婚活パーティーでカップルになっても長続きしない理由

  せっかくカップリングしたのに、なんで長続きしないんだろう…?

婚活パーティーに参加された経験がある方であれば、このような悩みを一度は考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?   私は現場責任者として婚活パーティーを運営している立場なのですが、お客様からこのような相談を受けることがしばしばあります。お金と時間を費やして参加したのに勿体ないですよね。                                             しかし一方で、成婚に至るカップルが大勢いらっしゃることも事実なのです。成婚に至る方とそうでない方は何が違うのか、なぜカップルになっても長続きしないのかの疑問解決に繋がるヒントをまとめてみましたので参考にしていただければ幸いです。

とりあえずで異性を選んでる

婚活パーティーの場合、一度に多くの異性と初対面で出会います。しかし短時間で全員の特徴や自分との相性を見極めるなんて無理です。   一人ひとり丁寧に話をしているつもりでも、一周回ると「えーっと、あの感じがよかった人って、何番だっけ?」と、誰が誰だかわからなくなるということもあります。結局頭の中が漠然とした状態で、最終チェックの時間を迎えることになり「なんとなく、あの人と話してみて楽しかったかもしれない」とあやふやな記憶の中、第一印象のフィーリングで選ぶことになります。特に初参加の場合は慣れていない分、こうなりやすいです。 何回か参加して頑張っているつもりでも、結局「とりあえず、この人が良かったかも」と、深く考えず選んでしまっているんです。マッチングアプリや婚活サイトでも同じです。                                               やっとの思いでカップル成立しても、嬉しい気持ちより戸惑いや不安の方が大きくて、デートの約束すらせずそのまま連絡をとらなくなってしまうことも…

自分の恋愛スタイルを把握できていない

婚活パーティーの場合、様々なタイプの異性が出席しています。その中から自分に合う異性を探すのは簡単なことではありません。それなのに自分の恋愛スタイルを把握できていないと、せっかくカップルになれたとしても、その後ストレスになってしまって続かないことがあるんです。例えば「積極的にリードしてもらいたい」と思っているにも関わらず「穏やかでやさしそうな人」というだけで、受け身なタイプの男性を選んでも、結局自分と合わないので発展しません。反対に、わがままな部分があると自覚している女性が「男らしくてモテそうだから」と、肉食系の男性を選ぶと衝突して上手くいかないのです。婚活パーティーは一人数分という限られた時間内に、多くの男性の中から自分に合う男性を選ばなければならないので、自分の恋愛スタイルと合わない人と選んでしまい長続きしないのです。マッチングアプリや婚活サイトでも同様です。自分と合うタイプを選ばずに、ルックスや年収などの条件面だけで相手を選んでも、自分と合わない恋愛タイプの場合、結局上手くいかないのです。

男性を見る目が厳しくなっている

婚活パーティーの時は「この人ステキ!」と思ったはずなのに、いざデートしてみると、相手のマイナス面ばかりが見えてしまい、正式交際する前に嫌になってしまうことがあります。もちろん相手の選び方に問題があるケースもありますが、そうではなく、婚活を長くしてるために男性を見る目がとても厳しくなってしまっていることも原因の1つなんです。それも仕方ありません。結婚のことを考えれば、「楽し人ならOK!」「カッコよければいい!」という訳にはいきませんよね。しかし厳し過ぎて、1回目のデートで、即「なし!」と判断してしまうのは早すぎます。たった1回の婚活パーティーで、相手のことを全て知ることは不可能ですよね。それは1回目のデートだって同じです。まだお互い緊張もとれていませんから、相手の男性の良いところや悪いところなんて一部しか見えません。何か致命的な「これはもう絶対ムリ!」という出来事でもあった場合は別として、そうでないなら、1つのご縁を大切にし、何度かデートして良いところを探してみましょう。

すべて「結婚ありき」で考えてしまっている

恋愛結婚ならば、まず人として興味を持ち、男性として好意を抱いて、恋愛をして、その先に結婚という未来が見えてきます。結婚したい!と思えるまで、長い時間をかけて相手を知っていくものです。でも婚活の場合は恋愛結婚の工程を飛ばしてすべて「結婚ありき」で男性を評価しようとしてしまいます。そうすると「この人いいな」と思えることがあっても、結婚相手の条件として少しでも不安なところがあるだけで、正式交際に踏み出すことを躊躇してしまうことも。逆に「ちょっとこの人好みのタイプとは言えないかも…」という相手でも、収入面や社会的地位だけで「結婚相手として合格点だ」と「とりあえずもう少し会ってみようか」とムリにカップルになろうとしてしまいます。でも結婚はやっぱり異性として好きな相手じゃないとできないものですよね。「結婚ありき」で相手を選んでカップルになれたとしても、結局「異性としてどうしても魅力を感じない…」と、付き合うまでに至らなかったり、付き合ってもすぐに続かなくなるのです。中には完全に結婚と恋愛を分けて考えられる器用な人もいますが、カップルになっても続かない時点で、あなたは割り切れるタイプではないのです。

気を遣い過ぎて笑顔が少ない

せっかくカップルになっても続かないケースとして相手から断られることもあります。相手に気を遣い緊張しすぎていませんか。

  • 初デートで常に緊張していた
  • 嫌われないように気を遣い過ぎていた
  • 気に入られたくて自分の意見を言わないようにしていた

あなたにとっては相手に好かれるための行動でも、これではデートを純粋に楽しめません。気を遣い過ぎて緊張していると自然と笑顔が減ってしまいます。相手がデートに求めているのは「まず相手に楽しんでもらう」ことです。そして素敵な笑顔を自分に向けてもらうことです。あなたの中で、せっかく「もう少し知りたい」と思っていても、気を遣い過ぎて笑顔が少ないと相手に好意が全く伝わりません。それどころか「自分といてもこの人はつまらなそうだ」と相手の心を折ってしまうのです。デートしても笑顔が少なく楽しそうではない相手を何度も誘うというのは、強い精神力が必要です。そこまでの強い情熱が相手側にない限り、相手の反応が悪いとデートが続かなくなってしまいます。

受け身過ぎる

「カップルになったのにいつの間にか男性からの連絡が途絶えてしまう…」と悩む女性に良くある原因が、受け身体質ということ。自分から積極的にいくと男性が引いてしまうんではないかと自分から誘うことをせず、男性からのアプローチをひたすら待ってしまうんです。そして少しでも連絡の間隔が開くと「私のこと、そんなに気に入っていないのかも」とネガティブになり、更に自分からも連絡しなくなってしまいます。これではあなたの好意は男性に伝わりません。男性からしたら「いつも自分から連絡してばかり。もしかしたら迷惑に思われているかも…」と、なるわけです。そして男性があなたの気持ちを図るために連絡の間隔を開けてみるのですが、それでもあなたからの連絡がない場合「やはり脈なしか…」と、諦めてしまうのです。婚活では女性からも積極的にいかなければいけないのです。

まとめ

今回は「婚活パーティー」を題材として取り上げさせていただきました。                                今は婚活パーティー以外にも、合コン、マッチングアプリ、結婚相談所、相席バーなど、異性と出会うチャンスは数多くありますが、そのチャンスを活かせるかどうかは自分自身だということを忘れないでください。「友人のあの子が婚活パーティーで出会った男性と結婚したから、自分も参加すれば結婚できる」ではないのです。特に30代後半以上の婚活には積極性が求められます。受け身姿勢で、目的無くただなんとなく参加しているような方は要注意です。まちがいなく「婚活難民」になってしまいます。                              婚活に限らず何事もですが、一回一回の出会いを大切に、広い視野をもって、受け身にならず積極的に取り組む姿勢が大切なのです。

記事作成:小川 恭平

 

関連記事一覧