【解決!】婚活に活かせるコミュニケーションの悩みと解決方法

こちらのタイトルをクリックした方はきっとコミュニケーションについてお悩みですね!コミュニケーションは婚活のみならず様々なシーンで重要な役割を担ってきますよね!ただ、ホワイトキー婚活ブログの読者様は仕事のコミュニケーション術などではなく、異性とコミュニケーションをなんとか上手に取りたいと思っていらっしゃると思いますので、今回は婚活に活かせるコミュニケーションのお悩み&解決法について語っていきたいと思います!

婚活で上手くいかない方はコミュニケーションスキルが低い

最初から核心を突いてしまいましたが、婚活がうまく行かない方は見た目や年収などではなく、コミュニケーションを上手く取れていない方が圧倒的に多いです。コミュニケーションスキルが高いものは婚活を制する、と言っても過言ではないくらいに重要ポイントです。日々を一緒に過ごすパートナーとコミュニケーションが取れない生活なんて…ちょっと味気ないどころか関係が始まらない可能性もありますからね!

こんなお悩みはありませんか……?

いきなりですが、質問です。下記のようなお悩みをあなたはお持ちでしょうか…?

  • 異性と出会っても上手く話せない
  • 緊張してしまって自然な振る舞いができない
  • 婚活パーティーの自己紹介で沈黙が多くなってしまう
  • マッチングで気になる異性に選んでもらえたことがない
  • カップルになって初回デートで次回に繋がらない
  • 何度かデート出来てもいつの間にか自然消滅している

何個か心当たりがある方は今までの出会いをコミュニケーション力が磨かれていなかったばっかりに逃してしまっている可能性があります。もちろん、見た目の清潔感、最低限の年収などはパートナー選びで重要視する部分ではありますが、意思の疎通が出来ない人を選ぶという方は自分のパートナー選びの目的(お金目当て・社会的地位・顔が良ければそれでいい・スタイルが良ければそれでいい)等を満たしていれば別に話をしなくても良いと割り切って居る方かな、と個人的には思います。

ではどうしたら良いのか?

婚活でモテるのならば、圧倒的な地位や莫大な資産、モデルのような容姿を手に入れるよりも「誰でも頑張ればスキルが向上するコミュニケーションスキル」を上げることが最も賢く早い道のりだと思います。(もちろん合わせて自分磨きをすればもっと意中の異性の好意を集めることも可能です)。

さて、コミュニケーションとはそもそも何なのか…まずは言葉の意味から知っていきましょう!

コミュニケーションの意味

コミュニケーション【communication】
コミュニケーション【communication】
①社会生活を営む人間の間に行われる知覚・感情・思考の伝達。言語・文字その他視覚・聴覚に訴える各種のものを媒介とする。「マス‐―」「会社内の―が悪い」
②〔生〕
㋐動物個体間での、身振りや音声・匂いなどによる情報の伝達。
㋑細胞間の物質の伝達または移動。細胞間コミュニケーション。
⇒コミュニケーション‐こうい【コミュニケーション行為】

出典:広辞苑

コミュニケーション
英語:communication

コミュニケーション(英: communication)とは、「伝達」「通信」「意思疎通」などの意味の表現。「交流を図る」「意思を伝え合う」といった行動を指す意味合いで用いられることも多い。言葉を使った意思疎通だけでなく、文字を使った伝達、身振り手振りによる意思表示などもコミュニケーションに該当する。

日本語で「コミュニケーション」というと、基本的には人間同士が言葉を主な伝達手段に用いて行う意思疎通を指す、といえる。

日常会話の中では「コミュニケーション」は「コミュニケーションを取る」「コミュニケーションを図る」といった形で用いられる。相互理解を促進するために接触や会話の機会を設けることを「積極的にコミュニケーションをとる」などと表現したり、相互理解を促す会話やレクリエーションの機会が少ないさまを「コミュニケーションがとれていない」「コミュニケーション不足」などと表現したりする。

「コミュニケーション能力」は、人間関係において、互いの意思疎通をスムーズに行うための能力を指す。また、身体的、もしくは精神的な理由で、他人とスムーズに意思の疎通が取れないことを「コミュニケーション障害」と呼び、俗に「コミュ障」と略して罵り文句に用いられる。

出典:Weblio辞書

要約すると、言葉や文字、身振り手振りを使った意思の疎通ということですね!コミュニケーションと言われると「言葉」でのコミュニケーションを真っ先に思い浮かべる方も多いかと思いますが、言葉だけではなく、様々な方法でコミュニケーションは取ることが出来るのです。

コミュニケーションスキルの磨き方

さて、コミュニケーションが何なのかがわかった所で、その磨き方は・・・?と思う方も居ますよね。漠然とコミュ力をあげようと思うと難しいかもしれませんが、婚活におけるコミュニケーションの目標地点は「相手と自分を楽しませる事」。そして、お相手を見つけること。どうすれば自分と相手が楽しく過ごせるのか、ということいつも考えながら行動すると出口が見えてくるかもしれません。

 

その気持を持ちつつ、具体的にどうすればよいのかステップごとに記載していきますね!

ステップ1:第一印象の印象アップ作戦

まずコミュニケーションは初対面、出会った瞬間からスタートしています。前述したとおり、コミュニケーションは言語コミュニケーション・非言語コミュニケーションがあります。

 

初めて合う人とのコミュニケーションとは・・・そう勘の良い方ならばお察しの通り「挨拶」です。婚活もこの一番最初の挨拶が重要です。挨拶の瞬間に与えるイメージは後を引きます。ですので、挨拶で好感度が高いと第一のステップはクリアしたと言っても過言ではないです。

初対面の印象をあげるポイントをいくつか記載します。

  • 笑顔・・・笑顔とはいっても微笑み程度の笑顔です。歯茎を見せない程度に口角を上げていれば上品な笑顔に見えます。
  • 目線・・・間違っても鋭い目つきで睨まないで下さい。目尻が少し下がる優しい目つきが柔和な印象を作ります。鏡をみて表情の作り方を練習してみてください。そして、目を見て話すのが緊張する時は会話の流れに合わせて目線を少しずらしてまた目を見たりなどして、自然に振る舞っていれば威圧感も無くお話ができると思います。
  • 姿勢・・・背筋を伸ばして胸を張って居るとそれだけでも明るく自信のある人のような雰囲気になります。姿勢が良いと肺が広がり呼吸も楽になるので会話するのにももってこいです。
  • 声のトーン・・・ボソボソ喋ってしまうと何を言っているのかわからないです。初対面で「え、何言ってるのか聞こえません」なんて指摘できないので大抵微妙な顔をしながらうんうん頷いて会話終了になります。声は相手に聞こえるように、口の中だけでモゴモゴさせず、きちんと口を開いて発声してください。
  • 言葉遣い・・・聞き取りやすい丁寧な言葉遣いが好印象です。聞き取りやすさは声のトーン・話すスピードが重要ポイントです。ゆっくりと、丁寧な言葉づかいで、少し高めのトーンで話す意識を持つだけでも印象がグッとよくなります。

上記ポイントをまとめると、姿勢を正しく、礼儀正しく、笑顔で、聞き取りやすい丁寧な言葉遣い」で初対面の挨拶をして頂けると良い印象を与えることが出来ると思います。

ステップ2:印象の良くなる会話術習得作戦

第一印象の関門を突破したら次は、会話術です。会話はとにかく慣れも肝心ですが、むやみやたらと話をしてもスキルアップするわけではありません。ちょっとしたポイントを意識すれば回数を重ねずとも、なんとなく上手いことお話ができるようになってきます。(もちろん実践も大事ですのでできるだけお話する機械を増やしましょう)

 

お話のポイント、それは、楽しくお互いに話すこと。では、楽しく話すには・・・?まずは相手を「褒めること」が重要ポイントです。

褒め方の例一覧

  • とてもお話しやすいです・・・言われて嫌な人は居ないですし、良い印象を与えられます。
  • お話していて楽しいです・・・素直に楽しいと言われて嫌な気持ちになる人は多くないです。
  • 笑顔が素敵ですね・・・自分の笑顔を褒められると嬉しいものですよね。自身も出ますし。
  • お洋服似合ってますね・・・体型や顔に関してはコンプレックスを持ている方も多いので、洋服のチョイスや着こなしを褒めると印象がかなり良いです。
  • センスがいいですね・・・自分のセンスを褒められると嬉しいですよね。お相手がセンス良いなと思ったら積極的に使っていきましょう。
  • かわいいですね・・・可愛いと言われて嫌な気持ちになる人はあまりいないと思いますが、好意を持っていない相手から言われると気持ち悪いと思う可能性もあるので、空気を読んで使って下さい。
  • かっこいですね・・・かっこいいと言われて嫌な気持ちになる方は少ないかとは思いますが、好意を持っていない相手から何度も言われると煙たがる方もいると思いますので、空気を読んで使って下さい。
  • 凄いお仕事をなさってるんですね、素晴らしいです!・・・仕事を褒められて嫌な気分になる方は本当に少ないです。一日の大半を仕事に費やしている中で仕事を褒められると本当に嬉しいです。積極的に褒めてあげましょう。
  • 頑張っているんですね、素敵です!・・・何かを頑張っている方は、認められたい気持ちも持っているはず。結果も大事ですが、経過の努力は本当に大変だと思います。そこを労ってくれると嬉しいですよね。
  • 色々ご存知ですごいですね、尊敬します!・・・沢山の知識を持っている方はいろんな勉強をしてきているはず。その姿勢尊敬出来ますよね。どんな知識でも興味をもってその人は調べているはずなので、その姿勢に敬意を払って、是非褒めてあげてください。

などなど、褒めるところは様々ですよね!・・・どこを褒めていいかわからないという時は、きっと相手に興味を持てていない状況だと思います。「この人ってどんな人なんだろう」と考えながら気になった事を質問していき、お相手が答えてくれた事にまずはそうなんですね!すごいですね!と共感や尊敬の意を表し、自分もその中で少しでも知っていることなどを、これってこういう感じなんですか?とか、自分もこれ好きで・・・など一つの質問を皮切りに、自分との会話の共通点を発掘していくと、会話のリレーが続きやすいです。

会話のリレーが続くと、きっとお互いに楽しい気分になっていて、「また次お話したいな」と次回の機会につながる可能性が高まります。

ステップ3:効果的な自己紹介や質問

さて、会話のリレーについて前項で語ってみましたが、効果的な自己紹介や質問内容って・・・どんな感じ?と疑問に思う方も多いかもですよね。そんな方のために、具体的な例を何個かチョイスいたします!

自己紹介の時の名乗り方・・・もちろん名前を名乗るだけでも良いのですが、お相手に印象付けつつ楽しい人だな、と思ってもらうためには、ただ名乗るよりは、「山田太郎です。漢字は一般的な山田に太郎は漫☆画太郎の太郎と同じです」と紹介をすると、大分クレイジーな紹介ですが、とにかく覚えてもらえるし、漫☆画太郎を知っている方には意外と面白い人なんだな、と印象をつけることができるかもです。(諸刃の剣、漫☆画太郎)

出身地を伝えるとき・・・婚活でよく話のタネに出身地を話すことが多いですよね。メジャーな地域だと説明しなくても伝わりますが、あまり聞いたことがない地域だとイマイチピンとこないまま「へぇ~」と聞き流されてしまうことも多いかもです。せっかく貴重な時間を使って出身地を紹介するなら特産物や観光スポット、近くのわかりやすいエリアなどを交えて紹介するとそこから話がどんどん弾む事もありますので、是非一言で出身地紹介をせず、付随する情報も紹介してみてくださいね!

相手の仕事を質問するとき・・・何の仕事してるんですか?と聞いた時に、仕事を選んだきっかけなども聞いてみるとお相手の価値観も知ることができますし、興味をもっているアピールにもなります。

趣味を質問するとき・・・趣味は何か聞いた時にもはじめたきっかけやどんなところが好きかを聞いてみると良いです。趣味は間違いなく好きでやっていることなので、興味を持ってくれると嬉しいですので、積極的に聞いてみてくださいね。

色々書き始めるときりがないのですが、上記の情報だけでも結構会話が続きますので、まずはその辺りから聞いてみて、会話に慣れてきたら自分が知りたいことなども交えてお話してみてくださいね。(ただし、あまりにもプライベートに踏み込みすぎた質問やセクハラ発言は嫌われるので、常識の範囲内の質問をするように心がけてくださいね)

まとめ

さて、ここまでお読みいただいた方はきっと、なんとなく出来るような気分になってくださっているはず……!そうなのです、できるのです!!最初から全部上手にはできないかもですが、一つ一つできそうな所からスタートしてみて下さい。失敗と成功を重ねているうちに、きっと素敵な出会いが見つかっているはず……!

ということで、まずは礼儀正しく「第一印象のアップ」、良い印象を与えたまま「覚えてもらいやすい自己紹介」、会話のキャッチボールが続くように「相手に興味をもちつつ質問し、素敵な所を褒めお互いに楽しい会話をする」ということを心がけてみてください。

実践する前に訓練をつみたい諸君は・・・婚活業界20年以上のスタッフが在籍するプロのカウンセラー目線の婚活カウンセリングを受けて自信をつけてみてはいかがでしょうか?婚活カウンセリングはホワイトマリッジのWEBページ(https://www.whitemarriage.jp/)

から簡単に申し込みができます。しかも初回カウンセリングは「無料」です・・・!まずはとにかく何かやってみてくださいね!皆様の婚活ライフが素敵なものになるように願っております!!

記事:佐藤

関連記事一覧