魅力的な婚活プロフィールの書き方

婚活パーティーではプロフィールを書きます。

なぜプロフィールが重要なのでしょうか?

重要な理由は、以下の5つです。

  • 事前の自己紹介になるから
  • さりげなく自己アピールができるから
  • 後日会う時なども相手をイメージしやすいから
  • 希望条件を伝えられるから
  • 初対面のときの会話のネタになるから

さてここからはコツを12点上げてみましたので、是非抑えてみてくださいね。

1.趣味や休日の過ごし方は詳しく記載する

趣味、休日の過ごし方の欄は、あなたの人柄や価値観を見る上でも相手が自分との共通点や会話のネタを探す上でも重要な個所となります。

そのため趣味や休日の過ごし方を「映画鑑賞」「スポーツ」「食べ歩き」「料理」などと一言で片づけてはいけません

できるだけ具体的に、詳しく書くことを心がけましょう。たとえば趣味が「映画鑑賞」ならば、以下のように書くと相手にあなたのことがより詳しく伝わります。

2. 趣味や休日の過ごし方は異性にも共感されやすいものにする

婚活プロフィールの書き方のコツとして、趣味や休日の過ごし方は異性にも共感されやすいものにするということが挙げられます。

たとえば男性の場合、「競馬」「ゲーム」「囲碁」などは女性に理解されにくい趣味です。女性の場合は、「エステ」「メイク」「ネイル」「自分磨き」などは男性に共感されません

このように異性から理解されにくい、共感されにくい趣味は書かないほうが無難。男女関係なく楽しめそうな趣味、共感されそうな趣味を書くようにしましょう。

男女ともにウケが良い趣味は、「テニス」「フットサル」「ボルダリング」「登山」「トレッキング」などのスポーツやアウトドア系のもの。

女性は「料理」「お菓子作り」など家庭的な趣味が好印象を持たれやすいですが、苦手な場合は「料理が趣味! と言えるようになりたいため、現在料理教室に通って猛勉強中です!」などと書いて努力家なところをアピールするのもアリ。

3. 自分の性格は肯定的に書く

婚活プロフィールの書き方として、自分の性格は肯定的に書くということもコツです。

男女ともに好まれるのは、明るく朗らかな人、快活な人、穏やかな人。それらの特徴がある場合にはしっかりアピールしましょう。

4. 自己PR欄は真剣さを伝えるために必ず埋める

自己PR欄は真剣さを伝えるために必ず埋めるというのも、婚活プロフィールの書き方のポイントです。

自己PR欄は自分の魅力をアピールする場所。謙虚になる必要はありません。異性へ伝えたいことをしっかりPRしましょう。

とは言え、自己PR欄に何を書けばいいのかわからない・・・という方もいるでしょう。

婚活という場であることから、自己PR欄には婚活を始めたきっかけや理想のカップル像・夫婦像、結婚したい気持ちを真剣に書くことがおすすめです。

5. 相手への希望や要望は書きすぎない

婚活プロフィールの書き方のポイントとして、相手への希望や要望は書きすぎないことも挙げられます。

「どうしてもこういう人と結婚したい!」という希望があれば、それを書くことは大切です。

しかし「年収〇〇万円以上、公務員希望、長男ではない方、親との同居がない方、東京都内で生活できる方」など相手への希望や要望をいくつも書くと、わがままな印象を与えてしまい異性から敬遠されてしまう可能性があります。

プロフィールには「これだけは絶対に譲れない」という条件だけを書くようにして、結婚相談所であればあとの条件はスタッフへ伝えるようにしましょう。

6. 結婚観や理想の結婚欄では「共に」「一緒に」という言葉を入れる

結婚観や理想の結婚欄では「共に」「一緒に」という言葉を入れるのも、婚活プロフィールの書き方のポイントです。

たとえば「将来は共に支え合っていける家庭を築きたいです」「一緒に笑い合える楽しい家庭にしていきたいです」など。

「共に」「一緒に」「お互いに」などの言葉を入れることで、独りよがりなイメージを払拭することができます

相手も「共に」「一緒に」などの言葉があれば、あなたとの将来をイメージしやすくなるでしょう。

7. 自由記述欄を上手に使う

自由記述欄がある場合は、そこを上手に使うことも婚活プロフィールの書き方のコツ。

特に書くことがないからと言って埋めないのはもったいないです。

せっかく何を書いてもいい自由記述欄なのですから、ここも上手に使って自分をアピールしましょう。

たとえば絵が得意な方はイラストを描いてみる、「私が好きな〇〇ベスト3」などと書いて自分が好きな本や漫画、音楽、映画、食べ物などを紹介してみる、書く欄がなかったことを書いてみるなど有効に活用してください。

8. 全体的な文字数のバランスに気を配る

全体的な文字数のバランスに気を配るというのも、婚活プロフィールの書き方のコツ。

文字数に偏りがあったり文字の大きさにばらつきがあったりするとバランスが悪いので、それぞれの項目の文字数、文字の大きさが偏らないよう調整することも大切です。

また文字が斜めになっていたり文字の間隔が狭すぎたりすると読みにくくなり、すべてに目を通してもらえなくなる可能性もあるため注意しましょう。

9. 文字は丁寧に心を込めて書く

婚活プロフィールの書き方のポイントとして、文字は丁寧に心を込めて書くことも大切です。

もちろん字がきれいであるに越したことはないですが、字が下手でも文章が下手でも文字を丁寧に心を込めて書けば真剣さが伝わります。

適当に殴り書きのように書くのはやめましょう。一字一字、丁寧にできるだけ読みやすく書くことを心がけてください。

10. 数字をうまく活用する

婚活プロフィールの書き方のコツとして、数字をうまく活用するということも挙げられます。

特に男性は数字でイメージを明確にすることができるという特徴を持っているため、女性はなるべく数字を入れることを心がけてみましょう。

11. 記号やイラストを使って明るくポップな印象にする

婚活プロフィールの書き方として、記号やイラストを使って明るくポップな印象にするというのもコツです。

真面目に書こうとすればするほどプロフィールが硬くなってしまいます。そんな生真面目で硬い印象を軽く柔らかくするためには、「びっくりマーク(!)」やイラストを使うのが有効。

使いすぎるとゴチャゴチャしてうるさい印象になってしまうので、適度に使ってみましょう。イラストを描くのが得意な方は、それをアピールするいいチャンスにもなりますよ。

女性の場合であれば、顔文字を適度に入れてみるというのもおすすめです。ただし多用すると頭が悪そうに見えるので注意しましょう。

12. 嘘をつかず正直に書く

婚活プロフィールの書き方のポイントとして、嘘をつかず正直に書くことも大切です。

自分を良く見せようと思って、ついつい嘘を書いたり盛ってしまったりしたくなることもあると思いますが、嘘はいけません。

嘘を書いてプロフィールで好印象を持ってもらえたとしても、会ったときにその部分を突っ込まれて言葉が出ず、嘘がバレてしまうこともあります。

等身大の自分で勝負しましょう。

まとめ

婚活プロフィールは自分をアピールすることができる大切なもの。プロフィールで興味を持ってもらえるかどうかで今後の婚活の行方が決まると言っても過言ではありませんから、丁寧にしっかり書きましょう。

あなたの魅力が最大限に伝わる婚活プロフィールが完成しますように!

関連記事一覧