魅力のない美男子は案外狙い目?

皆さんも「一度は容姿端麗な男性と付き合ってみたい」と思ったことはありませんか?だからといってその方と必ずうまくいくとも限りませんよね。

今回はそんな貴方に、眉目秀麗の美男子でも「影が薄く埋もれてしまっている美男子」を落とすテクニックをお伝えしていきます。ご自身の次の恋愛のご参考になればと思います。

美男子だけれど魅力を感じない男性の特徴

容姿は眉目秀麗なのにどうにも自分に自信が無いタイプの男性達がいらっしゃるのはご存知でしょうか?

見た目は二枚目で、女性からの第一印象は良いのです。ですが、仲良くなりお互いを知っていく内に、どうにも男らしくなかったり低迷していたりと彼の足りない部分に気づくこともあるでしょう。実は、これがチャンスなのです。

まず彼の中身を深く知っていきましょう。そしてとびきりの笑顔で「私はあなたの中身が知りたい」という気持ちを持ってゆっくり話を聞くのです。そうすると、美男子といっても自分に自信のない部分もある男性なので、芯のある女性の発言には心を撃たれていきます。

しかしながら、自信がない故に極端な発言を嫌う男性もいるようです。こちらは優しく話を聞く姿勢が大切なのです。ゆっくりと構えて信頼関係を築いていく事が必要です。

一言で括りきれない様々なタイプの美男子

美男子と一言で括ろうとしても、人間ですから様々なタイプがいます。

空気が読めない

  • 「空気が読めない、自分のことをカッコいいと自覚しすぎている」
  • 「空気が読めなかったり、自己中なところがある」

周りの空気が読めないと、一人で浮いてしまいますよね。いくらイケメンでも、それだと魅力的ではないのかもしれません。

自己中心的

  • 「自己中心的な言動や、周りに配慮できない性格か、またはイケメンは近寄り難いイメージなのでアプローチがしづらい」
  • 「自己中心的で自分が一番でないと気がすまない」

ナルシスト

  • 「ナルシストすぎて、相手のことを思いやられず自分の事ばかり気にする」
  • 「ナルシストで自分勝手な人。相手のことを全く考えてくれなさそう」

ナルシストは女性に嫌われてしまう傾向にあります。もしかするとナルシストな気質のせいでモテない、ということも考えられそうです。何ごとも自己中心的な振る舞いのイケメンは魅力的に映らないのも納得ですよね。付き合っても、全て自分中心に振り回されそうです。

なぜか惜しい美男子

清潔感がない

イケメンなのになぜか「惜しい」と言われる男性は、清潔感に欠けていることが多いのではないでしょうか?清潔感の無い男性とは、服装がだらしなかったり、髪の毛が手入れされていない、肌のケアを怠っているなど、垢抜けない男性のことを指します。

例えば、髪の毛を整えず寝癖がついていたり、服装にこだわりがなく常に普段着のような格好だったり。このような男性は一般的に言われる「素敵な男性」とは違った印象を受けます。容姿端麗でも手入れをしていない「清潔感がない男性」は女性から魅力的に映りません。

恋愛に対してさほど興味がなく、ケアを怠ってしまっている男性も多いようです。恋愛したいと思っていない男性は、出かける前の服装選びを意識的にする必要もないので、だらしない格好になりがちで、ヘアスタイリングや肌ケアにも意識していません。

「顔立ちは整っているのに勿体ないな」と感じる男性がいたら、その男性はまさに「惜しい男性」といえるかもしれません。清潔感を感じさせない男性は、女性に嫌悪感を抱かせてしまい好感を持たれないことがほとんどでしょう。顔がイケメンだからこそ、より周りが抱く残念度が高いのかもしれませんね。

人見知り

同じイケメンでも人見知りのイケメンタイプもいるのです。こちらの場合は人見知りな性格という事もありなかなか心を開くまでに時間がかかります。

彼らが大切にするものは、信頼関係。こちらの男性もやはり自分の事を分かってくれる女を好むようです。またこのタイプは女性で嫌な目にあってる方も少なくありませんので、時間がかかり一筋縄で行かないこともあるようです。

冷淡でドライな性格のイケメンタイプもおり、こちらの場合は仲良くなると甘えてきたりもしますが、自分が魅力的に見られる事に飽き飽きしている方も多く、おおらかな態度で時間をかけて接する事が必要です。決して途中で諦めずに長く細々と連絡を取る事が必要です。

容姿端麗のためか、時代錯誤のファッションやスタイルを貫く男性もいらっしゃるようです。こちらもやはり女性からの視線は冷ややかなものとなるようです。自分磨きをしなくてもやはり集まってきてしまうからでしょうね。

美男子なのに女性から支持を得ない理由

彼らが輝けない理由のひとつとして、遊びに思われる場合が多かったり、マイペースな人が多い場合等が挙げられるでしょう。

  • 「容姿端麗の美男子だけど、とにかくぬけぬけでマイペースだったので、少々うんざりしてしまった。お互いの話のテンポも考えないから一緒にいても面白くない
  • とにかく話が面白くないのでご飯食べてるのが苦痛で仕方なかった」
  • 「色んな美男子と付き合ってきましたが、気の使えない方が多い。本人の好きな場所にだけ連れて行こうとされてデートも面白くなかった。」

これらの場合は男性側に不器用な感じが伺えるので、まだ望みがありそうです。

  • 「何と美しい男性だと思って付き合ってみたら、毎度母親から連絡が来ていてとてつもないマザコンだった。こちらから連絡しても私は二の次で、二人の未来を考えられなかったので、お別れしました。」
  • 「ルックスも良くて身の上も良いのに、話を聞いてみると母子家庭の家で育ったらしく、彼が父親代わりのような存在になっていた。七年も付き合っていたのに結局二人の介入できなくてお別れしました。」

家族などの環境が影響し、別れてしまったケースもよくある様です。これらのパターンは家庭と深く繋がっている事が多く、もし彼のご両親と仲良くやれる自信のある方はぜひ強行して頂きたいところです。

また、上記とは別に見た目とは別に、金払いが庶民派だったという声もあるようです。これは金銭感覚の問題なので、彼らに限らずと言ったところなのですがルックスが良い悲しい宿命と言ったところでしょうか。美男子=王子と言った事を連想させてしまうのでしょう。

こちらは容姿端麗な彼らと付き合う上で女性側も気をつけていきたい所ではあります。

人間、顔じゃない?

どこか残念であっても、やはり第一印象でその美しい容姿に目が行きがちではあります。しかし彼らも複雑な悩みを抱えている場合がある事でしょう。

自分自身の中身を見られずに勝手に相手から好意を持たれる事が多く、アクシデントに見舞われる事もあるからなのです。断り方一つで冷淡な男だと思われる事も少なくありません。容姿端麗なので一瞬良いと思われるけれど、中身が違ってすぐにお別れなんて事もたくさんあるのです。

そこを踏まえた上で彼らの性格を見ていくとルックスではない大切なものが見えて来る事でしょう。

彼へのアプローチ方法

まず大切なのは、ご自身から男性に積極的に話しかけていく事が大切です。そして、彼らの興味ある事を一生懸命な姿勢で聞きましょう。ここで聞き役に徹する事が大切なのです。

決して見た目に騙されない事。容姿端麗で派手そうな男性が意外や意外、地味な女性といるとほっとするといった事もあるのです。

上手くいった場合

魅力的ではないといえ容姿は美男子です。まだライバルはいるはずです。付き合った後も気を抜かずに行きましょう。だからといって、彼らに振り回されてもいけません。自分を強く持つ事が大切です。

さて、いかがでしたでしょうか?磨けば輝く方もたくさんいると思います!ぜひこの機会に新しい世界へ一歩踏み出してみてはどうでしょうか?

関連記事一覧