• 婚活
  • 婚活における出会いは婚活パーティー・街コン、婚活アプリや結婚相談所など多様化する現在、出会いのリアルや、婚活中なら知っておきたい婚活テクニックなどを婚活のプロが惜しむことなくご紹介いたします。

女性が選ぶ「いい男性」と選ばれない「残念な男性」の決定的な違い

女性は男性をよく見ています。それが気になる男性なら尚更です。
「いい男性」と
「残念な男性」
女性は男性を上記2つのカテゴリーに分けて、見定める傾向があります。

もしあなたが女性なら、どちらの男性とお付き合いしたいですか?
もしあなたが男性なら、どちらの男性として見られたいですか?

答えは100%に近い状態で「前者」を選ぶことでしょう。逆に「後者」を選ぶ方がいらっしゃるのであれば、残念ですがこの記事は何の役にも立ちませんので、早々に読まないことをオススメします。今回は男性にとって非常にシビアな内容になりますので、ある程度覚悟を持って、ご自身が「いい男性」と「残念な男性」どちらの部類に属するのか確認してみてください。

また女性の方は今現在、気になっている男性はどちらの部類に属するのか?女性から選ばれる男性なのか?もしくは今後の恋愛において男性の「見分け方」の1つとして参考にしていただけたら幸いです。そんな今回は「いい男性」と選ばれない「残念な男性」の決定的な違いについて、深堀していきたいと思います。

はじめに

では、「いい男性」とは、いったいどんな男性なのでしょうか。

女性が選ぶ際に俗に言う「いい男」とは?イケメン男性のことですか?優しい男性のことですか?真面目な男性のことですか?「いい男性」の定義というのは、各個人によって多かれ少なかれズレがありますし、好みによってもズレが生じてしまう為、定義付けするのは難しかったりもします。ただ、ある程度の「条件」や「特徴」というものは存在します。女性はそこをしっかりと見ています。

また、「いい男性」と「いい人」「良い人」と混同してしまう方も多いので注意してください。「いい男性」と「いい人」「良い人」は決してイコールではありません。

今回はそんな「いい男性」の「条件」や「特徴」の中でも、確実に押さえておきたい決定的な項目、女性が選ぶ重要項目だけをピックアップしていきますので是非参考にしてみてください。

決定的な違い①:威張る?or威張らない?

自分よりも立場の弱い相手に対して、威張ったり、偉そうな態度をとる人は、「いい男性」とは言えません。威張る方というのは、自分を大きく見せて、自分の強さをアピールすることにより、周りに虚勢を張る傾向があります。その大きな理由の1つに、このような高圧的な態度を取る人ほど、実際は「弱い人間であり、自信がない」というコンプレックスを隠す為の「虚勢」という深層心理が働いているのです。

「弱い犬ほどよく吠える」という言葉があるように威張る人ほど「弱い人間」なのです。逆に自分に自信がある人、本当に強い人は、わざわざ自分を偉そうに見せる必要はないので、むしろ礼儀正しく、謙虚で腰が低い方が多いです。

また女性目線で言うと、多くの男性の場合、好きな女性に対しては優しく接する方がほとんどなので「他の人に威張る残念な男性」だと女性が見抜けないケースがあります。

女性が男性を見分けるポイントとして、付き合う前に、レストランやタクシーを利用する時の態度をチェックしてみてください。自分がお客様だという「強い立場」の時に、店員さんや運転手さんに対してどう接するのか?偉そうな態度、横柄な態度を取る男性であれば「残念な男性」の可能性は大です。注意してください。

決定的な違い②キレる?orキレない?

自分の思い通りにならない事や、自分が気に食わない事があった時にキレだしたりモラハラに豹変する男性は決して「いい男性」とは言えません。大前提に感情のコントロールは「いい男性」の必須条件に値します。いい男性というのは、決して自分の感情に任せて怒りだしたりしません。

どんなに自分の思い通りにならない事や、自分が気に食わない事があっても、一旦、冷静に受け止め、状況や状態を把握したうえで言動、行動に移すからです。それは「常に自分を俯瞰で見ている」とも言えます。

自分を俯瞰で見れる人は、全体の状況を把握して「自分が今、どういう言動をしたらいいのか」「自分のすべき行動や、求められる役割、適切な対応」などを察知する力があるので、周りの人からの信頼も得やすいはずです。

ポイントとしては、自分を俯瞰で見られる人は「相手の立場に立って、物事を考えられる人」だったり「折り合いを付けられる人」が多いので日頃からチェックしときましょう。またちょっとした会話にも「コミュニケーションが一方的な人(相手が興味ない事を一方的に話す人)」は、相手のことを見られない、視野が狭い人の可能性が高いのでご注意ください。また貧乏ゆすりが癖になっている人、運転中にイライラしがちな人、などなど。日常にチェックポイントはごろごろと転がっています。

決定的な違い③約束を守る?or守らない?

どんな些細な約束でも「いい男」は、きっちりと約束を守ります。例え何らかの理由で約束が守れなかったとしても、必ずその埋め合わせをしてフォローする、フォローしようとします。有言実行タイプの男性なのかどうなのか?女性はしっかりと見ています。

え?こんな事を??と思う男性も多いかもしれませんが、こういう小さな事の積み重ねの結果が「いい男性」と「残念な男性」との差に大きく表れてくるのです。例えば約束を守れなかった時に言い訳や人や環境のせいにしていませんか?小さな約束は仕事でもプライベートでも一緒です。

守るように努め、守れなかった時には素直に謝る事が大事であり、そういう細かな部分を女性は見ています。付き合った場合はこうなるかな?結婚した場合はこうなるかな?女性はある程度未来を想像して男性をチェックしているのです。

決定的な違い④強さがある?orない?

人生は浮き沈みがあり、良い時もあれば悪い時もあります。そんな環境下でしっかりと強い心と前向きな姿勢で立ち向かえるかどうか。「いい男性」にはいざという時の強さがあります。人はうまくいっていない時にこそ、その人の本質が出てきます。

例えば、何かトラブルが起こった場合や、自分が不利な状態になった時に逃げ出したり、投げ出したり、保身に走ったり、誰かのせいにしたり、逃げ道を探したりしていませんか?

そんな時にこそ前向きになり「何が起こっても大丈夫!何とかなる!自分ならできる!」と思える強さを持つことが大切です。いつも色々なことに心配していたり、悪い方向になることばかり考えていたり、常にネガティブな人よりも、前向きで心の強いポジティブな人の方が断然「いい男性」であり、女性からも頼りにされるのです。女性としては、頼りになる男性と一緒にいる方が心強いですし、安心するのは間違いありません。そんな強さが垣間見える瞬間というのは、意外と大なり小なり遭遇する場面が多々あります。女性の方はしっかりとチェックしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は女性が選ぶ重要ポイントのみをピックアップしてみました。正直、完璧な男性なんてこの世にはいません。「いい男性」の条件、特徴を挙げればきりがありません。ただ、最低でも今回ピックアップした項目だけは意識してみてください。おのずと結果は付いてきます。今回の項目に限らず「いい男性」というのは、詰まるところ「同性にも支持される男性」に他なりません。どんな男性が同性に支持されるのか考え、体現していきましょう。

男性から憧れる男性、男性から好まれる男性、そんな男性になれるよう、そしてそんな男性を選べるよう、見分けられるよう、日々の意識を変えていきましょう。自分はどう在りたいのか。変わるも変わらないも自分次第です。今回の記事があなたにとって、少しでも参考になれば幸いです。

コミュニケーションなどでお悩みの場合は婚活パーティーのホワイトキーはセミナーも開催しております!ぜひチェックしてみてください★
婚活パーティー【White Key】https://whitekey.co.jp/
結婚のことまで真剣に考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュに相談してみて下さい。
結婚相談所【White Marriage】https://www.whitemarriage.jp/

記事:吉川

関連記事一覧