婚活がしんどいと感じるあなたへ

幸せになりたくて婚活をしているのに、気付けば日々の婚活にストレスを感じ、つらく、しんどいと感じていませんか?

婚活が活発になっている中で「婚活がしんどい」「婚活に疲れた」という内容をSNSや周囲から耳にしている方も多いと思います。婚活のきっかけなど、人それぞれで状況は違うと思いますが、それぞれの立場で悩みはつきものですよね。

「30歳になる前に結婚したい!」と目標を持って活動している、結婚適齢期のアラサーの方。
「30代には必ず結婚したい!本当に結婚ができるのか」と考えている40代・50代の方。
様々な年齢層でいろんな思いも抱えて活動されていると思います。

新しい出会いは楽しいことばかりではありません。理想と夢を大きく持って婚活に望んだ方にとって現実はどうだったでしょうか?もちろん筋書きどおり理想の出会いを果たし、素敵なお相手と出会い、結婚まで行き付いた方もいると思いますが、理想の方に出会えないと苦戦する方も多いのが現実です。

  • 思っていたように上手くいかない
  • 婚活は簡単だと思っていた
  • 30代を迎え、婚活に疲れてきた

婚活という大きな場で出会いを求める場合、レベルの高い出会いを無意識の内に演出してしまうので神経も消耗するのではないでしょうか。今回は婚活をしていく中で「婚活がしんどい」「婚活に疲れた」など婚活に行き詰まりを感じている方に焦点をおき、原因や解決策をお伝えします。

あなただけじゃない、婚活に消耗する人

婚活がうまくいかず長引くほど 婚活がしんどくなってきます。「婚活がしんどい、疲れた」と感じるのはよくある話です。婚活では日常ではあり得ない経験をたくさんします。それが何度も何度も繰り返されて何年も続けばしんどくなります。

実は婚活経験者の6割以上が「婚活で疲れたことがある」と回答しています。大手結婚相談所の資料でも婚活で疲れたことがあるその割合はなんと7割以上!意外と多いので安心される方も多いかと思います。

婚活している人はそれだけしんどく辛いことがわかると思います。簡単には理想のお相手と結びつくことができないということです。そして、辛い経験を乗り越えて幸せを掴んでいる方いっぱいいます。それでは婚活経験者が実際に辛いと感じたエピソードをご紹介します。

【Tさん(女性39歳)のエピソード】
婚活を始めて2年目。自分のタイプではない異性からは好かれることが多いのですが、私が希望する相手とはうまくいかない。好意を持っていない相手から質問攻めになるとストレスを感じる。

【Oさん(女性28歳)のエピソード】
数多くのお見合いをしているが結婚相手として見ることのできる方がいない。現在、お会いしている方も良い人ですが外見が自分の基準以下なので…。

【Hさん(女性36歳)のエピソード】
婚活パーティーに参加し、会場を見ると自分より若くてキレイな子たくさん。フリータイムの時には私は人気がない女性だったので誰からも声がかからず、一人で座ってました。周りは楽しげに話しているのに、私だけが一人ぼっちだと感じました。理想の方に話かけようと思ったところ、人気のある女性に行ってしまい話すことができないままパーティーが終了してしまいました。

【Sさん(男性42歳)のエピソード】
結婚相談所に登録して婚活を始めました。10歳以上年下の女性を希望して申し込みをしたが相手にされず、どの女性から選ばれることがありませんでした。少し年齢をあげてみて30名以上に申し込むも承諾をもらえず、お見合いまで辿り着けていません。

【Kさん(男性35歳)のエピソード】
断れ続けると自分自身に自信がなくなり、お金の負担もかかるのでもう辞めたいと思っています。

このほかにも理由はありますが多くの方が婚活に疲れを感じています。

結果を急いでないか

20代女性だと、なかなか理想の方にめぐり会えない。30代女性だと、周りが結婚しているので焦っている。自分の年齢も考えてあと1、2年でお相手を見つけて結婚したい。などの声を聞きます。現実はすぐにお相手を見つけることができる方はすぐに見つけられます。

女性は若い方が好まれ、綺麗な方が好まれる傾向です。年齢を重ねていくとだんだん不利になっていく思いも自分自身強くなっていき、婚活もうまくいかないと感じることが増えるかもしれません。

結婚を急いでいるのが原因で婚活疲れになってしまうことも多々あります。焦ってしまう気持ちも分かりますががむしゃらに頑張っても空回りしてしまいます。

婚活がしんどくなる原因

①恋愛感情が持てない
婚活パーティーなどで出逢ったお相手とデートの約束をするが毎週会うのがしんどいと思うことはありませんか?ご自身の気持ちに素直になって、相手と無理をして会っていないかどうかを見極めましょう。

②条件が多く、高望み
見た目、年収、性格、学歴など自分のレベル以上のモノを求めてしまうことはありませんでしょうか。

③仕事が忙しい
仕事中心の方が婚活をする場合、なかなかお会いする時間がなく、相手に合わせることも出来ず、上手くいかなくなってしまいます。

④多くの方と会って疲れてしまう
婚活となると多くの出会いの場に顔を出していろんな方と出逢ったり、デートをしたりしますよね。毎回初対面の方と会うのは緊張もするし、気疲れもしてしまいます。

⑤周りが結婚していくのに自分は成果がでない
特に結婚適齢期の30代くらいの方、一度は思ったことがあるのではないでしょうか。仲の良い友達や親戚が結婚していき、自分だけが取り残されていると感じてしまう。焦りが生じて婚活もうまくいかない原因となっている。

⑥婚活に先が見えなくなる
婚活の終わりは結婚ですがそこにたどり着けません。

⑦順調に行っていると思った交際だったが相手からお断りがきたとき
結婚相談所で出会い、交際がスタートしました。普通のカップルと変わらない、食事デートや週末ドライブに行ったりと順調な交際でしたが、3回目にあった時に相談所より交際終了の連絡がきて終わってしまったとのこと。お断りされると、まるで「あなたじゃダメです」と言われてる気がしてひどく落ち込む。

⑧年齢を重ねて行ったとき
20代まではよく誘われたりしたが30代になってなかなかお相手から誘われる数が少なくなってきている。

⑨自分の理想の相手 この人!と思えるお相手に出会える気がしない
いろんな出会いでデートを重ねるがどうしてもこの人!と思えるひとがいない。
良い人なんだけど結婚となると現実的ではない。

⑩パーティーや相談所での出費だけでなく不成立だと精神的ダメージがある
高いお金を掛けて相談所に登録したがお見合いに結びつかない。パーティーではカップル不成立とお金だけがなくなってしまう。

⑪自分が選ばれる側だと思っている
交際が順調に進んでいるうちは良いのですが連絡が途絶えたりデートの誘いをもらえなくなったりすると「私は選んでもらえないんだ」と人一倍落ち込んでしまう。

デートの予定や場所をお相手の意向を優先して自分の考えを伝えなかったり、無理に相手に同調したり。相手に選ばれることを第一に考えて、自分の立場を低く見積もっているためしんどさを感じてしまう。

⑫結婚したいと思っていない
世の中の流れで「結婚した方が良いんだろうな」「まだ結婚してない自分がマズイ」と思っている。

⑬ブロック・既読スルーされると落ち込む
婚活で必ず経験すると言っていいほど起きるのが、相手からのブロックや既読スルー。またはいい感じでやり取りをしていたのに急に既読スルーやブロック。

⑭友達の子供を見て焦る
友達がいつの間にか結婚し、自分との距離を感じることがある。

あくまで例として挙げていきましたが、このようにしんどいと感じるのは心の不安定から起きます。

婚活がしんどいと感じたとき乗り切るコツは??

婚活を少し休んでみる。出会いのペースをおとしてみる。

婚活に集中して走り続けていたら誰でも疲れはでてくるものです。「頑張って素敵な相手を見つけるぞ」と意気込んで始めた当初に比べ、疲労が増えたり、マイナス思考になることが多くなっていれば、婚活疲れの証拠。もちろん続けることも大切ですがしんどくて辛くて耐えられなくなるまで婚活をする必要はありません。

時間(年齢)からの焦りがでるのもわかりますが、疲労が溜まった状態で出会いに突き進むとあなたの魅力も半減しますし、自分のモチベーションも保てなり良い結婚相手は見つからないでしょう。これが負のスパイラルに陥ってしまいます。

こんな時は一度、自分を見つめ直す意味でも一旦ペースを少なくして、思い切って婚活から少し距離を置いてみてはいかがでしょうか。婚活をしない期間を作って、気持ちをリフレッシュします。

毎週お見合いのスケジュールをいれてた方は2週に1回のペースにするなど、結婚や婚活だけに頭を悩ませず、自分の趣味など好きなことをして過ごしてみてはいかがでしょうか。婚活に対するしんどさが薄まったところで改めて始めてみるのもありです。「自分が結婚や結婚相手に望むものが何なのか?」などを考えるタイミングだと捉えましょう。

自分と同じ境遇の人がいることを認識する

冒頭でお伝えしたよう、、婚活経験者の6割以上は「婚活がしんどい」と感じている方です。辛くなった時は、自分と同じ境遇の人がいることを認識しましょう。

その根拠としてインターネットやツイッターを見れば、世の中に婚活で焦ってる人は数多くいることが分かります。「自分だけが」と思い込まないで「婚活疲れ」ブログを見てみたり、掲示板で婚活疲れについて語り合っているところもあります。

見ているだけで自分だけではないのだと励まされるでしょう。自分自身の気持ちを楽にしましょう。マイナスのことを書かれていることもありますが、参考に意見を自分の中に取り入れてモチベーションをあげていきましょう。

結婚相手に求める条件を考え直す

相手に求める条件や、理想の結婚生活。婚活を進めてきた中で考え方変わって入る部分や、妥協できる部分もあるはずです。

外見重視で選んでいる方はお相手の中身重視に変更していくのも重要です。多くの人と会う機会が多くなる婚活では「これだけは譲れない」条件を設定しておくのは基本ですが「顔が好みじゃない」「見た目がちょっと…」という理由でお断りするのは考えものといえます。

第一印象であまり好みではなかった、見た目がタイプでなかったという相手と会ってみて結婚まで至ったというケースも多々あります。「まずは会って見る」「まずは話してみる」こと。可能性を自ら切り捨てずまずは会ってみましょう。

違う婚活の方法も考える

今の婚活にしんどさや疲れを感じてしまっている場合は、違う婚活方法も考えましょう。結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイト、婚活アプリ、合コン、街コン。また、さまざまな人からの紹介で出会うこともあります。

友人、知人、職場の人など、どこで出会うかわかりませんのでいろんな方とコミュニケーションをとり、人脈をひろげ、また、婚活の相談をうけてもらえる方がいるのなら相談してみましょう。

婚活を心から楽しむ

結婚は無理にするものではありません。自分のペースでさまざまな出会いの場で良い方もいれば合わない方もいると思いますが、お付き合いするかしないかは別として出会いを心から楽しんで婚活をしていくのが良いと思います。

条件や外見にとらわれず、お相手のとの会話を楽しむ。意気の合った方と恋愛に結びつくケースの多々あります。婚活を楽しめれば人と会うことも苦痛にならずに逆に会うことが楽しく、未来も見えてくるはずです。

自分を知ろう

自分が大したスペックでもないのに自己評価ができてないので「ハイスペ」のお相手を求めたり、自分の相手につりあうと本気で考えてしまう。自分の市場価値を正しく理解して自分がお相手に手が届いていなければ努力をして自分磨きをしましょう。自分を知ることは大事です。

まとめ

婚活は上手くいかないとしんどいですし、疲れます。かといって止まっていても結婚はできません。目的のためならとことん走りつづけなければいけないと自分を追い込むこともありますが追い込んでどんどん落ち込んでいくなら、一度休憩した方がよいです。

気持ちに余裕をもってから婚活を再開してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧