少人数の婚活パーティーのメリットとデメリットを正直にお伝えします!

新型コロナウィルスにより世の中は大きく変わりました。コロナ禍以前とコロナ禍後では、人々の生活様式、価値観も大きく変わってしまいました。ただ、そんな世の中になっても出会いの場を求める人は変わらず大多数いる訳です。今やコロナ禍により出会いの場も制限される中、その出会いを求める方々達はどうしているのでしょうか。出会いの場の1つの手段として利用されている婚活パーティーの場はコロナ禍以前とどのように変わっているのでしょうか。今回は出会いの場を提供する婚活パーティー業界の実態と、現在の主流となる少人数制の婚活パーティーのメリットとデメリットを今回はご紹介したいと思います。

コロナ禍における婚活業界とは??

友人からの紹介や合コンも蔓延防止や緊急事態宣言等の兼ね合いで、飲食店の利用が難しくなり、気軽に飲みにいけなくなってしまった昨今、改めて出会いの場として注目されているのが「対面式の婚活パーティー」となります。出会いの場を求める場合、もっともスタンダードな手段として婚活パーティーが改めて注目されています。もちろん婚活アプリ等の出会い系も浸透している中、やはり対面にてお互いをしっかりと確認し合える対面式の婚活パーティーが再注目されているのです。

婚活アプリや、オンライン婚活等、今の時代に合ったパーティーにも出会いを求める方々達は流れていますが、正直、「相手の温度感が掴めない」「ちょっとしたニュアンスが伝わらない」「相手の全身が把握できない為、実際に会った時の印象が全然違う」等々、彼氏彼女や結婚相手を見つけるには、クリアしなくてはいけない難しい壁があるようです。

婚活アプリで相手のプロフィール写真とメッセージだけのやり取りで、例え意気投合したとしても、いざ実際に2人で会うとなった場合「イメージと違った」「なにか違った」という「ズレが生じる」ケースが少なくありません。オンライン婚活でも画面を通して対面でお話ししていたにも関わらず、実際に会った場合に「イメージと違った」「なにか違った」という同様なズレが大いに起こっているのが現状になります。

この「ズレが生じる」という原因は至ってシンプルな理由になります。それは「実際に会っていないから」なのです。やはり人は自分の目の前で、自分の目で見て、会話して、感じとれるモノこそが信憑性の高い事実であり実感であり、感覚になるので、対面での婚活パーティーでカップルになった場合には「ズレが生じる」ことは非常に抑えられる傾向にあります。100%ズレが無いかと言われれば、もちろんそれは言い切れませんが、少なからず婚活アプリや、オンライン婚活パーティーよりは確実に「ズレは少ない」という事です。

「相手を目の前にして、自分の目で、自分の感覚でお話をする」彼氏彼女や結婚相手を見つけるには、1番良い方法と言えるのです。お金と時間を使って、せっかく2人で会えるとなった場合、ズレがある。ない。で考えた時に1番効率の良い婚活はどれなのか、一目瞭然だと思います。やはり最初の出会いのキッカケは、対面式の婚活パーティーが、その後のズレを抑えることが出来るので断然、有利だと言えるでしょう。コロナ禍においても、婚活者の需要があるからこそ婚活業界は出会いの場を提供し続けられるのです。

コロナ禍での婚活パーティーとは??

では、実際に今の婚活業界の実態はどうなのか。という部分についてご紹介していきます。やはりイベント業となりますので、少なからずコロナの影響は受けています。以前のように大型パーティーと呼ばれる15対15~50対50のような大規模なパーティーは無くなりました。感染防止対策を考慮した運営がどの企業でも実施されております。人数制限をかけたソーシャルディスタンスを設けた運営が、今はスタンダードになっております。イコール、今はこの少人数制のパーティーが主流になっているというのが実情になるのです。コロナの終息が見込めない限り、大型パーティーの運営は当面開催が無いものだと考えていただいて良いでしょう。何より婚活者側も、運営側もコロナの感染には十分警戒をしなくてはいけませんので、感染対策のガイドラインに準じた運営を行っているのです。

少人数の婚活パーティーのメリットとデメリットとは??

あなたは、この主流となっている「少人数制のパーティー」と聞いてどんな印象をお持ちになりますか?プラスなイメージを持つ方もいれば、マイナスなイメージを持つ方もいらっしゃるかと思います。ここでは少人数制の婚活パーティーのメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

まずは「出会える異性の人数が少ない」というのが最大のデメリットと言えるでしょう。1回のパーティーで異性10人と知り合えるのと、50人と知り合えるとでは、断然、少人数の方が不利になるかと思います。ただ沢山異性と知り合えるのが決してプラスという訳でもありません。人数が多ければ多いほど、異性との会話時間は極端に少なくなります。場合によっては1人辺り2分程度の会話時間になるのです。2分で相手の何が分かるのでしょうか。お互い自己紹介して、1、2個会話をやり取りして終了となる事がほとんどです。

そうなってくると重要なポイントとしては容姿が良い方が有利になり、パッと見の印象重視で事が進んでしまうのです。結果、相手の事が良くわからず見た目で判断せざるを得ない状況となるのです。必然的に容姿に自信がある方が得をすることになります。もちろん、異性への条件が容姿のみ。という方でしたら問題ありませんが、彼氏彼女、結婚相手を探す目的としては違うようにも思えます。容姿の好みも大切ですが重要なのは内面的な部分、価値観やフィーリングが大切になると思いますので、じっくりお相手のことを知り得る「会話時間がたっぷり保証された少人数パーティー」の方が結果、良いのかもしれません。また、大型パーティーでは先ほども記載しましたが、容姿が良い方や、会話も深堀りしなくても良いので、真剣度の低い方が多く参加されることも多い為、大人数が良いとは一概には言えません。

また、大人数の場合、誰がだれだか分からなくなってしまったり、メモすら取れない状況だったり、集中力が切れて最後の方は記憶が曖昧となり、覚えているのは最初に話した方だけだったり、緊張の中、何十人と話をするのは相当のエネルギーが必要なので後半は疲れてしまうものです。それを考えれば、適度な人数で十分な会話時間がある少人数制のパーティーの方がメリットは沢山あるのかもしれません。

現在は世情も踏まえ、少人数制のパーティーが多いのですが、だからこそ企業側も理想のお相手と出会いやすいように企画や年齢条件等、絞った企画も多く、より効率良く理想のお相手と出会いやすくなっているので、じっくりとお相手を見定めることが出来るようになっています。

会場自体もオープンスペースから個室や半個室のスペースでの運営が主流となっていますので、周りからのプレッシャーを感じることもありません。例えば自分達が話している横で、自分達より盛り上がっている会話が聞こえてきたら?次にその異性とお話をした時に盛り上がらなかったら?周りが気になり自分との比較もしやすくなってしまったら?無意識に自分自身にプレッシャーが掛かってしまいます。それにより本来の自分が出せずにいたら本末転倒です。会話に自信のある方なら別ですが、なかなか初対面の異性の方と盛り上がることが難しく、得意だという人の方が稀です。参加する際は、会場のレイアウトも気にする必要があります。個室や半個室のスペースで開催している企業を狙っていきましょう。

大人数が良いか、少人数が良いか、行き着くところはご自身の「好み」になってしまいますが、大人数のメリット、デメリット、少人数のメリット、デメリットをしっかりと把握した上で、ご自身の好みのパーティーに参加することをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。コロナ感染が拡大し始めた頃、コロナを気にしてオンライン婚活が非常に盛り上がりを見せました。時代に合った「婚活アプリ」や「オンライン婚活」ただそこに発生する対面式には勝てない「ズレ」が今では多く発生しているのが現状です。今まさに対面式の良さが上向き傾向にあります。自分の目の前で、自分の目で見て、相手を肌で感じ、理想のお相手を見つけて欲しいと願います大人数のパーティー、少人数のパーティー、どちらにもメリットとデメリットがあります。会場の雰囲気や参加条件等、本来の自分を自然体で出せるパーティーが1番の結果に繋がります。こんな時代だからこそ、パートナーを求める方は、今まで以上に多くいらっしゃいます。あなた自身に合う婚活パーティーを見つけ、コロナの終息と共に明るい未来を切り開いていきましょう。今回の記事があなたにとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

コミュニケーションなどでお悩みの場合は婚活パーティーのホワイトキーはセミナーも開催しております!ぜひチェックしてみてください★
婚活パーティー【White Key】https://whitekey.co.jp/
結婚のことまで真剣に考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュに相談してみて下さい。
結婚相談所【White Marriage】https://www.whitemarriage.jp/

記事:吉川

関連記事一覧