婚活パーティーでの自己紹介の大事さ!

婚活パーティーのプログラムの中で、どこに一番気を付けたらいいのか、初めは悩む方も多いのではないでしょうか?フリータイムの会話の中で、自己アピールしたり会話を弾ませたりすることが大事とも思われがちですが、実は、”自己紹介タイム”がその日のパーティーの全てを決めると言っても過言ではありません!

自己紹介は相手がどんな方なのかを知る機会になるとともに、自分をアピールする最初のチャンスです。ここからは、押さえておきたいポイントについて、詳しく解説していきます。

1.自己紹介タイムの事前準備をしっかりと

自己紹介で異性に良い印象を持ってもらうためには、事前準備を入念にしておくことをお勧めいたします。

婚活パーティーは

STEP1プロフィールシート記入
STEP2自己紹介タイム
STEP3中間印象
STEP4フリータイム
STEP5カップリング

という流れで行われます。

自己紹介タイムは、2~3分程度のもので決して長い時間ではありません。この2~3分程度で、いかに相手の方に対して好印象を与えることができるかということが大切です。自己紹介タイムで好印象を与えると、その後のフリータイムで異性から声がかかりやすくなり、カップルを決める最後のカップリングまでスムーズにいける可能性が高くなります。

そこで大事になってくるのが、自己紹介の時に使うプロフィールシートの書き方です。プロフィールシートの中で自分らしさを表現することで、自分を知ってもらうことはもちろん、会話のきっかけや共通点を見つけることもできます。そのため、プロフィールシートの内容を充実させて短い時間で自分をアピールし、他の参加者といかに差を付けられるかが婚活パーティーで出会いを得るためのカギとなります。

婚活パーティーで記入するプロフィールシートには、氏名や住所のほか、趣味や好みの異性のタイプ、得意料理などを記入する欄があります。自己紹介タイムのときに質問されても答えることができるように、あらかじめ、しっかり考えてプロフィールシートに書いておきましょう。

書き方に悩んだときは、ホームページで紹介されている記入方法を参考にするとよいです。自己紹介の内容が、フリータイムの際に話題になり、異性との会話が盛り上がることがあるので、充分に時間をかけましょう!

魅力的な婚活プロフィールの書き方

プロフィールカードに記入する内容を準備した後は、実際に異性から質問されたときにスムーズに答えられるようにシミュレーションしておくと、本番でも落ち着いて答えることができるはずです。

2.相手に見やすくハッキリと書く

当日プロフィールシートを書く時は、読みやすい文字になるよう心がけましょう。未記入が多いのもダメです。空欄が多かったり、適当に書き殴った汚い文字では、好印象を与えるなんてとても無理!

少しぐらいヘタでもかまわないので、丁寧に、読む人の気持ちを考えて書くようにしましょう。またしっかりと枠内に記入することも大事です。枠からはみ出して記入してあると、相手にあまり良い印象を与えません。

早めに会場に行き、時間をかけて丁寧にご記入される事をオススメします!ギリギリに会場入りすると時間がなく記入できない場合もございますのでご注意を。

3.プロフィールシートの項目や書き方

自己紹介は、短い時間の中で相手にどれだけの印象を残すかが重要になってきます。

プロフィールシートの項目には

・名前・住所・血液型・職業・勤務地
・休日・休日の過ごし方・好きな異性のタイプ
・自分の性格・趣味・資格・特技・得意料理
・パートナー選びで重視すること
・恋愛を長続きさせるのに必要な事は?
・初デートでNGな事は?

など様々な項目があります。

プロフィールシートの項目の中で特に会話が広がるのが趣味・得意料理・休日の過ごし方の欄です!こういった項目はどの婚活でも記入する為、前もって考えておくのが良いでしょう。

趣味の欄では、例えば、「映画鑑賞」が趣味の場合には、単に映画鑑賞と記載するよりも、アクションやラブストーリーなど具体的に好きなジャンルを書いたり、「旅行」が趣味の場合には、国内か海外か?あるいは行ったことのある国を記載するなど、会話の糸口になることを意識して書くのがポイントです。「スポーツ」が趣味であれば、具体的な競技名を書いておくことが大事です。

得意料理の欄は女性のプロフィールシートに記載されていますが、こちらも同じです。和食や中華と書くよりは、料理名を詳しく書いた方が相手に印象を強く残せます!

休日の過ごし方についても、相手に強く印象を残す項目の一つになっています。大半の方が「休日何してるの?」と聞かれるので具体的に書くのがベストです!

また、書きたいことが多い場合は、箇条書きにして、それぞれの項目の横に簡単にエピソードなど、要点を押さえて分かりやすく書くことをオススメします。ただ、出来るだけ男性と会話が盛り上がるものを選んで記載するのは良いですが、あまりに男性目線を意識するあまり、嘘を書くのはダメです。

また、名前を記入する欄に本名を知られたくないばかりに、名字を書かず名前やニックネームを書かれる方もいらっしゃいますがあまり印象はよくありません。相手に失礼にもあたりますし、不信感も与えてしまいます。見る方によっては、この人本気じゃないんだろうなという考えにもさせますので、出来ればフルネームで書くのがベストです!

プロフィールシートは自分を映す鏡の様な物なので正直にありのまま書く事をオススメします!

4.好印象を与える話し方、聞き方

自己紹介タイムで話す内容も大切ですが、相手とのコミュニケーションを深めることも非常に大切です。

話すときには、相手にきちんと伝えようという意識を持ちましょう。相手の目を見て、はきはきと相手に聞こえるように話すことです。反対に、相手が話しているときは、ときどき相槌を打つなどのリアクションを取りながら聞きましょう。

相手の話をきちんと聞いています、興味を持っていますということをアピールすることができます。短い時間の中で相手の印象に残すためには、少しオーバーリアクションでもOKです。また相手の話に自分も当てはまると思えば、相手の話に乗っかるのも良いと思います!

自分の話ばかりをするのではなく、相手の話も聞くようにすることは、フリートークでも大切なことです。基本的なコミュニケーションの話だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、案外その基本的なことが大切になります。実際に多くの異性と話すことでコミュニケーションのコツが掴めてきて、スムーズな婚活ができるようになるはずなので、まずはたくさん話してみてください。

5.まとめ

自己紹介タイムに使用するプロフィールシートは、単に自己紹介をするだけのものではなく、限られた短い時間の中で自分をいかに相手にアピールし、意識してもらうことができるかどうかがかかっているとても重要なものです。自己紹介カードを書いた瞬間から新しい出会いが始まっているといっても過言ではありません。

難しく考える必要はなく、自分らしいプロフィールシートが書けるよう事前にしっかり準備し、自己紹介タイムの中で、あなたの人柄や相手にアピールしたいことがきちんんと伝わることが大切。限られた時間であなたを知ってもらうことが、出会いを次に繋げるための第一歩と考えましょう!

これらを踏まえて婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか?あなたに素敵な出会いがあります様に♪

関連記事一覧