今だから知っておきたい結婚するメリットとは?

結婚の最大のメリットは、1人では達成できないことや1人では味わえない感動を二人なら叶え、分かち合えること。 1人で考えるより二人なら選択肢は広がり、家族が増えることで人生を豊かに感じるでしょう。
歳を重ねるごとに、絶対的な味方が傍にいるという安心感と考えますが、ですが男女それぞれでメリットは違います。そのことについて考えていきたいと思います。

男性が思う結婚のメリット

 仕事へのモチベーションが上がる

結婚し家庭を持つことで仕事のモチベーションがUPする男性は多いると思います。
いわゆる「一家の大黒柱」というポジションに付くことで、家族を養おうとする責任感が強くなるのです。
配偶者が出来ただけでも上がるのですから、子供ができればなお一層モチベーションは上がるでしょう。

出世に影響する(かもしれない。)

既婚か未婚かで出世が決まるわけではないのですが、結婚して家族をしっかり養っている男性は、経営者目線でみると仕事もしっかりしてくれそうで好印象に映ります。
一度も結婚経験がないと、同性愛か人格に問題ありと疑われる場合があり、下手をすればバツイチ男性より評価が下がる場合もあります。
このようなお話しはよく聞きます。実際は結婚をしていてもいなくても実際の仕事とは関係のない部分かとは思いますが会社側ではそのような判断をしている事もあるかと思います。
まさに、結婚をした事によるメリットだと考えられます。

健康管理をしてもらえる

男性だけというわけではありませんが、独身一人暮らしとなると食生活は乱れがちになるものです。
自炊しようにも、一人分だけを作るのって二人分作りよりも面倒なんですよね。
共働きだと家事も分担になりますが、食事の支度は女性が担う時も増えるので、食生活は改善するでしょう。
実際に独身の時と結婚後の食生活は段違いです。
また、生活のリズムも改善される方も多くいらっしゃると思います。

独身でいるより長生きできるかも

45歳~65歳の既婚者と未婚者では、未婚者のほうが死亡率が約2倍ほど高いというデータがあります。
独身よりも長生きできる理由としては「身体的側面」と「精神的側面」の2つの影響が挙げられます。
「身体的側面」に関しては、食生活が未婚男性比べ健康的な食品(野菜や魚や果物)の摂取量が多いデータもありました!
「精神的側面」は仕事をして帰った時に、相手がいる安心感やストレスの解消効果があることもわかっています。
長生きしたいという方は結婚したほうがメリットが大きいかもしれません。

女性が思う結婚のメリット

経済的な負担が減る

独身の場合、自分ひとりの収入で生活しなければなりませんが、結婚するとパートナーの収入とプラスになり経済的に楽になります。なかには、裕福に暮らしたいという理由で、男性の収入・生活力を重視して結婚を決められる方もいます。
(男性には大変な世の中かもしれません)

居場所ができる

パートナーがいれば、それなりには居場所ができます。ですが、結婚前の恋愛はとても不安定なものですので、別れが来てしまう事も・・・。
その点、結婚するということは法的に婚姻関係を結ぶということなので、自分の居場所ができるのです。

子供を産むことができる

結婚をしなくても子供を産むことは可能ですが、未婚の母の場合、社会から受ける偏見も多い事でしょうし、育児をしながら働かなければならないので、なにかと苦労が絶えない事だと思われます。
子供を産む事に関しては未婚よりも間違いなく結婚していたほうが安心して産み育てられると言えます。ただこちらのメリットは子供が欲しいと思われている方が思うメリットだとは思います。

将来の不安がなくなる

独身は自由気ままでよいものですが、自分ひとりの力で生きていかなければならないというプレッシャーがあります。
ですが、結婚をすることにより老後の不安などはある程度解消されることだと思います。たとえ病気にかかったとしてもパートナーに看病や介護をしてもらうこともできるでしょうし、仕事ができなくなって収入がなくなっても夫にパートナーに助けてもらう事も可能ではないでしょうか。

精神的なよりどころができる

一人で生活している時にはいろいろストレスを受けることも多いかと思います。
精神的に不安定になりやすかった女性であっても、「結婚してから不思議と気持ちが落ち着いた」というケースも少なくありません。
結婚してパートナーと一存在を得る事により、どんな時も味方になってくれる人がいるだけで気持ちも落ち着くのではないでしょうか。

世間から変な目で見られない

世間一般の方が思うある年齢に達したならば結婚するのが当たり前という考え方はもはや過去のものとは思いますが、未だに独身女性に対しての奇異の目を向ける方いるのが現実だと思います。
「いつになったら結婚するの?」「どうして結婚しないの? それともできないの?」などの失礼な質問にさらされて、嫌な思いをされている女性も少なくないかと思います。
そのようなプレッシャーやストレスから結婚をする事によりすべて解消されます。

人生のパートナーができる

一人でいるということは、自由であるということです。

好きなように生きられる反面、自分の行動や決断すべてに責任を負わなければならず、時に孤独を感じるものです。
結婚して人生をともに歩むパートナーができる事により一人で過ごしてきた時の喜びや楽しみは2倍に!!不安や苦しみは1/2になる人生に変わる事でしょう。

男女共通の結婚のメリット

好きな人と一緒に生活ができる

婚姻は、周囲にも正式なパートナーであることを認められることです。
好きな人と一緒にいられる、というだけでなく、恋人以上の深い絆で結ばれるようになります。
毎日同じ空間で生活することの安心感は、何にも代えがたいものです。
やはり好きな人と一緒に暮らせるのが幸せであり最大のメリットではないでしょうか。

社会的信用度が増す

日本に暮らしている以上確かに結婚は社会的信用にもなるしいろいろ手続きごととか全部、家族になっていたほうがスムーズだよね結婚はやっぱり紙切れ一枚の問題ではないと思う!
学校を出て社会人になり、自分が稼いだお金だけで生活することによって自分は一人前であると考えますよね!
その通りだと思いますがしかし、残念ながら現在の日本の社会では「家庭を持ってこそ一人前」という考え方が、まだまだ日本の上層部方々が占めています。家族に対する義務や責任を負っていることが、仕事を任せられるかどうかの社会的信用度に繋がっていくのです。

経済的な負担が減る

結婚して一緒に暮らすことによって、一人で暮らしている時より家賃や光熱費などがが抑えられる事ができます。
現在は、夫婦共稼ぎが当たり前になりつつあるので、収入が二人分になることも大きなポイントです。
一人で暮らしていた所より広い部屋に移ったり、一緒に暮らすことで水光熱費が上がったとしても、他の経費で抑えられることが多いので、結果、一人暮らしをしていた頃よりも暮らし易くなる事でしょう。
やり方次第では生活費を抑えられる事も可能でしょうし、今後、家族が増えた時などの出費に備える事も!!

人としての経験値が増える

結婚することによって新しい家族を得ます。今までの家族と違って自分たちが主体となる家族、子供が生まれれば、守られていた立場から守る立場になりますね。
結婚によって繋がる相手の親戚付き合いや子供関係の付き合い、家庭を持たなければ得られない経験値がたくさんあるのです。
子供関係の付き合いは、子供がいないと経験できない。

周囲のプレッシャーから解放される

女性なら30手前、男性なら40手前くらいまで独身でいると、「結婚はまだ?」と周囲がプレッシャーをかけてきます(特に親や親戚から)。
将来が心配だからというのは理解できるのですが、帰省するたびに言われていては実家に帰るのが憂鬱になってしまいますよね。
このプレッシャーは以外につらいと考えている方も多いと思います。そんなプレッシャーも結婚すれば、そう言った周囲の騒音は静かになります。

まとめ

今回は、メリットだけを伝えさせて頂きましたが、もちろんデメリットも男女それぞれ思う所があるかと思います。
ですが、そんなみんなが思うデメリットも含めて結婚してよかったと思えるお相手を探すことが大切なのではないでしょうか。
また、結婚して初めて得る事もたくさんあると思います。
是非、素敵なお相手を見つけてください。

ホワイトマリッジのWEBページを覗いてみてくださいね!(https://www.whitemarriage.jp/

そして、無料相談会、ちょっと聞いてみたいな、と思ってくださった方は、お電話(0570-085999)やWEBのフォームhttps://www.whitemarriage.jp/contact/)からお気軽にご連絡下さいませ。(

記事:ホワイトマリッジ札幌店 島

関連記事一覧