婚活パーティーで上手くいかない勘違い女性の特徴

結婚相手を選ぶなら妥協はしたくない!と考えるのは当然です。ですが、婚活パーティーでなかな上手くいかない女性はたくさんいるようです。ここでは婚活パーティーが上手くいかない女性の特徴と結婚にいたるまでの方法を書いてみましたので参考にしてみて下さい。

婚活パーティーでなかなか男性の支持を得られない

服装について

パーティーに参加する前に頂く多くの質問は服装に関してです。年齢に関係なく、清潔感の有無に人は敏感です。洋服の汚れやシワは最低限チェックしておく。また、ネイル、化粧、ヘアスタイルも同じです。身だしなみは1つ欠けるだけで不快感が伴ってしまいますので注意が必要です。

また、自分に合った服装選び、年齢や世代にあった服選びができていますか?年齢を重ねていくと若く見せよう、可愛らしく見せようとする方が多くなってきます。努力することは大切ですが、自分が着こなせているか、もう一度振り返ってみてください。

派手でたくさんのカラーを使いすぎていないか?露出が多くないか?流行を取り入れすぎていないか?など、客観的な視点で選ばないと失敗します。

スタイルに自信がある人もない人もスタイルが良く見える服、カシュクールワンピースやフィッシュテールワンピース、靴(ヒールあり)は失敗が少ないので、どなたにもオススメです。淡いカラーの組み合わせで柔らかな印象、大人可愛いを目指してみましょう。

きちんとお洒落していくことは出逢う人への礼儀として、必ずやるべきことの一つです。

参加する姿勢について

男性からの支持を得るために重要なことは、話しているときの態度です。綺麗な人でもブスっとして座っていたら、相手があなたに良い印象を受けることはないでしょう。相手の話をよく聞き、話を盛り上げることが大切です。一緒にいて楽しそうと思わせなければここで終わってしまいます。相手からの話題を待つだけでなく自分からもどんどん質問して共通の話題を見つけましょう。

そして常に笑顔でいることです。柔らかい雰囲気を振りまいている人は「いい人そうだな」という印象を与えます。話しかけてみようかな?話しかけても明るく対応してくれそう!と思わせることが次に繋げます。

また、好みでない男性と話すときでも笑顔を絶やさず会話を続けて下さい。あなたの周りには他の男性がいて、見られていることもあります。人によって態度を変える人?と思われないように気を抜かないようにしましょう。

婚活パーティーを通してカップルなれない

プロフィールカードがポイント!

プロフィールカードにはたくさんの項目がありますが、空欄や曖昧な表現は相手に良い印象を与えません。空欄の多くは年齢です。女性の場合書きたくない気持ちは分かりますがプロフィールカードは自己紹介です。年齢も分からないのに最終投票であなたを指名することはありません。また他の項目でも空欄が多いとやる気のなさを感じてしまいます。婚活パーティーでは全ての項目に記入することをオススメします。

友達同士で参加はアリ?ナシ?

1人で行くより安心できるというメリットが考えられますが、友達同士での行動が多かったり、おしゃべりが多いと男性は話しかけられません。少し隙のある雰囲気が出ている方がアプローチされやすいのです。またカップルになっても、友達と帰ってしまう、食事に誘えないなどと男性は考えますので、友達同士での参加はデメリットでもあります。

また、不利になるパーティー参加に気をつけましょう。例えば、年齢の部分で不利になるパーティーへ参加しているとカップリングできないことがあります。男性は自分より年下の女性を好む傾向にあるので、あなたの年齢が年齢条件の範囲で真ん中に入るくらいのパーティーへ参加してみると良いでしょう。

NG話題は?

プロフィールカードがあるからといっても初対面の男性です。質問には気をつけないといけません。3つの例を紹介します。

・相手の収入や職業について
初対面で相手の収入や出身大学、職業など、踏み込んだことを聞くのはやめましょう。このような質問は、自分が値踏みされているように感じ、男性に対して失礼です。はじめは、その人の本質が見えるような話題がベストです。

・身体的な話題について
自分は相手を褒めているつもりでも相手にとっては不快と感じることがあります。それがコンプレックスだったりすることもあるので、不用意に身体的な話題に質問するのは避けたほうがよいでしょう。

・家族について
家族構成、親の職業、実家の場所などを聞くのは初対面ではなく、数回逢ってからにしましょう。家族について悩みや問題を抱えていることもあるかもしれません。家族構成よりもまずは本人同士が十分に知り合うことが大切です。

自分に何か問題があるんじゃないかと気付いているけど具体的に分からない

・「条件」で男性を見ている
婚活で順調にゴールインされる方は、相性や価値観で人間関係を決める方に多いです。婚活でうまくいかないと悩んでいる方の多くは、条件で男性を見ている、身長が高くて・・・年収○○以上で・・・容姿もそれなりで・・・というように条件が多いと、それだけで理想の男性が現れる確率が減ってしまいます。プロフィールカードの年収や見た目で決めている場合は、あくまでも基準で、絶対ではなく柔軟に考える気持ちを持つことで、もっと多くの人とお付き合いができると思います。

・自分を客観視できていない
昔はモテた、理想の男性とお付き合いをしてきた、という経験があるとその頃の考え方が残ったまま今の自分を客観視できていないことがあります。自分の市場価値が分からないまま時間だけが経ち、何故上手くいかないの?と焦ってしまいます。自分だけが理想の条件の男性を求めるのではなく、あなたも相手に選ばれる立場であることを意識することが重要。選ぶだけでなく、選ばれる自分になることです。

・受け身、積極性がない
一度のパーティーで数十名の男性と出逢うことができますが、自分の条件と合わない場合、誰の事も指名せず終わってしまうことがありませんか?このような場合、条件は合わなくても、もう少し話してみようという気持ちを持ってみることをお勧めします。プロフィールカードに書いてある条件が合わなくても、性格や価値観など、もう一度逢って話してみないと分からないこともたくさんあります。そして気持ちが変わることもあります。どのようなチャンスも逃さず積極的に行動してみてはいかがでしょうか。

まとめ

婚活がうまくいかないのには原因があります。自分にも理想の条件があるけど、あなたも男性から選ばれる立場にいるということを意識することが重要。自分中心に婚活が進んでいるように錯覚し選ぶ権利が自分にあると思ってしまうのはとても危険です。また、年代によっては妥協するタイミングを逃すと男性からのアプローチも減ってしまいます。思い当たる部分があればすぐにでも改善しましょう。

これらを踏まえて婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか?あなたに素敵な出会いがあります様に♪

関連記事一覧