• 30代の婚活
  • 婚活適齢期といわれる30代は今最も多い婚活世代。そんな皆様に是非知って頂きたいコラム記事を集めてみました。

高望みしすぎな30代婚活女性が目指すべき婚活戦略

20代は恋に仕事に・・・自由に生きてきたが、30代になってふと気が付くと、周りの知人・友人の多くは結婚をして、それぞれの幸せを掴んでいた、なんてことはありませんか?

そんな状況に焦りを感じて、合コン、街コン、婚活パーティーに参加したとしても、すぐに良い結果にはつながりません。何が原因か分からないままに婚活を続けていても、スムーズに実を結ばないと、モチベーションを維持するのはなかなか難しくなります。

また、なんとか出会いが見つかっても、すぐには「これが理想の人!」や「これからもお付き合いしたい!」と思えることが少ないのはなぜなのでしょうか。

それは、相手に求める「理想が高すぎる(=高望みになっている)」ことに原因があるかもしれません。

長期戦になり、いわゆる「婚活疲れ」になる前に、高望みをしている方の特徴をここで一度チェックしてみましょう。もしあなたもこの特徴に当てはまるようであれば要チェック!婚活疲れのループにはまってしまう前にしっかり対策して、婚活が成功するように戦略の軌道修正を行いましょう。

1.ちょっと待った!自分から婚活の難易度を上げていない?

相手に求める理想の条件の中でも特に多いのが「見た目の良さ」と「収入の高さ」です。

理想の条件が高ければ高いほど、また数が多いほど、条件に合った異性と出会うことは難しく、出逢うことができても「もっといい人がいるのでは?」と思い込んでしまう傾向にあります。高望みをしている婚活中の30代女性には、この理想の条件において共通する点があります。

誰もが気にすることでもある「見た目」は良いに越したことはありませんが、普通以上のステータスとしてのレベルを求めてしまうと、それは理想ではなく、高望みというカテゴリとなってしまうこともあるのです。また、「収入」についても同様で、将来を見据えることができ、安定した生活が送れる経済力がある男性を選ぶことは間違ってはいませんが、望みすぎは出会いの可能性を低くしてしまいかねない、ということになります。

下記のようなイメージが、いわゆる高望みと言われる内容の例です。

「身長は180cm以上の高身長な綾野剛似のイケメンでエリート男性がいい★」
「年収は1,000万円以上じゃないとムリ!」

こういった条件に当てはまる方は世の中の絶対数としては少なく、婚活における理想の条件というよりは、婚活における”高望み”な条件と言えます。そういった男性はすでに結婚していたり、彼女がいたりなどパートナーがいることも多いはずで、なかなか自分の相手として出会える確率は低くなってきます。

この高望みの条件に固執していると、婚活が難しくなってしまうのは想像に難くないですね。

2.男性の視点で見る「高望み」な婚活の具体例

男性の視点で例えると「高望みが難しい理由」が分かりやすいかもしれません。

例えば、とある30代後半男性で「自分より10歳年下で、スタイルや容姿が良くて、ファッション感度が高いのはもちろん、料理もできて、性格は・・・」などなど、お相手に求める条件をたくさん出している方がいたとしましょう。

相手の魅力を知っているならともかく、婚活は初対面同士の出会いがメインなので、初対面の男性がそんなことを言おうものなら、あなたもきっと「いやいやいや、高望みしすぎじゃない?」と引いてしまうはず。これで、高望みのしすぎは、出会いが難しい理由がお分りいただけたかと思います。

こうなってしまうと、お互いのニーズがよほどマッチしない限り、理想の相手との出会いは望めないでしょう。

3.その理想は本当に必要?

高望みをしていると「完璧」に近い人を探し、気付かないうちに、出会った人の足りない部分やマイナスポイントを探してしまう負の連鎖状態に陥ります。自分の掲げる条件に全て当てはまる「完璧な人を求めている状態」のループを繰り返すことになってしまっているのです。

婚活中は、まずは多くの男性と出会うことが大事なので、せっかくのチャンスを自分から潰さないように、最初から「年収が少ないから・・・」とシャットアウトせず、条件を一度飲み込んで、たくさんの人と知り合い、話すことからスタートです。

すでに結婚した人たちの、相手を決める際の条件を聞いてみると、

「いつも見守ってくれる優しい人」
「頼れないところもあるけど尊敬できる人」
「不器用だけど、誠実な人」

など、相手の本質的な内面や人柄を答えるケースが多く、見た目や収入以上に結婚する上で、こういった点が実は大切な要素だと、考えてみる必要もあるのではないでしょうか。

4.婚活相手にのぞむべき本質的な条件探し

高望みになってしまう前に、もう一度、自分にとってどんな人と一緒なら幸せになれるのか、見た目や年収などは一旦置いておき、その他の視点でじっくり考えてみましょう。

例えば、温かい家庭を持ちたい場合は”家庭的で穏やかな方”というように「性格」をよく観察したり、たくさん一緒にお出かけしたいと考えるなら、一緒に楽しめる共通の「趣味」の項目にも着目したり・・・どんな結婚生活を送りたいかイメージしながら、相手と接してみましょう。

結婚後は、相手と一緒に生活することになり、楽しいことだけではなく、あらゆる困難も共に乗り越えて行かなければなりません。よって、見た目や年収がいくら良くても価値観が違ったり、性格の不一致があると乗り越えることすらできないかもしれません。あなたがパートナーの力を必要とした時、どんな風にサポートしてくれる相手なのか、しっかり見極めましょう。

5.適切な理想の設定は出会える男性の数を増やす

高望みをしている人は、先ほどから言っているように「見た目」と「年収」の条件が高すぎる可能性があるので、この2点の条件のレベルを一度下げてみる、あるいは、なくしてみると出会いの数が増えるかもしれません。そのハードルを少し下げるだけで、素敵な人と出会える可能性やタイミングは必然と高まります。

出会いの絶対数を絞りすぎる条件を外す(見た目や年収など)

本質的に重要なその他の要素(性格・趣味など)に着目する

窓口が広がる

出会いの数が増える

出会いの数を増やすにあたっては、弊社でも全国各地で婚活パーティーを開催しております。様々なタイプの婚活パーティーをご用意しておりますので、是非一度ご覧下さい。

https://whitekey.co.jp/

6.まとめ

「見た目はそこまでタイプではないけど気づいたら、人柄に惹かれていった」
「理想の年収には届かないけど、時間を過ごしているうちに安心感を覚え、一緒にいたいと思えるようになった」

など、見た目や年収が自分の理想でなかったとしても、気が付いたら相手を好きになっていくパターンは意外と多いものです。高望みをやめ、相手の性格や人柄にも注目すれば、今までより簡単に婚活が成功するかもしれません。

すでに出会っているあの人や、次に出会う人が、実はあなたにとって最良のパートナーになる可能性もあるかもしれませんね。

関連記事一覧