婚活パーティーには一人で行くのが最適な理由

友達同士2人で仲良く婚活パーティーに行った友達に「よく2人で行けるね」と聞いたことがあります。私は、学生時代から、いつもクラスで人気のある男の子ばかりを好きになってきて、仲のいい友達と好きな人がことごとく被ってきました。ただイケメンだからといってその男の子がモテるわけではなく、誰に対しても優しかったり、お話しが楽しかったり、スポーツをしている姿が素敵だったり、その子が人気なのにはいろんな理由がありました。
大人になってまで、友達と好きな人が一緒になってしまったら、友達に気をつかってしまったり、なによりも自分の方がフラれてしまったら傷つくし、友達の方が幸せになってもそれはそれで複雑だし…結婚は1人でするものだし真剣だからこそ1人でしか行けない!と思っていました。
けれどその友達は「学生時代からその友達と一緒にいて好きな人が一度も被ったことがない。友達のタイプをよく知っているから(一緒に行った)」と言われました。私は、思いもしなかった答えに驚きました。そうか…その考えもあるか!と思いました。もちろんパーティーの参加人数や、その日の参加者にもよりますが、婚活パーティーは1人で行くのがいいのか?どんなメリットがあるかを探っていきたいと思います。

一緒に参加した友達に気をつかわなくて済む

婚活パーティーとはある意味戦いや戦争でもあります。たとえ2人でパーティーに参加したとして、あなたはカップル成立したのに友達は誰ともカップルになれなかった、そんな時ってカップルが成立した事に対して素直に喜べませんよね。あなたは戦争に勝って、友達は負けた、そんな状態です。来る時に友達と一緒に会場へ向かったのであれば、友達と一緒に帰ろうという空気になり、婚活パーティー終了後にカップルになった人とのアフターが難しくなるのです。

冒頭にも説明しましたが、特にいいと思ってカップル希望を書いた男性が一緒だった場合は、どちらかがカップルになった時「じゃあ私は先に帰るね」と敗れてしまった方が帰る姿もよくある光景です。せっかくカップルになって男性にカフェに誘われたのに、友達に悪くて断ってしまう女性もいます。これは、合コンでも同じです。連絡先を男性から聞かれるのはいつも容姿が可愛い自分の友達だったり、気が付くと意中のお相手は友達や同僚と2ショットになっていたり…友達がいて心強い時もありますのが、誰かがどこかで傷ついていたりするものです。楽しかった!と言っていても心の中では「二度と来るか!」と思っているかもしれません。

これに対して1人で参加していれば、友達の事を何も考える必要がありません。カップルになれたことを素直に喜べて、カップルになれなくてもだれに引け目を感じる必要もありません。帰りの行動も自由です。これは婚活において大きなメリットなのです。

好きな人がかぶらない

友達と参加すると、パーティーの開催中、一度は必ず「誰か気になる人いた?」という会話になるはずです。その時にあなたと友達が同じ人を気になっていることが判明して、どちらが意中の男性とカップルになるかでライバル関係になってしまう、一緒に参加する以上は、そのような事も考えなければいけません。
しかし、一人で参加すればどの人を好きになっても誰にも打ち明ける必要はなく、さらに友達と恋の敵対関係になることもなくフリータイムで積極的に気になる男性の所に行きずっとしゃべることだって出来るのです。

男性がアプローチしやすい

もし男性があなたの事を気に入ってくれて「アプローチしたい」「連絡先を聞きたい」と思ってくれていたとしたら…。婚活パーティーで友達と来ている女性でよく見かける光景が友達とお話ししている女性たちの姿です。男性のお相手を探しに来ているはずなのに「どう?いい人いた?」など、パーティーが終わってからでもいいお話しを待ちきれずに友達との話で盛り上がってしまいます。確かに友達との話は楽しいし緊張感が解け安心できます。
でも、その行動は同時に男性から話しかけるチャンスを奪ってしまっている行動でもあります。お友達と一緒にいるのに「あなただけ」に猛烈アプローチするのは、おしゃべり中のタイミングを見計らったり、他のお友達への配慮も必要です。ただでさえ、自己紹介で友達Bさんとも先ほど仲良く何分間かお話していて「あなたの友達のAさんの方が気になっています。2人きりにさせて下さい」などと言えるわけがありません。それだけで連絡先を聞くことが億劫になってしまう男性もいるんです。1人で参加していれば、男性はそんな配慮も必要なくアプローチしやすくなります。

男性側にとっても女性が友達同士で来ているのかによって気をつかいます。例えば、ホワイトキーのパーティーは自分の連絡先を『メッセージカード』に書いてスタッフが異性の封筒に封入をしていますが、3名まで書くことができます
AさんにもBさんにも書いた男性がいて、パーティー終了後にAさんがカップルになっていたとしたら、Bさんはカップルになれなかったけど、男性からはメッセージカードが入っていたとします。女性の退出時に、友達同士で封筒を確認・結果報告した時に、せっかくカップルになれたのに友達Bさんにも男性がメッセージカードを書いていた事を知ったら、自分だけに連絡先を教えてくれたわけではない事を知り、複雑な心境になります。友達BさんもAさんの方がカップルになっていて、自分には連絡先だけが入っていたら、ショックです。このような事を気にしないで楽しく参加する方ももちろんたくさんいますが、恋愛に真剣な方々であればあるほど、小さいことでも気になってしまいます。

いつもの自分とは違う自分を演出できない

少しでも素敵な男性とめぐり逢うために「いつもの自分より少し綺麗に」とメイクや洋服に気合いを入れるのは、女性として当然な事。時には男性の前では思い切り可愛い子ぶったりガツガツアピールする事も必要です。でも友達と一緒だと「ちょっと照れくさくてアピールすることができないなんて事ありませんか?でもその少しの頑張りがカップル率を上げるのです。学生時代や会社のように明日また好きな人に会えるというわけではありません。
婚活パーティーに参加して自分の好きな人を探しに来ているわけですから、その時にアピールしなければ!自分の気持ちを伝えなければ!連絡先を交換することもできないし、またその男性と会うことはできません。参加中のその時こそ、いつもの自分とは違う自分を演出して振り向いてもらわなければいけません。そしてその行動は新しい自分と出逢うきっかけになるかもしれません。

そもそもみんな一人

婚活パーティーはそもそも1人参加が多いのです。友達同士で行きたい人は、異業種交流会や大人数型のパーティーに行ったり、友達同士合コンをしたり、友達紹介という名の「飲み会」を開催したりしています。初めての婚活パーティー参加は男性・女性ともに不安になりますが、そこにいるほとんどの人が「はじめての場所」で「はじめまして」な人なので心配いりません。「今日はおひとりですか?僕もなんです」と婚活パーティーに大切な共感も生まれます。
初めましての時に「共感の気持ち」がお互いの距離を短めるスタートラインなのです。最初は誰でも緊張しますが、できれば理想の人にすぐに出逢って結婚できたらいいな…と誰もが思っていると思います。だからこそ1つ1つのパーティー・出逢い・時間を大切にしていくべきなのです。

1人参加がオススメな人

では1人参加がオススメな人とは一体どのようなタイプの人でしょうか?
①真剣に相手を見つけたい人
②友達と一緒にいると気をつかう人
③周囲に一緒に婚活をできる人がいない人
④スケジュールが忙しい人
⑤人見知りしない人
⑥積極的な人
⑦友達に好きな人を取られた事がある人
以上の方々が1人参加がオススメであると言えます。

真剣さや熱意が伝わる

1人で参加した方が、真剣に婚活している事が相手に伝わりやすいと言えます。友達同士で参加していると、相手に「この人達は、ずっと友達同士で話してるけど、婚活を本気でする気があるのだろうか?」と不審がられることがあります。もし婚活パーティーでいい人がいなかった場合「今日はいい人がいないから、女同士で喋って終わろうか」といった感じで終わってしまう事も少なくありません。本人たちにそのような意識が無くても男性からはそのように見えてしまいがちです。これが1人参加だと「何が何でも目の前の人と話さなければ!」という空気になります。
1人で参加すると結局心の内は寂しいので、とにかく会話をする相手が欲しくなってくるのです。友達といると心強いし、楽しいし寂しくないし、会場で1人ぼっちになりたくなし、不安もありません。そして友達といると素の自分でいられる人もいると思います。けれど、どんなに仲が良くても大学受験や就職試験・就職先まで一緒の友達がいましたか?たぶん1人じゃ寂しいからといってそこまでの人はいないと思います。自分の人生は自分しか切り開いていけません。
結婚も1人でするものです。婚活は幸せになれるかなれないか?一生を賭けた戦場の場です!友達が可哀そうだからといって自分があきらめたくはないし、仲のいい友達に好きない人を取られたくありません。忙しい時間を割いて『出逢い』に来ているのですから、参加した以上は元を取る為に楽しまなければいけません。

最後になりましたが、ホワイトキーは友達と参加しない方がいいと言っているわけではありません。冒頭で説明したように、好みのタイプがまったく違うからこそ一緒に参加して平気な人もいれば、恋のライバルとして友達同士堂々と戦いに来ている人も大歓迎です!それでもパーティー中、会場内で一緒にお話ししたり「いい人がいたか?」の結果報告をして話し込んでまうと、男性にそのように思われてしまうという事を理解していただきたいと思います。

婚活パーティーのホワイトキーでは、お連れ様がいる場合「席を離す」こともでき(予約フォームで選択可能)ますので、申し込みの際はぜひチェックしてみて下さい。

記事:河村美紀

関連記事一覧