• デートテクニック
  • 婚活パーティー開催実績18年以上のホワイトキーが恋活・婚活テクニックについて記載した記事を集めてみました。

デート中の男性から好意をもたれる印象の高め方

突然ですがあなたは、気になる相手に、好意を持ってもらえている!と実感できていますか?

ホワイトキーのパーティーでカップルになった相手、連絡先を交換した相手、すでにデートの予定を立てている相手…など、気になる方との初めてのデート、そしてそこから交際にたどり着くまでのポイントについて今回は考えていきたいと思います。

なかなか加減の難しい服装や会話術についても、失敗例・成功例を挙げて説明していきます。また、デートに至る前段階、パーティーシーンからご紹介していきますので、ぜひこれからの婚活にお役立てください。

パーティーから初デートまで

ホワイトキーのパーティーでは”1対1の会話タイム”がありますが、一人当たりの自己アピール時間が3分から5分と短いケースが多いです。

その中でお互いに相手を選ぶ基準は、印象やルックス、プロフィールに記載されている条件のみになってしまうケースが多くなります。

パーティーによってはフリータイムなどの時間もありますが、実際には、女性からはなかなか話しかけにくいようです。いかに1対1の会話で相手に印象良く、インパクトを与えるかがポイントとなるでしょう。

容姿が良い方はそれだけで有利にはなりますが、なにもインパクトを与えるというのは派手な格好をしてベラベラしゃべるということではなく、話をした感じがすごく良く、笑顔で楽しいお話だったと好印象を与えることです。

会話の内容によって相手を褒めたり、謙虚でいること、ある程度相手に会話を合わせる、これらをいかにアピールできるかということが大事になります。

ホワイトキーのパーティーでは会話タイムのあと、中間印象を記入していただきます。

6名の好印象だった方の番号を書くことができるのですが、この”中間印象のカード”に自分の番号が書かれるように意識することが、まずは大切です。

好みのお相手でなくても手を抜かずに、感じ良く話しましょう。手を抜くとどこかでそういう人間性がでてくると私は思います。

その後はパーティーでカップルになった方や、連絡先を交換した方に、どのようにしてデートに誘ってもらえるかが重要です。

まずは、次の日あたりにLINEなどでお礼や挨拶から。「短い時間でしたが楽しかったです」というような、パーティーの感想をいれてみると自然に自分から連絡しやすいのではないでしょうか。

共通の趣味や話題から、デートに誘ってもらうのも一つの手段であると思います。

そしていよいよデートが決まったら!

1回目のデートで、二人のフィーリングや会話が本当に合うかを判断しなければなりません。そして見た目も条件も気に入った方だとしても、パーティーでカップルになれたからといって安心してはいけません。

「思っていた方と違いました」やその後音信不通になるケースも非常に多いです。

初デートの服装を考えてみましょう

服装選びのポイント

彼がどんな服装が好みなのか、情報が全く足りない初デート。決まったあとに、デートに着る服装に悩む女性は多いでしょう。デートの服装で失敗しないために、男性が好む服装選びをしてみてください。

<服装を選ぶ前に押さえておくこと>

1. 男性の心理を考える(パーティー時のお相手の服装も覚えておく

2. 時、所、場所(TPOを考える

3. 男性の「かわいい」と女性の「かわいい」は違うということ。自分がかわいいと思っても男性からはさほどそうでもないというケースも多い。

4. 春夏秋冬の季節に合った、ファッションを押さえる。

上記のことを頭にいれて次に実際にどのような服を着ていくかを決めましょう。

服装の成功例・失敗例

ホワイトキーでは、婚活パーティーで参加の男性に調査した、「女性に着てほしいと思うデートの服装」についてのまとめた統計があります。

<着てほしい>
・カジュアルなスカート
・シックでモノトーンのワンピース
・爽やかで清潔感のあるショートパンツ
・フェミニンなスカート
・白系の服

逆に、「初デート失敗例」についても統計をとりましたので、こちらも頭にいれておいてください。

<着て欲しくない>
・ボーイッシュ,ラフ
・相手の年齢に合わない服装
・個性的すぎる服装
・露出の多い服装
・似合わないトレンド
・全身ブランド品
・全身真っ黒な服装
・派手な服装

ワンピースは男性には人気のある服装ですが、中には自分の考えたデートプランにあてはまらない服装になってしまうので、避けて欲しかったという意見もあります。

デートコースについて、相手から少しでも情報が聞けそうなら、それに合った服装をするのも重要です。

食事デートではこんな話をしてみましょう

よくある初めてのデート内容として挙げられるのはやはり、食事デート。食事中は、いろいろとお互いに本性や相性が見えやすいシチュエーションでもあります。

食事デートでの会話マナーですが、お店をけなすのはマナー違反。どんなにひどいお店でも彼がチョイスした場所です。けなしてしまうと彼もガッガリして、時にはイラつくこともありますのでご注意を。

これは料理に対しても同じです。口にあわない料理でも文句を言わないのがマナー。

発言のボリュームですが、しゃべり倒しや無言はNG。お話と食事をバランスよく進めていくのがベスト。そして笑顔が鉄則。ニコニコと笑みを絶やさずお話をすれば一緒にいる彼も嬉しいはずです。

どんな会話をしたら良いのかわからない方は、せめて次の事項を押さえておきましょう!

<初デートが成功する「会話のネタ」>
・食べ物
・共通の趣味
・ペット
・出身地,地元ネタ

<初デートがうまくいかないケース>
・情が乏しい
・ネガティブ発言が多い
・プライドが高い

男性に好かれる話し方のポイント

好印象を持たれる女子は単に可愛い、美人の容姿だったり、話のネタが面白いというだけでは好印象を持ってもらうことができません。

話しやすさだったり、会話力、一緒にいるときの空気感や心地よさが重要です。ちょっとしたことを改善するだけで好印象になっていきますので、ぜひ意識してみてください。

自然な笑顔で相手の目を見て話す

ドライブなどでは、目を見て話すのは難しいと思いますが、せめて相手の横顔を時々見ながら話したり、食事や移動の際などには笑顔で話してみてください。初対面の方なので、緊張するとは思いますが少しくらいの緊張ならOKだと思います。

男性もそこが可愛いと思ってくれるはずです。話すスピードや言葉づかいも気にしながら、まずは話題を出して相手が聞きやすい話し方で進めましょう。話題は限りなくあります。

1つの話題から枝分かれしてどんどん出てきます。話すのが苦手の方は経験や訓練で克服できます。カップリングパーティーや会社の人、いろんな場所でとにかく話す練習をしましょう。初対面の人と話すのも良いトレーニングになります。

聞き上手になる

さりげなく質問をして、あとは聞き役に徹してみましょう。それが彼の興味のある内容であれば、楽しく話し始めるはずです。相手が楽しく話し始めたらチャンス。きっと相手にとってあなたとの会話はとても好印象なものになるはずです。

また、「えっと」「あのー」は会話からはずして、相手のことは名前で呼んでみましょう。「~さんは~」「~君は~」名前で呼ばれると男性も嬉しいと感じるはずです。

ただし、会話の語尾を伸ばす話し方は相手に「品がない」と思われますのでご注意を。

会話とは別の話になりますがスマホは見ないようにしましょう。話に集中できない気が散りそうなものは、会話中出さないようにするのが懸命です。

最後に

どんなテクニックよりも、相手を気遣う姿勢がいちばん大切です。デート当日、頭が真っ白になってしまったり、緊張で上手くいかないかもと思ったとしても、相手に誠実に向き合い思いやることで、次につながる出会いになるはずです。

是非、参考にしてみてください。

関連記事一覧