宇都宮の婚活パーティーに参加した後の二次会デート(前編)

婚活パーティー「ホワイトキー宇都宮会場」の運営に従事しております小川恭平です。

「婚活パーティーに参加して希望の相手とカップルになれたのは良いけど、そこから先の関係に発展しない…」このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。原因は様々考えられますが、「パーティー終了後のアフターフォロー」が原因になっているケースがとても多いのです。

カップル成立になって連絡先の交換をする。あなたはその後どうしていますか?連絡先だけ交換して「また連絡するね!」と言ってお別れしていませんか?この場合、高い確率でそのまま音信不通になってしまう可能性が高いです。

なぜなら「興味付け&動機付けがされていないから」です。パーティーの規模や進行内容にもよりますが、婚活パーティーの一人あたりの会話時間は長く見積もって10分程度です。初対面で会って10分程度しか会話していない訳ですから、第一印象やプロフィールシートの内容だけでカップルになったと言っても過言ではありません。翌日になって「やっぱりあの人は私のタイプじゃないかも」「悪い人ではないと思うけど、まあ、これっきりで疎遠になってしまっても別に構わないかな」「またパーティーに参加すればもっと良い人がいるかも」など、負の流れに陥りやすいです。

この負の流れを防ぐために、パーティーが終わった後に30分~1時間程度の時間、会話する時間を設けて、互いをより知る、自分をアピールする機会を設けることが大切です。

今回は「宇都宮会場」に焦点を当ててお伝えしていきます!

二次会デートに誘うメリット&誘い方

自分を強く印象付けることができる

宇都宮会場のパーティーにご参加いただいた参加者様からも「カップル成立して連絡先を交換してもその後が長続きしない」というお悩みを伺うことが度々あります。これは、興味付け&動機付けがなされていないから、の可能性が高いです。

婚活パーティーの一人あたりの会話時間は長く見積もっても10分程度。言ってしまえば第一印象やプロフィールシートの内容だけでカップルになっているようなものですから、パーティー終了後のアフターフォローができてないと、時間の経過と共に相手に対する意識が薄れやすく、「やっぱりもう連絡しなくてよいかな」「また参加すればよいかな…」というマイナス方向に流れやすいと考えられます。

したがって、「二次会にお誘いしてコミュニケーションを深める」ことが必要です。何か気の利いたサービスをしなければいけないのか?などと難しく考える必要はありません。パーティー中にお話できなかったことや、もっと自分の知って欲しいことなど、パーティー中の自己紹介タイムの延長時間と捉えましょう。ホワイトキー宇都宮会場は宇都宮屈指の繁華街に位置していますからオシャレなカフェや飲食店が徒歩圏内にたくさんあります!

アフターフォローをおこなって次のデートへと繋げましょう!

二次会への誘い方

カップル成立になって会場の外で再会すると、いきなりタメ口になって馴れ馴れしく話す人がいますが、これはNGです。カップル成立と言っても今日会ったばかりの初対面の関係です。また、婚活パーティーにおける「カップル成立」はすぐに交際がスタートするという意味ではありません。「パーティーで意気投合した者同士、今後真剣なお付き合いできる関係に至れるよう、連絡先の交換から始めましょう」という意味ですから、しばらくは敬語を使って適度な距離感を保ちましょう。

会場の外で再会したら、「先程はありがとうございました!とても好印象だったので指名させていただきました。また、自分のことを指名していただいてありがとうございました!」と感謝の気持ちを伝えると好印象です。

そして「パーティー中は短い時間しかお話できなかったので、ご都合よろしければこの後近くのカフェでお話する時間をいただけませんか?」と二次会にお誘いして積極的な姿勢をみせましょう。

ここで大切なのは①あなたともっとお話したいです!という気持ちを伝えること。②相手がこの後用事があると言っている場合は強引に誘わないことです。相手の都合を考えずに強引に誘ってしまうと逆にマイナス印象を抱かれてしまい、最悪の場合、音信不通になってしまう可能性もありますので避けてください。

時間設定は?どんなお店を選ぶべき?

二次会にお誘いして相手からOKの返事をもらえた場合、次に注意しなければいけないのが「時間設定」。特に女性の場合、2時間や3時間などは時間が長すぎて嫌がられてしまう可能性があるので、30分~1時間程度で済ませるのが無難です。

また、お店のセレクトにも注意が必要です。例えば、清潔感の無い場所、周囲の音がうるさくて会話に集中できないお店、いきなり高級店に連れて行かれるのも人によっては気持ちが重いと感じたり、逆に警戒されてしまう場合がありますので二次会の場所として相応しいとは言えません。

宇都宮会場からすぐ傍の「オリオン通り」には個人店やチェーン店、少々洒落たカフェや喫茶店など、幅広い種類のお店がたくさんあります。高級店である必要は無いので、清潔感があって落ち着いて話ができるお店を事前にピックアップしておきましょう!

絶対ダメ!NG行為

東京などの会場と違い、宇都宮会場のほとんどの参加者様は車で来場されています。

車で移動しないと行けないような宇都宮会場から離れた距離にある飲食店に誘ったり、二次会を済ませた後に相手の自宅付近まで送って行こうとしたりするのはNGです。本人は親切のつもりかも知れませんが、この日会ったばかりの初対面の関係です。車のような密室空間に誘われたら相手から警戒されたり、恐怖を感じる人もいます。また、プライベートな情報を知られてしまうリスクを考える人もいるでしょう。車内で気まずい空気になってしまう可能性も高いです。

これらは、相手との信頼関係ができるまで、正式にお付き合いがスタートするまで待つべきです。親切心はやり方や伝え方によって逆効果に働く場合があるので注意が必要です。

まとめ

婚活パーティーに参加する目的・目標は結婚を前提としたパートナーと出会ってカップル成立することです。何回か参加する内に「パーティーに参加すること」「その場を楽しむこと」へ目的が変わってしまい、本来の目的・目標を忘れてしまっているのではないか?と思われる方々がいます。毎回目的意識をもって参加するようにしましょう。

婚活パーティーで成婚に至る人と婚活難民になってしまう人では決定的に違う点があります。

一つ目は「成婚する人は数回参加した中でカップルになった人とそのままゴールイン」する場合が多いです。対して婚活難民になってしまう人は「きっと私にはもっとふさわしい人がいる!」と選り好みしてしまう場合が多いのかもしれません。

二つ目は「成婚する人は目的意識をもち、考えながら参加している」ということ。特に、40代以上の婚活は「今日はいい人いるかな~」「良い男性からアプローチされないかな~」など、目的意識や改善意識をもたず、やみくもに何回参加していても永遠に結果は出ないでしょう。

「今回は〇〇だったから次は参加する企画を変えてみよう」「今日は自分の〇〇な話し方が相手を不快にさせてしまったのかも。次は〇〇に変えてみよう」など、自身を客観的に捉えて頭で考えながら参加するようにしましょう。

次回の後編では、宇都宮会場を出た後に二次会として使える実在するオススメのお店や、お店の中での会話内容や注意点、お店を出た後のフォローのやり方についてご紹介いたします。

執筆:小川恭平

【PR】
ライフスタイルにおける大切な活動をホワイトキーのパーティーで踏み出してみませんか?
婚活パーティー【White Key】

本格的に結婚を考えている方は、ホワイトマリッジの無料相談でコンシェルジュにご相談を。
結婚相談所【White Marriage】

関連記事一覧