• 40代の婚活
  • 婚活適齢期といわれる40代は今最も多い婚活世代。そんな皆様に是非知って頂きたいコラム記事を集めてみました。

40代からの婚活…スタート地点に立つために

40代なんて両親の世代、おじさんおばさん、昭和の世代。自分が年を取るなんて・・・想像もできなかった若い頃。毎日をそれなりに一生懸命生きていれば、結婚なんて自然にスルっとできるもの…そうなんとなく思っていたのではないでしょうか。
それなのに気付いたらアラサー、アラフォー、独身。今から婚活なんて、もう遅い!?そう思われていらっしゃる方に、声を大にして言いたいです。

「今後、今より若い時はありません!!」40代で若くないと言ってしまったら、人生残り半分ほどは“年を取った”と思いながら生きていかなければいけません。

40代の方が今、結婚したら、お相手とはさらに40年ほどは一緒に過ごすことになります。人生はとても長いのです。一人きりで残りの人生を過ごすことが少しでもいやだと思うのならば、40代の婚活が遅いかも…なんて迷っている間に、今すぐスタートを切るべきです。

ただし、40代の婚活は今までのように、若さを武器にしていくわけにはいきません。今回は、同世代で同じ悩みを多々抱える私のこのブログで、婚活でスタート地点に立つための基本的なテクニックについてご紹介していきます。少しでもお役に立てましたら嬉しいです!

初対面編

突然ですが“メラビアンの法則”という言葉をご存知でしょうか?

初めてお会いする相手への印象を決める、3要素のことです。この法則によると、初対面の方への印象を決めるポイントとして大きいのは、「視覚情報」(見た目:表情、服装、髪型、身振りなど)が55%、「聴覚情報」(口調、声の大小など)が38%で、残りの7%が「言語情報」(話の内容、言葉の意味)だそうです。

いかに見た目の印象が大切かがわかりますね。

この場合の視覚とは「美人かそうでないか」ではなく、「好感を持てるかどうか」くらいに考えるといいでしょう。むしろ女性の場合、ネイルやメイクに凝りすぎると「お金がかかりそうな人だ」と敬遠されてしまう可能性があります。

いずれにしても、婚活シーンにおいては派手さを強調することなく、お相手に受け入れやすい見た目を心がけることが一番です。親戚や友人にも、安心して紹介できそう♪と思ってもらえる清潔感ある第一印象を目指しましょう!

具体的にNGなのは…

<NGな見た目>
・清潔感のない服装や髪型
・「頑張りすぎ」のメイクや髪型
・生足&極端なミニスカ、肌の露出、カジュアルすぎるジーンズなどTPOに合わない服装
・流行から外れすぎていたり、一世代前のファッション
・素材に高級感がないファストファッション

などなど。「オシャレは自分のためにするもの、身だしなみは相手のためにするもの」です。同世代の女子アナさんや、上品な等身大の読者モデルの皆さまをお手本にしてみるのもいいですね。“自分が一番モテた時”の髪型や服装にすがっていても、それを、理解してもらうことは難しいです。見た目をチェックするときは、異性の家族や辛口の友人などに判断を仰いでみましょう。

では、逆に、お見合い写真や婚活パーティで、男性受けの良い服装とは…

<男性受けの良い見た目>
・トップスは白が基本。明るく、女性らしいパステルカラー(顔映りが良くなります!)
・身体のラインを美しく見せられるもの(絞るところは絞り、気になる部分はふんわり)
・膝下くらいのスカート(短すぎず、タイトすぎないもの)
・ストッキング着用(脚が綺麗に見えますし、生足はお相手にも失礼)
・パンプスはベージュか白、7cm以上が理想(フラット靴は流行ですが、楽をして手を抜いている印象です)
・アクセサリー、小物は華美になりすぎず、主張が強くないもの
・ネイルはナチュラルなピンクかベージュ、デザインもカラーグラデやフレンチまで、ストーンも2つまで

などなど。…いかがでしょうか…?

「こんな、男性に媚びたみたいな服装は私らしくない!
ありのままの私を受け入れてもらえる人と結婚したい!」

そう思われる方も、もちろんいらっしゃると思います。ですが、“ありのままの自分”だけで勝負できるのは、残念ながら20代までの若いうちだけです。スタートラインに立つ=お見合いをするためには、まず男性に”会いたい”と思ってもらわなければ始まりません。

自分らしくない!そう思う前に、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に揃えた、新しいお洋服を着て、男性に会ってみていただきたいと思います。お話ししやすそうな方だな、もっと会って中身を知りたい、そう思ってもらうことが第一歩です。個性は何度かデートをする中で、徐々に出していきましょう。

会話編

とくに引っ込み思案の方の場合、お見合いや婚活パーティーで何を話していいか分からず、ただ時間だけが過ぎてしまうことってよくあると思います。

逆に、営業や接客業で人と接することに慣れている方は、ついお仕事モードでお話ししてしまい、「ガツガツしすぎて怖い」と思われてしまうことも。これはとても残念ですよね…。会話というものは、ほんのちょっとの心遣いでスムーズに流れるようになります。いつの時も大切なのは、お相手に対する思いやりの気持ちです。

ここからは、具体的な会話中のテクニックを紹介していきます。

1.質問されたら質問を返す

これは、例えば「寒くないですか?」と聞かれたら、「大丈夫です」の一言で終わらせないということです。「大丈夫です、〇〇さんは?」と聞けば、「ちょっと寒いからお茶でも飲もうか」などの展開が生まれやすくなるはずです。ぶつ切りの会話にならないための「and You(あなたはいかが)?」の精神が大切です。

お見合いや婚活パーティーの場でも、仕事や趣味のこと、さまざまな質問を受ける機会があるでしょう。自分のことは的確にお答えし、お相手がお話しする時間を多く取ってあげることを心がけるといいと思います。人は、たくさん話を聞いてもらった方が気分が良く、“会話して楽しかった”という印象を、お相手にも持ちやすいと言われています。

2.会話が途切れたら、目についたものを褒める

初対面のうちは、最初の緊張もあって会話が途切れてしまいがちです。困ったときは目に付いた物を褒めると、嫌な沈黙がなくなるので、ぜひ意識してみてください。

「その時計素敵ですね」などと相手の持ち物を褒めてもいいし、「あのお花、綺麗ですね。なんていう花なのかな?」といったように、相手以外のものでもOK。会話をつなげていくうちに緊張感がほぐれ、相手との距離も自然と近づいていきます。

3.“あなたと一緒にいると楽しい!”の気持ちを前面に出す

話しかけても仏頂面で、反応のよくわからない方とお話ししているよりも、笑顔でニコニコ相槌を打ちながら話をして下さる方との時間の方が、楽しいのは当然の心理です。

ごはんを食べたら「おいしい!」と、笑顔!!
映画を観たら「楽しかったですね!」と、笑顔!!

何気ない会話の中でも、へぇ~、そうなんですか~と流されてしまうよりも、「そうなんですね!それからどうなったんですか?」「おもしろいですね、もっと詳しく聞きたいです!」と、相手のお話に興味を持って聞く姿勢を見せることが、まずは一番重要です。相手の目を見て、しっかり気持ちを伝えましょう。

40代の婚活は遅すぎる…?まとめ

まだまだお伝えしたいことはたくさんあるのですが、続きはぜひ、弊社ホワイトマリッジの無料婚活相談会にて、お話しさせていただけましたら幸いです。結婚15年を迎えます私、“結婚”に対して、20代の頃とは180度、捉え方が変わってきました。

好きな人と結婚したい、一生ときめいていたい…そんな方と結婚できればもちろん理想的なのかもしれませんが、お互いに生きてきた年月、お互いに培ってきた価値観を、どれだけ共有できるかが“結婚”という形だと思います。

人生はもちろん、一人きりでも楽しむことはできます。ただ、一度しかない人生を誰かと共有し、一緒に作り上げていく時間を持ち、今まで見えていなかった自分自身が見えてくることは、素晴らしい勉強の場となり、幸せな時間だと思います。

何のために結婚するのか?
どんなパートナー様と一緒に過ごすことが、人生を輝かせるのか?

人生の分岐点に立っている今だからこそ、真剣に考えていきましょう。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

出会いの数を増やすにあたっては、弊社でも全国各地で婚活パーティーを開催しております。
ホワイトキーでは様々なタイプの恋活パーティーや婚活パーティーをたくさんご用意しております。
是非一度ご覧下さい。

https://whitekey.co.jp/

■ホワイトキーが完全バックアップする結婚相談サービス「ホワイトリッジ」
WhiteMarriage新宿店
050-3385-4619

【住所】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル4F
地図⇒https://goo.gl/maps/RlzRZ
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

 

 

 

関連記事一覧