「低年収は結婚できない説」を斬る!

結婚したいけど年収に自信が無い。そんな男性が年々増加しているように思います。少子高齢化が進み、婚姻数も全盛期に比べ減少してきている昨今。結婚できない・しない理由の上位に食い込む「お金がないので結婚できない」問題。そして、女性が結婚相手を選ぶうえで「年収」を加味する現実。

しかし、自分が低年収だからと結婚を諦めるのはまだ早いのです!今回はそのあたりを実例を交えてお話していこうと思います。

まずは平均年収を知ろう!

果たして自分は本当に低年収なのでしょうか?まずは日本の平均年収について知っていきましょう!

令和1年平均年収は436万円

国税庁調べの令和元年給与実際統計によると、平均年収は436万円のようです。この数字より上だと平均年収より上ということですね。(当たり前)

しかし、ただ平均年収と自分の年収を比べてもあまり意味はありません。この統計は億万長者から新社会人まで幅広い、就労中の皆様の年収を平均としています。自分の性別、年代、居住地などの条件でまた変わってきますので、以下細かいですが、他の条件から見た平均詳細を記載いたします。

男女別平均年収

まずは男女別の年収です。

  • 男性:540万円
  • 女性:296万円

男女で約244万円の差がありますね。

年代別平均年収

年代別平均年収です。

  • 20~24歳:263万9,000円
  • 25~29歳:369万4,000円
  • 30~34歳:409万9,000円
  • 35~39歳:444万8,000円
  • 40~44歳:476万1,000円
  • 45~49歳:499万3,000円
  • 50~54歳:524万5,000円
  • 55~59歳:518万4,000円
  • 60~64歳:410万7,000円

年収が一番高くなるのが50~54歳、平均年収436万円に一番近い年代は35~39歳のようですね。

地域別

日本全国地域別の平均年収です。

  • 札幌 : 383万8千円
  • 仙台:  357万円
  • 関東信越 :393万1千円
  • 東京: 501万6千円
  • 金沢 :386万1千円
  • 名古屋 :439万8千円
  • 大阪 :438万1千円
  • 広島: 387万9千円
  • 高松 :366万3千円
  • 福岡:384万7千円
  • 熊本: 365万3千円
  • 沖縄 :348万7千円

一番平均が高い地域が東京都の501万円、一番低いところが沖縄県の348万円、その差は153万円です。平均年収に近い地域が大阪府の438万円ですね。

全体の平均ではなく、自分の状況に対応した平均で考えて下さい

以上のことから、ただ単に日本の平均年収と自分の年収を比べてしまっても意味がないことにお気づき頂けると思います。

例えば「28歳で札幌在住」ですと、「25~29歳の平均年収:369万4,000円」、「札幌の平均年収:383万8,000円」から適正な平均を導き出さないと、実態とは違う全国平均436万円という、高い設定の目標で一喜一憂する結果になってしまいます。

平均年収と自分の年収を比べたい場合には自分の条件に合った数字で比較して頂ければと思います。適正な数値で比較をすると、そう悲観的なものでもないはずです。詳しい実態調査は国税庁のデータを参照してみてくださいね。

出典:国税庁|「民間給与実態統計調査」https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2019/minkan.htm

女性が相手に求める年収は?

さて、前項で平均年収について説明させて頂いたので、ご自身の年収がどのような位置関係にあるのかがおわかり頂けたかと思います。

ここで女性が求める条件について知っていきましょう。20~30代独身女性500名に対するアンケートでは下記のような結果が出ています。

【結婚相手に求める年収額は?】
第1位:500万円以上600万円未満 24.8%
第2位:400万円以上500万円未満 23.6%
第3位:300万円以上400万円未満 19.4%
第4位:600万円以上700万円未満 11.6%
第5位:200万円以上300万円未満  7.4%

え、500~600万円って平均年収超え……?と思うかもしれません。女性も世の中の平均年収をあまり勉強しておらず、なんとなく500万円くらいあれば…と考えている方も多いのでこの結果が出ているのだと思います。年収400万円以上希望の女性がこの結果から約60%存在することがわかりますね。

貯蓄額は?

ちなみに、貯蓄はどれくらいが希望かも掲載いたします。

【結婚相手に求める預金額は?】
1位:300万円以上500万円未満  27.8%
2位:100万円以上300万円未満  27.2%
3位:500万円以上800万円未満  17.0%
4位:50万円以上100万円未満   10.6%
5位:800万円以上1,000万円未満  7.0%

300~500万、100~300万円が僅差ですね。結婚を考えるなら貯蓄も少なからずしていたほうが良いと思える結果ですね。

おまけ:ギャンブルで借金が500万ある人と結婚する?しない?

答えを見る前になんとなく想像はつくとは思いますが、このあたりも結構重要ですので、掲載しますね!

  • 結婚する:3.2%
  • 結婚しない:96.8%

圧倒的でわかりやすいですね。結婚したいならギャンブルで借金しないことが必須条件ですね。

■出典:株式会社タンタカ|結婚したら財布は別々?結婚相手の希望年収・預金額は?【20代30代 独身女性500人調査】https://kyodonewsprwire.jp/release/202102080772

実際のところは?300万円の分かれ道

前項であれやこれやと書きましたがこれは統計上、アンケートのお話です。実際に婚活現場で様々な女性にお話を伺うと、そりゃ年収は多ければ多いほど良いけど、正直相手によるというお話もよく伺います。

自分の年収より男性には少しだけ稼いでいて欲しいという願望もあるそうで、様々な方のお話を統合すると年収300万円が大きな分かれ道になるように感じられます。

年収300万円以下の人はどうすれば?

さて、本題です。年収300万円以下の方はどうすれば結婚相手が見つかるのでしょうか。年収を手っ取り早く上げて下さい!なんて言われてもこの不況の中、そうそうすぐに年収がアップするわけでもありません。

では一体どうやって結婚すればよいのか。年収という比較されやすい数値から遠いアプローチ方法で婚活をすればよいのです。

自然な出会いからの交際の場合には年収は重要視されにくい

学生時代からの自然な流れ、職場内や、なにかのタイミングでのご縁からお互いの人間性を知り、交際に発展して行く場合には、必ずしも年収は重視されないようです。自然な出会いが生まれそうな時にはチャンスを逃さず、相手の事も尊重しながら積極的にアピールしてみてください。

マッチングアプリも年収はやはり見られている

人間関係がまったくない、初対面の出会いの場合には、数値で見られてしまいがちです。マッチングアプリも年収や見た目から判断して行くという方が多いそうです。ですので、主力の婚活方法として使うことはあまりおすすめできません。何か別の婚活方法と併用して利用してください。

友人や知り合い紹介なら年収は必須ではない

婚活をして知り合う方法の中でも「人からの紹介」はとても心強い味方です。顔の広い友人や世話焼きな知り合いが身近にいればまずはあなたの人柄を相手にすすめてくれますし、何かあった時にも相手を説得してくれる橋渡しになってくれるかもしれません。年収についてもきっとフォローを入れてくれるはずです。人に頼るのが苦でなければ、素直に結婚相手を探していると知り合いに相談してみると良いでしょう。

結婚相談所の仲人に相談してみる

最初はハードルが高く感じるかもしれませんが、これが結構有効な一手だったりします。結婚相談所の仲人は様々な婚活中の男女の赤裸々なプロフィールを見てきています。どの仲人に話を聞いても年収300万円以下だから結婚できないとは誰も言わないでしょう。

むしろ、年収を気にしない異性の情報も知っている可能性がありますし、実際に結婚できた方々の話も聞くことができるので、きっと勇気がもらえ、自信に繋がると思います。

自信をもつということはとても重要で、相対的に誰かと比べ続けても良いことなんて一つもないというのが私の考えですが、本当に自分に自信を持つことができると、自分の考えで行動をすることができ、結果望んだ未来に繋がる事も多いと思います。

共働き夫婦のメリット

最近の女性は専業主婦希望の方より共働き希望の方が多いです。生活の為もありますが、仕事を楽しんでいる方も結構増えているのです。好きで仕事をしている方もかなり多いのですよ。ですので、男性ひとりで家計を支えるという考えは捨ててしまっても良いかもしれません。

女性も最初から男性の年収がわかっていれば、このくらい自分で働いて稼げば安泰で、どれくらい何にお金を掛けるか、自分の手持ちのお金から最善の手を考えたりします。大変そうに見えるかもしれませんが、楽しもうと思えば楽しめるものです。

節約・貯蓄の意識が高まる

湯水のようにお金が湧き出ないなら無駄遣いを減らし、有事に備えた貯蓄もしようという意識が生まれるはずです。この心がけは本当に大事なもので、一人では心くじけることもあるかもしれませんが、二人で支えあえればきっと思ったよりも楽しんで家計のやりくりができるはずです。

税金の面で優遇がある

結婚すると2人以上の世帯になりますよね。世の中の奥様たちからよく聞くパートで年収を何万円以内におさえている、というアレは「配偶者控除や配偶者特別控除」というものです。年収が201万円以内の場合、旦那様の税金の一部が控除(給与収入1120万円以下で適用)となり、税金が安くなります。旦那様が一馬力で頑張って働くより、奥様も少し働き、税金で引かれてしまう金額を減らし、賢く生活していけると思います。

公的支援や年金UPも

年収が低いから…と子供をあきらめるのはまだ早いです。少子化対策の一環で子育て支援は意外と充実しているのが日本。「出産育児一時金、出産手当金、育児休業給付金、児童手当
、医療費助成などなど」実は様々な支援があるのです。
年金額も配偶者や子供がいれば増える場合もあります。

漠然と不安になる前に、色々調べて行動あるのみ!

以上のことから、意外となんとかなるのが結婚後の生活です。夫婦で金銭的にも支え合えますし、なにより、自分のためだけではなく、誰かのために行動するということは生きる力にも繋がります。

実際に結婚できた年収約200万円の男性

これはわたくしが担当していた結婚相談所に登録していた20代後半男性のお話です。

  • サービス業の正社員
  • 20代後半
  • 年収約200万円
  • ぽっちゃり系
  • 女性とお付き合いしたことが無い

上記が男性のプロフィール概要です。この情報だけ見ると、難しいのでは?と思うかもしれません。私も彼から年収が190万円代の所得証明を提出頂いた時、女性にはお人柄を見て頂く方向だなと思いました。

活動中に長時間勤務の夜勤もありのお仕事で、とてもキツそうにしていたので、失礼ながらも転職を勧めた事もありました。ただ、その男性は今の仕事を続けたい、数年後にはステップアップできるように頑張るという意志がとても強く、その気持は無碍に出来ないと思い、年収が200万ない状況で婚活を続けていきました。

活動1年経過

結婚相談所登録から1年が経過し、お見合いは何度か出来ていたのですが、女性とお付き合いしたことがなく、話すことも苦手な方だったので初期の頃は交際になっても続かず、その都度お話の練習やデートの練習をしていました。

少しぽっちゃり体型の方だったのでお金を掛けずにできるダイエットも一緒に頑張りました。デート用のファッションも一緒にユニクロなどに買いに行き、これから来る交際に向け頑張って頂きました。

活動2年目で経過、ご成婚

2年程が経過し、年収も以前より少しだけ上げてもらえたようで丁度200万円程になりました。彼も以前より女性と話せるようになり、苦手だったLINEも使いこなせるほどに成長。そして、運命のお見合い相手がやってきたのです。

彼女は少し年下の女性で、英語も話せるグローバルな才女でした。彼の素直で誠実な人柄をお伝えし、お見合いとなり、見事交際に繋がりました。今までの失敗の経験を彼もフルに活用してくださり、マメに連絡をとり、楽しいデートプランをたて、彼女と一緒に楽しい時間を過ごしたようです。デートの時の思い出の品や自撮り写真まで私に自慢する程になり、交際から3ヶ月ほどで成婚退会に至りました。

その時の彼の年収は平均年収よりもかなり低かったですが、彼と一緒に成婚報告に来てくれた彼女とのイチャつきっぷりといえばすごかったです。幸せオーラ全開というか、幸せです!という表情をお二人共浮かべていました。私も雛鳥が成長して飛び立っていったような心持ちで祝福いたしました。

彼女に彼との成婚を決めたポイントを伺ったところ、一緒にいて楽しい所や優しい所、誠実で素直で真面目なところが良いとおっしゃっていて、やはり大事なのはお人柄、そう思いました。彼の成婚できたポイントはその優しく誠実なお人柄もそうですが、素直に自分の悪いところを受け入れ、改善していく努力をしていた所だと私は思います。

結局の所

年収が低くても結婚はできます。(ズバッ!←ぶった切った音)

結婚するにはもちろんお金が多いに越した事はありません。ただ、様々な公的な支援もありますのでそう悲観しなくて良い、ということです。人の幸せは収入だけでは図り切れないものです。身の丈にあった生活をしていけるパートナーが見つかれば、無理に背伸びをしなくても幸せに生活していけます。また、パートナーができたことにより心身ともに安定し、年収が上がる可能性もあります。

億万長者でも借金まみれで稼ぐ以上に出ていくお金が多ければいずれ破滅してしまいます。また、人間の欲は際限がないもので、上を見ればキリがありません。是非自分が幸せになれ、相手や身の回りの人々も幸せになれるような結果を目指して頂ければと思います。

あなたのチャームポイントやセールスポイントを押してくれる味方が欲しくなった時には、是非ホワイトマリッジ(WEBページ→https://www.whitemarriage.jp/)へお越しくださいませ。

記事:ホワイトマリッジ佐藤

関連記事一覧