モテない男性のSNS投稿にみられ5つの特徴

SNSの登場で、人と人とのコミュニケーションは大きく変わりました。恋愛もまた例外ではなく、SNSがきっかけで交際に発展したカップルもいれば、SNSが原因で別れに至ったカップルもいるでしょう。

インターネットの利用時間は過去に比べて大きく増加しており、リアルなコミュニケーションに使う時間が減少している分、過去と比べてより積極的に行動しなければ交際に発展しないのではないかと考えています。

そして、出会いではコミュニケーションの部分に最もパワーを注ぐ以上、恋愛が面倒と思われないためには、そのハードルを下げることは必要不可欠。その方法として最も適しているのがSNSやオンラインの存在です。

恋愛におけるSNSの重要性

第0印象=それは実際に出会う前に抱く印象・イメージのことです。

例えば、友達主催のホームパーティーが開催されるにあたって、事前に参加メンバーのLINEグループが作られている時、まだ知らない相手とLINEで繋がることがあります。また、Facebookでイベント招待が送られる時、参加者一覧が見られる状態になっていることがあります。

こういった場合、LINEでまだ出会ったことのない人とトークする可能性があったり、Facebookで他の参加者にあなたのプロフィールや記事が見られている可能性があります。そういう時に、まだ会ったことはないけど、「この人きっとこういう人なんだろうな」という印象、それが第0印象です。

会う前にSNS上で知っていて、イメージが良いと「なんだか前から知っている気がする」とか「話してみたかったんだよね」とか「会えて嬉しい」などプラスなイメージを持ってもらえることになります。それだけで第0印象というのは対人関係や恋愛において大事な要素になるのです。

SNSはある意味自由にやり取りができるため、そこでの会話の繰り返しでお互いのコミュニケーションの質を高めていき、出会うまでに関係性の構築ができる、ハードルを下げる役に立つと考えます。

モテない投稿

他人の投稿への駄目だし

ですが自分の投稿として「~なんて言っている人もいるけど」「~って声を見かけたけど」といったように、間接的に文句を言う。ですが共通の友人もいるので誰のことを言っているのかはすぐに分かってしまいます。これもモテない男性がよくやるSNSへの投稿です。

他人の投稿に対して何か言いたいことがあるのは決して不思議ではありません。

どの投稿も誰もが幸せな気持ちになれる訳ではないだけに、違和感を越えて不愉快な気持ちになってしまうのも分からない話ではありません。言いたいことがあるならコメント欄等で笑いを交えて言うか、あるいは直接メッセージを送るなりすれば良いのです。にもかかわらず、自分の投稿で他人の投稿を紛糾する。自分自身は正当性を主張したいのかもしれませんが、残念ながら周囲に対して性格の悪い人と見られるだけです。

モテない男性はこのような投稿がとても多いので気を付けましょう。

SNSは楽しみたい人が行っています。他人の楽しい投稿に対して反感を抱くくらいであればSNSを行わないか、あるいはそのような投稿を行う友人を非表示にするなど方法はいくらでもあります。喧嘩を仕掛けた所で意味はありませんし、誰もそのような投稿は見たくないのです。気を付けましょう。

自分の世界観に浸りすぎた投稿

SNSは楽しむものです。なので投稿する本人が楽しいものであればマナーを守っているのであれば良いのですが、あまりにも自分の世界観に没頭し過ぎている投稿は周囲も困るだけです。

特に引かれるのが自分への突っ込みです。「爆」とか「おいおいって感じですが」といったように、自分への突っ込みは周囲はイタイ投稿としか思いません。

SNSは自己主張の場でもあるのでそのような投稿も問題はないでしょう。ですが周囲から「おかしな人」と思われる恐れがあるので控えるべきです。趣味に関する投稿を行いたいのであれば、節度を持つべきであって、趣味を通した過度な自己主張は控えるべきです。モテる男性はそのような投稿はしません。

見ている人のことまで考え、世界観に没頭しすぎるような投稿はしないのです。モテない男性は周囲にどのように見られるかまで考えられず、ただただ偏屈な自己主張をしてしまいがちです。本人は楽しいかもしれません。

ですが周囲は違和感を覚えますし、少し心理学に詳しい人が見れば「きっと周りに認められないからこんな投稿をしているんだろうな」と受け取られて看過されるだけです。気を付けましょう。

突き詰めていけば、SNSで写真を投稿する行為そのものが「自慢話」と言えるでしょう。大なり小なり、人にもてもらいたいという気持ちがあるからこそ、SNSを行っているまずので、自慢したい気持ちは分からなくはありません。SNSを行っている人であればSNSのそのような心理くらいはよく分かっています。そのため、多少の自慢話に対してはそこまでの嫌悪感は示さないでしょう。

問題は「自慢にならないような自慢」です。これは、見ている人間に対して「その程度でいちいち投稿するな」という気持ちを与えてしまうのです。例えば、自分自身では非日常だと思って「ファミレスでご飯を食べました」と投稿する。自分にとっては非日常かもしれませんが、残念ながらファミレスでの食事を「凄いね」と思うような人はそうそういないのです。

モテない男性はその経験値の低さから、自分自身のしていることが「凄いこと」のように感じてしまうのです。そのため、自慢げに話してしまうのです。自慢話が過ぎると嫌味に聞こえると言われていますが、残念ながらモテない男性のそれは、嫌味にさえならず、失笑の対象となってしまっているのです。

モテない男性はどこか自意識過剰な部分がありますので、自分のしていることに対して「自分は凄い」という錯覚を覚えてしまうものなのですが、実際にはそうでもないことがとても多いです。投稿する前に、改めて自分が投稿しようとしている内容を確認してみましょう。

残念ながら、誰でも出来るようなことをネタじゃなく、本気で自慢しているのはただの「イタイ人」にしかなりません。

忙しいアピール

なぜかSNSで「昨日3時間しか寝てない」「接待終わっていま帰宅!」「朝一打ち合わせして、今やっと会議終わって、夜から海外!」など、忙しいアピールする男子、女子からしたら(忙しいなら別にSNSに投稿しなくていいのに…)と疑問です。

「忙しい俺、かっこいい!」と思っているのかもしれませんが、あまり忙しいアピールをし過ぎると(この人、要領悪いのかな?)と、かっこいいどころか、ダサく思われてしまうこともあります。モテたいならあまり時間がない的なことをSNSには書かない方が無難です。

この人いつも忙しそうだな…と思ったら、女子もあなたをデートに誘いません。

彼女欲しい・彼女と別れて寂しいアピール

モテない男子に限ってSNSで彼女欲しいアピールがひどい気がします。

男友達と旅行に行ったときの写真をSNSにあげて、なぜか「ここ、彼女ときたら楽しんだろうなー♪ 彼女いないけど!」みたいな、シレッと彼女募集中です的なことも書いちゃう男子、やや必死感が漂ってしまい、女子からした(タイムラインで彼女いないアピールしてやんの…)と少し滑稽に思え魅力半減です。

彼女欲しいアピールもそうですが、彼女と別れたばかりで寂しいのか、未練タラタラな投稿も女子ウケは良くありません。元カノとの思い出をつらつら書いたり、思い出の品の写真をあげたり。見ている方は反応に困ります。

専門知識をひけらかす投稿

政治経済が専門の人は別にして、毎回シェアしている内容がなぜか政治経済、しかも自論を展開する人は、女子的に(俺、頭いいでしょ? って自慢したいだけなのかな?)と引いて見ています。

確かにお馬鹿そうな男子よりも、賢い男子の方がいいですが、自らの知識を極端にひけらかし、爪を隠さない男子をかっこいいとは思いません。「別にそういうつもりでシェアして書いているわけじゃない!」 という男子もいるでしょう。

しかし周りの人たちがどう捉えるかはわかりません。

モテる投稿

モテる男性のSNSでは誰かを褒める内容が多いです。モテる男性のSNSでは常にポジティブでいっぱいです。

仲間とBBQに行ったり海や祭りなど、面白くて、楽しい投稿がたくさんされています。それにモテる男性のSNSは写真付きでさらに文字数が少ないです、写真だけでアプローチしているので女性から見ても楽しそうだし堅苦しくありません。

文章が長いと返信しにくいです。友達とBBQをしている画像と「最高に楽しい!」と短い文章なら女性も「楽しそうだね!」と気軽に返信することもできますよね。

まとめ

毎日の出来事をその都度その都度投稿するのはモテない男性のSNS活用法です。

羊飼いと狼という童話もこれに当てはまります。羊飼いの少年が、狼が出た狼が出たと何回も嘘をつくので、本当に狼が出た時には誰も助けてくれなかったというお話です。「特に何もないのに毎日の大したことない出来事を投稿する」という非モテ行動は、この羊飼いの少年の行動に似ています。

モテない男子が、特に大きな出来事もないのに毎日微妙な投稿を続けると、「この男性の投稿は特に意味がないな」と思われて、女性から興味を持たれなくなってしまうことが多いのです。モテるためにSNSを活用する際の大原則としては「大きなイベントや、興味深い出来事がない限りは投稿しない」という事が基本になります。

モテる男性は無闇やたらにSNSに投稿をしません。TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSサイトにアカウントは登録してありますが、頻繁に活用しているわけではないのです。

しかし、SNSのアカウントに関してはある程度作りこんであります。

プロフィール写真はしっかりと撮影して女性から「カッコいいかも」と思われるようなプロフィール写真にしていたり、自己紹介文をそれなりに書き込んでいたり、何かイベントがあった場合には何枚も写真を撮影して投稿していたり、「ポイントを見極めえて、投稿すべきことだけを投稿している」のです。これがモテる男性のSNS活用法の基本です。

以上をふまえて素敵なパートナーを皆様お探しくださいね。

お相手探しをスタートするなら、white keyのパーティーが大変おすすめですので、WEBでお住いの地域の希望日時で検索してみてくださいね。

そもそも自分のファッションセンスや会話に自信がない方はwhitemarriageのファッションコーディネートやデートレッスンを受けて自信をつけてみてはいかがでしょうか?


関連記事一覧