• 婚活トラブル
  • 恋愛には悩みやトラブルは付き物。婚活に関する悩みやトラブルについて記載したコラム記事です。

婚活パーティーって実際どうなの?実態に迫ってみた

そもそも婚活パーティーとは

婚活パーティーとは、将来のパートナーや恋人との出逢いを求める男女が1人つの会場に集まり、相手のプロフィールを見ながら会話をすることで、交際相手を見つけることを指します。

「異業種交流会」や「合コン」などのように、好きな相手や気になる相手だけに自由に声をかけるパーティーとは違い、『自己紹介タイム』を必ず設け、異性の方1人1人と一定の時間お話しする時間が作られています。参加者の人気に関係なく自己紹介の時間をしっかり設けることにより、参加者の方全員と平等に向き合えるようになっているのです。

婚活パーティーでは、同じ意識をもった異性の方と一度にたくさん出逢える事と、ご本人さま確認を徹底しているため、特に女性側からしたら安心して参加することができます。希望の年齢の方、年収500万円以上の方、公務員限定や、高身長など、希望のパーティーを選び参加することで、理想の方との出逢いを実現しています。

また、婚活パーティーには必ず司会者がおり、その進行によってパーティーが進むのでスムーズにパーティーが進みます

婚活パーティー参加者の構成

女性の性格上、予定を決めてその日に前もって申込みする女性が多い傾向にありますが、男性はその日にスケジュールを決める方や、会社帰りに参加を決めたりする方が多いため、男女比というものが出てきます。

例をあげると雨が降ると申し込みをやめるのが男性。予定通り傘を指してでも参加するのが女性という感じです。現在、年齢層にもよりますが、女性が婚活に積極的で余る傾向にあり、男性の方が比較的少ない傾向にあります。

多くの婚活パーティーで、女性には職業などの条件はなく独身であれば参加ができます。しかし男性の場合は大卒、公務員、会社経営者、大手企業、外資系企業、商社、マスコミ関係、年収500万円以上など条件があるため、参加してみたいと気になってはいても、条件に満たないからと参加をあきらめてしまう男性が多い傾向にあります。

婚活パーティーに参加している方々の職業を調査すると、男性は『会社員』がダントツです。
業種で見ていくと、1位は大企業が多い「製造・メーカー」、2位は安定した職業の「公務員」、3位は忙しいけれど高収入が多い「IT関連」という結果が出ました。婚活女性から人気のある公務員など、安定した職業や高収入で経済力もある男性が積極的に参加していることが分かります。

一方、女性はOLから看護師、保育士、サービス業など様々です。
業種別でみていくと、1位は「企画・経理・事務」、2位は笑顔やセンスが良い女性が多い「販売・サービス関連」、3位は看護師や美容師など人気職業が多い「美容・医療・福祉関係」という結果が出ました。女性が多い業界で働く人達なので、異性との出逢いを求めて参加しているのかもしれません。

男女別の参加目的の違い

一言で言うと、男性は新しい出逢いのチャンスを求める傾向にあり、女性は理想の恋人や結婚相手を探している傾向にあります。
理由も添えつつ、具体的に説明していきましょう。

男性は
・職場に女性がいないので恋愛のチャンスがない
・仕事が多忙すぎて女性と知り合う機会が少ない
・職場以外の場所で普段知り合えないタイプの女性と出会いたい
…など、理由があります。

女性は、
・結婚までには時間がかかるから早めに活動している
・職場には既婚者ばかりで恋愛対象になる相手がいない
・趣味や価値観が一緒の人を探しているから
…などの理由があります。

男女ともに「異性と知り合う機会がない」というのが婚活パーティーに参加したきっかけというパターンが多いようです。友達同士の交流も年齢が上がるにつれて決まった顔ぶれになりがちで、初対面の人と出逢う確率がぐっと減ってしまいます。

婚活パーティーに参加した方の声を聞いてみると、保育士や看護師さんなど職場では知り合えないような女性と話ができて新鮮と思う男性や、新しい交流が始まって楽しいという女性など様々です。カップルになれなくても同性の友人ができた、という声もあります。また、趣味コンのような同じ趣味の人や話しやすい年齢の異性と確実に出逢えるといったメリットも大きいようです。

簡単に「出会える」ものなの?

例えば、頑張って勉強したとしても誰でも志望校に合格できるわけではありません。でも勉強しないと入れないのは分かり切っています。

婚活も同じです。結婚したいと思うのなら出逢いが多いであろう場所に行く必要があります。また、その場所へ行ったからといって必ず結婚できるわけでもありません。

良いと思った人がちょっと前に決まってしまったなど、タイミング的な要素もあります。婚活して結婚できるかどうかは分からないけれど、可能性を高めるのには出逢いの機会を多くすることが有効です。

昔のように政略結婚で結婚させられる時代はとっくに終わり、出逢いを求める人が参加できるパーティーがたくさんあります。結婚相談所や、マッチングアプリも増え、出逢いの機会やチャンスもたくさんあります。インターネットで、異性のプロフィールを見ることもできるマッチングアプリについては24時間いつでも自分の都合で婚活できる時代になりました。

婚活の種類も様々です。パーティーにたくさん参加してちょっと「婚活疲れ」になってしまったら、マッチングアプリなどを利用してもいいかもしれません。自分のプロフィールや写真などを見て、自分に好意を持ってくれる人が見つかるかも!?しれません。

ネット婚活に疲れたら、気分転換にパーティーに参加してみても、そこに出逢いが見つかるかもしれません。今すぐにでも結婚をしたい!と相手も真剣な方を探しているなら結婚相談所に行くこともできます。

どちらにしろ、初対面を増やさなければ出逢うことはできません。とにかく自分から出逢いの多いところに足を運ばないと、新しい出逢いなんてつかめるはずがありません。婚活の現実を突きつけられ、時には傷つくこともあるかもしれません。けれど、今やらないで後悔するより、どんなに今傷ついても、やって後悔する方がずっといいはずです。

受験の時だって、就職の時だって必死で頑張ってきた皆様!婚活も同じです。当時と同じ熱意を婚活で発揮したら結果はついてくるはずです。

婚活に成功するには

婚活で成功する人としない人の違いとは一体なんなのでしょうか?人並のルックスはあるし、性格ブスというわけではないと思うのになかなか運命の人と出会えない…なぜ!?と不思議に思うこともあるでしょう。

実は婚活がうまくいかない人にはある特徴があります。その1つに「理想が高すぎる」ことがあげられます。パートナー探しにあたり様々な条件を考えるのは大事なことですが、それに固執しすぎてもなかなか婚活がうまくいかなくなってしまうかもしれません。

理想を掲げるとどうしても人を見るときに減点法になってしまい、「これもダメ、あれもダメ」とマイナス点ばかりが目に付いてしまいます。自分の希望全てを叶えてくれる完璧な人間などそうそう見つかるものではありませんから、理想を追い求めつつも相手の良いところを見ることも重要です。

婚活に成功する人の特徴として「相手の良いところを見つけられる」ことがあげられます。人間誰でも長所と短所がありますから、長所を探していけば「実は良い人かも!」と相手を見直す機会ができるかもしれません。

減点法ではなく加点法で相手を見ることでチャンスが広がる可能性は十分にあるでしょう。「妥協」したからこそ、成功した例もたくさんあります。

妥協できない?婚活疲れのあなたに教える「妥協」の方法

婚活で成功したある女性が心がけていたことは「自分の大切に考える条件を3つに絞ったこと。あれもこれもと欲張らず、自分が大切にしている部分を備えた人を探したそうです。美男とも言えないし髪の毛もさみしいけれど、浮気はしないし仕事に真面目で家族を大切にしてくれている。ご結婚された男性は、正にこの女性が絞った条件に当てはまっていたんですね。外見だけではなく、内面をしっかり見て相手と向き合い、自分が信用できる相手を探すことも大切です。

多様な婚活パーティー

婚活パーティーには様々なスタイルがあり、自分のに合ったスタイルを選んで参加できます。

個室パーティー 周りの目を気にすることなく相手とふたりきりで会話をして向き合う事ができます。

合コン型 格式ばった感じではなく、最初から料理やお酒などを飲み、ラフな感じで楽しみたいという方にはオススメです。

趣味コン 料理やウォーキング・アニメ・ゲームなど共通の趣味を持った方と実際に趣味を楽しみながら知り合いたい方にオススメです。

ツアー参加型 観光バスで一日ツアーに参加して様々な場所に行き楽しみながら出逢いを楽しむ事ができます。

その他、パーティーの種類は実にたくさんあります。アルコールや飲食を食べながらフリータイムを楽しむパーティーや、ペアシート形式で横並びにお話するパーティー、対面式でお話しするパーティー、最近では、動物を飼っている人同士を集めたパーティーや猫カフェなどでの開催、実に様々なパーティーが開催されています。

晩婚化が進んでいる時代ですが、結婚したい方々のために、たくさんの会社が多種多様な婚活パーティーでサポートしています。

関連記事一覧