にし出したらキリが無い」(34歳/その他/その他)

結婚してから新生活を送る場も大事ですが、場所にこだわり過ぎてしまうと、せっかくの幸せを逃してしまうかもしれません。

幸せの為に色々と条件を挙げたい気持ちも分かりますが、細かな条件を挙げすぎてしまうと、素敵な相手と出会ってもチャンスを活かしきれない可能性があるかもしれません。

既婚女性達が挙げたものが、自分の条件に当てはまる人は、ちょっと見直してみましょうね。

◆幸せになれる諦め方4ステップ◆

婚活中の人たちが使う「妥協」は、上のような「譲り合い」や「歩み寄り」といった意味合いとはちょっと違っています。

”理想と現実の間にギャップがあって、それがどうにも埋まらないものであると感じたら、理想は諦める”といった心境の時に「妥協する」というセリフが出てきます。

妥協と諦めを同列で扱うと話がややこしくなってしまうので、はっきりと区別しておきましょう。

まず妥協は、上で説明した通りの意味合いであると理解して下さい。人間関係を育てるための大切なスキルとして取り入れていきましょう。問題は、結婚相手を探す時に諦めが必要なのか?という点です。

これについては、YESかNOで答えるのではなく、”婚活における正しい諦め方”を紹介します。

あなたは諦めきれない事で、逆に辛い想いをしているかもしれません。周りから「理想が高すぎる」と言われた事がある人、長年婚活をやっているけどなかなかお付き合いまでいけないという人は、是非読んでみて下さい。

ステップ1)理想とする結婚の条件を書き出す

まずはあなたが考える理想の結婚相手を、紙に書き出してみましょう。

どんな細かい事でも構いませんし、年収1,000万円以上の男性とか、20歳年下の女性、高い理想でも構いません。とにかく、あなたが描く理想の結婚相手のスペックをそのまま書くのがポイントです。

ステップ2)書き出した条件に優先順位を付ける

ステップ1で書き出した条件はいくつになったでしょうか。

5個という人もいれば、20個30個も出てきたという人もいると思います。次は、これらの条件に優先順位をつけていきます。あなたにとって絶対に譲れない条件は何なのか考えていくと、今後の婚活がとてもやりやすくなります。

ステップ3)ひとつひとつの条件に幅を持たせる

ここから特に重要です。

優先順位順に、一つ一つの条件に対して幅を持たせるという作業をしていきましょう。方法はとても簡単、元々掲げた条件を上限として、あなたの許容範囲内で下限を決めていくというもの。

例えば、元々の条件 ⇒ 幅を持たせると…

年収500万円以上 ⇒ 年収400~500万円
10歳以上年下 ⇒ 5~10歳年下
高学歴 ⇒ 大学卒業以上
専業主婦になって欲しい ⇒ 一日3~4時間のパートならOK
共働きで一緒に家計を支えて欲しい ⇒ 子供が生まれた場合等、状況に応じて専業主婦の期間を作るのはOK
イケメンである ⇒ 清潔感があればOK

幅を持たせる時のコツは、あなたが元々掲げている条件に色々な疑問をぶつけてみる事です。

年収500万円以上の男性と結婚したい
なぜ?
安定した生活を送りたいから
安定とは?
旦那さんが病気や怪我で働けなくなっても当面は生活に困らない位の蓄えは欲しい
貯金額は?
300万円位あれば安心出来るかな

…と、こうして疑問を投げかけていくと、多くの場合は最初の条件(ここでは年収500万円以上)が絶対に必要という訳ではなかったりするものです。上のケースだと、300万円の貯金があれば…という事なので、それなら年収が500万円を超えていなくても達成出来る事が分かります。

自身が決めた結婚相手への条件を重視して婚活しているのに、意外にもなぜこの条件が必要なのか?と掘り下げて考えている人は少ないです。何だか変な話ですよね。

こうして掘り下げる作業をしていくと、絶対にこうでなくちゃ!という条件はとても少ない事に気づくでしょう。

そしてこの”気づき”こそが、婚活をしていく上で大きな変化をもたらしてくれると断言します。

掘り下げ作業を経ての諦めは、結果的には理想の結婚ではないかもしれませんが、心から納得できるものとして自然に受け入れられます。

対して、我慢や自己犠牲の上に成り立つ諦めは、辛い、悲しい、苦しい、という感情を蓄積していきます。

仮に沢山の我慢や犠牲を払って結婚出来たとしても、夫婦関係を長く築いていく事は非常に厳しいでしょう。我慢は長続きしませんし、そもそも長く続けてはいけないものですから。

ステップ4)時には条件よりも、勢いやノリを大事にしてみる

婚活歴が長くなると、条件に合うか合わないかだけを見て、機械的に振り分けてしまう人が増えていきます。もちろん効率的な婚活をするには有効な方法だと言えますが、その一方で、条件しか見ない婚活が自分自身を縛り付けている場合もあります。

絶対に幸せになれる結婚の条件なんて存在しないのですから、時には規格外の行動力も発揮しましょう。

→規格外の行動力とは
・お見合いやデートの申込があれば、相手がどんな人でも1回は会ってみる
・趣味が一緒だったからとりあえず会ってみる
・写真の雰囲気が何となくいいなと思ったから会ってみる
・今日は時間がたくさんあるから一気に10人にメッセージを送ってみる
・結婚相談所のカウンセラーや友達など、第三者の紹介は一切断らない 等

重要なのは、普段とは違った行動をする事です。

いくらお見合いやデートの申込をしても断られてしまうという人には特にオススメ。連続でお断りされている人は、同じような雰囲気やスペックのお相手ばかり選んでいる可能性が高いです。

自分の好みで選んでいるので当然と言えば当然ですが、変化のない選択が良くない連鎖を生んでいるかもしれません。人任せにしてみたり、その時のノリや勢いで行動してみると、必ず変化が起こります。

変化は新しい風を吹き込んでくれたり、自分自身の殻を破るキッカケになるので、婚活が停滞している人にはとても良い刺激になるのです。婚活は必死になれば良いというものではありません。

勿論、努力は必要ですが、気持ちが張りつめている状態でお見合いをしても、相手にプレッシャーを与えてしまいますし、あなたの良さをアピールする事も出来ませんよね。

努力もしつつ、自分らしさも大事にしつつ…のちょうど良いバランスを見極めていきましょう。

◆まとめ◆

結婚は人生の大きな岐路。だからこそ、色々な事を深く考え、相手に求めるべき条件をしっかりと決めるべきものなのでしょうが、深く考えすぎて、あれもこれもと条件を挙げると、結婚はどんどん縁遠くなってしまうかもしれません。

自分の幸せの為に、全力を尽くす事は悪い事ではありませんが、その条件が本当に自分の幸せな生活の為に必要かどうかを、冷静に考える時間を持つ事も大事です!

相手がどう…ではなくて、自分がどういられるか…を重視した婚活は、感覚的な部分が大きいので不安になるかもしれません。

何となく安心する、理由は分からないけど楽しい、安らぎや幸せをもらえるという事は、恋愛感情である可能性が高いです。

朝起きた時・夜眠る時にふとその人の顔を思い出す等、何とも言えない感覚を頼りにするのですから…その先に結婚が繋がっている可能性もまた高いと言えるのではないでしょうか。

あなたがあなたらしくいられる相手を探す事も大切にしていきましょう。

理想を追い求める事だけが、幸せな結婚とは限らないのです。

あなたは条件ではなく、人と結婚するのだという事を忘れないで下さい。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
まだ、結婚を考えるお相手と出逢ってもいない…そんなアナタ!!

出会いの数を増やすにあたっては、合コンや婚活サイト、婚活パーティーなども1つの手段です。
ホワイトキーでは様々なタイプの恋活パーティーや婚活パーティーをたくさんご用意しております。
是非一度ご覧下さい。

1年以内の結婚を望む方は婚活コンシェルジュ式の結婚情報サービス! WhiteMarriage

関連記事一覧