60代の恋愛について

いくつになっても、男は「男」女は「女」そんな言葉があるように、今の時代、シニア世代の恋愛が非常に熱いのをご存じでしたか?人を好きになる気持ちはいくつになってもあるモノです。年齢を問わず、恋愛は人生に彩りを与え、心に豊かさを与える素晴らしいモノですただ実際には歳をとるごとに恋愛に対して、だんだんと消極的になる人が多いですし、年代が高いシニア世代の人が、どんな恋愛をしているのか知りたい方もいると思います。そこで今回は「60代」にスポットを当てた「60代の恋愛」について、紐解いていこうと思います。

60代に恋愛は必要?60代はどんな世代?

そもそも、いくつになっても異性との付き合いは非常に大切です。自分とは違った視点に触れることができ、知らなかった情報を知ることができるからです。それがないと、思考の柔軟性が失われ、若々しさを保つことはできなくなると言われております。男性は定年退職し第一線から退き、女性は子供が成人し育児からも解放され、独身や既婚していた方も、ありとあらゆる縛りから自由になり、時間に余裕が生まれます。その反面、情報や人間関係の関わりが極端に減り、一気に老け込むというのが、まさにこの現象なのです。時間に余裕があるからこそ、第二の人生に目を向けるべきであり、異性に対しても意識を向けるだけで、若々しく生きていけるのです。恋愛を思う存分出来る年代、それが60代の世代なのです。

60代の恋愛傾向とは??

恋愛に消極的な人もいる中で、まだまだ現役!と恋愛に積極的な60代も多いのが実情です。先ほども述べました通り、年齢を問わず、恋愛は人生に彩りを与え、心に豊かさを与える素晴らしいモノです。素晴らしい異性に巡り会えば、毎日の生活が今以上に豊かになることは間違いありません。年齢を重ねているからこそ、ともに毎日を過ごすパートナーが必要であるともいえます。時間に余裕があるのでパートナーと一緒に過ごす時間も多く作れます。正直60代になると「このまま老いていくだけなのか、、、」「この先、恋愛することもなくこのまま死んでいくのか、、、」など、自ずと老いや、自分の死を考えてしまいますが、特に男性は「このまま人生を終わらせたくない!」「死ぬまでにもう一度ドキドキする恋がしたい!」と強く願う人が多いのです。新たに自分の居場所、第二の人生を求める人が恋愛に走る傾向が非常に多く見られます。自分に時間とお金もかけられる60代、残りの人生を十二分に楽しむ為にも、素敵なパートナーを見つけ、恋愛に目を向けていきましょう。

60代でも恋愛や結婚はできる??

今の時代、60代の恋愛や結婚は珍しくありません。ただ男性と女性とでは、若干、求めるモノに違いがあります。

男性は結婚願望が強い

60代の男性に結婚願望が強い傾向にある大きな理由として、年齢が高くなるにつれ、残りの人生を一緒に添い遂げる、信頼できる相手を求める傾向が強いからと言われております。特に男性は肉体的な繋がりを含めた結婚願望傾向です。寂しさを埋める以外にも、家事や世話をしてくれる相手が欲しい、そして、夜の営みを求めるために結婚を求める場合も多く「一生現役でありたい!」という性的欲求が恋愛から、そして結婚へと求めていくようです。その気持ちをより強くさせる理由としては「芸能ニュース」です。芸能界では、60代の男性芸能人が若い芸能人と交際したり結婚したり、世を驚かせる芸能ニュースを見る度に、世の60代男性達は、「羨ましいなぁー」「俺もまだイケるかも」と、前向きになるからです。もちろん芸能人より確率が低いとはいえ、一般人の方でも歳の差婚をされている方は少なくありません。男性には元々「子孫繁栄本能」があり「沢山の遺伝子を残したい」という本能が働きます。「一生現役!それこそが生きがい!」と考えている男性も多いのかもしれません。恋愛をすることで、気持ちも見た目も若返り、良いサイクルに入る傾向が多いです。自分磨きを怠らず行い、生活能力のある男性ならば、新しい恋愛にチャレンジできる可能性は十分にあります。また、若い頃は結婚や子供に関心が無かった人が、年齢を重ねていくうちに子供が欲しくなるという方も多くいます早くに結婚をした60代の同世代の中には孫ができている歳でもあり、そのような周りの環境、友人関係の環境に影響を受け「自分も子供が欲しい」と思い始める人も多いようです。

女性は恋愛願望が強い

男性は結婚願望が強い方が多い反面、女性は恋愛願望が強い傾向がります。恋愛はするけど結婚まではしない。という、結婚に消極的な方が多いようです。大きな理由として、女性は自分のことは自分で出来る方が多く、結婚をしなくても良い、一人暮らしも大丈夫。という方が比較的に多い傾向にあるからです。近年は熟年離婚も増加傾向、長年連れ添った夫婦の関係も、子供が独立したらもう責任は果たしたと切替え、女性は特に離婚を選択し、第二の人生を歩む方が多くなっています。結婚生活で苦労を経験した方であれば、尚更、もう一度独身に戻り、自由に生活をしたい、もう一度恋をしたいと考える女性が多くなっているのではないでしょうか。だからこそ、結婚ではなく恋愛までと線引きをし、恋愛願望が強い傾向にあると思われます。40代や50代の頃には、なかなか出来なかったことをこれからやろうと考える人は多いですし、何ごとも一緒に楽しめる人がいたほうが楽しさは倍増します。だからこそ、異性のパートナーを探し恋愛を始めるのです。20代や30代とは違い、ある程度人生を経験し、酸いも甘いも知り尽くした60代ですから、恋愛に求めるモノも必然的変わってきます。一緒に食事をするだけ、公園でお話しするだけ、手をつなぐだけ、そういう付き合いだけで十分満足できる、ピュアな恋愛が多いようです。

モテる60代とは??

では実際に恋愛をする60代の方はどんな人が多いのでしょうか。どんな60代がモテるのでしょうか。どの世代でも共通な恋愛テクやモテる術もありますが、60代には60代の要素があったりします。いろいろな恋愛観や恋愛的距離感がある中で、相手に好意を抱いてもらわなければ恋愛はスタートしませんので、まずは好まれやすい、モテる60代の特徴をいくつかご紹介していきます。

気持ちも見た目も若い

気持ちを若く保つというのは非常に大切です。それだけで見た目も変わってきます。現在の日本の平均寿命はなんと約83.98歳まで伸びています。今60歳ならあと約24年も生きることが可能となります。昔は60歳なら、おじいちゃん、おばあちゃんというイメージが強くありましたが、現代の60歳はまだまだ若い方が多く、自分を老人だなんて思っている人は非常に少ないと言われております。当然、気持ちも若い頃と一切変わっていないのが現状です。ファッションやメイクにも、しっかりと気を配る為、身だしなみにも気を抜いていない人が多いです。その意識、若くいるという意識が非常に大切であり、周りの人達へのアピールにも繋がります。そもそものあなたは「気持ちも見た目も若い」という認識をするべきでしょう。

仕事をしている

これは人により様々な事情が絡んでくるので難しい部分でもありますが、仕事ができない方や、退職してしまったという方も多い中、現代では60歳以降でも何かしらの仕事をしている60代の方は沢山いらっしゃいます。中には仕事をして一人暮らしをして自立をしている方もいます。パートでもアルバイトでも自営業でも、やはり仕事をしている方というのはとても魅力的です。

一生懸命仕事をしている、自分で独立している、一人暮らしで頑張っている姿は異性にとっても素敵に見えモテる要素の1つとして考えられます。

立ち姿が良い

やはり立ち姿が良いのはモテるポイントの1つです。猫背だったり姿勢が悪いと、例え見た目が若かったりしても、老けて見える悪い印象を与えかねません。姿勢も相手に与えるイメージに大きく影響することを意識して下さい。立ち姿、歩き姿、立ち振る舞い全て「姿勢」に意識してみましょう。

会話の話題が豊富

これは60代に限らずですが、話題が豊富な方というのは異性からモテます。どんな話でもついていけて、話を膨らませるスキルは持っていて損はありません。常日頃からアンテナを張り巡らせ、会話に役立つ情報を貯めておくべきでしょう。相手との共通の趣味や話題があれば、そこから話を膨らませ会話を弾ませられます。いつの時代も、どの世代も「この人と一緒にいて楽しい!一緒にいたい!」と思わせることが重要になってきます。特に若い頃と比べ、アクティブな事よりも「会話でのコミュニケーション」が大切になってきますので、まずは同じ趣味の人の中で気になる人を探してみてはいかがでしょうか?

お金の使い方に配慮できる

今の時代でも、デート代は男性が支払うのが当然で女性はお金を出さないのが当たりまえ。という考えが強い傾向にあります。確かに、仕事をしていた現役の頃なら理解もできますが、60歳になると定年退職をしていたり、年金暮らしになっていることも増えてきます。仕事をしている時に比べ、お金の使い方は変わってきます。現役の頃は男性のプライド、見栄などもありデート代を支払ってきましたが、60代ともなるとそうはいきません。デートはしたいけれど全額負担と言われると躊躇してしまうのが現状です。女性は金銭的な負担をかけないよう、男性に配慮できるかどうかがモテるポイントになります。男性は無理をせず、プライドを捨てて、最初から割り勘を要求するのではなく、段階を経てオープンに話し合う提案が出来るかがポイントになってきます。無理は長続きしませんので「好きだから良く思われたくて、今まで全部支払ってきたけど、正直、実はちょっとお金に無理してたんだ」と素直に言ってみたら「やだ、もっと早く言ってよ」なんて笑い話になるケースもあり、それをきっかけにより深い関係になることも多いようです。お金に関しては互いに配慮し、支払いにはストレスを溜めず、なんでもオープンに話す事ができ、そういうオープンな関係を築ける事がモテる秘訣になります。

過去の話をしない

これは男女共に共通していることですが、過去の話をしすぎると相手に嫌がられてしまうケースも少なくありません。60代にもなると、生きてきた今までの出来事や自分の考えを誰かに聞いてもらいたいと思うことがあります。場合によっては聞きたくなかった話や、考えの押しつけになってしまうので、過去の話しより、これからの将来の事や、今起こっている出来事の内容の話をすることがポイントになってきます。「前向きな人だな。この人といると楽しいな。」そう思わせる事が重要です。

ネットやパソコンに詳しい

今やパソコンやスマホを使えるのは当り前の時代になっています。シニア世代はこのようなパソコンやネット関係に弱く、非常に疎いというイメージが強く持たれています。しかしながら、恋愛を楽しむ人はネットにも詳しく、SNSも使いこなしています。インスタグラムや、フェイスブック、ゲームのサイトなどに登録し、出会いのチャンスをゲットする事はもちろんのこと、他のネットを利用しない60代に比べ圧倒的に「若い」印象を与えます。スカイプやLINEなども使いこなし、現代的なコミュニケーション方法を習得していますので、モテ度としては群を抜きます。まずは面白半分にネット関係に手を出してみるのも良いかもしれません。

60代の一般的な出会いの場とは?

歳を重ねていくごとに必然と交際範囲は狭くなり、人間関係も細くなっていきます。一般的な出会いの場となると、地元のイベントや近隣の交流などが考えられます。自然と行動範囲は狭くなる為、異性と出会う確率は非常に低いモノになります。やはり恋愛をしたいと一歩踏み出すならば、これまでの行動範囲になかったところに参加することで、新しい出会いを見つける必要があります。ではどのような場所が、新しい出会いの場となるのでしょうか。例えば、新しい習い事を始めてみるのも良いでしょう。習い事も十分出会いの場になります。同じ習い事をする仲間に良い人がいたり、そこで知り合った同性の知人に異性を紹介してもらったり、人脈で素敵な異性に知り合うことも有り得ます。まだ仕事をしている人であれば、職場のつながりも大いに期待できます。社内の人だけでなく、取引先の人など、思わぬところで良い人に出会う可能性もあります。また結婚を考えているならば婚活パーティーや結婚相談所を利用するのも良い出会いの場になるでしょう。そもそも異性の相手を求める人しか参加しない為、効率よく素敵な相手を見つけられます。シニア世代の企画婚活パーティーであれば、同世代で同じ環境の人が集まっており、婚活という目的も同じなので、気軽に遠慮せずに相手を探せます。結婚相談所については、より結婚を真剣に考えている方にはオススメです。今やどの世代でも対応する相談所も増えてきましたので、まずはカウンセラーに相談。いろんな事情を良く理解しているので、気軽に様々な相談ができ、自分に合った理想の相手を見つけることができるでしょう。

まとめ

今回は「60代の恋愛について」ということで、いろいろとご紹介させていただきました。冒頭で述べましたとおり、いくつになっても、男は「男」女は「女」なのです。恋愛はいくつになっもできます。若い頃とは違う価値観や恋愛的距離感で60代ならではの恋愛を是非楽しんでください。恋する気持ちを忘れずにいれば、自然と若々しくいられ結果、長生きにも繋がります。「人生は1度きり」です。後悔の無い人生を送れるように恋愛に対して抵抗のある方は、これを機にその1歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。その1歩の勇気を私は応援します。今回の記事があなたにとって、少しでも参考になれば幸いです。

またコミュニケーションなどでお悩みの場合は婚活パーティーのホワイトキーはセミナーも開催しております!ぜひチェックしてみてください★
婚活パーティー【White Key】https://whitekey.co.jp/
結婚のことまで真剣に考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュに相談してみて下さい。
結婚相談所【White Marriage】https://www.whitemarriage.jp/

記事:吉川

関連記事一覧