婚活で年収1000万以上の男性と結婚するには

年収1000万以上の男性と出会うにはどのような事をすれば良いのでしょうか?

以下の事がすべてとは思いませんが参考にして頂ければと思います。

そもそも、年収1000万円以上の独身男性に出会える割合ってどのくらいでしょうか?

まず男性の平均年収を年代別に見ていきましょう!

こちらのデータは2017年の年代別平均年収です。

年代 平均年収
20代 346万円
30代 455万円
40代 541万円
50代 661万円
※出典元:転職サイトdoda(デューダ)より

結婚適齢期の男性の年収は、450万~550万くらいが平均なんですね。

年収1000万円以上の男性は、どこにどれくらいいる?

転職情報サイトの「DODA」が発表した「平均年収ランキング2015(年齢別の平均年収)」によると、20代で年収1000万円以上稼いでいる人はわずか0.2%30代でも1.5%しかいないそうです。

もちろん、1000万円稼いでいる男性が未婚のままとは限りません。魅力的な男性が多いはずですから、かなりの確率で既に結婚していることでしょう。

年収1000万円稼いでいる男性と結婚するのは、かなり難易度が高いことを十分に理解してもらえたかと思います。それでは年収1,000万円を稼ぐ職業とは、どんなお仕事なのか?

職業別の平均年収をみて見ましょう!

年収1000万円以上もらえる職業は?

職業 平均年収
医   者  開業医、大学病院など1,100万円以上
勤務医は1,000万円以下になる場合も
商   社  1,000万円以上
外資系企業  1,000万円以上
弁 護 士  1,106万円
パイロット  1,200万円
テレビ局員  1,200万円
歯科医師  1,212万円
外 交 官  1,400万円
国会議員  2,200万円

いかがでしょうか?ごく一部の職業ですが、あなたの生活範囲の中で出会える職業の方はいましたか?医者や歯科医には会う機会はあるかと思いますが、結婚まで発展するかはまた別問題ですよね。

それでは、年収1,000万円の独身男性にはどこに行ったら出会えるのか?

年収1000万円以上の独身男性とどこで出会える?家と会社の往復だけでは、ばったり1000万円以上の素敵な独身男性に出会える確立は0%に近いです。

じゃあ、どうすればいいの?それには、自分の存在をアピールすることが一番です!

高収入の男性に出会える場所

わずかながら存在する高収入の男性に出会える場所について考えていきましょう。

まず大事なのは、「どこに多く分布しているか」ですよね。一生懸命探しても、彼らが訪れない場所ならば意味がありません。次に、その場所にどうやって潜入するかです。

1.異業種交流会

異業種交流会と聞くと、敷居が高いように感じますが、実は種類が2つあります。ビジネスのための異業種交流会と、男女の出会いを含めた異業種交流会です。

前者は、経営者や個人事業者が集まって、人脈づくりをするためのものですが、後者はお見合いパーティーの名前を変えただけのようなもの。

そして、出会い目的の異業種交流会では、男性に年収や企業規模の条件がつけられているものが多く、出席するだけで、高収入の男性に出会える確率が高いんです。ただし、女性も年齢制限があるので注意が必要です。

2.男性条件付きお見合いパーティー

その名の通り、男性に「一部上場企業限定」「公務員限定」「年収〇万円以上限定」など、職種や年収に条件が付いたお見合いパーティーです。

「どんなにいい男でも、年収が低いのは論外」という人に向いています。ただし、この手のお見合いパーティーは、女性の方が参加費が高額でコストがかかります。更には、男性は自分の年収に大きな自信を持っているため、女性を見る目が厳しい人が多いです。行くのであれば、気合を入れて強い精神で臨んでください。

3.年収の高い企業で就業

派遣社員女子と正社員男子が付き合って結婚するパターンをよく見かけます。誰もができる方法ではありませんが、働き方を変えて、年収の高い企業で就業するというのも、高収入の男性と出会う方法の一つです。

などなど、自分の存在をまず世間の独身男性に知ってもらいましょう!

高収入男性が選ぶ!結婚したいと思う女性の条件

年収1000万円となると、男性はやや調子にのることもあります。豪華な生活が出来るようになったという実態よりも「年収1000万円」という一種のアイコンを手に入れるためともいえます。

自分だけが例外的に到達したわけではないので天狗になってはいないが、数多くの男よりは自分が上という認識は絶対に持つことになるでしょう。すると自信も生まれ、以前よりも自然とモテるようになる人が多いです。

そうするとその他大勢の女、取り巻きに出来る女、彼女にしたい女、結婚を考えてもいい女とざっと四層に区分出来ることがあります。結婚のことを考えるとこの四層の段階を登っていく必要があります。

ここからは、そんな女性になるために心掛けてほしいことを説明していきます。

相手に負担をかけない思いやりのある女性

理屈ではなく感情で動くのをやめる
女性が困ったときに男性に相談をすると、男性は話を聞いた上で解決策を考え、素早く答えを出します。それを聞いた女性は「解決策も大事、でも先に共感して欲しい」と望むことが多く、共感してもらえない苛立ちを感情のままに男性にぶつけてしまうことがあるようです。

こうなってしまうと、理屈が通用しない厄介なタイプだと思われ、男性は話し合いが面倒になり、一瞬で疲れ果ててしまうことが多いようです。

共感してもらいたいと望むのは当然のことですが強く求めすぎないことが大切です。

精神的に依存することのない女性

精神的に成熟しているかどうか

高収入の男性の多くが望むことは、精神的にも成熟していることです。収入がある男性は責任のある役職や経営者、専門職の場合が多く、安定を求めるサラリーマンとは違う精神状態です。

依存される女性よりお互いを尊重し、高めあえる関係を望み、人として尊敬も出来るし、相談も出来ますね。男性はそんな女性とは安心して付き合えると思っています。

二人で支え合い、二人で共に頑張るという意識を持つことが大切です。共働きではなく、専業主婦でも、その根本を忘れてはいけません。

依存しないことは大切。ただし、度を超えてしまうと「気の強い女」になってしまうので要注意!何事にも素直に謝ることができる、分からないことは教えて?と言えるような素直で安らげる女性でいることが男性から求められます。

仕事に対して理解がある女性

年収が高ければそれに見合った仕事量をこなしています。つまり、毎日かなり忙しいのです。休日でも電話がかかってきたり、急に仕事が入ったりすることは珍しくありません。

「また仕事?」「約束していたのに」なんて言ってしまっては男性のモチベーションは下がります。男性は頼られることは好きでも依存されるのは嫌なのです。約束を守ってもらえなくても、自分の趣味や友達と過ごす時間を作り「休日なのに大変だね」と声をかけ、パートナーとしてより魅力的な女性になる努力が必要です。

自分磨きを怠らない女性

  • お化粧をしないで会社に行ったことはありませんか?
  • 適当な服を着て会社に行っていませんか?
  • お休みの日に家でゴロゴロしていることはありませんか?
  • 友達だからといってお洒落に気を遣わず出かけていませんか?

出逢いはいつどこであるか分かりません。日々の手抜きは小さいチャンスすらも逃しますし、高収入男性からは振り向きもされません。休日だって朝起きて寝るまでが勝負です。

誰かと逢わなくても、美容院に行く、エステに行く、ネイルに行く、スポーツジムに行ってスタイルをキープする、美を意識してみましょう。

もちろんお金はかかります。化粧をしなければ化粧品代がかからない、同じ服を着まわしていれば洋服代もかかりません。でも、それでは美に関する努力は感じられず、友達も、職場の仲間もそんなあなたを見ていて友人を紹介してくれることもないかもしれません。

今、目の前にタイプの高収入男性が現れたとき、あなたが視界にすら入っていないような事態は避けたいですね。

こちらの内容は結婚後にもいえる事だと思います。結婚をして男女ではなく家族になってしまうとどうしても起こってしまう事ですが、意識をもって自分磨きをする事が大切だと思います。

年収1000万以上の男性との結婚を望むならしておくべき覚悟

まず1番に覚悟しておかなければならないことは、今まで自分ひとりで自由に使うことのできたお金と時間が制限されるということ。

今まで通り、「自由にお金を使いたい!」「自由に旅行に行きたい!」という気持ちが強いなら、結婚するのを焦る必要はないかと思います。

むしろ、「もう十分に自由を満喫できたし、そろそろ落ち着きたいな」という気持ちが芽生えてから結婚した方が、後悔や失敗のリスクが少ないでしょう。

結婚相手の家族とも、密接に関わることも忘れずに

自分の好きになった人と一緒に生活したり家族になることは、あまり抵抗を感じないかもしれません。ですが、結婚すると、結婚相手の家族とも密接な関わりが生じてくるということを、肝に銘じなければなりません。

「結婚は、家と家との結びつき」」なんていう言葉もありますが、子供が生まれたり、介護が必要になったり、年を重ねるにつれて年々結びつきは強くなっていきます

大人になってから、もうひとつ新しい家族ができるということは、想像以上に大きな変化。しっかりと覚悟しておく必要があります。

自分ひとりで使えるお金や時間が減ったり、結婚相手の家族と関わることに結婚へ踏み切れない以前に、結婚への覚悟が決まらないのは、すでに自分が自立してしまっているからかもしれません。

近年、結婚や出産する年齢がどんどん遅くなってきているのは、女性の社会進出が進み「仕事に生きがいを感じている女性」が増えていることが背景にあるといえます。

しかし、時代が変わりつつありますが家事や育児は基本的に女性にしてほしいと思う男性や、子供のいる女性は扱いにくいと思う会社はまだまだ多いので、今の仕事を続けられるかどうかの不安もあり、「結婚しない方が私、幸せかも…」と結婚の覚悟が決まらないのかもしれません。

結婚への覚悟ができてないと…?

結婚への覚悟ができていないのに結婚してしまうと、自分の欲求を我慢しすぎて、結婚生活に疲れてしまう人や、逆に結婚しても独身時代の自由気ままな生活を貫いた結果、夫婦仲が破綻してしまうことになりかねません。

「こんなはずじゃなかった…。」と結婚してから後悔しても、やり直すのには相当なエネルギーが必要です。結婚のメリットとデメリットをよくイメージした上で、結婚することが大切です。

実際年収1000万以上の男性と結婚をした女性に伺うと…

「僕はパートナーにキャリアは求めないよ。
疲れて帰って来たときに、優しい笑顔で「おかえり」って言ってくれるだけでいいから。
けっこう仕事で気を張っているから、家に帰ったら癒されたいのが本音。
それと仕事への理解を示してしてくれることも重要かな。」
と旦那さまに言われたそうです。

年収1,000万円以上の男性は、会社でがむしゃらに働いているので家では家庭的な女性を求める男性も少なくありません。高収入の男性ほど、しっかりと家庭を守ってくれる女性に惹かれるのも分かる気がしますね。これらの意見はあくまでも、一部の意見なので年収1,000万円以上の男性が同じように思っているとは限りません。

でも一つ言えることは、ハイクラスの男性は女性にもそれなりのキャリアだったり、家庭のことがしっかりと出来る女性や仕事に理解のある女性を望んでいるのは間違いないようです。

年収1,000万円以上の男性と結婚したいのであれば、ある程度自分を磨く努力も必要かもしませんね。
しかし、それは高いキャリアを得ることだけではありません。今の自分に誰よりも誇れる仕事だったり、趣味でもいいんです。一生懸命にやっている姿は誰よりも輝いていますから、そんなあなたの姿に彼も心が動かされるはずです。

彼に寄りかかるばかりの女ではなく、自立した女性である姿を見せてあげてくださいね。そうすれば、きっと上手く行きますよ!

婚活が不安な方は、他の記事も是非参考にしてみてくださいね。



関連記事一覧